||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

心の執着を手放す=断捨離

図書館で何気なく手に取った1冊、
今日仕事が終わり帰宅してから一気に読み終えました。

50歳からラクになる 人生の断捨離
50歳からラクになる 人生の断捨離やましたひでこ

祥伝社 2013-03-27
売り上げランキング : 14699


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本では、断捨離というのは、単にモノを捨てることにとどまらず、
心の執着を手放すことで、自分軸で生きていくことについて、
つまり、断捨離を通し、


これまで自分の持っていた観念やもろもろの呪縛から解き放たれて、
自分のお気に入りの環境で暮らすことで得られる幸せについて
わかりやすく書かれています。

「捨てたいのに捨てられない」

それはなぜなのかということも考えていきます。
私自身、捨てられない女です。

我が家はモノであふれています。

そして、ぎゅうぎゅうにつまった食器棚や
もう何年も来てないのにクローゼットのスペースを占めている服たち、
2度と授業で使うことはないだろう10年前、20年前に買った教材類。

それらを見ては、
捨てられない自分に嫌気がさしたり、
ダメな自分を感じたりしています。

そして、捨てられないのはモノだけではなく、
もう成人した子供たちに対しても、
いつまでも細かいことを心配したり、

私が先回りしてでも、
子供たちを失敗や危険から守ってやりたいという思い。

もう、子供たちは自分たちで対処できる年齢になっているし、
事実、もう自立してる息子や娘のことを
いつまでも、小さかった頃のイメージで
どこか危なっかしくみている私。

~は、ちゃんとしたの?
~の手続きはうまくできそう?

など、たとえ声には出さなくても、
ひとり悶々と心配してる私。

一方、母親に対しての葛藤もいまだかかえている私。

自分で自分をがんじがらめにして、
いろんな呪縛を自分で作ってしまっている私。

もちろん、24時間そんな呪縛で苦しんでるわけではありませんが、
たとえば夜中に目が覚めたときや、
ふとしたときに、ちょっと気になりだすと
延々と同じ心配をしている私がいます。

そして、そんな心配性なこの性格を何とかしたい。
何とかせねばとも思っています。

もっとシンプルに行きたいと思います。
もっと、楽しく人生を気楽に謳歌したいと思います。

でも、でも、ついつい小さなことで
くよくよしてしまったり、

自分の力ではどうにもならないこと、
起こる可能性は限りなくゼロに近いようなことにまで、

もし、、、になったらどうしよう。

と、心配になるのです。

モノを捨てるという行動は、勇気がいります。
でも、そのプロセスを通し、

「自分で決めて、その結果も自分で引き受ける」覚悟ができ、
「モノを通してトレーニングしていくことで、あらゆる物事においても
自分で意思決定するという基本が身についてくる」のだそうです。

以下、印象に残った部分の引用を太字で記します。


・人は50歳で生まれ変わる。
(人は幼い頃から、親や周囲の観念を取り込みながら成長するもの。その観念と葛藤しつつ引きずっていくのが50歳まで。ああでもないこうでもないと右往左往した結果、やっとその親の観念から解き放たれる。ようやく50歳になる頃から、自分が採用した自分の観念で生きていける)
・断捨離していくと俯瞰力が養われます。
・信頼すれば心配は消える。
・自分を信じることは幸せの基本=自分で自分を承認すること
・「何が起きても大丈夫な自分」「どんなことにも対処できる自分」を培っていくのが断捨離なのです。
・期待や不安を手放して未来を信じる


この本では、断捨離することの意義や
その行動を通して何を考え、学び得られるかといった精神論が書かれています。

では、どう具体的に断捨離すればいいの?
まずは、行動に移したい!!と思ったので、

必ずできる断捨離BASIC (マガジンハウスムック)
必ずできる断捨離BASIC (マガジンハウスムック)やました ひでこ

マガジンハウス 2013-06-27
売り上げランキング : 3751


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本をポチっとしました。
1つ1つのモノには必ず思い出がつまっていて、
なかなか不要のものも捨てられなかったけど、

今回は、何か行動を起こすことで、
考え方なんかもうじうじせずに、
シンプルになれるような気がします。
関連記事

| 本の紹介 | 2014-04-30 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT