||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

父と息子のフルマラソン

「オレ、おやじいる?」

人生初フルマラソンに挑戦するどらむから
昨日の夕方電話がありました。

ぴえは携帯持っててもほとんどが不携帯なので、
父親に用事があるときも最近は私の携帯にかけてくるのです(笑)

せっかく1か月以上ぶりに電話をしてきたどらむを、
簡単に離すものか~~と

「元気?久しぶりだねー、仕事どう?」と聞く私、
どらむ、今年の2月に


1部上場の安定した大企業を辞め、
社員30人位のベンチャーに転職したのです。

転職して2週間ぐらいした頃、
「めっちゃ、やりがいがある!!!」と張り切った口調で報告があったものの、

ここ1-2か月は音沙汰なし。

仕事、ちゃんと続いてるのか?
会社、つぶれてやしないか?(笑)
どらみちゃんとは仲良くやってるのか?
あいそつかされてないか?(汗

などなど、、、
気にはなるものの、こちらからは連絡せず、
ときおり流れてるくるfacebookの情報?などから、
ま、何とかやってるのだろうと推測の日々だったのです。

なので、「おやじいる?」と言われても
ちょっとは近況が知りたいわけで。

さすがに、どらむも私の心情を思いやってか、

仕事はめっちゃ順調で、
毎月ある社員それぞれが立ててる目標でも
今月?は一番のりで達成したと明るい口調。

本気で世界中の人たちを幸せにしたいと考えている人ばかりの
熱い集団だそうで、社長も専務も同世代に近い若い人たちばかりで
活気があって、いろんな考えを共有できわくわくして仕事してるらしい。

よかった。

で、電話をぴえに。
初マラソンを控えたどらむに、
フルマラソン歴10年以上(15年位?)のぴえがいろいろアドバイス。

「エネルゲンは持ってるか?
いくつ?2つかーー本当は3つの方がいいな。

ま、2つでも荷物は少ない方がいいからそれでもいいかー
じゃ、2つなら、まず最初のは25キロ地点で、

うん、うん。
そうだなー

で、2つ目のは35キロ地点かなー」

「うん、食べ物はエイドステーションにあるから取ればいい」

「そう、塩分!塩分は大事だ。
特に後半になってくると塩分が不足してくるから、
うんうん、スポーツ飲料でもいいよ、でも、~~~」

などなど、先輩としての助言を淡々と続けるぴえ。
そこから、目標タイムや1キロあたりのペースの話、

また、スタート地点は何万人も参加すると、
すごく待たなければならないけど、
そこでしびれを切らして、

たくさんの人を縫うようにして蛇行して走り始めると、
エネルギーがすごく消耗されるから、
そこは我慢して、前に行けるまで待て

などもアドバイス。
電話の向こうでは、

「うん。わかった。おー。なるほどー」

のような反応があったように思われる(笑)

「伝えたいことはだいたい以上かなー」とぴえ。

そして、ちょっと改まった口調で、

「最後に1つ。
もうダメだと思ったら、絶対に無理するな。
がんばらなくてもいい。
マラソン大会はこれからも山ほどあるから」

私、ちょっと感動しましたー(涙)
よく、言ってくれました。

もう10年位前になるかな?
ぴえが、福知山マラソンに参加していた時、
同じ日程であった他の会場のマラソン含め3人の方がレース中に亡くなったのです。

しかも、そのうちのお一人は
ハーフを通過したときに、応援の家族に手を挙げて応えていたというのに。。

特にどらむは、熱い男で
始めたことを途中でやめるのは恥だとばかりに
たとえ身体がバラバラになってもやり遂げようとするから、
そういうどらむの性格を知った上での父からの一言だったのでしょう。

よくぞ、言ってくれた!
私がぴえをマラソンに送り出すときも
常日頃言ってきたんですよねー

絶対に無理しないで。
途中で棄権することは恥ずかしいことじゃないから。
名誉ある棄権なんだからと。

マラソンって最近では、
みんなが気楽に参加しているけど、
やっぱりそんな危険だってあるんですよね。

それだけに、最後にぴえがどらむに言ったアドバイス、
すごく大事なことを伝えてくれたと感謝。
と、同時にぴえもちゃんと心がけているんだと安心。

28歳の息子と、58歳の父親、
今頃、それぞれ別会場でフルマラソンを走っています。

がんばれ~~
あ、がんばらなくてもいいから、
とにかく楽しんで無事に帰ってきてね。
関連記事

| 息子 | 2015-04-19 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT