||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Life on the Refrigerator Door読了

The Firmを読了してから、次なる1冊を探す旅に出ていました。
今回はとにかく改めていろんなジャンルで読めそうな本、
ちょっと難しいかもしれないけど読みたい本などを
YL、語数、評価などとともにノートに一覧にまとめる作業をしていました。

その途中で、思い出したのがこの本です。
なんと1日というか1時間半足らずで一気に読みました。

Life on the Refrigerator Door
Life on the Refrigerator DoorAlice Kuipers

Macmillan 2008-04-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書期間:2014年3月9日
総ページ数:239ページ
語数:13,000語
読書総時間:1時間24分
読むスピード:154.8w/分
実質読書日数:1日
難しさ:☆(YL3.5)
おもしろさ:☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
総計:56冊 1,805,197語

本の紹介です。


私がTOEICの勉強を本格的に始めた頃、
ある800点を持ってる方のブログでこれを知りました。
当時の私は自分が洋書(PB)を読めるようになるなんて
想像すらつかず、その記事を見て、

いつか私もそんな風に洋書が読めるようになりたいなぁ。
でも、そんな日がくるのかしら?
なんて思ってました。

今回は、次なる1冊をかなり大規模に捜索?していたため
過去にちょっと気になっていた本なんかも次々ヒットし、
ノート4,5ページが一覧表で埋まりました。

で、気になった本は次々サンプル版をダウンロードし、
ほぼそれら5,6冊に絞ってサンプルを読もうとしていた時に
思い出したのがこの本だったのです。

これ、難易度を1つ☆にしましたが、本当に本当に読みやすいです。
GRでYL2の人でもいけそうですが、3を読んでる人なら絶対に大丈夫です。
HolesやThe Giverなんかの児童書よりもかなり易しいです。
TOEICスコアでいうと、Rが200点位で十分OKだと思います。

内容は、母と娘がメモを書いて冷蔵庫に貼っておく
いわば交換日記のやりとりのような感じです。

ブロッコリーとミルクと卵を買ってきて~のようなお買い物メモから
今日は〇〇と出かけるから帰りは何時頃になるとか
ペットのケージを掃除しておいてね、
あるいは、おこずかいカウンターにおいておくわよ

なんて、本当に日常のやりとりメモです。
ただ、時には昨日ケンカしてごめんね~とか、
昨日は言い過ぎたわなんてちょっと面と向かって言いにくいことも
一緒に書かれていたりします。

そんなたわいのない日常のやりとりのメモの内容が、、、
以下ネタばれになるので書きません。

この本を読もうと思う人は、多読王国やアマゾンのレビューは
さらっとしか読まない方がいいです。
ネタばれ部分が書いてあるものもあるので要注意です。

私も「その部分」について自分の思いを詳しく書きたいところですが
これから読む人がそれを知ってしまうと読む醍醐味が薄れてしまうので自粛します。

ただ、母と娘っていいなーと改めて思います。
最初から最後まで、特に後半はずっと、にゃる(娘)を思いながら読みました。
にゃるを思う自分と、私を思うにゃるの気持ちを思いながら読みました。
そして泣きました。

とてもいい話なのですが、個人的にはちょっと展開が速いというか
もっと読者側が行間をたくさん読んだり、
メモとメモとの間に起こったことを想像したりしないと
より深くは味わえないような気がします。

繰り返しますが、この本は本当に読みやすいです。
これから初めてPBを読む人、自分なんかには読めないと思ってる人も
この本なら大丈夫です。

ぜひ、英語で英語の本が最後まで読めた!
そんな達成感や感動をぜひ味わってください。

ぴあの塾課題図書入り決定!
最初の1冊目にぜひどうぞ~。

また、メモばかりで書き言葉ですが、
まるで会話文を読んでいる感じなので
この本を読み返し、会話力UPに使えそうな表現をまとめるのもいいと思います。

この本読むと、きっとお母さんに会いたくなりますよ^^
さて、あっさり1時間半で読み終えてしまったので、
次なる1冊また決めなきゃ~

とりあえずサンプル版を読んでみます。
いや~読書って本当に楽しいですね。
関連記事

| 多読 | 2014-03-09 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT