||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

社会学レッスン

Rとのレッスン、
心理学、文学(シェークスピア)、宇宙(火星)と続き、
次なるテーマは社会学でした!

Huge survey reveals seven social classes in UK

イギリスにおける社会階級につていの記事なのですが、
さくっとまとめると、

以前はupper, middle, workingの3つの階級しかなかったが、
新しい調査により7つの階級にわけられることになった。

以前の階級は、occupation, wealth, educationの3つを元に
階級分けされたが、今回の大規模な調査では、
economic, social, culturalの3つの観点から分けられ
21世紀のイギリス社会の全体像がうまく反映されいている。

という記事です。

特に以前の調査では、middle(中流層)にもworking(労働層)のどちらにも
帰属意識がなかったNew affluent workersとEmergent service workersの
出現がおもしろいと思いました。

R自身は


このa new, young, urban group which is relativerly poor but has high social and cultural capitalのEmergent service workersに自分は属してると言っていました。

この記事は昨日、今日とそれぞれ50分レッスン2回で
完結したのですが、昨日は私の方から

日本の江戸時代における士農工商についての記事を
事前に送っておき、

The Four-Tiered Class System of Feudal Japan

その階級制度の特徴と明治維新により四民平等になり、
日本の社会がどう変わったかについて説明しました。

それまでは武士にしか名字がなかったのが、
全国民が名字を持つことになったことも。

フィリピンでも同じ状況がかつてあったそうで、
以前は名字は誰もなかったのがスペイン統治によって
全国民が名字を持つことになり、どの名字を選ぶかに混乱があったと。

昨日はそういった話とともに前半部分を読み、
今日は後半部分を読んだあとで、

Rから質問がありました。

「こういう調査を行う目的は何だと思う?」と。

うひゃ~何だろうと思いつつも、

「政府が現状を正確に把握し、
どんな階層の人たちにどんなサポートが必要かを認識することだと思う」

と、応えると、「こういう調査結果を必要とするのは政府だけ?」
と追加質問が(汗

さらに、「実はもう1つ質問したいことがあるけど、
今日はやめておくわね。ふふふ~」と。

「え?今日はやめておく?じゃ、その質問はいつ?」と聞くと、
「ふふふ、次に関連記事読んでからね~」と。

この記事を読む前に、「次は要約の宿題はないわよ~」と言われ、
事実、昨日のレッスン終了時も、

「今日は要約の宿題ないわよ~
でも、明日宿題出すからね~」と言われていたのですが、

その宿題とは・・・

「この記事に関連し、日本の社会階級の中から1つの局面を取り上げ、
それを紹介し、ぴあのの意見も盛り込んだエッセイを書くこと」

ひょえ~~~~~~
厳しい・・・

どんなaspectでもいいの?(汗
と、聞くと、「そうね~テーマが広すぎるよね~じゃ、たとえば~」

と、言ってくれたのですが、私、聞き取れず(汗
察してタイプしてくれたのが↓

* the inability of the people to acknowledge the social classification in Japan

う~ん、何を言わんとしてるのか意味がわからん。
と、困ってると、じゃ、こういうテーマもあるわよと↓

* the importance of social classification for the service industry

これなら何とかわかる。
が、これら2つは単なるサンプルであって、

私がどんな切り口でもいいからテーマを取り上げ
序論、本論、結論の3段落構成で自分の意見を書くようにと。

でも、シリアスに考えすぎないでね~と(笑)

いや、はや、Rったら、どんどんハードルあげてきます。
要約だけでもいっぱいいっぱいなのに次はエッセイだ~

でも、実ははりきってる私もいます(笑)

ライティングってこれまで勉強したことないので
実は要約もこういうエッセイも大変は大変なのだけど、
未知との遭遇のようで楽しいのです。

きっと、それは私が書いたものについて
先生が十分すぎるほどフィードバックをしてくれるから
それが次へのモチベーションにつながってるのだと思います。

彼女のレッスンは1週間お休みになるので
時間は十分あります。

下の記事に書いたように
TOEIC模試の結果に凹んでいた私ですが、

ぴえ~るに見せると、

「パート5がひどいな~
スコアが欲しいんんだったらやるしかないだろう」

と、ゲキを飛ばしてくれ、
その通りだ~凹んでる場合じゃないと、
今、パート5にも向き合っています。

TOEIC勉強もしつつ、オンラインで会話力、読解力、
そしてライティング力も磨く!

今朝、目にした樹木希林さんのオセロの解散についてのコメントで、

けつまづいても、それを肥やしにして段を上がるのが、人前に出る者の責任と思います。

私も教師という人前にでる仕事をしているものとして、
けつまずいてもそれを肥やしにして次のステップに上がるよう
努力したいと思います。

昨夜息子が帰省してきました。

今、父、弟、息子の3人で80歳の父の夢だった3世代ゴルフをやっています。
夜は、皆でホテルに集合して、父の傘寿、母の喜寿のお祝いの会です。

ホテル勤務の娘は一年で一番忙しいGW本番で
多忙を極めていますが、仮眠数時間で何とかお祝いの会にも出席できそうです。

では、では、皆さんもGW後半よい時間を~♪
関連記事

| A&A | 2013-05-04 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/05/09 21:10 | |

鍵コメさん

貴重な情報、ありがとうございました。

| ぴあの | 2013/05/09 22:44 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT