||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第一回ぴあの塾オフ会レポ③ 幻のサプライズ計画

昼の部が終わっても、まだまだ離れがたく、、、、
なんと参加者14名中11名がそのままお茶へと向かいました。

私も一緒に残りたかったのはやまやまですが、
何といっても「夜の部」が控えているので、
それまで休息をとるため、いったん戻ることにしました。
病気をして以来、体力にはまだそれほど自信がないので、、、

駅までは、我ぴあの塾の教務部長巴さんと一緒でした。
二人とも、まだまだ興奮が残っていて、
おしゃべりに夢中で、

わかってるはずの駅までの道なのに、、、
思いっきり迷いました(笑)

巴さんの、
「あれ、ぴあのさん。私たちって、今どこを歩いているんでしょう?」
という声ではっとした私たち。

ほんと、おしゃべりに夢中で、
ただ考えもなく歩いていて
「ここはどこ?」状態だったんですよねー(笑)

でも、そのおかげで、
お店から数分の最寄り駅までが長くなり、
いろんなお話をすることができたので、
却ってラッキーでした。

しかも、その道すがらのお話で、
実は、壮大なサプライズ計画があったことが明るみになったのです。

その幻のサプライズというのは、


何となんと、「歌のプレゼント」!!

塾生の皆さんがオフ会の席で
私に歌を歌ってくれるという計画が幹事の間で着々と進行していたというのです。

幹事3人で相談し、
この感謝の歌のプレゼント計画は、
キーボード持ち込みで、巴さんが伴奏もし、
曲名まで決まっていて(内緒)

その、候補の2曲のyoutubeリンクを塾生に送って
全員に練習してきてもらって、
当日、私の前で全員でその曲を披露してくれるという計画。

あ~~~~なんというサプライズでしょう。
そんなことされたら、私、絶対に号泣していました。

しかも、その曲というのが
何と、私が大学で留学生たちに教えている
「毎月の歌」の中の1曲と全く同じ曲だったのです。

私が留学生たちに伝えたい1曲と、
幹事の皆さんで私へと思って企画してくれた曲が同じだという偶然にもびっくりしました。

で、お店担当のsakakoさんが、お店側に念のために確認したところ、
歌はちょっと、、、、と却下されたとか。

そりゃ~そうですよね。
いくら個室とはいえ、13名で歌を歌えば
周りのお客さんの迷惑になりますよね。

でも、ここで食い下がらないのが、幹事長のmayleeさん(笑)
ここからは、オフ会後のmayleeさんとのSkype二人反省会で教えてもらった話です。

mayleeさんは、だったら伴奏をやめ、
歌も小さい声で、ハミングだけにしたらどうかと提案したそうです♪

ありがとう。mayleeさん、そこまで考えてくれて~
で、そのmayleeさんの一見ナイスなアイディアに
教務部長の巴女史が遠慮がちに、

「mayleeさん、、、、ハミングだと、歌詞がないから、ぴあのさんに感謝の気持ちが伝わらないのでは・・・」と。

そうかーハミングだと歌詞ないんですね(汗
だったら、確かに歌詞の内容わかりませんね。
さすがは巴さん。

で、そこからまた幹事3人で、
では、サプライズはどうするか?ってことになって、
一人一人がメッセージカードを書いて当日持参する。

それを収納するファイルを購入し、
お裁縫が得意なmayleeさんが、ファイルカバーを縫う。

一方、それとは別に、記念の品を
sakakoさんが、代表して買ってくるということになったのだそうです。

それらを、参加者全員に伝え、
私にばれないようにハラハラしながらことを進めてくれていたのだと。
当日まで非常にスリリングだったと(笑)

前日夜にファイルカバーが完成し、
mayleeさんからsakakoさんへその画像を送り絶賛され、
当日朝、それを絶対に忘れないようにと心して
新幹線に乗ったのだと。

お昼の部で、私がトイレに立った時に、
なにか皆さんの動きがあわただしかったんですよねー(笑)
で、トイレから戻ったときも、

あれ?もう戻ってきたのーみたいな雰囲気が(爆)
すみません。きっとそのあいだにいろいろやってくれていたのですね。

お茶に向かった10名は、
人数が多かったため、なかなかお店に入れなかったそうですが、
そこで、時間の許す限り歓談を続け、

なんとなんと、夜の部参加の7名はそのまま
夜の部の待ち合わせ時間までず~~~~っと一緒だったそうです(笑)

だって、私、夜の部の待ち合わせ場所に行ったら、
誰一人いなくてびっくりしたんですもん(笑)

5分前に行ったのに誰もいなくて、
1分前でも誰もいなくて、
時間ぴったりに6人そろってきたからびっくりした~~~~(笑)

で、この続きは、レポ④夜の部に続きます。
まさかこんなに長いシリーズになるとは思いませんでした。

いや~~~この年になってこんなにいい仲間に恵まれるとは思いませんでした。
仲間っていいですよ!!!
心が通い合う仲間の存在は人生を豊かにしてくれます。

歌のプレゼントを考えてくれてた皆さんありがとう。
歌は幻に終わったけど、気持ちは十分すぎるほど伝わりました。

第二回は、どこかセミナー室みたいなところ借りて、
そこで、歌、行きますか?(笑)
関連記事

| ぴあの塾 | 2015-02-23 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT