||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

A Good Yarn読了(私の編み物画像付き)

去年の11月から読んでいたA Good Yarnようやく読了しました。
今年1冊めのPBというよこになります。

A Good Yarn (Blossom Street)
A Good Yarn (Blossom Street)Debbie Macomber

Mira 2010-05-01
売り上げランキング : 50159


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読書期間:2013年11月23日から2014年2月9日
総ページ数:380ページ
語数:100,000語
読書総時間:12時間6分
実質読書日数:17日
難しさ:☆☆(YL 約6.5)
おもしろさ:☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
総計:54冊、1,656,904語

以下、本の紹介です。



この本、実は入院した翌日から病院で読み始めたものです。
病院では時間はたっぷりあるのでkindleを持って入院したものの
いったい何を読もうか?と思ったときに、

気持ちが暖かくなるような人間模様を描いたものがいいな~
それぞれが持ってる悩みを乗り越えつつ最終的には
穏やかな気持ちになれて人間っていいな~みたいな
そんな本がいいな~と思いました。

英語も平易で何かないかな~と考えた時に
思いついたのが、Debbie Macomberのシリーズです。
前作を読んでいたのでその3部作の2冊目にいこうと思いました。

The Shop on Blossom Street
The Shop on Blossom StreetDebbie Macomber

Mira 2010-05-01
売り上げランキング : 27892


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主人公Lydiaがシアトルのブロッサムストリートに開く
小さな編み物教室に集う生徒さんたちのお話です。

前作ででてきた3人はベビーキルトを編みますが、
今回は新たな初心者3人がソックスを編みます。

Lydiaは10代で脳腫瘍を患い再発を繰り返しながらも元気になり
穏やかで静かでそれでも強い女性です。

彼女の元に集った新しい3人の女性もそれぞれ問題があります。
1人はお母さんを亡くしシカゴから祖母のいるシアトルに移ってきた
高校生の太った女の子。

もう一人はダンナさんに女性ができ、離婚を宣言されたばかりの
2人の子供(高校生)を持つ女性。

最後の一人は、ギャンブルに走ったダンナと大昔に離婚し、
一人で働き定年を迎えた女性が大事な退職金を投じた資金を無くし
裁判中の女性。住む家もなく娘のところに身を寄せています。

これら3人が編み物教室で出会い、
そこで、前作に登場してきた3人(特にAlix)とも交流しながら
それぞれが、悲しみや迷いから立ち直り成長し幸せになっていく
そんなストーリーです。

主人公Lydia自身の人生もまた丁寧に描かれています。
出現した恋人との関係や実姉Margaretの姉妹関係も。

言ってみればアメリカのホームドラマを見てる感じです。
ただ、今見てるデスパレートな妻たちがあまりに激しすぎるからか
この本が中だるみでつまらないと感じた時期もありました(笑)

えてしてシリーズものは初回作のインパクトが大きいようですが、
この作品も、なんだか途中でつまらなく感じたり、
あまりに間隔をあけて読み過ぎたために
どの名前の人がどんな人だったかを忘れたり、
思い出すのに時間がかかったり、、

やっぱり、和書、洋書に限らず
いったん読み始めたら、あまり間をあけずに
続けていっきに読んだ方がいいですね。

ということで、お勧め度は☆3つぐらいです。
今日は最後の50ページ位を一気に読んだのですが、
最後になっていろいろ急展開して読後はいつものように

人っていくつになっても変わることができるんだ。
とか、やっぱり大切なものって「愛」「家族」「友情」だな~
とかは感じるのでした。

次はもうちょっと激しく
ハラハラ、ドキドキするようなミステリーでも読んでみようかな(笑)

さて、編み物ですが、
私一時期かなりはまってた時期があります。

小さい時(幼稚園位?)からかぎ針編みはしていて
ひざかけやマフラー、手袋、靴下、レースのコースターなんかは
小学生のときにかなり編んでいました。

母が機械編みをしていたので
その横で小さい時から編み物をしていたのでした。
ふふふ、私のイメージ変わった?(笑)

母は洋裁も得意で、洋服はもちろんオーバーコートなんかも母のお手製で
私はほとんど既製品を買ったことがなかったような。。

で、大学に入ってからは棒針を覚え、
付き合ってた彼氏にいろいろプレゼントもしたものです。

結婚してからはセーターをせっせとひと冬に5枚とか編んでました。
たとえばぴえ~るに編んだベストはこんな感じ。
会社に着て行くと、「わ~奥さんの手編みですか~」と言われたらしい(笑)
もう30年近く前の話ですが。

2014-02-09 13.40.19

これなんかは何と5日で編みあげたシンプルな縄編みセーターです。

2014-02-09 15.25.08

私の一番の大作は、
アラン模様のフィッシャーマンズセーターです。
もう30年近く前になるからあちこちシミになってますが、、

2014-02-09 13.45.38

妊娠中は子供の靴下、おくるみ、帽子何でも編んだな~
生まれてからは方眼用紙に自分で動物の絵とかデザインして
編みこみのセーターなんかも編みました~

この本を読んでると、
そんな寒い冬に一針一針思いをこめながら編み物をしていた
そんな時代を思い出します。
関連記事

| 多読 | 2014-02-09 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT