||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シニア海外ボランティア!?

私の職場には、
青年海外協力隊や国際交流基金からの派遣で、
海外で日本語を教えてきた経験を持つ同僚がたくさんいます。

たとえば、
タイ、ハンガリー、フランス、ミクロネシア、トンガ、
ドイツ、韓国、台湾、マレーシア、メキシコ、中国などなど、

で、昨日、
協力隊出身の同僚と何気なく話していたときに、
JICAのシニアボランティアが話題になりました。

シニアボランティアは40歳から69歳までが応募できて、
期間は2年。

なんとなんと、


配偶者も帯同でき、
セキュリティのしっかりした立派な住居も与えられ、
二人分の健康保険もあるらしい。

さらには、
1年に1回、帰国もでき
その旅費もカバーされると。

へ~~~~そうなんだ!!

ぴえは、2年後に定年となり、
でも年金をもらうにはまだ数年あるから、
どこかタイかマレーシアあたりで、
ロングステイでもしようかな~と思ってるんだ~と私が話すと。

「ぴあの先生だったら応募すれば間違いなく受かりますよ!!」と(驚)

「英語研修はTOEICのスコアから言って免除になるだろうし、ロングステイなら自分のお金を使うけど、シニアボランティアなら給料ももらえ、2年間は保証されます。

万一病気になっても帰国して治療も受けさせてもらえるし、年に1回の帰国は1か月とかでもいいんですよ~

なにより、ご主人も一緒に行けるから、ご夫婦で海外生活が送れるんですよ~」

と。

へ~~~そうなのか!!
しかも、年金をもらっていると資格がないそうなので、ちょうど定年になってから年金をもらうまでの年齢がタイミング的にはすごくいいのでは?とも。

シニアボランティアの場合は、大学などで直接、学生を指導するより、現地の先生の研修を担当したり、プログラムを作ったりすることになる場合が多いので、そういう意味でも、キャリアが長い私にうってつけだと、言われました。

ま、確かに日本語講師歴は30年超えてるし、
国立大学ではもう15年以上教えてるし、
日本語講師養成講座にも携わってきたし、
教科書も書いている。

そうかーこの経験を活かせる老後(笑)があったのか~

実は、まだ独身の頃、青年海外協力隊の日本語教師に応募をしようと思っていた時期はあった。

私の高校の1つ上の先輩がウルグアイに派遣されていたので、私もなんとなく南米をイメージして、当時、ペルー出身の大学院博士課程の学生に、スペイン語を1年半習ってもいた。

で、いよいよ応募!という段階になった時に、母が病気になって入院した。

その時の母、

「もう決めているのなら反対はしないよ。でも、ちょっとでも迷いがあるのなら、できれば今回は見送って欲しい」と言った。

この話をすると、その同僚、
「北風と太陽の話みたいですね~」と。

そう、何が何でも反対!と母に言われたのなら、きっと私は逆に意地になって応募していたと思う。でも、いつも気丈な母が、「もし、ちょっとでも迷いがあるのなら、~~」という言い方に、母の弱さが感じられ、応募をやめようと思ったのだった。

あれから30年。

「青年」から「シニア」にはなるけど(笑)
そうか~考えてみたこともなかった。

もちろん英語圏に派遣という可能性は少ないけど、
それでも、どこの国でも教育機関では英語がほぼ公用語的になっているし、そういう意味でも、英語をやってきた意味はあった!

と、まだぴえにも話してない段階だし、
現実問題として、高齢の両親を日本に残して、、とか、
その頃にはにゃるも結婚してもし子供でもいたらサポートもしてやりたいし~

などなど、いろいろな問題はあるのだけど、
それでも、自分の人生になんだか新たな選択肢ができたようで、何か嬉しい。

まずは、JICAのHPに行って、チェックしてみよう~♪

追記:
今、ちょっとだけチェックしてみたら、なんと「家族手当」もでる!(笑)
で、英語力は、TOEIC730点以上、準英検1級で、
最上級レベルのAにカテゴライズされてた!

A:十分なコミュニケーションが可能

いや~前から思っていたんだけど、
730点と英検準1級が同等というのは違うと思うんですけどねー
関連記事

| 日本語講師 | 2015-06-26 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT