||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ついに「お言葉」が!

ここ数日、ぴえが不在で、昨日も一人寂しく晩御飯かな~
と思っていたらにゃる(娘)から電話。

「今からおうちごはんするから~」と。

私、ぴえ不在だったので簡単に済ませようと
大学からの帰りにお総菜やさんで買ってきたんだ~というと、

「じゃあ、二人で外食しようよ~」と。
「にゃるが運転するから母さんはいっぱい(お酒)飲んでもいいよ~」と。

That's a good idea!ってことで二人でお出かけしてきました~
メインの話題はにゃるの恋バナ。
というのも、


この前の日曜についに告白されたそうで~
それ以来、どんどん彼のことが好きになってるらしいのです。

去年の秋に友達の紹介で会って以来、
クリスマスも初詣も何度も二人でデートらしきものをしているのに

「付き合ってください」

とか、

「好きです」

なんて「お言葉」がなく、にゃるとしては宙ぶらりんな気分だったんですよね~
周りからは、肉食女子になって、にゃるから行け~~という声もあったようですが、

そこは、やっぱり女の子、
そういう言葉は言ってもらいたいですよね~

私は、じゃ、言わせるように仕向けろ~~
と指令を出していたのですが(笑)
なかなかそうもいかず、

毎回のように、

「お言葉は?」
「ない」

って感じで、にゃるも、もういいかな~と思っていた矢先に
ついに、この前の日曜日にお言葉があって、

無事?正式に?おつきあいすることになったようです。

結婚とか意識してるの?と聞くと、

「そりゃ~25歳だもの意識するよ。
意識しなかったら別の人、選んでたし~」とにゃる。

そうか、、、もう
付き合う=結婚という図式を意識する年なんだねー

じゃ、私も覚悟しないと(笑)
どらむは3年ぐらい付き合って結婚したけど、
案外、にゃるは早いのかも。

ぴえは、にゃるが小学生の頃から
「焦らなくてもいいぞ~40歳ぐらいまで家にいれば」って言ってたけど、
そこまでゆっくりしてもらうのもね(笑)

「あ、どらみちゃんにも報告しなきゃ~」と、にゃる。
そう、にゃるとどらみちゃんと私の3人で初売りに行ったとき、
ちょうど翌日がデートだったにゃるのために、

どらみちゃんが素敵な洋服を見立ててくれて、
髪の巻き方も伝授してくれたのでした~

なのにその初詣デートでも「お言葉」がなく、
いったい、これは付き合ってるのかいないのか??
なんてやきもきしていたのでした。

にゃるは、前のホテルをやめ、
今春オープンを控えたホテルで現在研修中だけど、
ホテルの英語の約款の監修とかも任されてはりきっていて
なんだか公私ともに充実している感じ。

受験でさんざん泣かされて、
「あと1点」とか、しまいには「あと0.5点」で不合格だったりしたけど←大学受験の成績開示

それでも、最後の最後に咲いた小さなサクラが
実はにゃるにとっては大きな桜になって、

アメリカでの1年の留学含め、
楽しいキャンパスライフになったのでした。

人生、何が幸せかわかりませんね。
このブログ見てくれてる人の中にも、

お子さんがセンター試験で思うような点じゃなかったり
高校入試や大学入試が目前で
いてもたってもいられない気持ちの親御さんもいるかもしれないけど、

子供ってすごい力を持っていると思います。
そして、一見、親からみるとかわいそうに思える結果でも
実は後になってみるとその結果がその子にとっては将来の幸せの糸口だったりすることもあります。

高校入試でも涙をのみ、
大学入試でもなかなか結果がでなかった娘だけど、

中学時代の英語教室のにゃるの先生が、
「にゃるちゃんはどんな時でもそこに幸せを見つけらる力の持った子」
と言ってくれたように、

いっつも、にこにこ笑顔で
いくつになっても天真爛漫で、
いつも自分のことより周りのことが気遣える
私には自慢の娘だ~~~

親ばか全開ですみません(._.)

そんなにゃるのカレシは、ぴえのような人だとか(笑)
すんごく優しくて穏やかで飾らない。
一緒にいてとっても居心地がよく楽なのだそうです。

ただね~その人、一人っ子なんですよね。。。
ちょっとそれだけが私的には気がかりかなー
ま、この少子化の時代、そんなこと言ってられないんですけどね。

昨夜は目をきらきら輝かせて
嬉しそうに彼について語るにゃるを見て
お酒が進んだ私でした~

関連記事

| 娘の就活とその後 | 2015-01-31 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT