||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

The Notebook読了

今年6冊目のThe Notebookなんと3日で読了しました!

The Notebook
The NotebookNicholas Sparks

Sphere 2011-04-07
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書期間:11月3日から11月5日
総ページ数:256ページ
語数:49,480語
読書総時間:5時間47分
難しさ:☆☆ 
おもしろさ:☆☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
総計:53冊、1,556,904語

以下、本の紹介です。


女心を書かせれば右に出るものはいないという
恋愛小説の大家、ニコラス・スパークスの本です。

私にとってはニコラス本は2冊目でしたが、
初めて読んだ、Safe Havenの印象は今イチだったので、
なぜに全世界でニコラス本が愛されてるかよくわかりませんした。

が、しかし、
今回、このThe Notebookを読んで、

あ~~~かくも美しく悲しい愛の物語はあるものなのだろうかと
すっかりはまりました。

人は人をそこまで深く長く、心から愛せるものなのだろうか。
人は老いてもなお、自分のすべてをかけて人を愛せるのか。
何か人としての愛の尊厳のようなものを感じました。

英語は平易です。
上段から構えての「平易です」という発言ではなく、
本当に読みやすいです。

TOEICのRでいうと300点ある人なら
楽しめるレベルだと思います。

物語は、17歳のノアと15歳のアリーがひと夏の熱い恋を体験し、
その後、14年の月日を経て再会したところから始まります。

アリーはいわゆる上流階級の女性で、
すでに弁護士のロンという婚約者もいます。

一方、ノアは戦争から帰り、その前に勤めていた会社の
ユダヤ人オーナーからの遺産が与えられ、
故郷に家を買うことはできたもののアリーとは身分格差があります。

アメリカ南部において、そういう身分格差があって
結婚の妨げになっていることは私も知りませんでしたが、
物語は、丁寧な心理描写とともに情景描写もあり、
アメリカ南部の情景が目に浮かぶようでした。

この小説は既に映画化され、DVDも発売されているので、

きみに読む物語 スペシャル・プライス [DVD]
きみに読む物語 スペシャル・プライス [DVD]
Happinet(SB)(D) 2013-12-03
売り上げランキング : 1865


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私も原作を読んだ今、ぜひ映画を見てみたいと思います。
29歳になったアリーが14年ぶりにノアと再会を果たした後、
はたして、どちらの男性を選ぶのか?

ストーリー展開から目を話すことができず、
私のこれまでのPB歴でも最速の3日でこの本を読み終えました。

彼女がどちらの男性を選んだかがあかされないまま、
物語は、いきなり晩年の2人を描きだしています。
途中まで名前も明かされず、he,sheという言葉かからguessするしかなかったのですが、

それも物語の進行とともに真相があかるみになってきます。
美しい恋の物語には、哀しい現実も盛り込まれていますが、
それでも、その哀しさの中に愛の深さ、強さ、温かさが感じられ、

時を忘れて読みふけりました。
前述のとおり、英語は本当に平易で、
何のストレスもなく、

時には、これが英語だということさえ意識することなく
サクサクと読み終えることができました。

今日はたまたま平日休みで
夕方読んでいたこともあって、
どこか頭の中には、ぴえを思い描きながら読んでいたのですが、

途中で娘が帰ってきて、
私の中の夫婦での美しいラブストーリーが
娘の出現とともに現実に引き戻されてしまいました(笑)

社会派のストーリーに比べれば
内容の深さはないかもしれませんが、
私はそれでも、人間としての基本、

人を愛するということ、
愛されるということ、

そして誰しもが老い、死んでいくということを
今一度思い起こされたという意味では
とても印象に残る本でした。

ぴあの塾の課題図書に入れてもいいかな?
と思える1冊でもありました。

いや~~本っていいですね~
次、何、読もうかな?
関連記事

| 多読 | 2013-11-05 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

読了おめでとう~!!!
ほんと、洋書をじっくり読み、その中に没頭できるってつかのまの異次元体験でいいよね~♪

洋書読書会 で検索すると、HITしないわ~。。
それもここらあたりまできたレベルはない(汗)

GRADEDREADERSの多読で絵本とかのレベルはあったりするんだけどさ。。。

和書の読書会なんかはいっぱいあるのにね~。。。

そういう集まりの会でもたちあげようかしら(爆)

で、次何する(笑)?

| 大阪の主婦 | 2013/11/06 18:57 | URL |

大阪の主婦さん

主婦さん、こんばんは~~

本当に読書に浸ってる時間っていいよね~
現実世界から離れ、自分だけの美しい読書の世界に浸って、あれこれ妄想し、人生を考える。まさに至福の時だわー

「洋書読書会」ではヒットなしかー
検索ワードを、「多読」とかに変えてみたらどうかな?
洋書関係は、「多読」というキーワードで結構ヒットするような気がするけど。

確かに、児童書やGRとかは、SSS関係とかもあってヒットしそうだけど、もうちょっと、大人向けだとあまりないのかもしれないね。

主婦さん、先日、私の記事で紹介した、渡辺由佳里さんの「洋書ベスト500」って読んだことある??私は次なる1冊を決める時は、angelさんの過去の読書記録とこの渡辺さんの本を参考にしてるわ。

で、次だけど、ニコラス本のMessage in a BottoleとA Walk to Remeber,そしてソフィーキンセラのUndomestic Goddessというちょっと(かなり?)軽めのラインナップのサンプル版をダウンロードしてみた。あ、グリシャムのThe Firmも!

| ぴあの | 2013/11/06 22:09 | URL | ≫ EDIT

読んでいた本がちょうど終わったので、The Notebookたった今買ってみました。
恋愛小説なんてあまり読まないので、ドキドキします(^_^;)
これからがんばって読みます~
ぴあのさん、検査がんばって下さい。

| いっきー | 2013/11/08 16:11 | URL |

いっきーさん

お返事が遅くなりすみません。
The notebookどうですか?
英語自体は平易なので、いっきーさんならサクサク進んでることと思います。ドキドキしながら楽しんでくださいね。

| ぴあの | 2013/12/13 19:27 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT