||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

合計点に惑わされてはいけないっ!

ぴあの塾の生徒さんたちにも言いましたが、
TOEICの合計スコアに惑わされてはいけないと思います。
というのも、

たとえば、私の2005年11月のスコアは、
2005/11 TOEIC750 (445/305)
なのですが、

当時の私は自分は750点あるから、
簡単に800狙えると思っていました。

ところが、LとRを別々に見てみると、
Lは445点、Rは305点。
それぞれを2倍にすると、

Lだけで考えると900点近いレベルだけど、
Rだけで考えるとまだ600点レベルだとわかります。


つまり、


合計点が750点だから800点突破用の対策をしていましたが、
私の場合はまずは600点突破レベルの学習が必要だということになります。

ヒロ前田先生も以前、TOEICのスコアは合計点ではなく、
LとRを個々に見るべきだとおっしゃっていましたが、
全くその通りだと思いました。

合計点に惑わされてはいけない!
私自身振り返ってみても、この700点台半ばの中途半端なスコアだった頃が
一番、自分の英語力に自信?があった頃だと思います。

この750点あたりは、
周りからは、ちょっと英語ができる人という目で見られます。
私の場合はもともと会話は割と得意だったので、
自分自身の中でも750点とったときには、

ふふふ、私って結構すごいじゃん
なんて思っていました。

でも、はっきり言ってこれは錯覚なのです。
だって、Rだけで考えれば600レベルなのですから。
何度受けても800点には届きませんでした。

いくらLが得意な人であっても、
800点取るための公式としては、

L450点+R350点=800点

だと思います。
つまり、Rで最低350点とらないと、
合計800越えはなかなかできません。

ちなみにLが得意でRが苦手な人の900点の公式は、

L480点+R420点=900点

900点取るには、Lでたとえ満点(495点)をとっても
Rで405点とらなければ900点にはたどりつけません。
Rが400点超えない限り900点は取れないのです。

私のこれまでのスコアを振り返ってみても、
毎回のスコアはLの出来不出来に左右されていました。
Lというのはそういう意味では水ものでかなり変動があります。
(もっと実力がつけば毎回満点かそれ近くになるのでしょうが)

たとえば、2009年11月とその2カ月後の2010年1月のスコアを見てください。

2009/11 TOEIC870 (490/380)
2010/01 TOEIC805 (400/405)

このときは1年以上かけ3,000問以上解いたパート5対策の効果が出て、
初めてRで400点突破したのですが、

何と何とLがまさかの90点ダウン。。。
わずか2カ月でそんな90点もダウンなってありですか?
勉強してないのならまだしも毎日勉強してたのに。。

この回では、初のR400突破の喜びなんてかけらもなく
Lの90点ダウンの悲嘆にくれていました。

初めて870点をとり、よし900点目指そう!と思っていただけに
ショックは大きく、またLで490点(この時は5問ミス)
4問ミスまでが満点の回だったので、
あと1問で満点だったということにすっかり気を良くしていた
そんなLでの自信はもろくも崩れ去り、

なんで・・・
なんで・・・

90点ダウンなんて・・・・

しばらくは立ち上がれないくらいショックでした。
いろんな人のスコア一覧を見ては、
わずか2カ月でこんなにも大幅に下がったことがある人はいるかと
血眼になってブログサーフィンをしたものです(苦笑)

しかし、そんなことをしても意味はないわけで、
その時思ったのは、TOEICというのは1回に約50点の誤差があるから、

11月Lでの490が実は450レベルで(-50点)
1月のLの405点が実は455点レベル(+50点)
だと考えれば、私は450点前後レベルなんだと
そう納得させるようにしました。

事実、そんなにも自分のLが落ちたのかとすぐに
リスニングBOX模試で初めてのものをやってみたら
やはり460点位だったのでほっとしたものです。

つまり、得意(だと思い込んでいた)Lに頼っていては
いつまでたっても900点には到達しないのだと、
このとき嫌というほうど現実問題をつきつけられた感じがします。

ここで、あきらめずに900点目指すのか、
もうもともとの悲願だった800点がとれ、
870点というAランクのスコアがとれたのだから
TOEICは卒業するのか、

その岐路にたたされた時期でもありました。
ま、私の性格上、大幅ダウンの805点のままで
終わるなんてことはできなかったのですが。

2009年1月TOEICためにその2カ月前の2008年11月から
緑本(中村澄子先生の千本ノックの前のシリーズ)で
パート5対策をして、それから1年でやっとRで400点とれ、

そこからがまた真の意味での私のR対策が始まりました。
私的には、Rのレベルとしては、

300点
350点
400点
420点

に壁があると思っています。
そしてその壁を確実にこえることで
総合点の階段も登っていけると思います。

あくまでもLがRに比べて得意だという人の場合ですが、

350点越えれば800点は見えてくるし、
400点越えればAランクは見えてきます。
420点越えれば900点が見えてきます。

そして、英語の世界も変わってきます。
400点超えると簡単なPB(ペーパーバック:洋書)が読め、
420点超えるとレッスンで使うようなニュース記事がかなり読めます。

こうして、1つ1つの階段を上り、
昨年11月で初めて420点超え、435点取れたことが
合計910点取得の要因となりました。

この時は初めて9分も時間が余りました。
2カ月後の1月のTOEICはまだ結果が出ていませんが、
やはり6分時間が余りました。

私の感覚では、400点弱の時はまだ3問位塗り絵がありました。
400点を確実に超えてる回は何とか最後の1問まで解き終了。

435点の時は、一応根拠を持って解答し
そのうえで時間がまだあったのであやふやな問題を見直し
2問マークし直しました。

パート5対策にばかり時間をかけてきましたが、
ここ2回はどうもパート7での解ける感覚が違ってきたようです。

パート7での私の解き方、
解いてる時の感覚が以前とはあきらかに違うのです。

それは、本番だけではなく、
去年の9月頃から模試を解くたびに感じていました。
あ~これがもしかしたら景色が変わるということかな?と思っていました。

では、現在の私がどんなふうにパート7を解いてるか
それは、長くなったのでまた次回にお話ししたいと思います。
関連記事

| 学習記録 | 2013-01-21 | comments:10 | TOP↑

COMMENT

得る事の多い記事をいつもありがとうございます!
私向けの記事!!このスコアなんで→735(430/305),710(420/290)
もう1年ぐらい受けてませんが、今年は準1級土台固めしつつ1回はTOEICも受けようと思っています。4月か5月かな~。
Part5をどうにかしないと!と思います。


| keiko | 2013/01/21 09:49 | URL | ≫ EDIT

keikoさん

うわ~本当だ~まさにkeikoさん向けの記事でしたね(笑)
というか、今のぴあの塾のTOEIC800点コースの生徒さんも
みんな、700点台でLがRより100点位上なのです。

keikoさん、パート5ってもしかして感覚で選んでませんか?
なんとなくこれが一番しっかりきそうって感じで。
私もRが300前後の時はそうだったのです。

品詞問題で動詞を修飾してるから副詞位はわかるのですが
それ以外は「なんとなく」これが正解っぽいと選んでました。

ところが、当たり前ですが正解には必ず根拠があります。
同時に他の3つが正解じゃないことにも根拠があります。
まずはそこをクリアしないといけないと思うんですよね。

この前のぴあの塾ではそれぞれの生徒さんに
パート5の500点レベルの問題を3問出して、
答えを導く過程を全部声に出して言ってもらったのですが
やはりちょっと複雑な問題になると感覚で選んでる人が多かったです。

まずは文法をしっかり固めるといいと思いますよ。
そうすると準1級レベルの読解も読みやすくなると思います。

| ぴあの | 2013/01/21 11:10 | URL | ≫ EDIT

>このときは1年以上かけ3,000問以上解いたパート5対策の効果が出て、初めてRで400点突破したのですが、

3000問ってすごい数ですよね。しかも中村先生のシリーズを中心にグルグル回されての3000問ですよね?

R400取るには「同じ教材グルグル&数千問」ということですよね。う~ん、私に出来るだろうか…と少し不安もよぎりますが、ぴあのさんのご指導を信じてついていきます!

そして、現在のパート7の解き方。とても気になります~。あともう一つ、800点台に乗せてから一度も700点台に戻っていないぴあのさんですが、勉強法のコツなどありましたら、そちらもお聞きしたいです。

| あい | 2013/01/21 13:58 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/01/21 15:09 | |

あいさん

パート5対策をしようと思うと3,000問でも少ない位です。
私は初見問題で8割ラインに乗せるためには3,000問やりましたが
それ以降、8割から8割5分ラインに乗せるためには
さらにあと数千問やったと思います。

私のようにもともと文法が苦手なものにとっては
とにかく絶対量が必要です。

あいさんもとにかく1冊を何周もしてください。

>勉強法のコツなどありましたら、そちらもお聞きしたいです。
学習法のコツ?
いつも私、記事に書いてるつもりなんですけど(笑)

コツもあるかもしれませんが、
地道な努力にまさるものはありません。
今は他に目を移さずデルボと公式4と5を徹底的にやりこんでください。今週のデルボクイズでは、8割以上正解できるようにがんばってください。期待しています。

| ぴあの | 2013/01/21 16:49 | URL | ≫ EDIT

鍵コメさん

激しく同意して頂きありがとうございます(笑)
だからぁ~鍵コメさんは十分な実力者ですし、
学習方法も短期間で確立されていますから、
私なんかが教えること、ないですってばぁ~(笑)

| ぴあの | 2013/01/21 16:52 | URL | ≫ EDIT

>地道な努力にまさるものはありません。

8割までで3千問、8割5分には更に数千問。そんな努力を重ねてきたぴあのさんに言われると、重みがもうググッと違います。

デルボと公式4&5。浮気せずにやりこみます! あっ、もちろん今週のデルボクイズも、期待に添えるよう頑張りますっ!!

| あい | 2013/01/21 17:15 | URL |

あいさん

パート5問題、3,000問なんて序の口ですよ~
本当にそれくらいしないと力はつきません。

とにかく、まずは教材を絞って周回し、
その教材なら完璧に満点取れるというぐらいに
仕上げることが大切です。

明後日の試験、期待してますよ。

| ぴあの | 2013/01/21 21:39 | URL | ≫ EDIT

うお~。あいさんにすごいプレッシャーが(●^o^●)!!

『合計点に惑わされてはいけない』
これはホントに目からウロコです。本のタイトルみたいw

私はR200点代で合計は700点代だったので一生懸命800点突破コースのテキストをやってRの補強をしなきゃ!と一人で孤軍奮闘しましたが、そのテキストはR400突破を目的としたテキストであったこいうことがぴあのさんにより判明。
そりゃ全く歯が立ちませんよね・・・チーン。

そこでぴあの塾に入り、R強化のためにTOEIC入門コースのテキストを勧めてもってやってみたら・・・。

何ということでしょう!?今の私にピッタリの内容で感動でした。「そうなんだ!そうそう!そこが知りたかったのよ!!」の連続で昨晩は夜更かししてしまいましたw。文法書が眠くないんです!これはすごいことです!まさに目からウロコ。開眼したような感覚です。



| maylee | 2013/01/22 08:20 | URL |

mayleeさん

お返事遅くなってごめんなさい。
本日のぴあの塾2レッスン終了しました~。

kaoさんもあいさんも大幅にスコアUPしましたよ~
皆すごく努力してることがわかり、
その熱意に応えねば~と私も襟を正してるところです。

早速、例のテキスト読んでるんですね~
ね、ね、今のmayleeさんにぴったりだったでしょ?
mayleeさんは元々英語のセンスがすごくある人だから、
ああいう知識を基礎として身につければ、
急にパ~っと視界がひろがって飛躍すると思います。

これからもまだまだ目からうろこボロボロの連続だから、
うろこ、残しておいてね(爆)

| ぴあの | 2013/01/23 13:10 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT