||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オンラインレッスンを成功させるために

オンラインレッスンを受講して2年半が過ぎました。
通算回数も1,000回(500時間)を越えました。

オンラインレッスンを始めた頃はとにかく手探りで
毎回のレッスンを少しでも充実したものにとは思っても
私サイドで何をどう操作したらいいのかわかりませんでした。

しかし、2年半たった今、
私の中では、どのスクールのどの先生に
何を求めてレッスンを受けるかが明確になり、
以前に比べ内容のあるレッスンが受けられるようになりました。

満足感の得られるレッスンを受けるポイントを
思いつくままに書いてみたいと思います。


①気に入った先生の「レギュラー」生徒になる!
スクールを選ぶときは、スクールジプシーをし、
受講するスクールが決まったあとは、
先生ジプシーをすることになると思います。

その先生ジプシーの過程で、
「これは!」と思う先生に出会った場合は、
なるべく日をあけず、続けてとることをお勧めします。

こちらにとっては印象に残った先生でも
1日に何人もの生徒を教える先生にとっては
自分のことを覚えてもらうまでには時間がかかります。

とにかく、満足したレッスンを受けるためには、
まずは、「自分のことを覚えてもらう」ということが大切です。

そのためにも、初回レッスンでは、
自分の目標やどういうレッスンを受けたいか、
また、その先生は自分のためにどういうレッスンを提供してくれるか
などをレッスン内に確かめ、

それが自分の意に沿うものであれば、
なるべく時間をあけずに、2回目をとり、
それが自分の希望に合うものなら継続的、
つまりはレギュラーの生徒となり、

希望にあわなかれば、
その先生をレギュラーでとることを辞める。
という選択が大事かと思います。

「先生にとってのレギュラーの生徒になる」
というのはとても大切なことで、
それにより、こちらのレベルや日常の生活の中での英語学習の比率や
目標などをつかんでもらうことができ、

より、自分にあったカスタマイズしたレッスンを受けることができます。
まずは、「自分を覚えてもらう」ことが大切です。

②約束は必ず果たす
何度か同じ先生とレッスンを受けるうちに、
「次はこの記事を読みましょう」と記事を送ってもらったり、
「今回の記事の要約を宿題にするわね」など、
先生から課題をもらうことが増えてきます。

先生から課題をもらった時は、
必ず、全力をあげてその課題をこなすようにしましょう。

当然といえば当然のことなのですが、
生徒の中には、それをすっかり忘れていたり、
中途半端にしかこなしていない生徒さんも多いようです。

そんな中、きっちり課題をこなしていると
先生にとっても、「この生徒の意欲は本物だ!」
ということになり、より真剣に対応してくれることになります。

つまり、レギュラー先生との間に
確固した信頼関係を築けます。
この信頼関係ができてしまえばしめたものです。

③自分が記事を選ぶか先生に選んでもらうか
スクールのやり方にもよりますが、
大体のところでは、生徒側で選んだ記事を
レッスン内、あるいはレッスンの数分前にリンクを送り

「今日はこの記事を一緒にやりたい」と言えば、
レッスンをしてもらえるところが多いです。

私も最初の2年近くはこの方法をとっていました。
そのため、レッスンを受ける前は、まずは記事探し。

何度か受けてるうちに、
この先生は、こういうジャンルが強いとか
こういう記事はつぼにはまって盛り上がりそう

ということがわかるので、
それにそって記事を選ぶこともできます。

また、だいたい25分のレッスンで1話完結にしたいと思えば、
200から300ワード位が適当なので、
そうなるとBNEやレアジョブの記事ということにもなります。

自分で記事を選ぶ場合のメリットとしては、
①完全予習をしたうえでレッスンが受けられる
②自分の好きなジャンルの記事
③複数の記事から1つを選ぶことで記事を多くよむ習慣ができる

一方デメリットとしては、
先生にとっては初見の記事なので力のない先生は
その記事をいかしたレッスンができない。

ということがあげられます。
それを防ぐためには、時間に余裕を持って記事URLを送ったり、
レッスン冒頭で先生に読む時間をとってもらい、

そのうえで、こちらがその記事を使ってのレッスンでの
流れを主導権を持って示すことも重要かと思います。

たとえば、この語彙の意味がわからないとか、
語彙や文型はわかるものの、この文の意味がクリア―じゃないので
リフレーズして欲しいとか、

ここで言ってることは、こういうことだと思うけど
それであっているか?など、自分の疑問点や要望を
具体的に示すことが大切だと思います。

また、スクールによっては先生サイドで記事を複数用意してくれていて、
その中から、生徒側が1つを選び、初見でレッスンを進める場合もあります。

その場合、レッスンの流れとしては、

①生徒が記事を読む
②知らない語彙はないかと聞かれる
③段落ごとに意味を確認していく
④内容についてディスカッションをする

という形が一般的かと思います。
最近は私も初見でほぼ意味がとれるようになりましたが、
以前は、①の段階で初めて見る記事を音読した場合、

私はほとんど内容が把握できませんでした。
というのも、音読ということになると
やはり個々の発音や文の切れ目に注目がいき、

黙読ならいざ知らず、
先生が聞いているというプレッシャーの中で
音読をして、さ~わからない語彙は?とか
この記事はどんなことを言ってる?なんて聞かれても
内容がさっぱりわからず、

読むのに必死でしたから
内容はわかりません。

という状態でした。
そこで、先生には「音読すると発音に気が取られ
内容が把握できていない」と正直に伝え、

生徒側の音読後に、先生にゆっくり読んでもらって
それを目で追いながら意味を把握したり、

あるいは、生徒側の音読後に
黙読する時間をもらって意味を把握したりという
流れにもっていったりもしました。

また、そういう事態を避けるために、
レッスン予約の際、備考欄があれば備考欄に
なければチャットボックス等に

「予習したいのでレッスンで使う記事を事前に送って欲しい」
と要望を伝え、事前に送ってもらい、
それをワードにはっつけてプリントアウトし
予習をしてレッスンに臨むということを私はよくやりました。

そのうち、気心が知れた先生からは
事前に、たとえば今回のレッスンが終わった後に、
「次回は~をやるわよ」と次回の記事のリンクを送ってもらったり、

予約が入った段階で次の記事を送ってもらうことが多くなりました。
その際も、たとえば、「来月TOEICを受けるのでビジネス関係の記事を
読む練習をしたい」とか事前に伝えておくと、

希望に合わせた記事を先生が選んで送ってくれることも増えてきました。
また、レギュラーでとってるうちに先生の方で
私のレベルや興味対象や現在おかれてる状況を把握し、

それに合わせた記事を選び送ってくれ、
先生も私のレベルに合わせた準備をしてくれるようになりました。

こちらが「本気」で予習をし、「真剣」にレッスンに臨む
そういう姿勢が伝われば、先生側でも真剣に準備してくれます。

つまり、教師と生徒間に確固たる信頼関係が生まれれば
レッスンは自然にいい方向に回転していくということです。

自分なりに成果が出た時は
それは先生のおかげであると感謝の言葉を伝えたり、
いい授業だった~今日の授業はすごくためになった~
と言う時も、それを伝えるようにします。

教師というのは、真剣に学びたいというのに対しては
自分の持っているものをすべて伝えたいと思うものです。
また、心を開いて自分の思いを伝えてくる生徒に対しては
その思いに応えたい!と強く思うものです。

なので、オンラインレッスンを成功させる秘訣としては、
繰り返しになりますが、

これは!と思った先生は間をあけずに取る
⇒その先生のレギュラーの生徒になる
⇒信頼関係をどんどん築いていく
⇒出された課題は真剣に取り組む
⇒こちらの目標や思いを常に伝える
⇒毎回のレッスンを次につなげるレッスンにする
⇒レッスンを受けて得たポジティブな思いを素直に伝える
⇒信頼関係がより強固なものになる

という感じでしょうか。

そういう意味で、現在、私が強固な信頼関係を築けている先生は、
全部で5人います。

AATの先生
記事&要約レッスンのR先生
鋭い鋭い記事レッスンの殿方先生
熱意ある記事レッスンのA先生
魂あるレッスンのO先生


これらの先生が全部同じスクールなら
どれだけ助かるだろう~と思うのですが、
残念ながら5つのスクールにまたがっています。

必ず自分に合う先生はいます。
でも、毎回お茶を濁すように漫然と受けていては
せっかくの出会いもその場限りのものになってしまいます。

また、先生にお任せ的な受け身の姿勢でいては
いつまでたっても確固たる信頼関係が築ける先生に出会えません。

自分がオンラインレッスンに何を求めるのか、
その先生には英語の中のどの分野を伸ばして欲しいのか
そのためには自分は何を努力するのか

そのあたりを明確にしておくといいと思います。
これからオンラインレッスンを始めようと思ってる人や
すでに始めているものの模索している人にとって
何かの参考になれば嬉しいです。
関連記事

| オンラインレッスンのすすめ | 2013-04-13 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

今日のトーイック

ぴあの先生へ

今日の試験問題は、易しかったようですよ。

次回は難問化するかもね〜 要注意です。

| ぎょっぴー | 2013/04/14 23:01 | URL | ≫ EDIT

ぎょっぴーさん

おはようございます。

TOEIC、お疲れ様でした~
ツイッターを見てても、易しかったという声が多かったように思います。次回は難化ですかね???
おそろしや~(笑)

| ぴあの | 2013/04/15 08:46 | URL | ≫ EDIT

オンラインレッスン

まずはSkypeやってみないと。。。ですね♪
ところで、1月TOEICのあと、問題集買い込んだものの結局開けないままの4月TOEICでした、、、、
part7、ダブルパッセージから取り掛かり、1月よりは塗り絵少ないもののまだ時間が足りず、、、、
なので、ココやリンク先のプケコッコさんトコでから辿ってトミープロジェクトというのに申し込んでみましたよ!
これで900点は越えるはず?! :P

| よこちゃん | 2013/04/19 12:35 | URL | ≫ EDIT

よこちゃん

お久しぶりです~
4月TOEICどうだったかな?と思ってました。

そうですか!トミープロジェクト申し込んだんですね!!
よこちゃんは元々の英語力は高いものの
これまであまり特化学習をしてきてないので
「TOEIC力」がつけば間違いなく900行くと思います。

トミープロジェクトはハードだと思いますが、
3月TOEICでは3人の方が900突破していますし、
プケコッコさんも見事900点取得されました。

5月で900取って、6月は英検1級ですね~
応援してます!!

あ、skype利用でぜひオンラインレッスンも♪

| ぴあの | 2013/04/19 18:32 | URL | ≫ EDIT

TOEIC

受験会場の桃山学院大学でTOEICって看板(張り紙)を撮影したら、スタッフが来て撮影禁止とのことで削除させられたんですよ~、、、、
教室内ならともかく、建物外からなんで、著作権も主張できないだろうし、府に落ちないんでIIBC試験運営センターに電話してみました。何度かやり取りして、法的拘束力はなく、他の受験者が写りこまないのであればOKと言っていただけましたが、、、、、
トミープロジェクト、セブ島に行ってるGW中に始まるようで初日から脱落しないか心配です、、、、、 :P

| よこちゃん | 2013/04/19 18:53 | URL | ≫ EDIT

よこちゃん

へ~そんなことがあったんですね。
でも、建物の外から看板撮っただけでなんでそんな注意受けるのか謎ですね。私だったら試験前にすごく動揺しそう。。

セブ島ですか~いいな~
ご夫婦旅?それとも息子さん、大学生になったらまた一緒に行ってくれるようになったのかな??

私はここんところ海外はご無沙汰で、去年の2月の台湾に行ったきり最近は国内ばかりです。GWは信州に行ってきます。セブ島旅行楽しんできてね~

| ぴあの | 2013/04/20 15:30 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT