||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私の定年はいつにしよう?

仕事は大好きで、ずっと続けてきたんだけど、
このごろ、ふと、

もういいかな?

と思う瞬間があって、自分でもちょっとびっくりしている。
日本語講師を始めて30数年、

なんだか、「やり切った感」がある。
もちろん、学生たちはかわいいし、
同僚たちからはたくさんの刺激を受けてるけど、

なんというか、


最近の私の興味が、
正直に言うと、

教材研究や学会での発表などより、
いかに日々を快適に暮らすかみたいなことにより関心があるのだ。

また、DMMに復帰して、
毎日レッスンを受けるようになり、
加えてweblioもあったりして、

昨日はA大学の後、帰宅して2レッスン受けて、
そのレッスンの合間にはウォーキングにも行って、
両方のレッスンはすごく楽しかったのだけど、
さすがに疲れてしまった。

もういいのかな?
日々、うちで居心地よく暮らすことにに衷心して
「丁寧に暮らし」ながら、趣味に生きるってことに切り替えても。

私、がんばってきた。
自宅での英語教室も20年ぐらいやってきた。

一時期は大学3つかけもちで教えながら、
夕方は小学生クラス、夜は中学生や高校生を教えてきた。

おかがで、二人の子供たちを県外の大学に出すこともできた。
にゃるのアメリカ留学1年の間は、
日本のアパートをキープしながら(家賃を払いながら)
アメリカの大学の寮費も払ってきた。

マイホームの30年ローンも繰り上げ返済で完済した。

ぴえは、会社勤めだから、
いくら彼ががんばっても給料というのは決まっている。
だから、私ががんばらねばと思ってきた。

今や、どらむは結婚し自立、
にゃるも、社会人4年目となり市内で一人暮らしをしている。

病気をしたこともあり、
去年は仕事量を半分にした。
今年はさらに1コマ減らした。

寂しいかな?と思ったが、すごく快適だ。
これまで考える余裕もなかった日々の暮らし方や
環境のことも考えることができてきた。

先日買った化粧品、水化粧は本当に肌に優しく、
どんどん肌が呼吸をはじめ、潤ってきたのがよくわかる。
最近はファンデーションなしで出かけられるようになった。

自然のハーブなどから作ったシャンプーも快適で、
リンスも必要なく、これでファンデーションからもリンスからも解放された。

食器洗いや、洗濯用の洗剤も変えた。
浴用の石鹸も

特にストイックになっているわけではなく、
1つ1つ自分の目で選び、自分の今の暮らしにあったものを
選択肢、少しずつ自分が変わっていく

というか、自然回帰のようなものを感じている。
人間の本来の姿というか、
素であることがとても居心地がいい。

となると、なんだか仕事はもういいのかな?と感じ始めてきたのだ。
なにも全部を一気に辞めるのではなく、
来年度はA大、B大どちらかにしようかなとか。

これまで自分で信念を持って続けてきたことが
ちょっと崩れつつあることを最近感じることもB大であったことが
引き金になっているのかもしれない。

一般企業の定年は60歳。
私は今年で56歳になる。

私たち非常勤講師は、
A大では70歳、B大では特に設定はない。
だから働こうと思えば、まだまだ続けることもできる。
ありがたいことではある。

でも、なんか、ちょっと疲れたのかな?私。
十分いままで走ってきたし。
家にいてもやりたいことがたくさんあるし。

収入がなくなること、
自分で自由に使えるお金がなくなるのは
ちょっと悲しいけど。

海外ドラマを見たり、
PBを読む時間ももっと欲しい。
ぴあの塾レッスンも要望があればもっとやりたい。

食品のこととか、栄養のことも
もっと本とか読んで勉強したい。

どうしちゃったのかな?私?
ずっとずっとこの仕事が大好きで突っ走ってきたのに。
う~ん、ただ疲れているのか?

自分で自分の「定年」を決めることができる立場にあるからこその贅沢な悩みだね。これは。
関連記事

| 日本語講師 | 2015-06-03 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

自分ちのコメント管理で忙しくし、また週末飲み会でウキウキしてたら、ここ、数記事更新してた(爆)

全部仕事を辞めてしまうと また退屈だとおもうな~。。。。

仕事量減らして 自分の時間も取れてプレッシャー低くするのもいいよね~♪

私、小中学生の家庭教師は 月二回が基本で、時々3回のときもあるんだけど、
ちょうどいいわ(汗)
毎週だとしんどい(汗)

自分の英語も楽しみ、ちょっと子供に教えて 頭フル稼働。
若い子からエネルギー貰えるし、これはいいなと思ってる。

生活の糧がどうしてないと生きていけないっていうのでもないんだし、ぴあのさん(笑)

| 大阪の主婦 | 2015/06/03 11:11 | URL |

大阪の主婦さん

コメントありがとう!

去年、これまでの半分の仕事量にして、今年はそれよりもさらに1コマ少なくしたから十分に時間もとれて、以前に比べればうんと楽になったんだけど、楽になったらなったで、いっそ仕事もうしなくてもいいかな?と。怠け心が(笑)

主婦さんは自分が教えることになって、いきいきしてるよね~。高校性を教えるって、しかもいきなり問題とか見て対応するんだから知識ないとやってられないから刺激的だよね。

私が以前高校生教えてた時は、自分のレベルが高くなかったから、いきなり問題見て答えるなんて離れ業はできないと思い、毎週土曜までに各生徒から高校での進度をメールしてもらい、それに合わせて予習してレッスンという自転車操業してたわ。

生徒4人が二つの高校に分かれてたから、両方の学校で使ってるリーダー、グラマー、作文など全教材を私も購入して毎回予習したから、今にして思えば自分の勉強になって高校時代よりよほどがんばったわ(笑)

5月TOEIC終わった時は、引き続き7月、11月と受ける気満々だったけど、なんか10日もたつとすっかり気持ちもなえて、TOEICはしばらくいいかな?って気持ちで今後について模索中。10月から1級お布施始めようかなとか(笑)

| ぴあの | 2015/06/04 11:08 | URL | ≫ EDIT

ターニングポイントなのかもしれないですね。
ぴあのさんの心の声に従っていくのが一番良いのでは?
そして、生き方を選べる環境にいるということがすごく幸せなのではないかと思います。

私も今、人生のターニングポイントをちょっと感じています。
まだはっきりしていませんが、ちょっと新しい方向を模索中です。


| lady green | 2015/06/04 13:10 | URL |

lady greenさん

確かにターニングポイントなのかも。
これまで、特に何も疑問を感じることなく、ただ好きでずっと30年以上日本語講師を続けてきたわけですが、ふと、他に私ってやりたいことや好きなことってなかったのかな?と思ったのです。

でも、今日大学で授業していて、学生との一体感があって、「あ~やっぱりこの仕事が好きだな~」と自分の気持ちが再確認できました。

lady greenさんの新しい方向って何なのかな?ダンス??ってことはないか~仕事としてだよね?私も、新しい何かを感じられる気持ちの余裕を持っていたいな~と思ってます。

| ぴあの | 2015/06/04 18:28 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT