||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英検1級エッセイ4 犯罪防止か個人情報保護か?その1

英検1級エッセイも4本目となりました。
今回のお題は、

TOPIC:
Agree or disagree:The prevention of crime is more important than the prtection of privacy.

POINTS:
1. Terrorism
2. Technology
3. Internationalization of crime
4. Misuse of data
5. Surveillance
6. Freedom

日本語にすると、


トピック:
「是か非か:犯罪防止はプライバシー保護より重要である」

ポイント:
テロリズム、テクノロジー、犯罪の国際化、データーの悪用、監視、自由

これらポイントのうち、私の現在の実力では、
Misuse of data⇒データーの悪用
Surveillance⇒悪用
というのはわかりませんでした。

本番ではこうしたポイントは元より、
テーマそれ自体がどんな意味なのかがわからなければ致命的ですよね(汗

で、今回のRからの指示は、↓の通り

You can explore any point you want.
Just make sure there is a smooth flow (connections) when you write the body.

You can refer to the SNowden issues.
There are articles in relation to it that discusses the same topic.
SNowden,NSA,PRISM

こういうことがスラスラ出てくるなんて、さすがです。
恥ずかしながら、私、スノーデンについは殆ど予備知識がなく、
まずは彼についてや、キーワードである
NSA,PRISMについて調べるところから始めました。

いかに背景知識が必要かですよね。
最近は以前に比べ、新聞(日本語)の国際情勢面や経済面も読むようになりました。
また、ぴえ(←夫)にもあれこれレクチャーしてもらい、
改めて、へ~ぴえって物知りなんだ~ってことで
英検1級エッセイのおかげで夫婦円満になりつつあります(笑)

背景知識がわかると、エッセイそのものを書くスピードは
以前に比べると随分早くなりました。
断片的な知識をつなぎ合わせ、ちゃちゃっと私が書いたエッセイは↓です。

いつもはPSの先生に、どう?と意見を聞くのですが
今回は課題が出た翌日がRのレッスンだったということもあり
初めて誰の意見も聞かず、自作エッセイをそのまま提出しました。

これです↓

After 911 in 2001, not only the US but also every country is exposed to a fear of terrorism. In this situation, I agree with the idea that the prevention of crime is more important than the protection of privacy.

Edward Snowden’s confession startled the world. He, was a member of NSA, revealed that American government got individual’s information and privacy through the PRISM system. According to the advancement of technology, he could get the individual’s data through 9major IT companies like Apple, Google, Yahoo and also monitored telephone calls or e-mail. It means that American government can monitored general citizens and there are no longer private lives any more. Indeed our privacy should be treated confidentially but if we can protect the crime or terrorism with the information, we have no alternative but to accept. In fact, American president Obama said that the US was able to protect the terrorism from occurring because of the credential information. Nowadays international terrorism is increasing, it is the duty for every country’s government to guard citizens.

Some people may complain about the loss of our own privacy, however, if once terrorism happens, we will in danger of the loss of our own lives themselves. Where there is life, there is privacy. (209words)

今回の私の目玉は、

「確かに個人のプライバシーは大事だが、ひとたびテロが起これば、
我々は命そのものが危険にさらされている。命あってのプライバシーである!」

ということで、私としては、おそるおそる、結論というか最後の締めに
"Where there is life, there is privacy."と持ってきました。
どれだけつっこまれるかと思ったら、意外にもすんなりそこはOKをもらいました。

しかし、相変わらず、冠詞、特にtheの使い方や、
代名詞の使い方にダメ出しをたくさんもらい、
それらフィードバックを元にリライトしたのが↓です。

After 911 in 2001, not only the US but also every country is exposed to the fear of terrorism. In this situation, I agree with the idea that the prevention of crime is more important than the protection of privacy.

Edward Snowden’s confession startled the world. He, a former member of NSA, revealed that the American government got individual’s private information with the use of the PRISM system. Due to the advancement of technology, he could get the individual’s data through 9 major IT companies like Apple, Google, Yahoo and also monitor telephone calls or e-mail. It means that the American government can monitor ordinary citizens and therefore they no longer have private lives. Indeed our privacy should be treated confidentially but if we can be protected from crimes and terrorism with the information they gathered, we have no choice but to accept. In fact, the American president Obama said that the US was able to prevent terrorism from occurring because of these private information. Nowadays international terrorism is increasing, it is the duty of every country’s government to guard its citizens.

Some people may complain about the loss of their privacy, however, once terrorism happen, we will all be in danger of losing our life itself. Where there is life, there is privacy. (214words)

これで、"good"と言われました。
これまでに比べると、1呼吸をおいてからのgoodではなく、
読み終えてすぐに間髪いれずにgoodと言われたので
Rのお眼鏡にかなったのかなとちょっと嬉しくなりました。

で、次までの課題は、
同じテーマで、今度は、Misuse of data,freedom,そしてもう1つを使って
エッセイを書くことです。

データーの悪用、自由、を使うとなれば
当然、私のスタンスとしては、

「犯罪防止はプライバシー保護より重要である」に対し、
反対の立場、つまりは「プライバシー保護の方がより重要だ」という視点で書くことになりそうです。

同じテーマで両方の立場でエッセイを書くことは、
より複眼的にとらえるいい機会なのかもしれません。
何気に、毎回、ちょっとずつハードルをあげてくるRです。
やっぱりRってSなのかも(爆)

関連記事

| 英検1級 | 2013-10-09 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

文の結びの「Where there is life, there is privacy.」がかっこいい~!
先生の修正は細かいところだけで、ほとんど完成形ってことですね。すごいです!

| いっきー | 2013/10/12 17:18 | URL |

いっきーさん

でしょ、でしょ、カッコイイでしょ?(笑)
実は次のagainstの立場で書いたエッセイにも最後に「決めゼリフ」を使ってみました。全くのオリジナルなのでどうつっこまれるかとびくびくしていたらそれもすんなりOKが出て~こうなると書くのが楽しくなってきました。←単純

このエッセイシリーズ、自分の備忘録で書いているのですが、こうしていっきーさんのように丁寧に読んでくれてコメントくれると励みになります。どうもありがとう^^

そう言えば、今回は論旨の展開等ではあまり直されていないかも。ただ、「~によって」を初稿ではAccording toを使ったのだけど(汗)これって、「新聞によると~」とかの情報源でしか使わないのでそこは、Due to-に修正されました。

また、body中ほどの、but if we can protece the crimes or terrorismーの所は態を直され、but if we can be frotected from crimes and terrorismーと。冠詞や単数、複数の感覚はほんの少しわかってきたのですが、前置詞や動詞句がまだまだダメです。

| ぴあの | 2013/10/12 18:25 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT