||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

成長した子供にとっての親の役割とは?

1月はRonとparents atending job seminars on behalf of their childrenという記事を読みました。

大卒生の就職フェアに何と大学生の親たちが大挙して集まり、
予想を越える人数に主催者側は慌てて対応したというところから記事は始まります。

もう大学生となった子供に親はどこまでかかわるのか?
私自身、自他共に認める過保護な母親でした。

でも、いくら愛してるからといって
大切だからと行って、ずっとずっと手をつかんで離さなければ
子供は自分の力で飛び立てません。

それでもかわいいから、心配だからと
ついつい先回りしては、「転ばぬ先の杖」母をしていました。

しかし、そんな私でもさすがに大学生になった子供の就活には
私はいっさい手出ししませんでした。

当たり前だと思っていたのですが、


この記事を読む限り、私以上のお母さんがたくさんいます(笑)
就職セミナーに出て、子供が内定をもらったらそこがブラック企業じゃないかをチェックし、
複数の内定をもらったら、なんと親が最終判断をして
子どもに代わって他の企業には断りの電話を入れる。。。

企業側もそんなprospective employeesの親たちには、
心証が悪くならないように対処していると。。

昔だったら、大学生にもなって親がそんな風に干渉してきたら
子供の方が嫌な顔をするだろうけど、
今は逆に楽だと思ってるのでしょうかねー

少なくとも息子や娘のときはこんな話はきかなったので
ここ2,3年の風潮なのかもしれません。

かくいう私も、2人の子供の大学の入学式にも卒業式にも出席しました。
私たちが大学生のときはそんな風潮はなかったと思うのですが、
今やそれが当たり前化していて大学側も1人につき保護者席は2つとか
それ以上はモニターで見るなどいろいろ対応しているようです。

でも、さすがに就職までは・・・と思っていたら
最近では、なかなか結婚しない独身息子や娘の親たちが
結婚相談所にくるようですし、

親のための婚活セミナーも開かれていて
忙しい?或いは恥ずかしくて参加できない子供になりかわって
結婚するためのノウハウなどを仕入れているという記事も読みました。

そこで、今回はこの記事のreflection essayとして、
「成長した子供にとっての親の役割とは?」というテーマでエッセイを書いてみました。自戒の念もこめて。なので最後の結論部分ではあえて主語はweにしています。

The role of parents in the life of their adult children

At a job fair in Aichi Prefecture, there were many middle-aged men and women. Who intends to join the companies? Middle-aged women, because they are finished raising children? Middle-aged men, because they are facing restructuring? Neither. It’s their sons and daughters.

Then, how old are their children? Why didn’t they attend the fair by themselves? Why didn’t they stop their parents from attending such an event on their behalf? Aren’t they ashamed?

Parents like those mentioned above not only attend job fairs but also check whether the companies that hire their children are black companies or not and have the final say on making the final choice on which company to accept, and refuse companies on behalf of their children when they get multiple job offers even though their children are almost 22 years old.

As a mother who had children of similar age, I understand the parents’ worries, of course. I used to be a parent who cares about children a lot. Even when they were already teenagers, I took them to see a doctor when they were sick and answered all questions asked by the docter on their behalf.

When my daughter decided to go to Australia for a 6 weeks homestay program during the first summer holiday of her college life, I was so afraid of many things that I called the staff of the college and asked many questions even though my daughter could ask them herself if she needed to and just explain them to me. I never wanted her to face any dangers, ever. I thought I should check the program and I believed I’m the right person to check it. My daughter, after learning what I did, said “Can’t you trust me? I’m 18 now and I want to manage things by myself. When I need your help, I’ll ask you, so don’t do that again”.

This experience opened my eyes. She is not my little girl anymore. She wants to live her life by herself. Even if I’m concerned about a lot of things, I should stop being an overprotective mother. Over-parenting can ruin her sense of independency. All I should do is trust her, I realized finally. If I didn’t realize that I might be one of the mothers in a job fair.

‘親’oya is the Kanji character which means to a ‘parent’. It’s composed of three separate characters; 木 ki(tree), 立tatsu (to stand), and 見 miru (to watch). Therefore 親oya, a parent, means to be an existence who watches their children without interfering while standing silently from the top of the tree.

As time goes by, our children grow up-they’re no longer elementary students or teenagers. We shouldn’t walk ahead of our mature children picking up stones on their path. To watch over and trust them is enough, if we really love them. We should know that our overprotective behavior might become a barrier to our beloved children’s future. We should lend a hand when they ask for it. It’s time to change our focus from playing the role of a parent to living our own lives.

関連記事

| 英文記事 | 2015-02-01 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/02/01 19:27 | |

鍵コメさん

初めまして。
コメント、ありがとうございます。

情報、ありがとうございます。
そのスクールは私もチェックしていて、ひそかに?
すでに会員登録もしています。

あまりにおいしい話なので、はたして信憑性はどうなのか謎ではありますが、期間中は利用してみようかなあと思っています。

ブログ楽しみにしているとのことありがとうございます。
B大学も春休みに入ったため、以前より頻繁に更新してますので、よかったらまた遊びにきてくださいね。

| ぴあの | 2015/02/01 21:39 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT