||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

要約文完成(What makes us intelligent?)

2カ月あった春休みも終わり、A大学、B大学とも新学期を迎えました。
今日は私の初授業、教室には初めて会う留学生たちが
ちょっと緊張した面持ちで座っていました。

いかに彼らの緊張を解き、
早い段階でクラスの和やかな雰囲気を作るか、
私の腕の見せ所です!

こういうの好きなんですよね~。
クラス開始から10分位で学生たちは徐々に
リラックした表情になり、私との呼吸もあってきて
授業が終わる頃には笑顔もあふれ、明日またね~と
教室をあとにしてきました。

今年度も楽しく授業ができそうです。
さて、1つ前の記事で書いた要約が完成したので私の要約文を書いてみます。


元記事はBBCのWhat makesus intelligent?です。

The author of the article gave us some questions: What does ‘intelligence’ mean? What does ‘knowledge’ mean? Does intelligence and knowledge mean only the things in our brain? Can we say that the information we got through the internet or other means intelligence or knowledge? How do we define intelligence itself? In order to answer the questions, the author referred to the concept of “cognitive misers” and “natural-born cyborgs". “Cognitive misers” is the idea that we are reluctant to do mental work unless we have to, we try to avoid thinking things through fully when a short cut is available. Meanwhile, "natural-born cyborgs", a term coined by the philosopher Andy Clark to refer to humans, is a concept that says humans have minds that naturally incorporate new tools, ideas and abilities, so we can say that knowledge is not only the things we already have in our brains, but also the things that we get using the right tools like the internet.

Daniel Wegner of Harvard University approached the issue through the memorization test using two kinds of couples: the pairs that are made up of people in a relationship and pairs made up of people who didn’t know each other. The result of the test showed we can rely on people we deal with regularly to think about certain things. Wegner explained that we can develop a shared system for committing items to memory and bringing them out again, which is called “transactive memory”. As this transactive memory research shows, our minds are made up just as much by the people and tools around us as they are by the brain cells inside our skull.


この記事でいきなり要約を書くのは大変だったと思いますが、
前回の宿題でまずは前半と後半のポイントを2つずつ洗い出していたので、
それらをつなげ少し肉付けするだけで書き終えることができました。

ただ、やはり文と文というか、パラグラフとパラグラフを自然な感じで
結びつけ流れのあるように書くのはとても難しいです。

先生からは、マイナーエラーはあるものの全体的に良くできてると
褒めてもらいました。

上の英文はエラー部分を直したあとのものなのですが、
具体的には、meanwhileの使い方や挿入部分を直されましたが、
他はほぼOKでした~イェイ~♪

あと、前々から使い分けがよくわからなかった
explaine, describe, expressについても教えてもらいました。

これまでwritingの勉強をしたことがなく、
何だかとてもハードルが高かったのですが、
こうして段階を踏み、まずは要約から始めたことで
徐々に書くことへの抵抗感が薄れ、

また、要約を書くためにはより深く読みこまないといけないので、
記事の読み込みも深くなってきているような気がします。

5月TOEICの申し込みをしたのに
TOEIC学習そのものをする時間がとれず焦りますが、

今、こうして記事を読んだり要約を書くことで
自分の英語の世界がまた広がっているように感じているので、
このスタイルでの学習を続けたいと思っています。
関連記事

| A&A | 2013-04-11 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

Wonderful!!

さすがですねー!やっぱ洋書をたくさん読んでる方は違うなぁと思いました。英検1級は、ぴあのさんのほうが早いかと思います。。。

あたしは、実はBefore go to sleep(でしたっけ?w) 買って5ページ読んで、また放置してます(笑)。

あたしは、勉強!色が濃くないとやる気が起きないのかもしれません。。正解か不正解が出たり、スコアで判定されるほうが燃えるのです。。。

実践的からはかけ離れてますが、それでも英会話だけは、三年も続いてるので楽しいのかなー、とか思ったり。

今後の進む方向について考えちゃいますね。

| jun | 2013/04/11 16:49 | URL |

junさん

わぉ~~junさんに褒められた~(笑)
いやいや、Junさん(大文字の方がしっくりくるのでJ大文字にしました~)は、いつもフルーツフルとかで添削してもらうのに書いてるし、SWも受けてるし、完全に私の上行ってますよ~

要約今回で3本目なんだけど、最初のはメタメタで、先生の失笑をかうぐらいの出来の悪さで、2本目からやっと全体の流れとか、1つ1つのつながりを意識して書くことがわかってきたような気がします。

要約って実は、読解力とか、論理的にまとめることがためされるので、本当にこれはいい勉強になると思いました。まだ、自分の意見を述べるなんて段階まではいけないけど、しばらくはこうして、

レッスンで記事を読む⇒内容を把握する⇒意見を交換する⇒要約文を書く

というスタイルで続けていきたいと思います。
ただ、そうするとどうしてもTOEICの特化学習に回す時間が少なくなって、5月受験するだけに焦るんだけど、今の私にはこっちの勉強の方が楽しいので、たとえスコアを下げることがあってもこのスタイル貫きたいなと思ってます。でも、やっぱりスコアはできれば下げたくない。いや、あげたい(笑)

Junさんの言う、白か黒かはっきりつけるみたいな方が合うというのもわかります。私もそういう部分もあるから。それだけに、いつも迷ってしまうんですよね~。きっとTOEIC近づいたら、こんなこといいながら完全特化とか私してしまいそうだし(笑)

Before~は5ページで放置?(笑)とりあえず50ページまで読んでみて~きっと辞めれなくなるから~

| ぴあの | 2013/04/11 17:02 | URL | ≫ EDIT

いえいえいえ、英文ライティングは文法的に正しくは書くことが出来てもやっぱり論理的思考能力がないとだめだな〜って痛感しております。。。それでも、書き続け添削してもらうことでレベルアップできるかも、と信じてやっておりますw。たくさん読むことで表現力もつくかもしれないですが。。。続かないw。

TOEIC 特化って、ある得点を狙うときはやったほうが絶対いいけど、900こえてくると、やっぱり他の1級ホルダーの方々みたいにナマの素材やライティング、多読とかで「英語の幅を広げる」っていうのも大事かな、って最近思います。
って、そう言うあたしがかなりTOEICにハマッててそこから抜け出せてないのですがw。

あ、50ページまで??了解です。努力してみま〜す(笑。
(信頼されない感満載)

| jun | 2013/04/12 05:17 | URL |

junさん

レス、遅くなりすみません。
ライティング、やっぱり論理的な思考が問われますよね。今わたしがやってる要約ライティングは読解力とそこから得たことを論理的にまとめあげ書くという両方が試されているので、私が次の段階にレベルアップするのにとてもいい訓練だと感じています。

5月TOEICの受験を決めたので、スコアを追求するのならもっとTOEIC特化学習が必要だと思うのですが、最近はリスニングももっぱら、CNN Expressを聞いたり、リーディングもレッスン用の記事を読んだりと、TOEIC素材を離れていますが、そういう「生」に触れたうえで、900台がキープできれば、英語力もより強固なものになっていくのかなと感じています。

Before I go to sleepその後どうですか?私の娘もかなりはまってきたようで、今もベッドの中で読書中で、さっき、声をかけたら、「読むのに集中したいから」と言って、相手にされませんでした(笑)

| ぴあの | 2013/04/13 21:53 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT