||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

870点から910点取るまでの1497時間

私が初めて870点をとったのは、2009年11月TOEICでした。
2009年まではとにかく800点を取ることが
私の夢だったので、

その年の7月に初めて830点を取り、
もうそれで十分、夢が叶った~と号泣しました。
その日の記事を読むと今でも涙ぐんでしまいます。

私にとって「800点」取ることがあまりに大きいことだったので
将来的に900を目指すことになるとは全く想像すらしていませんでした。
830点取ったことで、もうTOEICを卒業した気分でした。

しかし、それから学習を続けていても
何か軸というか目標がなく、
4カ月後の11月にもう1回だけ受けてみようかな?
でも、また700点台に逆戻りもイヤだな~ぐらいの気持ちで受けたのが
2009年11月TOEICだったのです。

それがそれが、700点台に逆戻りどころか
何と870点も取れてしまったのです。
そう、取れて「しまった」のです。

870点?え?900点まであと30点じゃないの?
え?だったら、こんな私でも900点目指していいの?
思えば、そこからが長い険しいイバラの道の始まりでした(笑)


2009年11月から2012年11月までの3年間の全記録です。

2009/11 TOEIC870 (490/380)
--------------------------
2010/01 TOEIC805 (400/405)
2010/03 TOEIC865 (455/410)
2010/06 英検準1級1次合格
2010/07 英検準1級2次合格
2010/11 TOEIC850 (445/405)
---------------------------
2011/01 TOEIC860 (455/405)
2011/05 TOEIC805 (420/385)
2011/07 TOEIC840 (465/375)
2011/09 TOEIC870 (490/380)
2011/11 TOEIC850 (440/410)
----------------------------
2012/01 TOEIC865 (450/415)
2012/05 TOEIC870 (465/405)
2012/09 TOEIC865 (455/410)
2012/11 TOEIC910 (475/435)

ご覧のように、受けても受けてもスコアは変わりません。
2010年には目先を変えるために英検準1級を受験しています。
準1級合格後には1000時間マラソンを初めています。

しかし、勝負をかけた2011年にも結果がでません。
勉強していたのです。歯を食いしばって勉強していたのです。
5回受験もしています。

しかし、その勝負の年の2011年は、
860,805,840,870,850

もうダメだ・・・と何度も何度も思いました。
だって、勉強しているのにベストスコアは870点のまま、
受け手も受けてもそれは上がるどこから
大幅ダウンのこともあるのです。

それでも、私は諦めず2012年を迎えます。

1月 865点
5月 870点
9月 865点

停滞・・・5点でも10点でもいいから
自己ベストが伸びて欲しい。
900点じゃなくてもいいから5点でいいから
自分の力がちょっとでもついているという安心が欲しい。
そう思っていました。

停滞・・・
でも、何を持って停滞というのか・・
突き詰めて考えたこともありました。

周りがどんどん結果を出していく中で
なぜ私だけ結果を出せないのか

53歳・・
脳の処理能力も記憶力も集中力も20代、30代の頃とは違います。
目立って老眼が入ってきて小さい字は読みづらいです。
実は以前患った突発性難聴の影響もあり、
左耳はいつも耳鳴りがあります。

それでも、励ましてくれる多くの仲間に支えられていました。
ブログですべてをみせることは

ともすれば、自分がみじめで情けなく、
時には愛の鞭のような厳しいコメントを頂戴することもあります。
しかし、私はそう言う辛口コメントの中にも
自分で気付かない何か活路があるのではないかと
目をそむけずに受け止めました。

2012年11月TOEIC

私にとって「神風」が吹きました。
それまで私のTOEIC受験に否定的だった娘が
心から応援してくれ、「900ダンス」を踊って送り出してくれました。

会場は前回の工事中で騒音が試験中にあった大学ではなく、
一番音響関係が安定している会場でした。
それも、大教室ではなく、私の好きなこじんまりとした教室でした。

リスニングのパート1で初めて10問全問正解!と確信を持って
言い流れでスタートすることができました。

体調もよく、音のトラブルもありませんでした。
座席位置もまずまずでした。

夫が会場まで送ってくれたので、
駐車場の心配をすることなく、試験に集中できました。

リスニングパートをまずまずの感触で終えた後、
リーディングセクションに入っても
なぜか穏やかな気持ちでどこか気持ちに余裕がありました。

右ポケットには以前娘が作ってくれたブタさんのお守り、
左ポケットには夫が福岡出張で買ってきてくれた
大宰府のお守りが入っていました。

リーディングの特にパート7
その中でもDP対策を今回は力をいれてやってきました。
以前、rincoさんに時間の余裕のなさでDPでかなりの
取りこぼしがあるのでは?と助言を頂いたコメントを
プリントアウトし、今回の対策の中心においていたからです。

SP全問、DPの3セット目が終わり
DPラスト1問に入る時に時計を見た時、
時計は、

14時45分

そう残り16分もある14時45分を指していました。
以前、あっこさんとチャットをしているときに、
試験後ぶっ倒れるくらいにパート7は爆走してみたら?
というようなことを助言してもらったので、
本当にぶっ飛ばした成果でした(笑)

残り1セットに16分もかけてもいいんだ!
その心の余裕で最後のDPは楽しんでゆっくり時間をかけて解きました。
初めての経験でした。

全問解き終えてもまだなお8分ありました。
自信のなかった問題を次々チェックしていきました。
2問修正しました。

それでもまだ1分ありました。
初めてのことです。
こちらから係員の方をみて、
そろそろ終了時刻じゃないの?と思ったのは。

ほどなく、「終了時刻となりました」のアナウンス。
終了時刻を「待ち伏せ」したのは初めてのことです。

試験直後は、満足感と達成感に包まれていました。
ここまでの感触は初めてでした。

いったな

そう思いました。
しかし、スコア発表の日が近づくにつれ、
あれは錯覚だったのではないか?
単に時間に余裕を持って終わったということだけで
正答してるとは限らない

なにより、あこまで達成感!と豪語して
スコア下げたりしていたら
私、もうみじめでネット界にはいられない・・・
とまで思いました。

結果、475点/435点で910点

以前の英語スクールの先生に報告したところ、
「まだまだ伸びそうなスコアですね」と
言って頂きました。

冷静にスコアを見てみると、
私、Rで435点もとってるじゃないですか!!

長い長い280点時代
300点に届かない時代。
やってもやってもびくりとも伸びなかったRで
435点もとれてるじゃないですか。

ウルウル

リスニングはこれまでに490点を2回取っています。
これまでの私の900をとるための公式は、
L490 R410しかありませんでした。

しかし、そのパターンでは
何が何でもLでは4問以上落とせないというプレッシャーがありました。
そのためには、Rで少なくとも420取る必要がりました。

そのR420の壁がまさに900点の壁でもありました。
今、Rで435点とれ、それがLでの余裕を得られるなら
またLで490あるいは満点とれる可能性もでてきます。

そうすると、確かにあと20点位伸ばせるかもしれません。
な~んて、今900超えたばかりで欲張りですね。私(笑)

初めて870点取った2009年11月から
910点取れた今回までの丸3年間でいったいどのくらい勉強したのかを計算してみました。

全部で約1497時間でした。
870点から910点のこの40点を取るのにおよそ1500時間かかりました。
3年で1500時間。

40点とるのに1500時間。
でも、1日に換算すれば1.36時間です。

この3年間。
勉強時間がゼロだったのは
本当に特別な日を除いてはほぼゼロです。

今回900点取れた一番の要因は、やはり
「続けてきたこと」
これにつきるようです。

たくさんのお祝いコメントありがとうございました。
大げさですが生涯忘れることのできないこの3日間でした。
密かにプロフィールに910のケーキ画像載せました♪
関連記事

| 英語雑感 | 2012-12-13 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

ぴあのさんのこの記事を読んで、自分の受験記録も改めて見直してみたところ、まったくおなじで当時自己ベストの880をだしたのが2009年11月でした。
それから学習記録をつけ始めたのが2009年12月ごろなので正確には言えませんが、翻訳の勉強時間をのぞいて純粋な英語の学習時間はおよそ1700~1800くらいだと思います。
やっぱり数十点とはいえ、スコアをあげるのにこれくらいの努力は必要ということなんでしょうね~。
もちろんもっと要領よくできる方もたくさんいるとは思いますが^^;

1月の受験では、プレッシャーがこれまでよりなくなる分、さらに結果がでるのでは?と思っています。わたしはまだ次の目標をTOEICにするのか、英検にするのか決めていませんが、さらなる高みを目指したいと思います。これからも一緒にがんばりましょうね!

| たんぽぽ | 2012/12/13 10:26 | URL |

900の壁は、ものすごく高くて厚そうですね。
私もそこに到達するには、しばらく時間がかかりそうです^^;
でも、一番の要因が「続けること」なら、
時間はかかっても達成出来ると思うので、
マイペースに頑張ります。
ぴあのさんの記事には、いつもすごく元気とやる気をもらってます。
これからもぴあのさんのブログ、楽しみにしています^^

| 青森子 | 2012/12/13 12:03 | URL | ≫ EDIT

たんぽぽさん

そうでしたか。
私とたんぽぽさんは、この3年、同じ年月と時間を過ごして900ホルダーとなったのですね!本当にこの数十点をあげるためには、やはり1000時間以上の学習時間が必要だったということですよね。

もっと近道はあったのかもしれませんが、
それでも、私はたとえ遠回りになっても自分なりのスタンスで900点とれたことに価値があると思っています。

今後の方向性、また、たんぽぽさんと同じ線上を歩くことになれば、ぜひまた一緒に切磋琢磨しながら次なる目標にチャレンジしましょうね!

| ぴあの | 2012/12/13 22:15 | URL | ≫ EDIT

青森子さん

「900の壁」は本当に厚く、
何度も何度も跳ね返されました。。。
しかし、その900の壁に挑戦したことで
私の英語の幅は広がりました。

青森子さんが究極の合宿に参加され、
今後の学習法をTOEIC完全特化でいくのか
今までどおりの実ビジ等を軸としたスタンスでいくのか
わかりませんが、今伸び盛りの青森子さんが

1月TOEICに向けてどんな準備をされ
どんな結果を出すのかとても楽しみです。

私のブログで元気とやる気をとのとこ
何よりの褒め言葉です。
ありがとうございます。

| ぴあの | 2012/12/13 22:24 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT