||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

これまでの私とこれからの私

いまだ次回のTOEIC受験をいつにするかは決まってない私ですが、
今の春休みの時期は勝間さんの本やいろんな本などにふれ、
これからの自分の生き方、それも5年後、10年後、20年後というふうに
人生の目標を考えてみたいと思います。

TOEICについてはちょっと欲が出てきています。
現在765の私ですが目標を800ではなく、
860そして最終的には900を超えるということに
上方修正したいと思います。

正しい勉強法で毎日こつこつ続ければできるような
気がしてきました。

今年は私にとって1つの転機というか節目の年になると思います。
息子が社会人となることと、私自身が9月で50歳になるからです。

去年の春に娘が巣立ち、夫との2人暮らしに生活が変わったときも
大きな節目だと思いました。生活が子ども中心から夫婦中心に
かわったわけですから。

子どもがいない生活なんて想像もつきませんでした。
どんなに寂しいかと思いました。
ペットでも飼おうかとも思いました。

しかし、いざ始まってみると、これが実に快適なのです。
まず、仕事に専念できるようになりました。

家事の時間が激減しました。
のべ9年作っていた子どものお弁当作りがなくなりました。
洗濯だって毎日じゃなくてもよくなりました。
学校の行事予定をチェックしたり、部活で遅くなったり塾への送迎など
一切なくなりました。

夫も私もお酒が大好きなので、夜はそれぞれの仕事が終えてから
夫婦でグラスを傾けながら話をする時間が増えました。

「子ども」というワンクッションがなくなり
ある意味ごまかしがきかなくなったため、
いい意味でお互いに対して気遣ったり向き合ったりするようになりました。

夫も子どもの行事や試合の応援など気にすることなく
自分の趣味であるマラソンに打ち込め仲間との時間も増えました。

ドコモが去年から家族間無料を初めてくれたので
1人暮らしを始めた娘とも毎日のように電話ができ、
離れて暮らしていてもお互いあまり寂しさは感じられませんでした。

そう、去年の4月から私たちのこれまでの生活スタイル
「子どもがいる暮らし」⇒「夫婦での暮らし」に激変したのでした。

そして、この春からは息子は社会人。
去年の夏に息子に
「オレのことはもういいから、母さんは自分の人生を楽しんでくれ」
と言われました。

そう、息子はもう経済面も含め自立したのです。
そして、私は40代から50代になろうとしています。

これまでの私の人生は10年スパンで変わってきました。

20代で仕事と家庭生活の基礎を築きました。
日本語教師を始め、結婚し、26歳で息子、29歳で娘を産みました。

30代で仕事(キャリア)と家庭生活の土台を固めました。
自分で日本語スクールを立ち上げ代表者としてフル回転しました。
スクールの経営が赤字のときは夫の給料での補填はしたくなかっため
自分の資金作りとして自宅で英語教室を始めました。

自分が代表者になったのは自分で自分の時間管理ができると思ったからです。
おかげで子ども達の学校行事などにはすべて参加でき、
子どもの成長の「おいしいところ」を見ることができましたし、
子どもが家に帰る1秒前でも早く帰り「おかえり」を言うことができました。

また、自分自身、もっと勉強する必要があると思い、
35歳である大学に編入し39歳で卒業しました。

40代では仕事、家庭生活ともに円熟期を迎えました。
子ども達はそれぞれ小学校、中学校、高校、大学へと進み
家を巣立っていきました。夫婦の時間がまた戻ってきました。

息子が小学校を卒業というタイミングでA大学での講師募集があり
書類専攻、面接等を通過し、念願の職につくことができ、
6年間続けたスクールをたたみました。

A大学ではとてもいい環境で気持ちよく仕事させてもらっています。
初中級教材開発のメンバーに入り、6年かけて教科書を作り
現在大学で使用するという形あることもできました。

留学生は世界中から集まってきていますし、
そのほとんどが自分の専門を持つ研究者でもあり
国に帰ればその国の指導者になるような人たちばかりです。
彼らから学ぶこと教えられることがたくさんあります。

その後、息子が大学に進学というタイミングの時、こんどはB大学から
オファーを頂き、B大学でも教えることになりました。
自宅教室では小中学生のみだったのが高校生クラスも開講しました。

息子が就活がピークだったとき、

「母さんってすごいな。どんな状況でも日本語教師という軸がぶれることなく
続けてきたんだから。おれたちには一度も寂しい思いをさせることなく」

と言ってくれました。私には最高の言葉でした。

さて、その40代もあと半年です。
次の50代はどんな暮らしになるのでしょうか?
きっと孫の1人もできているのでしょうね(*^^*)

これまでずっと自分にコンプレックスがありました。
だからこそ人の何十倍も努力しないと人並みになれないと思っていました。
母との葛藤もありました。

でも、最近、少しずつ少しずつ自分のこと好きになりかけてきています。
次の10年は肩の力を抜いて楽しく暮らせるような気がします。
関連記事

| こころ | 2009-03-30 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

見習いたいです!

ぴあのさん、素晴らしいですe-420

「おれたちには一度もさみしい思いをさせることなく」…これは本当に何よりの言葉ですねe-460
こういう言葉を素直に言える息子さんに育てたことも、そしてこの言葉通りに頑張っていらっしゃったぴあのさん自身の努力も、見習いたいです。私はすでにさみしい思いをさせていることもある気がしているので…e-441

私はアラフォー世代なので40代のじぶんについて、この先どうなるかな、と見通しを立てることが多いのですが、ぴあのさんを目標に頑張りたいと思います!

| ミント | 2009/03/31 09:49 | URL |

ミントさん

ミントさん、いつもありがとうございます。「素晴らしい」なんて言って頂き何だか照れてしまいますが、素直に嬉しいです(*^^*)

ミントさんはアラフォー世代なんですね!私はアラフィフ?そんな言葉はないかもしれませんが、やはり年代が10年単位で変わるときにはこれまでの人生や今後のことをいろいろ考えたり見直したりしてしまいますよね。

ミントさんは小さいお子さんをかかえつつご自身の才能&努力で確実にキャリアを積まれていて素晴らしいと思いますよ。なんだかんだいっても女性の30代って子育てもキャリア磨きもそれからの人生にとっての大きな土台を築く年代のような気がしますし、また体力的にも十分ふんばりがきく年代だと思います。

ミントさんは(読み逃げで申し訳ないのですが)仕事達成後、2日間爆睡してしまうほど打ち込める仕事があるってこと今後の40代に十分つなげていけるだけのものをすでにお持ちなんですよね。私の方こそミントさんから刺激を頂きこれからのパワーの原動力とさせて頂きます!

| ぴあの | 2009/03/31 22:23 | URL | ≫ EDIT

ミントさんもおっしゃっていますが、本当にぴあのさんは素晴らしいです。キャリアと子育て、見事に両立されましたね。私はこれから先、自分の仕事なり夢なりを子育てと上手く両立してやっていけるのかなぁ?と考えてしまいました。何よりも、お子さん達がとても素直に成長された事が、お子さん達に寂しい思いをさせずに、お仕事との両立を果たした結果だと思います。

50代を迎えた時、ぴあのさんにとって今よりもっと輝いた日々になりますようにv-352

| あい | 2009/04/01 01:19 | URL |

あいさん

ありがとうございます。ミントさん、あいさんに見に余る言葉を頂き、光栄です。私はただただ「仕事が好き」「子どもがかわいい」という思いでここまできました。また、子ども達が小さい時は実家の母にとても助けてもらいましたし、夫のサポートもとてもとても大きかったです。

あいさんがこれからご自身の夢と子育てをうまく両立させていけるだろうか?というお気持ちよくわかります。でも、お子さんのことを十分に愛していらっしゃるあいさんですから、あとは「夢は絶対にかなえる」という強い気持さえあれば十分両立できると思いますよ。その上でそのときそのときの自分の環境スタイルにあった夢への方法論を考えて実践していけばいいと思います。

なんだかえらそうなことを書いてしまってごめんなさい。あいさんの夢、応援しています♪

| ぴあの | 2009/04/01 07:20 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT