||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

move up!

Rとのレッスン、今年に入ってとても内容が濃くなっています。
金曜日は、この記事をやりました。

Viewpoint: For-Profit Education is Not Dead Yet

50分レッスンの前半15分位はフリートークで
実質30~35分でこの記事、最後までやりきりました。

1段落ごとにまずは私が読み、その中で疑問点があれば質問し、
次にRが私にいろんな質問をダダダ~~としてきます。
語彙についてこれはどんな意味?というのもあれば
内容的にこれはどういうことを言ってるの?
これについてのぴあのの意見は?という感じです。

この記事は全部で754ワードあります。
私は予習に50分近くかけました。
しかし、


1文1文は理解できるのに、段落ごとだったり全体的ににとなると
よくわからない。つまるところ何を言いたいのかもわからない。

これは私の読解力の低さだと思うのですが、
こういうことはよくあるのです。

語彙は事前に辞書で調べるし、文構造もこの記事は難しいところはありません。
しかし、全体像が見えなかったりピンとこないところが多々あるのです。

Rに、「この記事って結局言いたいことが何かわからない」と言うと、
あっさり、「タイトル通りよ」と言われました(笑)

ふふ、それはそうですよね~
で、「1文1文の意味はとれるけど、段落ごとや全体の意味がとれない。
何で何だろう?」と泣きつくと、一言

"I don't know."と(笑)

はは、Rらしい(笑)
で、私も粘って、そんなこと言わずに何でか教えてよ~
私の先生でしょ~と甘えて?みると

「それはね、ぴあのは1文1文はきちんと意味とれてても
その文と文、さらには段落と段落のつながりがわかてないから」

なるほどね~~。

「だから読むときは、自分の中で意識して
前の文と次の文の関係、つながり、次の段落と前の段落の関係、
そういうことを意識して読まないとダメよ」

ほほ~~
やっぱり、聞いてみるもんだね~

で、段落ごとに1段落ではこんなこと言ってるよね~、
で、2段落ではこうなって3段落ではその段落を受けてこうなってと
考えてみることにしました。

さらには、わかってるようでわからないところや
ジョーク、たとえば、2段落目の最後、
ここんところはどういう意味だと思う?と聞かれました。

In other words, for-profit colleges are not as bad as you think — many are worse.

え~っと、「つまりは、私立大学は皆が考えてるほど悪くはない」ってことだよね?
でも、「many are worseは、え~っと、でも大体は悪い?」う~んとなりました。

すると、Rはさらっと、「皆が思ってるほどbadじゃない。badどころかworseなのだ。
ここはジョークね~」と。
ふむふむ。こういうところが私、全然読み取れてません。

途中途中に私が意味を取り違えてる言葉があれば、
サササ~と説明してくれるし、何より驚いたのは
「この段落の意味がまだすっきりしない」と言うと、

彼女が1文目からダダダダ~と読み直してくれて、
まさに私がそこわかってないという箇所、そうそこ!ってところにくると、
ちゃちゃちゃ~とリフレーズして読んでくれるのです。

で、どう?と。
はは~~すっきりしました。それでわかりました。とひれ伏す私(笑)
もう1年半の付き合いで彼女は私のレベルを把握しているので、
どこがわかっててどこがわからないかがわかるのでしょう。
すごすぎます。

さらに、私がこの語彙がわからないというと、
あ~あ、それ、それは前にやった中国での暴動で日本企業が攻撃を受けてる記事にも
出てきた語彙だよね~と。記憶力、すごすぎます。

この記事の最後に

The demand for more options coupled with increasing competition in the online sector and increased government oversight means what we regard as the sub-basement of higher education today will move up the food chain and become more mainstream tomorrow.

とあります。ここんところのfood chainも、なぜにここでfood chainと思ってたら
この場合は、consumer marketのことをさすのだと。なるほど~。

なんとか時間内に読み切ったとき、彼女が、

さあ、ぴあの!ぴあのもmove up(レベルアップ)するのよ!
と言うので、私が、

そうね~私は、sub-basement(低いレベル)だからね~と言うと、

いや、ぴあのはsub-basementじゃないよ~3階か4階にいるけど、
トップフロアまでいこうね♪とR。

うぅぅ嬉しい~こんなことRに言われたの初めて。
そこで、

ね~トップフロアって何階なの?と聞くと、

ははは、そんなのその建物によって(状況によって)違うわよ~
ともかく、常にトップフロアにいるようがんばろうねっ!と。

はい、ついていきます!

このレッスン後、何だか私すごく感激していました。
彼女が本気で私を鍛えてくれようとしてる気持ちを感じました。
私は910点とってから心の中に慢心があり、

彼女とのレッスンで私が選ぶ記事もchallengingなものではなく、
こういう記事Rなら喜ぶだろうな~のような日本事情紹介的なもので
お茶を濁していました。

今年最初のレッスンでも、25分だし長いものもできないしと
Breaking Newsを選び送りました。

案の定質問もほとんどなく、内容的にも深くもなく、
レッスン終盤のときに彼女から、

最近のぴあのが選ぶ記事は一定レベルでストップしている。
私の興味をひく記事を選んでくれるのは内容が共有できて嬉しいけど、
それで本当にぴあのの勉強になってるの?

と言われたのです。
それで、今回は彼女に初めて記事を送ってもらい、
大充実のレッスンが受けられたのです。

年齢は私の息子と同じだけど、
まさに私の「師」だと思いました。

私が今度こそ、、と思って望んだ9月TOEICで
リスニングでまさかの騒音で心が折れたときも彼女の言葉で救われました。

Well, as I have learned from my teacher, "doing things until the end" is one of the best philosophy in life... We get a great sense of satisfaction when we get to that point... stopping in the middle will just leave us with regrets and thoughts of "what ifs"...^^

この彼女のメッセージが原動力となり、
11月TOEICでの900点突破につながりました。

彼女と担任制でレッスンが受けられるなんて本当に幸せです。
どこまでもついていきます。

ちなみにこの日学習した記事の中の語彙をチェックすると、

proponent, poise to, embrace, strike down, arbitrary
英検1級の出る順に出ていました。
やっぱり今後は質の高い記事でレベルアップせねば~と思いました。

50分予習して50分レッスン受けて、また復習に50分。
本当なら1月TOEICが目の前なのでその時間特化した勉強をした方が
単純にスコアには結び付くのかもしれませんが、

でも、やっぱり私が目指したい方向は
単にスコアだけではないので、こういうレッスンの学習をメインにしながら
自分の英語力を4階から5階、6階へと高めていきたいと思います。

気合い、入りました。
関連記事

| A&A | 2013-01-06 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT