||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英検1級初エッセイ完成!

私が長い間、英検1級受験をためらっていた大きな理由はエッセイでした。
英検1級でのエッセイについて簡単に説明すると、

配点:28点/113点(全体の25%!!)
トピック:あらゆるジャンルの国際的な社会問題など
形式:提示された6つのポイントのうち3つを盛り込む
長さ:200ワード前後

という感じです。
最近でこそ、Rのレッスンで記事のあと要約を書くようになってきたものの、
これまでライティングの勉強なんてほとんどしたことがない私にとって
この1級エッセイは高い高いハードルです。

でも、いつまでもそんなこと言ってられないので
まずは、挑戦してみることにしました。

テーマと提示されたポイントは、


英検1級DAILY30日間集中ゼミCD付(改訂新版) (旺文社英検書)
英検1級DAILY30日間集中ゼミCD付(改訂新版) (旺文社英検書)旺文社

旺文社 2009-08-11
売り上げランキング : 120323


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本の中から選びました。

Have women’s attitudes toward work changed?

discrimination
independence
the mass media
gender-related jobs
economic causes
women’s education


一応日本語でも書いておくと、

テーマ
「女性の職業に対する姿勢は変化したか。」

ポイント
・差別
・自立
・マスメディア
・性別に関連する仕事
・経済的理由
・女性の教育

まずは、日本語で考えてみることにしましたが。
う~~~ん、う~~~ん、15分たっても構成が定まりません。
だいたい、3つのポイント、どれ選ぼう??

これは困った。
やっぱり、英検1級なんて時期尚早だったのか…
そこでRに1級ライティングのポイントを相談してみました。

彼女から、
「自分の意見を述べなくてもいい。ただ事実や事象を説明すればいい。
ぴあのならできる!」と言われ、背中を押してもらいました。
そして、これが宿題になりました(汗

とにかく書かねば。
辞書使ったり、英辞郎でいい表現探したりしながら、
何とか何とか30分ぐらい?で書きあげました。

恥ずかしいですが公開します。これです↓

Japanese women’s attitude toward work has gradually changed in time; they developed awareness since the Equal Employment Opportunity Law took effect with the purpose of removing gender discrimination between men and women.

Before the law was introduced, we saw some occupations that were dominated by men but now open to both genders. Nowadays it isn’t so special for us to see female taxi drivers, construction workers, and so on. Along with rising university entrance rate for women, they started having their own specialties and pursued their career in the work place. At the same time, companies also appreciated women’s abilities, viewpoints and ideas. In the old days, getting married was considered women’s happiness, however, in the modern society there are many women who choose to enjoy their single lives and not getting married. For those women, financial independence is very important to spend their lives vividly. Realistically, government supports for working women aren’t enough and there are still some problems for their working circumstances.

Finally, this change had given a good impact not only for the women’s society but as a whole. This tendency will affect the way of women’s thinking for the next generation.

全部で195語です。本当は、
「女性の意識も姿勢も変化してはきているが、現実はなかなか思うようにはいかない」
的なスタンスで書きたかったんですが、英語力的に無理があるので(笑)
変化していることとして書いてみました(汗

一応ポイントとしては、
「自立」「性別に関連する仕事」「女性の教育」の3つを選んだつもりです。

おそるおそるRにこの作文を送ってレッスンに臨んだところ、
idea, grammar, organizationはいいが、マイナーエラーがあると。

ホッ。まずは、大きくホッです(笑)
そして彼女による添削が始まりました。
Rはいつも、ここで言いたかったことは何か、こことここは矛盾してないか?
このthis changeは何をさしてのthisなのか?などなど私に質問しつつ添削が進みます。

質問されるたびに汗がたら~りです。
大汗を書きながら直してもらって完成したのが↓です。

Japanese women’s attitude toward work has gradually changed in time but a sharp change occurred form the time the Equal Employment Opportunity Law took effect with the purpose of removing gender discrimination between men and women.

Before the law was introduced, we saw some occupations that were dominated by men but now open to both genders. Nowadays it isn’t so special for us to see, among others, female taxi drivers and construction workers. Along with rising university entrance rate for women, they started having their own specialties and pursued their career in the work place. At the same time, companies also learned to respect the abilities, viewpoints and ideas of their female employees. In the old days, getting married was considered the only path for women, however, in the modern society there are many women who choose to enjoy their single lives and not get married. For those women, financial independence is very important to spend their lives vividly. Realistically, however, the society’s for working women isn’t enough and there are still some problems with their working circumstances.

The change in the women’s attitude towards work had given a good impact not only for the women but also the society as a whole. This trend will affect the way women think in the next generation.

全部で215語あるので、ちょっと多いかな?
が、今はまだあまり字数に縛られずにまずは英検1級エッセイのテーマや
私なりのフォーマット作りを優先すればいいと思います。

ちょこちょこっと語彙を削ったり短縮形使えば
10語程度は減りそうだし(笑)

本番では辞書はもちろん使えないし、時間の制約もあるので
まだまだ1級レベルの力をつけるには多くの時間がかかると思いますが、
まずは、四苦八苦しながらも1本かけたことに満足しています。

で、ぶっちゃけ、1級ホルダーおよび挑戦したことのある方々、
こんな感じのエッセイで何点位もらえるのでしょうか?
私の最初の添削前のエッセイで28点中、半分の14点位もらえるでしょうか?
それとも10点位??

このテーマはまだそうでもなかったけど、
こういうエッセイを書くにはとにかく背景知識がないと書けません。
それから、スペルもちゃんと正確に書けないと。。

それに、今回は初回だからRも厳しいこと言わなかったけど、
私のエッセイの論旨の展開や、整合性などまだまだ足りない。

いやいや、長い道のりになりそうです。
でも、苦しみつつも楽しんで歩いていきます~
関連記事

| 英検1級 | 2013-09-15 | comments:18 | TOP↑

COMMENT

楽しそうですね!

ぴあのさん、アップしていただいてありがとうございました!
とても勉強になります。

英辞郎や辞書を使えると、とりあえず何となくは理解してもらえる文章は書けるのですが、仰るように、試験中には使えないですもんね(^_^ゞ

会話力が向上してきたら、ライティングとリーディングにシフトしていこうと思います。来年くらいになりそうです。

英検1級、頑張って下さい!応援してます!

| ツウクン | 2013/09/15 16:52 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。私も1級エッセイには苦戦していますが、これはある程度パターン化して、書いて→添削してもらう、を繰り返すしかないのかもしれないですね。ところで、1級のエッセイの配点は準1級の2倍、つまり28点ではないでしょうか?たくさんの方が訪れる人気ブログなので正確な情報をと思い、おせっかいですがコメントしました。
私も1級エッセイ頑張ります!!

| Rikomama | 2013/09/15 19:06 | URL |

えええええ!!!
こんなすごいの書けるんや~!!!!!
私こんなんかけへんわ(汗)

このレベルにはまったくいってなくて、それで16-8点もらえたから、
これくらいかけたら20点以上はあるんちゃうの。

へええええ!!!!!!

英検1球は射程距離ちゃうかな!!!

| 大阪の主婦 | 2013/09/15 20:57 | URL |

ツウクンさん

コメントありがと~です。
今後の長い戦いになるであろう英検1級合格までの道のりの備忘録として初エッセイを載せてみました。

やはり自分の書いた英文を載せるのは正直恥ずかしさが大きいですが、自分自身が今後振り返ったときに、そうか~最初はこんな感じのことしか書けなかったんだ~と進歩を知るきっかけになるといいな~と思います。

ツウクンさんはすでにインプット量は十分なので、徐々にアウトプットにシフトしていけばいいと思います。

| ぴあの | 2013/09/15 22:24 | URL | ≫ EDIT

Rikomamaさん

ご指摘ありがとうございます。
28点だと頭の中でわかってはいたのに、なぜか26点と書いていたようです。早速、修正いたしました。

おっしゃる通り、1級エッセイはとにかく、数書いて添削してもらい、パターンになれるのが先決だと思います。と同時に、背景知識獲得のため、ふだんから新聞やニュースなどでいろんな社会問題に対するアンテナを高くしておく必要性も感じました。

私はまだスタートしたばかりですが、週に1本ペースでエッセイ書いていこうと思ってます。

| ぴあの | 2013/09/15 22:27 | URL | ≫ EDIT

大阪の主婦さん

わぁ~~1級ホルダーの大阪の主婦さんに、そんな風に言ってもらって光栄です~~~

でもね~でもね~これって私、辞書使ったり、英辞郎使ったりしながら書いたわけだし、本番だとそうわいかないからまだまだなんですわ~。。

ただ、本当に雲の上のまたさらに上の、天井人しか書けないと思っていた1級エッセイを、辞書をひきひきでも一応200字満たして書けた~というのは、どこかちょっと安心もし、挑戦してもいいのかな?って気持ちの確認ができました。

まだ、1級エッセイのことよくわかってなくて、やっぱりボディーはfirstly, secondly, lastly,とかって3段落に分け(全体で5段落)にした方がいいのか?とか、結論を書くときは、定石どおりに、For these reasons, から始めた方が採点者の心証がよくなるのか?とか、6つのポイントのうち3つだけしか論じたらいけないのか?4つ以上だと減点対象なのか??など、謎部分がいっぱいあります。

TOEICの場合は、ほぼストラテジー的なことはわかってるつもりだけど、英検はまだまだ未知なことが多くてね。また、いろいろ教えてくださいね~~。主婦さん~~頼りにしてま~す。

| ぴあの | 2013/09/15 22:33 | URL | ≫ EDIT

2次試験にも役立つ参考書です

2次試験に落ちた時に、英検1級対策専門校であるテソーラスハウスのお試しレッスンを受けたのですが、その時に良書をいくつか紹介していただきました。いずれもテソーラスハウスの小林さんが書かれたものです。幅広いトピックをカバーしているのと、ぴあのさんがおっしゃっている firstly, ... の「型」にはまっていて、なおかつ2次試験にも役立つのでおすすめです。私は2回目の2次試験まで半年間、1日1トピックずつ、この2冊を音読していました。

英語スピーチハンドブック
http://amzn.to/15vB9bh

英検1級英作文 予想問題 II―二次試験にも役立つ―
http://amzn.to/1468PLv

また、私は TOEFL と平行して英検を受験していたのですが、以下の本はエッセイの構成とパーツ(Hook, Thesis, Conclusion など) について論理的に説明されていて目から鱗でした。全部を読まなくてもいいので、最初の「下町に工場を建てるべきか」みたいなやつだけでも読んでおくと頭の中にエッセイの枠ができあがると思います。

Sample Essays and Study Guide for TOEFL iBT Independent Writing
http://amzn.to/1eBOHYE

以上、ご参考になれば幸いです。(^_^;

| kyagi | 2013/09/16 05:00 | URL |

いいエッセイですね☆

お久しぶりです~。ホントにご無沙汰です。
いよいよ一級にチャレンジですね!!!
なぜか私までワクワクしてしまいおじゃましました!

最初のエッセイでこれだけ書けるのは本当にすごい!です。
私が受験したときの実感だと

1. 最後まで書いている
2. 文字数の規定を守っている
3. ポイントを3つ組み込んでいる

の3点が守られていれば、半分の14点を下回ることはほぼないような
気がします(←超主観。笑)

あと、やはりbodyは2つか3つに分割し
1つのブロックにつき1つのポイントに絞って述べるのがスタンダードなようです。
日本人が書くエッセイは情緒的になりがちなので
英文エッセイを書くときは、Factを並べてConclusionを出すというロジックを
守ると、高得点につながると思います~

これからの挑戦、楽しみにしてます。
受かったらやっぱり、すごくうれしいですもんね!

| rinco | 2013/09/16 15:12 | URL |

お久しぶりです!

ぴあのさん、お久しぶりです^^

8月下旬、無事に女の子を出産しました☆☆
女の子、また息子とは違った可愛さで可愛いです。

息子は若干情緒不安定になりましたが、
妹ができた事はとても嬉しいようで
毎日お世話をしてくれています^^*

臨月でTOEICTESTを受ける!と息巻いていましたが
もうすっかり撃沈。
お腹が重くて重くて、貧血で貧血でできませんでした。
数カ月英語から離れていましたが、
ぴあのさんを始め、ピアノ塾の皆さんの努力は時々拝見させていただいていました。

少しだけ落ち着いた今、もう何から始めていいのか分かりませんがww
また少しずつ再開できたらなぁと思っています。

英検1級、頑張ってくださいね!
私もできる事を少しずつ頑張っていきます^^
これからもちょこちょこお邪魔させていただきますので
よろしくお願い致します^^*

| raika | 2013/09/17 21:21 | URL |

kyagiさん

おはようございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。
ここにきて夏の疲れが出たのか、仕事から帰ってルーティンのウォーキングをするともう後は食べて寝るだけ…のような生活がここ数日続いています。今朝はなんと10時間も寝てしまいました(汗

さて、本の紹介ありがとうございます!!
1級合格者の皆さんというのは、単に1級対策本ではなく、特に英作文やスピーチについては幅広い教材での学習をされてきたのだなあと感心します。

ぴあの塾の塾生からも、

・知識と教養の英会話
・日本人のための教養ある英会話

を紹介してもらいました。
TOFLEのエッセイ関係の本もいい本があるようですね。
ご紹介頂いたリンクの所をしっかり読んで自分にあう本を見つけたいと思います。ありがとうございました。

ところでkyagiさんはエッセイはやはり定石どおり、5段落(序論、本論3、結論1)構成にされました?そして本論は、firstly, secondly, lastlyのパターンで書きましたか?

| ぴあの | 2013/09/19 08:46 | URL | ≫ EDIT

rincoさん

rincoさん!!!!!!
こんにちは~~~お元気でしたか??
ブログが更新されてないので、どうしてるのかな??と心配してました~~~

rincoさんのおかげで900点とれました!
しかも5月にはついについにRで450越え。455点とりました!

私が900取れない時、特にRが勉強してるのに全然伸びずもがいてるときにrincoさんにもらったコメント、何度も何度も読み返しました。本当にありがとうございます。

そして、ようやく英検1級チャレンジの土俵にたつことができました。ってまだ受けてはないのですが、そろそろ挑戦してもいいか?というところまでこれたことすごく嬉しいです。

なるほど、なるほど、エッセイというのは自分の中ですごくハードルが高く、それが一番怖かったのですが、その3つを守ってれば半分の14点はもらえそうなんですね!!

そして、bodyはやはり2つか3つに分けるのがいいんですね。
フィリピン人のオンラインの先生にエッセイを見せると、どの人もこれぐらいの長さのエッセイなら、本論は1つでよく、その1つの中に3つの観点を入れるように言われます。

しかし、英検1級持ってる人はそのbody2つか3つがいいと言う方が多いのでちょっと混乱していました。また、bodyには直接ポイントに提示されていた言葉を使ったほうがより明確でいいですかね?フィリピン人の先生方は、同じ言葉を使わずとも内容から推測できるからいいと言います。たとえば直接independenceという言葉を使わなくても、自立に関することが書いてあればそれで十分だと。

>Factを並べてConclusionを出すというロジックを
守ると、高得点につながると思います~

これですよね!
私はほっとくとすぐに論点がずれたり、軸がぶれそうなので気をつけないとと思います。ロジカルじゃないんですよね(汗

英検1級チャレンジ宣言をして以来、いろんな方がアドバイスしてくれて本当に嬉しいです。そしてrincoさんも読んでくれているとわかり、ますます元気がでました~ありがとうございます!!

| ぴあの | 2013/09/19 08:57 | URL | ≫ EDIT

raikaさん

こんにちは~~
わぁ~女の子だったんですね~
おめでとうございます!!

夫婦ふたりから3人家族、そして4人家族、
どんどん家族が増えてにぎやかになってきましたね。

息子さんも妹さんの誕生が嬉しかったのですね~
お世話をしている姿を想像するだけでとてもほほえましいです。
うちも息子が3歳になるちょっと前に妹が誕生したのですが、あれこれお世話をしてくれました。もう遠い遠い昔のことですけど、raikaさんのコメント読んでそんな日のこと思い出しました。

英語は焦らずゆっくりでいいと思いますよ。
お子さんが保育園に入る位までのときはめいっぱい子育てを楽しめばいいと思います。そして下のお子さんのお昼寝の時間とかにできそうなことがあればゆっくりやっていく程度でいいと思います。最初のうちは夜もゆっくり眠れないでしょうから、お昼寝は一緒にしてもいいですしね。

いいな~赤ちゃんのいる暮らし。
お子さんに英語の絵本の読み聞かせやマザーグースなどを一緒に歌うなんてのもいいですね~

| ぴあの | 2013/09/19 09:25 | URL | ≫ EDIT

ウォーキングは健康に良さそうですね。さて、私の場合、おっしゃる通り 4 or 5 段落の構成で書いたと思います(Introduction, Body1, Body2, (Body 3), Conclusion)。

本論の transitional words に何を使ったかは詳しくは覚えていないのですが firstly, secondly, (lastly/thirdly) とか first of all, moreover とかだったと思います。

上記の英作文本では型として序論の最後に I believe that ... for the following three reasons. と thesis statement を述べ、本論で First, Second, Finally, 最後に結論で For the above three reasons, I believe that .... と thesis を繰り返すという構成になっています。ご参考まで〜。

| kyagi | 2013/09/20 18:53 | URL |

kyagiさん

ウォーキング、6月1日から始めほぼ毎日やってるんですよ~。体重、体脂肪とも最初の2カ月で順調にそれぞれ2キロ、2%ずつ落ちたんですがそれからはあまり変動なし。でも、この停滞期でやめてはいかん!と今日も歩いて今帰ってきたところです。

英作文についてわかりやすい説明ありがとうございました。
なるほど!なるほど!そうやってフォーマットをまずは身につけないといけませんね。

その型でいくと、内容が私のように稚拙であっても、なんだか高級なこと書いてるように見えますよね~。手持ちの「Daily 30日間 英検1級集中ゼミ」にはあまりそういうスタイルについての説明や記述がないので、やはり英作文本をゲットして基礎を身につけたいと思います。

いつもありがとうございます!!

| ぴあの | 2013/09/20 18:59 | URL | ≫ EDIT

続きデス

何度もこんにちは~。

はい、もちろんRが455を出されたときも拝見してました!
少し遅れて確認したのでコメント書くのが出遅れてしまいました。。
自転車に乗るのと一緒で、英語も一度掴んだ感覚は体が覚えるのかなーと思います。
その感覚を、Rでもきっと掴まれたんだな!と思ってました~。

あと、エッセイですが、bodyを分割するのは時間短縮の効果も大きい
かな、という感じがします。

今回のぴあのさんのエッセイは、
「性別に関連する仕事」「女性の教育」「自立」
をシームレスにつないでbody全体を統一されていますが
正直かなり高度だと思いました。

ポイントを3つ選ぶとなると、相互に関連性を持たせるのが難しいことも
あるかと思います。
そんなときには、段落を変えて「Secondly, ~」などとしてしまえば
段落を変えることでそれぞれを独立したエピソードとして読ませるので
内容をがらっとぶった切っても問題がなくなります。

私もkyagiさんが書かれていたのと同じやり方で書いたのですが
その場合、テーマが変わろうとintroとconclusionは定型文の使い回しでいいので
実質、文章を考えるのはbodyだけで済み、時間短縮の効果が高いです。

あと、キーワードの使用についてですが、教本とか見ると
必ずしも同じキーワードを使っている訳ではない、というか
むしろパラフレーズして、それをbodyに2つ、conclusionに1つとかねじ込んでて
高度過ぎるわーと思ってました。
私はそのものズバリをbodyに3つ使ってました
(↑エッセイの点は正直あまり良くなかったので何の参考にもならずにすいません。笑)

なんとなくですが、ぴあのさんは英検の方が早く結果が出るような
気がしています。いつも応援してます~!!

| rinco | 2013/09/21 01:43 | URL |

時間短縮

rinco さんがおっしゃっている「型」にあてはめて書く最大最強の理由が「時間短縮」というのは私も全く同感です! (優秀賞狙いとかでなければ) 試験では、特に名文を書く必要はない/ポイントを稼ぐだけ稼いでやる、と割り切って考えちゃったほうがいいと思います。(^_^;

私は構成はいつも脳内の「型」をコピペして書いていました。最初の5分で Thesis, body x 3 をそれぞれ 5 words 以内でマインドマップのように書き、次の 1 分で型をタイプし、2分でマインドマップを型に落とし込み、残りで例などを付け加えていく。。。というようなやりかたです。もともとは TOEFL の厳しい時間制限に対応するための自分なりのベストプラクティスでしたが、英検でもこれを踏襲しました。ある意味、パズルと言ってもいいかもしれません。

千代の富士(←う、年がばれる)も前ミツを取っての「型」を身につけて速攻相撲に切り替えてから連勝街道を突っ走ったように、ハマる「型」を身につければ恐いものなしだと思います。d(^o-)

...最後のほう、わけがわからなくなってしまって申し訳ありませんが、こんな目茶苦茶な文章を書く人でも合格できるのだから、と安心してくだされば〜(うん、最後にいいこと言った)

| kyagi | 2013/09/21 04:58 | URL |

rincoさん

R450越えもしっかり見て頂いてたんですね~
嬉しいです!!

>今回のぴあのさんのエッセイは、
「性別に関連する仕事」「女性の教育」「自立」
をシームレスにつないでbody全体を統一されていますが
正直かなり高度だと思いました。

そうなんです。
このシームレスにbodyに盛り込むってやり方、私レベルのものにとってはかなりハードル高かったです。全体の流れというか、ぶつ切りにならないようにどう盛り込んだらいいのかとか、構成にも気を取られますしね。

その点、Bodyを分ければ、確かに、関連性も考える必要がなく、それぞれが独立した形で、キーワードを盛り込むことで説明もしやすいような気がします。

ただ、3年前から教えを乞うているRからは、エッセイの書き方として、first,second, thirdのようなリストアップ方式での書き方もあるが、それぞれの観点を盛り込んで1つのbodyに書くやり方もあると言われ、今回の私は後者にチャレンジしたのですが、エッセイは半分の14点からMax20点もとれれば十分なので、kyagiさんに教えて頂いたフォーマットと、rincoさんに教えて頂いたやり方で確実に点をとり、あとはボキャビルを鍛えて~と作戦を練っています。

どうなんでしょうね~。800点とるのにも900点とるのにもあれほど時間がかかった私なので、英検1級がサクッといくとは思えませんが、今はとにかくこのプロセスを楽しみつつ、4技能の底上げを図りたいと思います。

| ぴあの | 2013/09/21 22:52 | URL | ≫ EDIT

kyagiさん

こんばんは~

千代の富士のたとえ、妙に納得しました(笑)
私の年齢では、千代の富士の前世代、輪島とか貴乃花、さらには清国とか琴桜とか知ってますよ~。さすがに大鵬、柏戸世代ではありませんが(笑)

さっき、rincoさんへのお返事にも書いたのですが、「型」をしっかり身につけておけばかなりの時短が図れますね!それに、テーマが変わってもその型さえ守れば、統一感もあるし、たとえなじみのないテーマでもつぶしがききそうです。

ただ、さっきも書いたのですが、指導を仰いでるフィリピンの先生がかなり高い要求度を持って指導してくれているので、それに応える練習をしつつ、一方では英検仕様の書き方でもできるようにしておく必要はあるかな~と思ってもいます。

今日、kyagiさんに教えて頂いた教材も含め、英検1級エッセイに役立ちそうな教材ラインナップをし、記事をUPしました。英検1級を目ざすことにより、これまで対峙することなかったことに目を向けることになり、すでにかなり意識が高まってきています。

| ぴあの | 2013/09/21 22:59 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT