||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

よりよいレッスンを受けるには

1月TOEICが終わり、ぴあの塾の準備以外はTOEIC学習から離れ、
最近はオンラインレッスン三昧しています。

1月20日現在で今月のレッスン数が45回なので、
これまでに比べるとかなりのハイペースです。

最近つくづく思うのは、
スクールを選ぶより、先生を選ぶ!ということです。
私自身もオンラインレッスンを開始した当初は
ずっと1つのスクールでレッスンを受けていました。

流れで言うと、



①いろいろなスクールで体験レッスンを受ける(スクールジプシー)
②体験レッスンの結果から受講するスクールを決める
③スクール内でいろいろな先生のレッスンを受けてみる(先生ジプシー)
④お気に入りの先生を中心にレッスンを受ける

という感じでした。
ま、当たり前と言えば当たり前ですが。

しかし、だいたいどこのスクールでも
この先生はすごい!とかこの先生についていきたい!!
もしくは、自分と相性がぴったり!

なんて、理想の先生は各スクールに1人か2人。
そう、1人でも2人でもいればいい方です。

私が過去にある一定期間受講したスクールは、
順を追って書くと、

1)English Cafe
2)QQ English
3)KEYEYE
4)Pinas Square

ですが、1)では2名、2)でも2名、
3)では1名、4)では3名の先生がお気に入りでした。

しかし、どのスクールも月に何回というくくりがあり、
必ずしもその全回数を好きな先生とのレッスンだけで固めることは不可能です。
そうなると、どうしても回数消化のために、
まあまあの先生と受けざるを得なくなり、
お茶を濁したようなレッスンで終わってしまいます。

ただ、先生と合う合わないは
必ずしも第一印象だけではわからず、
最初は今イチかみ合わなかった先生が、
回数を重ねるうちにしっくりくるということもあるので、
その辺りは自分の初めの直感だけに頼らず、

ある程度、根気よく1人の先生を取り続けることが大切だと思います。
そして、自分の希望、どんなレッスンをしたいのかを
伝えることもとても大事だと思います。

生徒側にとっては、先生の印象というのは記憶に残りやすいですが、
先生にとっては毎日25分ごとに生徒がコロコロ変わり、
1日に何人もの生徒を相手にするのですから、

ほんの数回程度レッスンをとっただけの生徒のことは
なかなか印象に残りません。

そこで、この先生をリピしたい!と思ったら
なるべく初回レッスンの後、間隔をあけず
たたみかけるように連続して
とった方がいいと思います。

そうすると、先生側でも、
この生徒は自分のレギュラーの生徒だという意識も生まれますし、
その生徒のレベルも把握しやすくなり、また生徒の希望にも応えたい!
という意識も強くなります。

正直言って、上記の4)のピナスでは、
なかなか最初のうちはピンとくる先生がいなかったのですが、
自分の中で絞り込んだ4人位の先生を継続的にとることで
それぞれの先生といいレッスンが受けられるようになりました。

オンラインレッスンを長く続けていくうちに、
自分にとってどんな先生が合う先生か、
どんなタイプの先生が好きなのかがだんだんわかってきます。

また、割と早い段階でこの先生とは合う合わないというのも
わかってきます。

以前は同時進行で複数のスクールを並行して受講するのは
いやだと思っていましたが、
最近では、この先生!という先生に出会ったスクールでは
その先生のみ受講というスタイルが定着してきています。

現在のメインは、3つのスクールで3人の先生を受講しています。
そして、その各先生とは勉強する内容を固定しています。
つまり各スクールでは1人の先生としかレッスンしてません。

Aスクール:A先生(記事)
Bスクール:B先生(AAT:アメリカンアクセントトレーニング)
Cスクール:C先生(フリートークと文法)

そして、私は実によく質問をします。
先生から、Are you clear?と聞かれた場合、
よくわかってない場合でもOK~と、お茶を濁していたこともあるのですが、

今はしつこいくらい食い下がります。
語彙の意味はもちろん、文の意味がとれなかったり、
発音がわからなかったり、先生の言ってる意味がわからない時も
スルーせずに、恥ずかしいとは思いながらも、
自分がわかってないんだということを伝えるようにしています。

フリートークの時でも、
自分が言ったセンテンスに自信がないのにスルーされた時は、
~ということが言いたいけど、あってる?
もっとナチュラルな言い方はどんなふうに言えばいいの?
など質問します。

また、記事レッスンの場合は、
以前は文章を読んで意見を交換して終わりという形でしたが、
最近は必ずその次の回までに自分で語彙、フレーズ中心に復習をし

次の回では、前回の記事の中で出てきたなじみのない語彙を
先生に伝え、意味や類義語を確認したり、
場合によっては自分でセンテンスを作って
それであっているかどうかを聞いたりもします。

これをすることによって、
先生にとって、私が知ってる語彙と知らない語彙がわかり、
私の語彙に関するレベルが把握できます。

つまり、自分のためのカスタマイズされたレッスンを受けるためには、

①どんなレッスンを受けたいのか希望をしっかり具体的に伝えておく
②自分のレベル(語彙レベル、文法レベル、読解レベル)を把握してもらう
③自分は真剣に勉強してるんだという熱意を伝える


この3点が大切だと思います。
そうすると、先生も気合いが入ってきますし(笑)
次に記事や聴解素材などを選んでくれる時も希望をふまえたものを
選んでくれるようになります。

また、その記事や聴解素材がどうだったか、
また、先生のレッスンスタイルのこんなところが好き♪
などということも伝えるようにしています。

そして、自分の求めているものと違う場合は、
失礼にならない程度に、たとえば、

「先にこの記事を要約してみるので聞いてください」とか、
「音読しながらだと意味がつかめないので、すみませんが先に
先生が音読してくれませんか?」

などなど、要望を正直に言うようにします。
私自身も講師なので、いつも大学では授業内や授業の最後に
学生たちに、自分の授業のやり方がどうだったかを聞いたり、

学期の中間時期に、私の授業のやり方についてアンケートを実施し
匿名で忌憚のない意見を書いてもらったりします。
そして、そのアンケートについてはきちんとFB(フィードバック)し、

~~~という意見があったけど、先生はこういう意味でこの活動をしている。
~~~という意見があったので、それは早速取り入れたい

など、ただおざなりなアンケートではなく、
ちゃんと学生の声に耳を傾けるつもりがあることを伝えると、
そのことによって学生も正直な意見を出すようになります。

今回のぴあの塾でも、
専用掲示板にて、1週目の授業を終えた段階で
授業についてよかったこと、役立ったこととともに
授業の流れについての意見交換をしています。

教師は生徒より偉いわけではなく、
教師と生徒は対等の立場で、それぞれ相手を尊重し
双方でより良い授業を作り上げていくのが理想だと思うからです。

なんだか、長々と書いてきましたが、
現在オンラインレッスンの受け方、これでいいのだろうか?
など思っている方に何かの参考になれば嬉しいです。

な~んて、偉そうなこと書きながらも
私自身もいつも試行錯誤の連続で、
今も4校目のスクールをどこにしようかとか
ぐだぐだ悩んだり迷ったりしています。

そうそう、今、思い出しましたが、
新しいスクールに登録する時に、
自分のレベルを自己申告で記入することがあります。

日本人って、やっぱり自分のことは謙遜もあり、
だいたいみんな、自分で思ってるレベルより
1つ下のレベルで申告しがちになると思います。

私も先月から受けていたスクールでは、
「中級」と申告していました。

すると、どの先生も送ってくる教材がすごく易しくて・・
それで、ある時、授業の後にそれを伝えると、
「あなたは自分のレベルを上級と申告すべき」と言われ、
自分で自分が上級だなんて思えてないので困ってしまいましたが、

思い切って、登録を「上級」に変えたあとからは
初めての先生でも送ってくる教材が私の求めてる感じになってきました。
もっとも、うっかりそのままの登録であるネィティブを取った時は、
開口一番、

「君は上級なんだから、さらにチャレンジングなものを今日はやるよ」

と言われ、撃沈してしまったこともあります(笑)
もう一人ネィティブをとってたので慌てて、中級に変更して
レッスンを待ちました(笑)

と、こんな失敗?もありますが、
どこのスクールも生徒の情報を共有するとか言っても
実際は、生徒が最初に登録したデーターでレベルを把握し
授業内容や教材を考える先生が多いようなので、

ちょっと、照れくさささはあっても、
自分で思ってるレベルかそれの1つ上のレベルで登録した方がいいかと思います。

明日は新しいスクールで体験レッスンを受ける予定です。
なんとなく理想の先生っぽい予感がするので楽しみです♪
関連記事

| オンラインレッスンのすすめ | 2013-01-20 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT