||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

要約レッスン④(火星へのone wayチケット)

要約レッスンも4つ目の記事になりました。
今回は火星にコミュニティーを作る計画についての記事です。

Applicants wanted for a one-way ticket to Mars

いつものように試行錯誤を繰り返しながらポイントを書きあげます。
ポイント抽出はだいぶうまくなってきたものの、
まだまだorganizeが必要だと言われました。

今回の記事での要約の書き方として
先生からもらったアドバイスは、



1.書き出しは記事のテーマを紹介する文から始める。
2.例示は最低限にして冗長な説明を避ける。
3.要約に盛り込む情報を見極める。
4.複数の情報を簡潔にまとめる。

2から4がなかなか難しいです。

要約に盛り込む必要な情報と不必要な情報の見極め、
いくつかの例をまとめあげる手法、

なかなかうまくいかず自分にがっかり・・・
そんな私にRは、何いってんの~まだ要約4つ目でしょう~と(笑)

最終的に完成した3つのポイント要約は以下のとおり。

Mars One got a one-way mission planned to establish a community of settlers in Mars. This is due to the fact that astronauts will lose bone and muscle mass, so it would be almost impossible to re-adjust back to Earth’s strong gravity. Despite the fact, many applicants want to try being part of the mission.

Is it possible to live and prosper in Mars? Two scientists express the risks of this project. Dr. Veronica Bray is skeptical about the project because of the great differences in the environment between the 2 planets which could lead to some health risk. Professor Greard’t Hooft admits there are unknown health risks.

Although according to experts, the mission is technically plausible, there are concerns regarding whether there will be enough fundings to support the entire project until its completion. Lansdrop however claims that the revenue from the worldwide broadcast of the mission would be enough to support the entire mission.

かなりRの手が入っています。
最初からこれ位書けるようになりたいな。

次回の記事は学習した後、要約ではなく意見文を書くそうです。
なかなかハードルの高いレッスンが続きます。

レッスン中は自分の不甲斐なさに泣きたくなることもありますが、
レッスン後にはもっともっと勉強したい!わかるようになりたい!
とモチベーションがあがります。

そんな先生に担任制で教えてもらえること、
本当に感謝です。
関連記事

| A&A | 2013-04-30 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT