||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Blackberry Winter 読んでます

娘が一人暮らしを始めました。

車でわずか10分の所なのですが、
この適度な「距離感」がなかなかいい感じです^^

さて、ご報告が遅くなりましたが、
ニコラス本の次なる1冊を既に読み始めています。

Blackberry Winter
Blackberry WinterSarah Jio Tara Sands

Brilliance Corp 2013-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


他のニコラス本に行こうかとも思ったのですが、


今はいろんな作家の本を読んでいき、
洋書に親しむという下地作りをしていきたいのと、

恋愛物は嫌いではありませんが、
もう少し、奥行きのある深みのある本を読んでみたいと思い、
この本を選びました。

舞台はシアトルです。
6月に読んだ、↓の本も舞台はシアトルでした。

The Shop on Blossom Street
The Shop on Blossom StreetDebbie Macomber

Mira 2010-05-01
売り上げランキング : 2633


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アメリカ人にとってシアトルは住みたい町ベスト3に常に入ってるそうなので
小説の舞台としてもよく登場するのかもしれませんね。

私にとってもシアトルは特別な町です。
2年前、東日本大震災が起こったあの日、あの時間、
私は空港に向かっていました。

当時ワシントン州立大に留学中の娘とニューヨークで会うためです。
ところが、地震で成田空港は閉鎖されてしまいました。

どうしても娘に会いたい私は、
急きょ成田発のJAL便をキャンセルし、なんとか関空発のデルタ便を購入しました。

関空⇒シアトル⇒JFK空港@ニューヨーク

スーツケースには7カ月ぶりに会う娘の好物をぎっしり詰め、
まずは関空へと向かったのです。

関空は日本を脱出する外国人でごったがえしていました。
すでに原発事故のニュースをキャッチしていた彼らから
ことの深刻さを教えられ、不安でいっぱいでした。

精神的にも体力的にも疲労困憊で、
これからの日本がどうなるのか?
こんな時に私だけが娘に会いに行くって不謹慎では?
でも、こんな時だからこそ娘に会いたい。

その一心で、体力、気力を振り絞りました。
そんな思いでたどりついたシアトルでまさかのオーバーブッキング。

あなたの席はないと言われ、
それでも私が来ると信じて先に一人でNY入りしてる娘にあうために
粘り強く1時間近くかけ、交渉をし続け、何とか席を確保し
NYで娘との再会を果たしたのです。

残念ながら空港からは外にでることがなかったので
シアトルの街を見学することはできませんでしたが、
シアトルと聞くと、いつもあの当時のことが蘇ってきます。

おっと、話がそれてしまいました。
この本に話を戻します。

舞台はシアトル、
そして5月に突然おそった季節外れのsnowstormから
話はスタートします。

この5月のsnowstorm、実はこれが初めてではありませんでした。
1933年のやはり5月にも同じsnowstormが。
そして、その日、3歳の男の子が忽然と姿を消してしまいます。

まだ、全体の20%しか読んでないのですが、
この前読んだSarah's Keyのように2つの時代が同時進行で書かれ、
やはり今回も女性ジャーナリストがなぞ解きをしていくようです。

私はこういう風な同時進行で話が展開し、
それが次第に交わり、一致していくというスタイル
結構好きみたいです。

ところで、今回はまたkindleで読んでるのですが、
どうも変なことが多々あります。

たとえば、

1.ページ表示がされない
2.章を読み終えるまでの時間が変

普通は、全体のページに対して現在何ページを読んでるかが表示されるのですが、
今回はそれがなく、何パーセント読んだかのみがわかります。

また、読み始めると必ず、
「読むスピードを計測しています」というのが出て、
そのあとに、「章を読み終えるまで 4分」とか出るのですが、
実際は30分かかったりします。

なので、どこか安心して読めません(笑)
紙の本なら、本の厚さもわかるし、何ページあるかも目でわかりますが、
kindleだと、それらが可視化できず、どこかおっかなびっくり読んでます。

本によって登録されてるデーターが違うのか
それとも私のkindleがおかしいのか?

でも、スタプラでもやはり同じ症状の人がいるので
きっと、本によって表示されるものが違うのでしょうね。

kindleの良さは良さであるけれど
純粋に読書を楽しむのなら紙の洋書の方がいいのかも~
と、ちらっと思ったりもしました。

この3連休に続きを読み進めてみたいと思います。


関連記事

| 多読 | 2013-09-13 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

おお。
なんだかおもしろそうな本読み始めたね~♪
また読了後の感想アップ待ってますわ~。

たしかに、キンドル。。。あの、読み終えるまでの時間の表示とか。。。何を根拠にって思うよね。。。別にそんなん気にしてへんでと思うし。

いろいろやって発見したのは 読んでる途中でパネル上部をタッチすると、買い物できたりするバーがでてくるやん。それを出すと、
下に ページ数が出ることを発見。
パーセンテージ以外にそれが出て、だから、いったん電源切る前に確認してるかな~。

キンドルはうしろに戻って「あれなんやったけ?」がしにくいよね。一枚一枚ページタッチして戻る手間がめんどうだからしないし(汗)

紙だと書きこんでたり、メモしてるからさっと戻れる。。

が。本によっては行間ピッチが狭すぎて目がしんどいのもあるし、わからない単語が出てきても読み飛ばして真相がわからない。。。。

キンドルは辞書ついてるしな~。
なやましいところ(爆)

こちらスティーブンキング、苦戦してるわ(汗)。。。。

| 大阪の主婦 | 2013/09/14 07:56 | URL |

大阪の主婦さん

おはよう~~
3連休初日ですね~。主婦さんはパパさんに留守番頼んでカフェ読書とかするのかな?なんか台風近づいてるからかモア~っとして暑いね~

kindle VS PB(紙)
確かに悩ましいところですよね。ちょっと近場が見づらくなるお年頃世代にとっては、行間や字の大きさ変えられるのは確かに便利。
私、something borrowedのとき、けちって安い方の本にしたら、行間狭すぎて超読みにくかったもんね。

辞書機能も便利だけど、なんか、こう、紙の本の方が、著者との距離が近いような気がするわ。直接語りかけられてるような(笑)kindleだと機械経由みたいな感じ(笑)

そのタップしたら出てくるバーの下のやつだけど、普通の本はちゃんとページがでるけど、この本に限ってはそれも出ないんですよね~。ちなみに今、20%のところでタップすると、

No.816/4233:20%

と出るわ。謎だ(笑)

あと、ブックマーク(しおり)つけてても、ちょっとページさわって、さっきのしおりに戻りたいと思ってもどうやったら戻れるかわからないから、地道にさがさないといけない。紙の本ならそれこそしおりか、付箋か、紙はさんどけば一発だけどね~

ところで、英検1級エッセイ始めてみたけど、うぅぅぅ、書けない。。日本語でも無理。。状態。なんとか明日までには1本書いてみるつもり。これはかなり慣れが必要って感じ。いろんな分野で最低20本ぐらいは書こうと思ってるけど。

スティーブンキング、がんばってね~
よい三連休を!

| ぴあの | 2013/09/14 08:49 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT