||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

転職

おはようございます。
昨日はB大学から来年度のオファーをもらいました。

そして今朝PCを立ち上げてみると、
A大学からのオファーが届いていました。

これで、来年も無事2つの大学で教えることができます^^
非常勤講師は1年ごとの更新ですが、
これでA大学は16年目、B大学は10年目に突入です~

去年病気をしたことで、


今年の4月からは両大学とも今までの半分のコマ数にしました。
時間割上もいろいろな配慮をしてもらいました。

2人の子供ももう経済的に独立し、
家の30年ローンも昨年末で終わったので
今はとにかく健康第一で過ごしながら

好きな仕事を適度にし、英語にも触れる。
そういうありがたい環境で来年度も過ごせることがとても嬉しいです。

さて、タイトルの「転職」ですが、
これは私ではなく、子供たちのことです。

娘は3年近く働いてきたホテルから、
来春新しくできるホテルへと転職しました。

前のホテルはとにかく時間が不規則&長時間勤務で
娘の健康状態がとても心配でした。

特にフロントは24時間オープンなため深夜ひとりでフロントにいることも多く、
酔って帰ってきたお客さんや、ここには書けないこともいろいろあって、、、、
娘が勤務の時は、私も自宅で眠っていてもどこか緊張していました。

新しいホテルは夜は男性チームによるナイトフロントスタッフがいるため、
女性の深夜勤務がありません。

また、欧米の富裕層をターゲットにした滞在型のホテルのため、
お部屋も広く、その分、部屋数は抑えられていて
心からのおもてなしができるように考えられています。

娘はとにかく石の上にも3年で、
来年3月に丸3年を迎えるまでは・・・と思っていたようですが、

以前の上司が新しいホテルに移ることになり、
その上司のことを心から尊敬していた娘は
ホテルを移ることを決心したようです。

娘も、新しいホテルの立ち上げに携われるなんて
めったにない経験なので、そこにも惹かれたようです。

12月から新しいスタッフ全員による研修がスタートしました。
毎日真新しいパンツスーツを着ての出勤のようで、
とても張り切っています。

一人暮らしをしているのですが、
2,3日に一回はうちに晩御飯を食べに来て、
いきいきと研修の様子を語ってくれます。

実際にホテルフロントを3年近く経験した上での研修なので
新たな発見や、これまでのやり方の改善などもいろいろわかり
日々刺激を受けているようです。

また、3日に1回はフィールドワークで、
チームを組んで、観光客が来た時に案内できるよう
地元の美術館や観光名所に出向き、

そこで体験したことを翌日は発表するといった
実戦的な研修もあり楽しんでもいます。

欧米からのお客さんが多いということで
自発的にまた英語の勉強もしたいと言い出し、
それ以外にもマナー研修や世界遺産検定にも興味を持ちだしたようです。
通訳案内士も私と一緒に受けようか?なんて話も(笑)

一方、息子も今の会社をやめ、
来年2月から新しい会社に移ることになりました。

年収もダウンするし、大手一部上場企業からベンチャーへの転身ですので
不安もありますが、本人がずっと探していた

わくわくする仕事
おれじゃなきゃできない仕事

だそうで、
どらみちゃんも賛成してくれているので
私はただ応援するだけです。

どらみちゃんに、どらむのこと頼むね~とラインしたら、

「多少不安はありますが、どらちゃんは何かをやってくれる男だと信じているので私はそれをサポートしていきます」と。

いいお嫁さんだー(涙)

今のどらむの会社は本当に人を大事にする良い会社で
これまでなんどもどらむの危機を救ってくれた会社だけど、
どらむは、それでも自分の可能性にチャレンジしてみたかったらしい。

自分じゃなくてもできる仕事ではなく、
自分だからこそやれる仕事で世界に貢献したいと。。

相変わらず熱いやつです。
誰に似たのか(笑)

今の会社にいればずっと安定していたのに。
2年後には現地マネージャーとしての海外勤務だったのに。

でも、彼の人生です。
そしてその彼の生き方を理解し応援してくれるお嫁さんがいてくれます。
私は何も言うことはありません。
彼の決断を私も夫も娘も応援しています。

期せずして、娘も息子も同じようなタイミングでの転職になりましたが、
2人ともキラキラしています。
そのことがすごく嬉しいです。

自分らしく、自分の道を進んでいって欲しいと思います。
関連記事

| 娘の就活とその後 | 2014-12-11 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT