||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Blackberry Winter読了

本日2つ目の記事UPです。
こちらも報告が遅れたのですが、Blackberry Winter読了しました。

Blackberry Winter: A Novel
Blackberry Winter: A NovelSarah Jio

Plume 2012-09-25
売り上げランキング : 219820


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書期間:9月7日から10月9日
総ページ数:320ページ
語数:86,881語←適当(笑)
読書総時間:9時間34分
難しさ:☆☆ 
おもしろさ:☆☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
総計:52冊、1,507,424語

以下、本の紹介です。


◆ストーリー
舞台はアメリカのシアトルです。
5月に季節外れのsnowstormが起こります。

ジャーナリストのクレアの元に上司から電話がかかり、
1933年の5月にも同じようにsnowstomがあったから
ちょっと調べてみるように言われます。

クレアが調べてみると、
1933年のそのsnowstormの日に、
ダニエルという3歳の男の子が姿を消したことがわかります。

シングルマザーのヴェラがホテルで働きながら
大事に大事に育ててきた息子。
その息子が、忽然と姿を消したのです。

仕事から帰って、ダニエルがいないことに築いたヴェラは
必死に外を探しまくります。

ダニエルはどこにもいませんでしたが、
雪の中に彼の宝物であるぬいぐるみのMAXを発見。
ダニエルはいったいどこへ。。。

物語は、現在と1933年の2つの時代を章ごとに分けながら
同時進行ですすんでいきます。
こういう手法はデュアルタイムストーリーというらしいのですが、
私、結構こういう展開好きです。

前に読んだ、Sarah's Key(←今のところ今年のベスト1)も
この手法でした。

Sarah's Key
Sarah's KeyTatiana de Rosnay

Hodder 2008-02-07
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2つの時代の話が、進行していくにつれて
どんどん近づき、いつのまにか1つの話になって行く感じが好きです。

ネタばれになるのでこれ以上は書きませんが、
正直、前半はちょっとよくわからない部分(特に1933年当時の描写)も
ありましたが、後半になって一気におもしろくなり、
気が付いたら夢中になって読んでいました。

◆英語の難易度
う~ん、これは☆☆かな?
特に文体が難しいということはないのですが、
前述したように、1933年当時の話の進み具合の中で、

これは、今(ダニエル失踪後)の話なのか、
それ以前の回顧シーンなのかが私の英語力では
わかりずらい部分がありました。

現代部分のクレアと夫エザンとの関係や
夫の家族関係の話は特に問題なくスッと読めました。

◆語数
これが困った。。。
これを読んだ人で語数がいくつという情報がゼロでした。
語数検索サイトでもいくつか試しましたがヒットしませんでした。
USA amazonの情報もダメ。。

紙の本なら1,2ページの語数数えてページ数をかけてもできますが、
kindleだとそうもいかず、(今回ページ表示がなく%表示のみだった)
苦肉の策として、これまで読んだ本で似たようなページ数の本の語数を
比例計算で出してみました(笑)

なので、どなたか知ってる人いたら是非教えてください。
修正します。

◆読後感
そうですね~特に涙にくれるというわけではないし、
ハラハラどきどきという話ではないのですが、
やはり、母親の愛情や家族を守る、継承するとはどういうことか
などを考えさせられる本です。

デュアルタイムストーリーというのは、
ある意味ミステリー的な要素もあるので、
途中から、「あ、これはもしや?」みたいな気づきもあって、
その展開どおりになると、「ふふ、やっぱりね♪」的な快感もありました。

◆次なる1冊は?
ここんところ体調を崩していたこともあって、
まだ未定なのですが、studyplus友のkeikoさんに教えてもらった↓を

A Knight in Shining Armor
A Knight in Shining ArmorJude Deveraux

Atria Books 2002-04-24
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


候補にサンプル版をダウンロードしました。
他にもお勧めの1冊あれば、教えてください。

まだ、体調が十分じゃないので
ちょっと短めの緩め?のを先に読もうかなあとも思ってます。
関連記事

| 多読 | 2013-10-12 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

シャイニングアーマーは確かにページ―ターナーの部類に入るとは思います。中世へのタイムスリップラブストーリーです。で、むっちゃラブラブです(笑)ぴあのさんの本棚を見ると、かなり路線が違うようなきもしないでもないですが、マッコーバーさんをさらにメロメロにした感じかもしれません。かなり前のハーレクイーンとも言えるかも。

私が最近読んだもので、よかったなあと思ったのは、"The Reason I Jump"という翻訳ものです。たくさんハイライト使いました。小説ではありませんが、もとの日本語も買って娘も読みました。ものすごく読みやすいのでみなさんに読んでみてほしいなあ。数時間であっと言う間に読めます。

お体お大事に。

| angel | 2013/10/12 23:08 | URL | ≫ EDIT

Angelさん

わぉ~Angel先生~~待ってました♪
実は今日の午後からずっとAngelさんのブログに入り浸って(笑)次なる1冊をあれこれ探し回っていました。

私の路線ってどこにむかってるんでしょうね~
今のところ、なるべくいろんな作家を読もうとも思い、同じ作家の本を読まずにきてるんですが、Debbie Macomberと今回のSarah Jioは他の作品も読んでみたいな~。あと、Sarah's Keyがとにかく気に入ったのでこの作者さんも(他に書いてる?)気になってます。

実は、次なる一冊はちょっとゆるい感じ?とか思い、ふたたびニコラス・スパークスに行くかと思って、The Notebookのサンプルをダウンロードしたり、はたまた前からきになってるGood in bedのサンプルを読んでみたりとうろうろしてます。

A Knight in Shining Armorもレビューみると皆さん絶賛で、ただ私、中世ものとかどうなんだろう?とか長さがかなりあるので、もうちょっと短めのをはさんでからにしようかとか、楽しい「次の1冊探し」をしてました。

Angelさんの2010年のベスト1のThe Forgotten Gardenも気になってますが、あれは難度はどうなんでしょうね?私の今のレベルでは、Angelさんの書評でのdifficulitesの☆1か☆2までが限界かと(汗

"The Reason I Jump"の紹介もありがとうです。
早速、Amazonでチェックしてきました。なるほど、日本人が書いたものの英語版なんですね!お子さんと一緒に英語版、日本語版でそれぞれ読むなんて、素敵な子育てだ~~。PB読みって、何も元々英語で書かれたものを読むだけでなく、ドイツ語とか他の言語のものの英語翻訳版を読んだり、逆に日本語で書かれたものを英語で読んだりという楽しみ方もできるんだと気づかせてもらいました。

なんか、短めで英語も平易でそれでいて心が温かくなる話が今、読みたい気分です。あ、Tuesday with Morrieもサンプル入れました。これは教訓的な話なのかな。こうやってあれこれ迷いつつ次の1冊考えてる時間って至福の時間ですね。

Angelさんもお仕事に子育てにMax忙しいことと思います。お互い1年契約の非常勤講師の身、来年度の更新のためにも毎回ベストパフォーマンスで仕事せねば~ですもんね。Angelさんは既に来年オファーあったとか前に記事で読んだ気がしますが、よかったですね。お互い、健康に気をつけながら好きな仕事に英語学習にまい進したいものですね^^

| ぴあの | 2013/10/12 23:29 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT