||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大学院からのオファー

金曜日は毎週、朝一番の授業、1コマだけです。
その授業が終わり、「あ~今週の全仕事が終わったぁ!!」
と講師室で解放感に包まれていたそのとき、
携帯に電話がかかってきました。

A大学で何年も一緒に仕事をしてきた先生からでした。
その先生は今期からは別の大学の大学院で教えているのですが、
なんと、

「ぴあの先生、今学期はスケジュール忙しいですか?
急な話なのですが可能なら来週からうちの大学院でも
教えてもらえませんか?」

ということでした。
びっくりしました。

今学期の私は月から金まで毎日授業があるし、
とても無理だと思いました。

しかし、話を聞いてみると

「ぴあの先生が午前、全部うまっているのなら
午後の授業時間に設定します。

時間数も時間帯も曜日もすべて先生の都合に合わせます。
授業内容もすべてお任せしますので、
先生の好きなようにやってくださればいいです。」

とのありがたいお話です。
時給や交通費なども好条件です。



だんだん気持ちが動いてきました。

木曜は11時半ごろB大学での授業が終わるので
それから簡単に食事をとって移動すれば
C大学院の13時半からの授業に間に合います。

金曜はB大学の授業が10時半には終わるので
時間の余裕はあります。

実は木曜の夕方にGW明けから
新小学校5年生の自宅での英語クラスを頼まれていましたが、
熟考の末、2日前にお断りしたところでした。

今後はできるだけ日中の日本語の仕事に集中しようと思ったことと
中学生、高校生はいいが、小学生クラスは年齢的にもテンション的?にも
そろそろおしまいにしようと思ったからです。

つまり、木曜はB大学の授業を終えた後はフリーです。
金曜も(元々)フリーです。

これ以上、忙しくするのにはちょっと勇気も入りますが、
最初は1コマから初め、軌道に乗ってから2コマあるいは3コマ
にしてもいいとまで言って頂きました。

大学院を出てない私が大学院で教えるなんていいのか?と思い
それもお聞きしましたが、これまでの実績、業績があれば
それは全く問題ではないとのことでした。

本当にありがたいことです。
感謝です。

私たちのような非常勤講師という仕事は1年契約のため
来年また同じ形で仕事ができるという保証は何もありません。

私立大学はどこも経営が厳しいし、
国立大学も独立法人化のあとは人件費のカットのため
どこも非常勤講師の数は大幅に削減しています。

そういった状況でも子どもの教育費や仕送りはあり、
夫の給料は夫ひとりのがんばりでどうにかなるものではありません。

ですのでリスク分散という意味で
これまでA大学、B大学、そして自宅教室という3本立てでやってきました。

今週の月曜日、B大学の初日の日、朝、職場へ向う車の中、
「こんなご時世に好きな仕事ができるって
いい環境で仕事がさせてもらえるって何て幸せなことだろう」
そう思いました。

息子も社会人となり、娘もいきいきと大学生活を過ごしています。
(今日、「カレシができた!!」と弾んだ声で報告電話がありました(*^^*))
それぞれがそれぞれの道でがんばっています。

自分ができるのなら、
やりたいのなら引き受けてみよう!
そう思いました。

勝間和代さんの本を読んでから、
少しずつ変わってきています。

「妬まない、怒らない、愚痴らない」の三毒追放、
「ネガティブなことを言わない」
「笑う!笑う!笑う!」

そして、

「本を読む、人と会う、こつこつ続ける」
「GIVEの5乗」

これらを心がけています。
不思議といいことが次々起こります。

職場では講師仲間でTOEICの会を結成しました!
(このことは改めて記事にします)
勝間さんの本を読んで得た知識を広めて
自分自身が実践できるようになってきました。
人生、積極的になってきました。

職場の仲間に今回の話をすると
みんな喜んでくれ、

「ぴあの先生、よかったですね!
ぜひ引き受けるべきですよ。
最近の先生、ポジティブだし、幸運を自分で引き寄せたんですよ!
幸運の前髪をつかないと!」

なるほど、そうかもしれません。
これが偶然の出来事でチャンスをつかむ力=セレンディピティ
かもしれません。

これまでは優柔不断な私でしたが、
今回のことは即断即決でいこうと思っています。

自分が必要とされることが何より嬉しいです。
がんばります!



関連記事

| 日本語講師 | 2009-04-17 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT