||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時代に遅れまいと必死(笑)

最近、ツイッターでのつぶやきは多いのですが
ブログ更新が週末のみとなってしまっています(汗

何とか仕事の1つの山は超えました。
といっても、まだもう1つ2つ山はあるんですけどね(笑)

その、超えた1つの山と言うのが


公開授業でした。(初め「後悔」授業と変換された~笑)

A大学で昨年度から始まった取り組みなのですが、
公開授業週間が設けられて、
その1週間にある授業は誰でも見学に来てもいいのです(怖

あ、誰でもといってももちろん関係者のみです。
家族や隣近所の人がくるわけではありません(笑)

私たちの場合は留学生教育を担当する
教授、准教授、講師、非常勤講師、
それにこれから日本語教師を目指している
日本語教育専攻の学生さんたち。

自分の見たい授業の前日までに担当の先生にメールをし、
授業見学後にはその先生に授業の感想(フィードバック)を
先生本人そして教授陣にもCcでメールをすることになっています。

いったい誰が見学にくるのかが前日までわかりません。
また、私の場合は、すべての曜日のすべての授業時間が埋まってるので
見られることはあっても見ることはできません(涙

私の場合は、前日になって日本語教育プログラムのトップの
コーディネーターの先生から

「ぴあの先生の明日の授業を見せて頂きます」
とメールが来ました。ドキドキ。。

まあ、いろいろありましたが
何とか、無事?公開授業も終わり、

頂いたフィードバックも概ねプラスの評価だったので
ホッと胸をなでおろしているところです。

大学での定期試験も1つ終わり、(←あと3つある
評価も終わり、

一緒にチームを組んでる先生たちとの共有も
直接ミーティングすることなくメールと
drop boxでのフォルダを共有することで終了し、
あとは学生たちへのフィードバックのみとなりました。

チームティーチングというのは、
3~4名の講師陣でチームも組んで1つのクラスを担当することなのですが、

私がA大学に採用されたときは、
講師全体の下から2番目の若さでしたが
時代の流れとともに、今では半分より上の年齢になりました(笑)

そして、その時代の流れとともにどんどんIT化が進み、
以前は、電話連絡で行っていた授業引き継ぎが
メールになり、今では大学内システムへの入力になりました。

紙ベースだったものはどんどん電子化されていきます。
授業で使ったタスクなどの配布物の保存も
スキャナーでPDF化しての保存です。

学生のスピーチやスピーキングテストのデータ―も
以前はテープでしたが、今や当たり前ですが
ICレコーダーにとってMP3での保存です。

授業で見せる資料も紙ベースもありますが、
最近は教師がPPTで作ったものをパソコン、プロジェクタ持参で
教室内スクリーンで見せて説明という場面もあります。

学生用宿題や語彙テストなども紙ベースのものもありますが、
大学内で取り組み立ち上げたE-learningのシステムでもあります。

ミーティングも実際に集まれない場合は、
フォルダを共有したりコメントをつけたファイルを送り合ったり
skypeで話したりします。
重要ファイルにはパスワードもつけたりします。

時代は進化し、20代、30代は難なくついていけるかもしれませんが
我々50代の教師陣も必死で時代についていってます(笑)
ま、私、結構好きなんですけどね~こういう新しく覚えるIT関係。

最近では音声教材や聴解試験を作る時のCDの編集の仕方を
30代の若手先生に習いました。

自由に無音部分(学生の解答時間)を編集したりできるので
今回の定期試験内の聴解部分にも威力を発揮しました。

単に教える以外に最近ではこうした
ITストラテジーも必要ですが、

わからないことは素直にわからないと言って
若手に教えてもらいながらも
何とか時代の波に遅れないようについていきたいと思っています。

って、時には、
窓際族のおじさんってこういう気分なのかしら?
って感じるときもあるんですけどね(笑)

追記:
本日、無事このA大学から来年度のオファーがきました。ホッ!
関連記事

| 日本語講師 | 2012-12-08 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT