||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

can you keep a secret? 読了

3月27日に購入し、途中まで読んでいたものの
5月TOEICの学習にシフトしていたためストップしたままだった
can you keep a secret? 本日ようやく読了しました。

Can You Keep a Secret?
Can You Keep a Secret?Sophie Kinsella

Dell 2005-12-27
売り上げランキング : 15208


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3日位前から再開したら、急におもしろくなってきて、
今日は一気に3時間20分ほどで100ページ読み読了しました。

私にとっての初めてのソフィーキンセラ本でしたが、
なかなか読みやすかったです。

こういう女性向けのジャンルはChick itというそうですね。
感動して涙が・・という感じではないのですが、
気楽にサクサク読める感じです。

ストーリーは、


飛行機が怖い主人公のEmmaが乗った飛行機が事故にあいそうになり、
その恐怖の中、たまたま隣に座っていた男性に、
自分の秘密を夢中でしゃべってしまいます。

このEmmaが、何とも愛すべきキャラクターなのですが、
その飛行機で乗り合わせた男性が、何と・・・・・

以下、ネタばれになるので自粛しますが、
恋愛、女性同士の友情、両親との関係などなど
いろいろな話が縦糸、横糸、斜め糸?に交錯しています。

あちこちで、クスッと笑える場面があったり、
一緒になって、戸惑ったり、
それはないだろう・・・・と驚愕したりで
あきることはありません。

楽しくは読めますが、
読後感動の涙が・・・という感じではありません(笑)
また、スタバ本のように人生について教えられるというタイプでもありません。

でも、肩肘張らず、ちょっとコーヒー片手に読むには
楽しめる本だと思います。
英語もそんなに難しくはありません。

TOEICでR300後半位の人なら読めるのでは?
ただ、知らない言葉やフレーズはあちこちにあります。
でも、読み流しても大勢に影響はほぼありません(笑)

Secretがキーワードのストーリーです。
誰しも持っている秘密。
その秘密がもし・・・(以下略)

TOEICが終わってからは、
ラィティングやったり多読したりレッスンしたりと
生の英語の世界をバンバン楽しんでいます。

そして、多読も久しぶりにしてみると、
もっともっと読みたいという気になってきました♪

次なる1冊は、angelさん、leoさんのお勧めの
同じソフィーキンセラの

Twenties Girl
Twenties GirlSophie Kinsella

Black Swan 2010-01-21
売り上げランキング : 44224


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



または、leoさん(study plusでお友達になった~)に教えてもらった

The Shop on Blossom Street
The Shop on Blossom StreetDebbie Macomber

Mira 2010-05-01
売り上げランキング : 20455


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この2冊のどちらかにするつもりです。
同じ著者を続けて読んだ方がいいのか、
初めてのDebbie Macomber(←以前Angelさんにこの作家さんもいいと聞いたような?)にいくか?

両方kindleでサンプルをダウンロードして
どっちにいくか決めたいと思います。
関連記事

| 多読 | 2013-06-02 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

こんばんは~。いやはや名前を出していただき光栄です。読了おめでとうございます。

Debbie Macomberは私も1冊しか読んでいませんが、確かシリーズものだったと思います。でも読みきりなのでそれほど気にならないと思います。どちらの本も読みやすいと思います。

この間も確か読みやすいと書いたSarah Jioという人の新作がでてて、また読もうと思っています。そっちの方が読みやすくて感動するかも~。今年の一押しです。

ちょっと私は読む暇がなかなかなくなって遅々たる歩みですが(汗)でも一緒に楽しみましょうね♪

| angel | 2013/06/02 22:11 | URL | ≫ EDIT

angelさん

なんだか、お呼び立てしてしまったみたいで恐縮です。
Sarah Jioは以前、Blackberry Winterを勧めてもらったんでしたよね?あとは、The Burgalowでしたっけ?新作が出たんですね~。

私のRの力があがってないので、Angelさんのdifficulitiesで言うと、★1つか2つが私のレベルだと思っているので、候補の本があるたびにAngelさんのサイトでチェックしています。

他に友人(leoさん)に勧めてもらった本として、ニコラス・スパークスのA walk to RemeberとSafe Heavenがあるのですが、本国ではkindle版があるものの、日本ではPBしか買えないようです。

こうして、多読の話をしていると、つくづく英語やってきてよかったな~と思います。もっともっと読解力あげて、いずれはAngelさんの書評のdifficulitiesの★3以上も読める力をつけたいな~と思っています。

その後、体調はいかがですか?ブログを読んであまり体調がすぐれないようで心配していました。

| ぴあの | 2013/06/02 22:38 | URL | ≫ EDIT

Can you keep for a seaclet

おはようございます^ ^

Can you keep for a seaclet

宇多田ヒカルさんの歌詞の一節を思い出します^ ^

ぴあのさん、レビュー上手ですね。

思わず引き込まれてしまいました。



| ナリ | 2013/06/03 07:53 | URL |

ナリさん

おはようございます。

宇多田ヒカルの菓子にそんな一節があるのですね~
知りませんでした。

レビュー、ほめて頂き嬉しいです^^
本の紹介って難しいんですよね。興味を持ってもらうためには書きたいことでも、これから読む人にとってネタばれになってしまうことは書かない方がいいし、そのあたりの匙加減が特に難しいんです。

それだけに、ここで紹介した本を実際に読んだ方から、おもしろかった~と言われるととても嬉しいです。

| ぴあの | 2013/06/03 08:23 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT