||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014年1月オンラインのまとめ

2月に入りましたね~
おかげさまでぴあの塾雪祭り♪快調に進んでいます。
今日か明日には、雪祭り♪1Dayレッスン2nd Stageの募集開始の予定です。

ご希望される方は、ブログチェックしててくださいね~
また、最近studyplusを始められる方も多いのですが、
友達申請を頂く場合は、必ずメッセージを添えてくださいね^^


さて恒例のオンラインレッスン月例レポです。

◆1月オンラインレッスンまとめ
A&A 13
native 4
ZUBU 2
ーーーーーーーーーーーーーーー
合計 19コマ(9.5時間)

◆開始(2010年9月)からの合計:1,315回⇒657.5時間

1カ月を振り返ります。


今月はRの停電やもろもろによるキャンセルが多く、
そのため、1月の第3週はレッスン0ということに、、、

今後もちろんRレッスンは続けるものの
やはり他スクールも検討しないと英語を話す時間が減ってしまう。。
ということで久しぶりに他スクールのチェックを始めました。

まずは、まだポイントの残っているスクールで
予約しようと見てみると、ZUBUでは何とか予約ができたものの、

えいごちゃんの濃ちゃんは
いつのまにやら開講時間がすごく減っているし、
元々残りポイントも2しかない。

今後ポイントを買うつもりもないので
濃ちゃんメインで今後の計画はできない。

EPもまだポイントがあるけど、
私が受けていた先生はまだ復帰していない模様。

チャッティングも例の殿方講師は復帰しておらず
スパ先生も私の可能時間の予約がとりにくい。
そもそもあと13ポイントあったはずなのに
予約画面がなぜか表示されなくなってしまってる。。

う~ん、となると古巣のピナスに再び(3たび)戻るか?
でも、ここの先生とはちょっと距離が近くなってきてるし、
もしかしたらそろそろキャンペーンがあるかもしれないので
もうちょっと様子見をしたい。

まだ体調がそんなによくないので、
新しいスクールで次々体験レッスンを受けるだけのパワーもない。

と思っていたところ、
耳よりなニュースをキャッチ!!!

ある方からの情報で、
ネィティブレッスンの機会を得たのです。

早速、体験でカナダ人レッスンを受けてみたところ、
あ~~~~やっぱりネィティブっていい!!!

即入会し、次はオーストラリア人で受けてみたら、
そうそう、これ!これ!

何と言うか、ネィティブ独特の相づち、
リズム、スピード、音のつながり、あいまいさ(笑)
あ~~これ、これ~~~と思いました。

申し訳ありませんが、
心が狭いので(笑)どこでレッスンを受けてるかは
ここには書きません。

これまでもそうでしたが、
ここに書いたとたんに、私自身が全くレッスンがとれなくなるということを
何度も経験しているので、そこはご理解ください。

ともかく、久しぶりのネィティブレッスンは、
私としては下手に記事など読んでのレッスンよりも
ただのおしゃべり、フリートーキングだけで十分な感じです。

デス妻にはまって、連日ネィティブの世界に浸ってるだけに
実際にネィティブと話してると、自分もその一員になったかのような感覚、
あ、もちろん、そんなには話せませんよ~
でも、雰囲気だけはそんな感じですごく新鮮なのです。

デス妻といえば、この前のオーストラリア人先生のレッスンでは、
シーズン1まで見たと言ったら、
登場人物4人の人物紹介と、それぞれがどんな場面で終わったかを
説明するように言われ、楽しかったです。

アメリカドラマっていろんな国で見られてるので
こういうネタをふると、急に話が盛り上がり、

それを元にこうしたフリートークも成立し、
ドラマや映画やPBって世界中の人との共通話題になり、
1粒で何度も味わえる的な感覚を持ちました。

Rとのレッスンでは、economistの記事を読み、
それについての意見文を書く練習を続けています。
1月から私は記事の全文訳を始めました。

流れとしては、

1.economistの記事を読む(予習)
2.レッスンで疑問点を質問する
3.内容について意見交換をする
<この段階で意見文の宿題がでる>
4.宿題をするには精読が必要になりもう一度しっかり読む
5.精読を元に翻訳してみて日本語をタイプする
6.そうするとまた違った疑問がわきレッスンで質問
7.ようやく意見文に着手
8.意見文を添削してもらう
9.リライトする
10.リライトをチェックしてもらう

で、ようやく完成~という感じです。
かなり時間がかかるので1つの記事に2週間ぐらいかかります。

私は構文とか文型とかにすごくこどわって精読するので、
Rには、かなり食い下がっていろいろ質問します。
たとえば、

「この"Had it wanted to, the government could have done much more to dampen criticism."の最初の所は、ifが省略されている仮定法の文で、ifの省略により倒置がおこってるのか?でも、そうだとしてもコンマの前と後の関係が文脈的にわかららないのだけど」

という感じで質問します。
もちろん、質問する前には、仮定法は英語でsubjunctive moodというように、
「質問するための英語」も予習しておかないといけません。

Rは頭がよすぎて、
ときどき、私の質問を聞いても、どの部分がどうしてわからないのかがわからない
という場面もありますが、そこで、「じゃ、もういいや~」と思わず
面倒でも、くいさがって、「私はここをこんな風に理解してるけど、
それじゃあつじつまがあわなくて混乱してる」ということを伝えるようにしています。

日本人相手、もっと言えば夫や子供たちとも
時にはそうしたコミュニケーションギャップがあって、
もう説明するのがめんどうくさくなって、

息子なんかは、「じゃ、もういい」となることもありましたが、
私はどんなことでも、お互い面倒くさがらず伝えないと
相手が何に疑問をもったりしてるかがわからないと
答えようもアドバイスのしようがないので、

たとえ家族でも学生に対してでも
しっかり聞いたり、自分を伝えたりするようにしています。

それを英語で、となるとやっぱり大変だったり
伝えたいがあまり、内容重視で、文法とか語順とかがめちゃめちゃで
シドロモドロ英語になることもありますが、

それでも、伝えればきちんと答えが返ってくるし、
それを繰り返しているうちに、Rや他のレギュラー先生も
私がどんなところでひっかかるかがだんだんわかってきて
助言をもらえる場合も多くなってきました。

オンラインレッスンを意義あるものにするためには、
全部を先生に任せるのではなく、生徒側のそういう姿勢も
大事なんじゃないかな~と思います。

先日のぴあの塾のレッスンでも
ある生徒さんがパート5の文ですごく粘り強く質問してくれて、

「ぴあのさん、じゃ、この場合の~~~ってどういうことなんですか?
なんでこれが主語じゃないんですか?」

なんて聞いてくれて、それによって
なぜその生徒さんが、答えを選ぶときに別の答えを選択したかがわかりました。

話が長くなってきましたが、
オンラインレッスンをたくさん受講することにより、
生徒側の気持ちもよく理解できるし、

たとえば、レッスン中のチャット画面の有効な使い方や
ファイル送信などテクニカル的なことも身につき
教える時にもすごく役立っています。

無駄な経験って何一つないんだな~とつくづく思うこのごろです。
関連記事

| 月例レポート | 2014-02-02 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/02/02 18:07 | |

鍵コメさん

studyplusでの友達申請ありがとうございます。

スタプラではメッセージ機能があって、友達申請をしたい方のところで「メッセージを送る」(ページの左上)をクリックするとメッセージが送れます。

だいたいの方はプロフィールに、「友達申請はメッセージを添えてください」と書いていると思うので、今後はそのようにされると、いいと思いますよ♪

「片思い」が「両想い」になれた~というのすごくわかる気がします。今後ともよろしくお願いします。

| ぴあの | 2014/02/02 18:23 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT