||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

久しぶりにスパルタ先生に遭遇

某スクールで体験レッスン受けました。
いや~~~まだ心臓がドキドキしています。
ハフ~~緊張したぁ。。

なぜって?聞きしにまさるスパルタだったからです。
スパルタ好きの私なのですが、先生についていくのに必死で
何とかついていこう、うまく答えようと汗いっぱいかきました。

生徒に絶対に媚びない、ぶれない、プロって感じの先生に
本当に久しぶりに出会いました。
は~~怖かったぁぁああ。

レッスンの流れは、


まずは、なぜ英会話を勉強したいのかを聞かれました。
この辺はソツなく答えたつもりでしたが、
厳しいつっこみがいくつか入りました。

さて、いよいよ記事レッスンです。
記事は事前に送って頂き予習もしておきました。
Breaking Newsなので楽勝♪と思っていましたが、

まずは、「あなたの発音をチェックするので読んで」と。
ここまでは普通です。で、読むと、

「ふ~ん。発音ミスはなかったわ。でもね、スピードがよくないわ」
「スピード?もっと早く読んだ方がいいということ?」
「そう。私が最初に2センテンス読んでみるから聞いててよ」

先生が、それはそれは素晴らしいスピードでさらっと読まれました。

「いい?あなたのようにポーズなかったでしょ?」
「ニュースキャスターの読み方を私たちのゴールにしましょ!」

ほ~~~こんなこと言われたの初めてです。
それから、発音ミスはなかったが、1か所だけ区切りを間違って読んでいたと
違うところでスラッシュが入った読み方だから意味が違ってくるわと。

次は語彙を言うから、意味を説明して~と言われ、
記事内の語彙をいくつか提示されそれの意味を説明しました。
不十分だと機関銃のようにつっこみ質問が入ります。

はい、では、内容をどこまで把握してるか質問するわよ~と。
事前にそれは予習してあったので(一応)スラスラ答えられました。

しかし、途中で、

何?それが本当に答え?どこに書いてあった?何と書いてある?

え~~~っとと該当箇所を探して読むと、
そう、それでいいのと。
は~怖かった。間違ったのかと思った(笑)

内容把握の質問が終わったら、
じゃ、次はあなたの意見を聞くための質問いくわよと。

次々、タフな質問をなげかけてくださいました。
ちょっとでも私があいまいに答えると容赦なく、
詳しい説明や、つっこみがはいります。

ふ~~~厳しいよぅぅう。
ここでぴったり23分位になりました。
残り2分を使って、何か質問ある?と。

私が、今後も記事レッスンする場合、
いつもbreaking newsになるのか聞きました。
すると、

今日はね、初回だったからテストするためBNEにしたけど、
次回からは別のソースからの記事にするわ。

その時々にあなたのレベルや興味対象をみながら
送る記事を決めるからと。

で、私のレベルはと聞くと、upper intermediateね。

ホッとしました。
最近別スクールではadvancedとばかり言われていましたが、
絶対にこんな私レベルが上級のはずがないと思っていました。

あなたは語彙も文法もだいたいのことはできているけど、
もっとハイレベルな語彙を使って、スピードを持って
spontaneouslyに話せないといけないわ。

それができて初めて上級よ!

とバッサリ。
すごい~~私、こういうスパルタ先生好きです。
でも、怖いです(笑)

鋭い人なら既にお気づきかと思いますが、
この先生の感じ、某AスクールのI先生を彷彿させます。
2人に共通していることは、一切のお愛想や
リップサービスはありません。
私が話してる間も全く反応がありません。

それだけに、話してる途中に不安になります。
しかし、しっかり聞いていて、私が話し終えると
ダダダ~と足りない部分をつっこまれたり
いい加減だった箇所はさらなる説明を求められます。

体験が終わったばかりですが、
入会を前向きに考えています。

ふ~~~怖かった(笑)
でも、ここんところ、ちょっと話せると思って
いい気になってたのですごい刺激を受けました。

まだまだだなあということを突き付けてもらえました。
でも、この先生と毎日はさすがに身が持たないだろうな(笑)

とはいえ、こういう先生とレギュラーでレッスンしたら
私の英語力は確実に鍛えられるだろうなあ~という気はします。
関連記事

| スパルタ先生 | 2013-01-21 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT