||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

週末でまず2冊読了

大学から借りてきた5冊のうち
この週末で2冊読むことができました。

1冊目は、
ペンギンリーダーのレベル2のThe Waveです。
YL2.4 語数7400 ★4つ評価の本です。

2冊目は
ケンブリッジのレベル1のJust Like a Movieです。
YL1.4 語数3948 ★3つの評価の本です。

これから100万語を目指すため、エクセルで読書記録も作りました。
A4サイズを横に使うページ設定にし、
左から順に以下のようなフォーマットにしました。

冊数の通し番号/読んだ日/タイトル/★の数/内容のジャンル
出版社/YL/語数/合計語数/私の評価の★の数/2行感想

これまでの語数に一部間違いがあり、
今日現在での合計語数は78,572語となりました。

そして、今日は「多読とは?」それと、「多読の進め方」なども
SSSのHPで勉強してみました。


まず、多読の3原則は

・辞書はひかない
・分からないところはとばして前へ進む
・つまらなくなったらやめる


のだそうです。
理由等はネット等で調べてみてくださいね!
とにかく基本は「楽しく読む」です。

そして、多読の目的というか目指す効果は

楽しんで読書することによって生の英語が自然に脳の深層に蓄積していくこと

そのためには、
まずはレベル0の200-250の語彙数レベルから
始めればいいそうです。

また、1分間に読むスピード(分速)は120-200語
を基準にするといいそうです。

朗読用の音声はだいたい1分間180語ぐらいだそうで、
それ位のスピードで読めないと「聴いてわかる」ようにはならないと。

また、

訓練用は 80-150語/分
楽しむには 150語以上/分


と書かれていました。
もちろん、たとえ100語/分以下でも楽しめていれば問題はないそうです。
基本は「楽しむ」ことにあるのですから。

では、私はどれ位のスピードで読めているのか?
今日読んだ2冊目のYL1.4 の本で測ってみると

1分間で160語程度(YL1.4)だと判明しました。
ということはあまり難しいものではなく、
この程度のYLのものでまずは多読の習慣をつけるのがよさそうです。

多読スタート時の読む時間や語数は

週に2時間(1日20分)
毎週40ページ 12,000語以上


が目安だそうです。

これまで「勉強のためには難しいものを読まないと」と思っていましたが、
当面の私の目標は↓です。

・読むことに慣れる⇒「英文を読む」という抵抗がなくなるように
・速読の感覚を身につける


乙女座A型の几帳面な性格(?)で
速く読むとわからなくなるのではないか?

という心配があってついつい慎重に1語1語を読むようにしているので
これまでスピードがあがらなかったのだと思います。
あまり重箱の隅をつついた完全主義的にすると
内容そのものも楽しむ余裕がなくなるような気がします。

わからなくなったら戻ってもいいわけだし、
7~8割理解できて、「あ~おもしろかった」「お、また1冊読み終えた」
という達成感がとりあえずは必要なのではと思います。

直接TOEICの対策には結びつかないかもしれませんが、
とにかく「読む」絶対量を増やし、「速読力」をつけることは
きっといつか結果につながるような気もします。

さ、これでTOEIC会の初回の宿題(週末に1冊は読みストーリを伝える)は終わったぞ!




関連記事

| 多読 | 2009-04-19 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT