||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

多読道を行く!

何やら仰々しいタイトルをつけましたが、
最近になって多読の楽しさというのがようやくわかってきました。

巷の1級ホルダーや多読先輩の方々が、

デビーがどうのこうの、
いかにもソフィー・キンセラって感じだよね~
ニコラス君はやっぱり~
アーチャーは~
グリシャムは~

と、普通に井戸端会議のように会話してるのを
これまで指をくわえて、そして羨望の目で見ていました。

でも、やっと私もほんの少しですが、
ソフィーキンセラに出てくる女の子って憎めないな~
デビーは読みやすい上に人生を考えさせられるわ~
大人の恋愛と言えば、やっぱりニコラス君だよね~←まだ1冊も読んでいない

など、会話の仲間入りできるようになりました。
これもTOEICで800点、900点を目指し、
Rスコアが300後半⇒400⇒420超え⇒450超えになったおかげです。

何度も書きますが、TOEIC学習をしていたら
もれなく多読の世界の楽しさがついてきたという感じです。

で、先日読了したデビー本の次なる1冊ですが、


サンプル版を読み、先ほどkindleにダウンロード完了しました。
前にAngelさんが絶賛されていた書評を読んでからずっと気になっていた一冊です。

Sarah's Key
Sarah's KeyTatiana de Rosnay

Griffin 2008-09-30
売り上げランキング : 20932


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


物語は、1942年にフランスに住むサラという10歳のユダヤ人の女の子が、
母親とともにフランス警察に逮捕されるところから始まります。

まだ、25ページまでしか読んでいないのですが、
章ごとに1942年当時の話と、2002年現在の話が交互に描かれていて
かつて何が起こったかが次第にあかるみになっていくようです。

日本語講師として日々、世界中からの留学生と接する立場の私は、
クラスでの話題やテーマとして、宗教、民族、政治などは
取り扱わないようにしていますが、自分自身の知識として
いろいろな背景知識を身につけておく必要があります。

かつて、放送大学に籍を置き、
南アジア、アメリカ論1,2、アフリカ論、イスラム世界史、
近代ヨーロッパ論、一国史などなどを専攻したこともあります。

直接話題にはしなくても、
やはり学生ひとりひとりがどんな国から来ていて
その国にはどんな歴史がありどんな文化の中で育ち、
どんな宗教を信じているのかを知っているのと知らないのでは
学生に対する理解が違ってきます。

911テロがあった時は、私のクラスにはアメリカ人もいれば、
敬虔なイスラム教信者のイラン人もクラスにいました。

また、ユダヤ人の元小学校教師もいれば、
差別的な考えを持つ人もいました。

当時の東ドイツから亡命した人もいれば、
ボスニアヘルチェゴビナ出身の学生もいました。

1クラスにいろんな背景を持った学生がいて、
クラスを運営していくためには、時には配慮が必要なことがあります。

ムスリムの学生たちがラマダン(断食月)に入る時には、
彼らは日中、飲食していないわけですから
授業中のパフォーマンスが多少落ちることもあります。

中国が春節でにぎわっている時に、
日本に残って学習している学生たちは寂しくて
ホームシックにかかっていることもあります。

先日、クラスで将来結婚するときは
どんな人と結婚したいか?の優先順位について話し合ったとき、

大体の学生は、性格のいい人とか、高い教育を受けてる人と答える中で、
インドネシア人の女子学生は、「敬虔なムスリムであること」と答えました。

いろんな価値観があります。
いろんな考えの違いがありますが、そこには優劣はなく
互いに尊重しあえる雰囲気が大切です。

あれ?何だかすごく真面目に語っていますね、私(笑)
何を言いたかったかというと、

いままで、そういったいろいろな国や文化、宗教についての
背景知識は当たり前のように日本語のみで得ていました。

そんな私が、英語を学習することで、
ユダヤ人のことやホロコーストのことを題材とした小説を
英語で読めるようになったことがとても嬉しいのです。

英語という言語がわかるようになれば、
これまで世界言語のほんの1つの日本語でしか得られなかった
情報、知識の幅が飛躍的に広がるのだということを実感しました。

また、何も堅い話しばかりではなく、
軽い話やラブストーリーなどもたとえばフィリピンの先生とも
あ、それ私も読んだ!読んでないけどどんな話?
あ、じゃ、それこんど読んでみるわ~と共有できるし、

クラスにいる学生とも、
先生、今何読んでるんですか?
これよ~。あ、私、それ読みましたよ。
それもいいけど、~もいいですよ~
などシェアし合うこともできます。

今のクラスにはフィンランドやドイツやタイや中国やインドネシア、ベトナムなどの
学生たちがいますが、授業中は日本語のみで話しますが、
授業が終われば皆、英語です(笑)

そして、同じ国の友達が来たら、あっという間にそれぞれの言語になります。
まるでテレビのチャンネルを変えるかのように、
母語、日本語、英語、あるいは他の言語になります。

日本語レベルに違いはありますが、
英語はみんな学会発表や論文でも使っている言語ですから
出身国に関係なく一様に皆かなりのレベルで使うことができます。

そういう中で仕事をしていると、
私自身、もっともっと使える英語を目指したいな~と思います。

ただ、TOEICのスコアがあがるにつれて、
教室で学生たちに英語で何か情報を伝える時の私の英語、
あるいはメールの返信が以前よりは上達したのを感じます。

また、日本語教材の英文解説書や
英文による日本語文法書も以前は辞書をひきひき読んでいましたが
いまでは、辞書を使うことなく(専門用語は元々わかっているし)
ストレスなく読むことができるようになりました。

4技能を伸ばしたいとは思いますが、
しばらくは、せっかく目覚めた多読の世界を
楽しみながら追求していってもいいかなと思い始めています。

で、このSarah's keyの後の1冊はもう決めてあります。
念願のニコラス君です。今日ポチっとしたので月曜には届くでしょう。
多読の世界を堪能すべく、これからもガンガン読んでいきま~す。

Safe Haven
Safe HavenNicholas Sparks

Grand Central Publishing 2012-06-26
売り上げランキング : 1701


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆お礼☆
先日Amazonからアフィリエイトによるギフト券が届きました。
私のブログからAmazonの注文をして頂く方のおかげで得たギフト券です。
ありがとうございます!!

そのギフト券でまた本を購入し、レビュー等を通し、
少しでもブログを読んでくださってる方に還元できればと思っています。
関連記事

| 多読 | 2013-06-29 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

おお!
SAFE HEAVEN 行きますか!!!

私も昨日2ページほど読んだ(爆)
なかなかすすまないわ~。。皆が寝静まって 家事も終わってゆっくり。。。となると23時まわってるのよね~(T T)

がんばるわ~!!!

| 大阪の主婦 | 2013/06/29 16:52 | URL |

大阪の主婦さん

まずは、Sarah's Keyを読んでから初ニコラス君行きます。
Sarah's keyはAngelさん他、確かサミアドさんも読んで記事にされていたような記憶があります。今日から読み始めてまだ25ページなので、ニコラス君にたどりつくにはもうちょっと時間かかりそうです。

で、主婦さんは今、2ページなん?(笑)
2ページで止まってたら次読むとき、最初の2ページのこと忘れてしまいそう。でも、確かに今の主婦さんの生活だとなかなか時間とれないから、隙間時間に読んでくしかないよね。あ、でも後1カ月で夏休みだからその前に読了目指さないとね~

私も、ニコラス君読んでそのDVD見るって感じのことやってみたいから、「多読用の資料ノート」に「読みたいニコラス本リスト」作った~(笑)

| ぴあの | 2013/06/29 17:13 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。いつも参考にしていただきありがとうございます。ペコリ。

スパークス氏のは映画化されてるのがかなーり多いですからね。タッグを組むと面白いと思います。ものすごく読みやすいから、きっと「読める!」と思われると思います。

Sarah's Keyは違う意味で途中から止まらなくなると思います。私は最後は一気読みしたと思います。だから案外Safe Heavenにすぐに行き着くと思いますよ~。

私は今度はミステリーに挑戦しようかと思っています。でもなかなか進まず、まだサンプル状態です(笑)

| angel | 2013/06/29 22:10 | URL | ≫ EDIT

angelさん

こんばんは~お互い学期終了前の1カ月、佳境ですよね~私も何とかこの1カ月を乗り切って夏休みを迎えたいと思ってます。

Sarah's Keyまだ25ページまでしか読んでないのですが、1つ1つの章立てがわりと短いのと、1942年当時と2002年の当時の検証(by ジュリア)が割と結びつきやすいことで、思いのほか、先の展開を求めてサクサクと読み進められそうな予感があります。

ニコラス君のPBはAmazonによると、明日か明後日には届くようなので、早くスイッチできるよう読み進めたいと思います。kindle本もいけど、久しぶりに紙のPBもすごく楽しみです。

Angelさんが、どんなミステリー本を読むのか、また報告を楽しみにしています。

| ぴあの | 2013/06/29 22:54 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

   先月、多読の掲示板でなんと「一億語!」読了された方が
   いらっしゃいました。その方の得意分野が「ロマンス」だそうで、
   ロマンスと言えば、ハーレクインロマンスしか思い浮かばなかったので、
   「harlequin」、「 romance」で、検索したところ、キンドル版だと
    0円!のものが多数ありました(150ページ前後)。この分野
   あんまり人には読んだとはいえないかもしれませんが、宝の山かもしれませんよ~
   ロマンス本には、’鉄の掟’があるそうです。主人公は必ず結ばれる!浮気はご法度!
   わ~おっ!
   
   ちなみに、
   ・全米ロマンス作家協会
    http://www.rwa.org/

    2008年にアメリカの大卒者の男女比率が逆転(女性のほうが多いはず)して、本を
    読んで買ってくれる層が女性のほうが多いので、ロマンス本の出版も多いようです。
    表紙が「ムキムキマッチョ」なのもロマンス本らしいです。

    ついでに、ロマンスミステリーの
    The Mystery Woman (LADIES OF LANTERN STREET)の朗読の声がセクシーです。

    またまた、TOEICに関係ない話で、失礼しました。

| denko | 2013/07/06 23:40 | URL |

denkoさん

おはようございます&お久しぶりです!
最近、あまりお見受けしないなあ~と思ってたんですが、お元気でしたか?

いつもながら多種多様な情報、ありがとうございます。感謝!

で、で、1億語ですか??1億って…(笑)
ロマンス本、まだ読んだことないんですよ~。あ、でも、今読んでるSarah's key(今、56%位)が終わったら読もうとポチっといた初のニコラス・スパークス本が届いてるので、すごく楽しみです♪

へ~ロマンス本の鉄の掟ね~(笑)
じゃ、悲恋では終わらないと思って安心して読めるのね。
kindleって結構、古いものだけじゃなくても0円のものってあるんだな~と私も最近、気づきました。

150ページ前後だと読みやすいですよね~
へ~いろいろあるんですね。

audibleはsomething borrowedでデビューしたんですが(読了した後)どうも今イチなじめませんでした。登場人物ごとに声が違ってもっと臨場感があるのかと思ったら、1人の人が読んでるだけでがっかりした(笑)しかもすでに読んだ話だからストーリー展開もわかってるからね。そのセクシーボイスちょっと聞いてみたいかも(笑)

| ぴあの | 2013/07/07 08:40 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT