||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

reflection essay(インドの結婚事情を読んで)

仕事に復帰して最初の1週間が終わりました。
大好きな仕事ではあるけれど、まだまだ体が慣れてはおらず、

連日、家に帰ると、どど~~っと疲れが出て、
英語学習よりは、体を休めることを第一にしていました。

担当コマ数は例年の半分位なので、
スケジュール的にはかなり余裕をもっての復帰なのですが、
それでも、毎日外に出て仕事をするという生活に身体が慣れるには
もうちょっと時間がかかりそうです。

ともあれ、無事復帰第一週を終えることができ、
ホッ!!としました。

さて、Rとのレッスンでの課題のエッセイがやっと今日完成しました。
課題は、No country for single women を読んでのreflection essayです。


4月3日の記事にも書きましたが、

・明治生まれの祖母の時代の結婚
・現代インドの結婚、
・現代日本で結婚適齢期の娘を持つ母としての立場での結婚観

の3つを盛り込んで書いてみました。
R的には明治生まれの祖母たちの時代の結婚に興味を持ったようで、
2段落目の、私の祖母が結婚式の最中に新郎の顔をチラ見して、
「あ~この人が私の夫なのか」という場面で声を出して笑ってました。

私が書いたエッセイ(463語)です。


 Simple or Free?

 In my grandmother’s generation, marriage was like a duty for girls; not mature yet to be called women. Most cases, their future husbands were decided by their parents and they didn’t have any rights to say no if they don’t want to get married. Moreover the situation in which they’ve never met their future husband is nothing so special.

One day, my grandmother told me the story of her wedding day. She had never met her husband, my grandfather, until the wedding day. She was so curious on the day and she tried to take a glance at his face during the ceremony even though brides should not look up. She succeeded to look at my grandfather’s face and she recognized him and thought “Ah, he is my husband.”

My grandmother’s case is not special in those days and there were few couples who got divorced. They just followed the practice of the time; to get married to the person who their parents decided and if they have some troubles, wives need to be patient because divorce was regarded as a shame. Fortunately my grandmother had a happy marriage life even though they didn’t meet or know each other before marriage. They started building their relationship and their bonds after then.

In those days, there were no options for women. Marriage was a duty and if they don’t get married, it was regarded as a stigma. The situation was similar to modern Indian’s. Then, were those women in my grandmother’s generation not happy? I don’t think so. Indeed they don’t have any freedom to make a decision by themselves, but they believed it was natural and they didn’t want their parents to be disappointed. For them, their own happiness can be placed in the back burner. They just followed the custom of the society.

The time has changed. Now, we live in the 21st century. Japanese women have more freedom and they can make decisions about things. There are various lifestyles and women can choose from them on their own including marriage.

The situation in Japan is totally different from India. However, the base feelings of mothers might be almost same. I know getting married is not the only happiness for women in general, but personally, as a mother of a daughter turning 25 next month, I also want her to get married within 5 years. This is my real hope. I understand her life belongs to hers and she’s the only person who can decide.

In modern countries like Japan, there are various ideas and way of thinking. Freedom is important but sometimes it might make us confused. It may be that this custom in India and my grandmother’s time is so simple that it’s not confusing for mothers.

'the back burner'というのは、「2の次」という表現なのですが
記事内で初めて知ったのでエッセイにも入れてみました(笑

私のこのエッセイを添削してもらうとき、Rが、
「ぴあのの原文にstick toして直す」と言ったので、
私が、「いやいやstick to しなくてもRの提案する文で直してもらってもいいよ」
と言ったのですが、

まずは、私の原文のままに直すということで
文法の間違いなど直してもらいました。

で、ほぼ完成になった段階で、
なんと、なんと、Rが私のアィディア(内容)そのままに、
自分だったらこんな風に書くというのを教えてくれました。

これには感激しました。
そして、レッスン内で私バージョンとRバージョンを
1段落ずつ比較して読み、何が違うかを学びました。

もう、ドキドキするほど興奮するレッスンでした。
その後、私がRの書いた部分に関して、
読めばわかるけど、私の力ではこういう文は書けないという個所を選び、
その用法を教えてもらいました。

たとえば、

・too~to be Vの過去形
・2つのことを並列で動詞の目的語として列挙するとき、
最初を動名詞を使い、2番目を不定詞にすることでの強調効果を高める
・and therefore not V+ingの用法
・if and whenのイメージ

いや~~勉強になりました。
特に3番目のスタイルは、私の苦手な分詞構文なのですが、
Rに言わせれば、「ただ情報を付け足すだけ」というので、

Rに他の例文を作ってみて~と言うと即座に、↓を作ってくれました。

she explained everything in detail therefore avoiding misunderstanding.

4番目のif and whenの文は初めて見たので、
ifやwhen単独とif and whenで使った場合の違いを教えてもらいました。

朝の連ドラの花子ではありませんが、
知らないことがわかるというのは本当にワクワクします。

レッスン後もなんだかしばらく余韻が残っていて、
その余韻をかみしめたくて、しばらくぼんやりしていました。

自分ががんばった以上のフィードバックがもらえ、
質問すれば期待以上の答えが返ってくる。
レッスン後には、もっともっと英語を知りたいと思わせてくれる。

講師としても、彼女の域を目指したいな~と思いました。
関連記事

| 英文記事 | 2014-04-18 | comments:3 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/04/20 11:35 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/04/20 11:55 | |

鍵コメさん

こんにちは~お久しぶりです。
ご指摘頂きありがとうございました。
なるほど、なるほどと読ませて頂きました。

とても勉強になりました。
お忙しい中、ありがとうございました!

| ぴあの | 2014/04/20 12:21 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT