||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

多読100万語までの軌跡

2007年から細々続けていた多読ですが、
昨日のRACING in the RAINで100万語突破しました~
これまでの軌跡を年度ごとに振り返ってみたいと思います。

◆2007年9月 多読開始:合計4冊(YL2.4~3.6) TOEICのRは310前後
当時高校生だった娘の夏休みに↓を読む宿題が出ました。

*ANNE OF GREEN GABLES PGRN2 (Penguin Readers (Graded Readers))
*ANNE OF GREEN GABLES              PGRN2 (Penguin Readers (Graded Readers))Montgomery

Penguin 2002-06-03
売り上げランキング : 46405


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何気なく私も読んでみると、普通に読めるじゃないですか!
YL(よみやすさレベル)が2.4だったのですが、


へ~~こういう本なら読めるんだ~と多読を始めるきっかけになりました。
1冊読み終えると何ともいえない達成感があることを知りました。

当時の私はTOEICのRが310前後のレベルでした。
この年は、YL2.4~3.6を4冊読み終了しました。

◆2008年 停滞期:2冊(YL3.2) TOEIC未受験
この年はわずか2冊読んだだけです。
TOEICも一度も受けていません。

ただ自宅英語教室の高校2年生クラスの準備で
文法や語彙をかなり固めた時期ではありました。

◆2009年 大ブレーク:31冊(YL1.4-3.8) R325⇒380
この年の4月に職場で英語学習会S会を立ち上げ、
また、TOEIC特化学習も始め2009年は5回受験しました。

多読も4月から大学の図書館を積極的に利用し、
YL1.4~3.8と幅広いレンジでどんどん読んでいきました。
まだ、PBなんて想像もできない時期で、

Oxford, Penguinブックを中心にSSSなどの書評で
評判のいい本のタイトルをメモしては大学図書館に通い、
2週間に4、5冊ずつ借りては読んでいました。

レベル1~3中心に読んでいましたが、レベル1や2でも
とてもいい本があり、そういう本との出会いがまた
次も読みたいと思うようになりました。

Little Princess (Oxford Bookworms Library)
Little Princess (Oxford Bookworms Library)Frances Hodgson Burnett

Oxford Univ Pr (Sd) 2000-08-17
売り上げランキング : 34120


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Piano: Level 2 (Bookworms Series)
The Piano: Level 2 (Bookworms Series)Rosemary Border Tricia Hedge

Oxford Univ Pr (Sd) 2000-08-17
売り上げランキング : 47274


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Chemical Secret: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)
Chemical Secret: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)Tim Vicary Jennifer Basset

Oxford Univ Pr (Sd) 2000-08-03
売り上げランキング : 55651


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


How I Met Myself Level 3 (Cambridge English Readers)
How I Met Myself Level 3 (Cambridge English Readers)David A. Hill

Cambridge University Press 2001-11-15
売り上げランキング : 29443


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これら4冊はこの時期に読んだ本の中で私が5段階で5と評価した本たちです。
この4冊以外にも歴史もので印象的な本もありました。

Henry VIII & His Six Wives (Oxford Bookworms Library)
Henry VIII & His Six Wives (Oxford Bookworms Library)Janet Hardy Gould Tricia Hedge

Oxford Univ Pr (Sd) 2000-08-17
売り上げランキング : 22720


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


The Love of a King
The Love of a KingPeter Dainty

Oxford Univ Pr (Sd) 2000-08-17
売り上げランキング : 43501


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


多読初心者でTOEICのRが200-300の人はこれらの多読本の
レベル1からはじめ、2、3を中心に読むといいと思います。

この年、31冊読んだことで、これまでの英文アレルギーが多少解消され、
それに伴い、TOEICのRのスコアも3月は325だったのが6月、9月、11月と
325⇒345⇒370⇒380と順調に伸びていきました。


ちなみにこの年の7月に念願の800点越え(830点)、
そして11月には870点取ることができました。

◆2010年 PB読み開始:1冊 準1級合格 R405-410多読のおもしろさは徐々に感じつつも、
その一方でどこか浸りきれない感じもありました。
それは、「本物」ではないから。

語彙数別にレベル分けされているgrade readerは
原作をリライトしたもので、著者が元々書いたものとは違います。
そのあたりにちょっと疑問を持つようになりました。

そこで、この年の8月にハワイ一人旅した時に
書店で買ったシオラレオネで少年兵だった著者の実話を
読んでみることにしました。

A Long Way Gone: Memoirs of a Boy Soldier
A Long Way Gone: Memoirs of a Boy SoldierIshmael Beah

Sarah Crichton Books 2008-08-05
売り上げランキング : 19089


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


74,500語もある本でいきなりの200ページ越えの本です。
しかし、著者が英語ネィティブじゃないため英語自体は易しく、
なんとか最後まで読み切ることができました。

やっぱり、本物はおもしろい!
これから読むのならリライトされたものではなく
易しめの原書を読んでいこうと思いました。

この年は初めてTOEICではRで400点越え、
英検準1級にも合格することができました。

◆2011年 2冊のみ R400前後行ったり来たり
どうも私の多読は波があるようでこの年もあまり読めてません。
ただ、娘がアメリカに留学し、授業で読んだという本を紹介してもらい、
私も!と読んでみたのが、かの有名なGiverです。

The Giver (Readers Circle (Laurel-Leaf))
The Giver (Readers Circle (Laurel-Leaf))Lois Lowry

Laurel Leaf 2002-09-10
売り上げランキング : 173


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


児童書だと言うのに、そんなに読みやすいわけでもなく、
なんだかわかったようなわからないようなという感じで

同じく、有名どころのHOLEも読み始めましたが、
簡単だと言われているのに、なかなか読み進めず、
あ~やっぱり私は読むのは苦手なんだと不完全燃焼の年でした。

TOEICのRも前年400台に乗ったのに
この年からパート7の難化もあり、
5回受験したものの375-410の間を行ったりきたりでした。

◆2012年 PB読み開眼! 10月現在で7冊 R405-415
ネット仲間でPB読みを楽しんでいる人たちにたくさん出会ったこと、
オンラインの先生にも読むことを勧められたこともあって、

とにかく、児童書からと

Kira-Kira
Kira-KiraCynthia Kadohata

Atheneum Books for Young Readers 2006-12-26
売り上げランキング : 454


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Holes
HolesLouis Sachar

Yearling 2000-05-09
売り上げランキング : 9


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2冊読みましたが、悲しいお話だったり
最後まで乗りきれなかったり、
また児童書ということであまりピンとこなかったりで
またまた不完全燃焼気味でした。

そこで、登場したのがこのブログでも何度も書いている↓です。

Before I Go to Sleep
Before I Go to SleepS. J. Watson

Black Swan Books, Limited 2012-01-01
売り上げランキング : 6286


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは本当におもしろかった!!
この1冊によってついについに私は多読のおもしろさに開眼しました。
とにかく最初の2ページを読んでから、

次の展開が楽しみで楽しみで~
英語がまた本当にどの児童書よりも私には読みやすかったです。
ストーリーがとにかくおもしろいので惹きつけられます。

とにかく、TOEICのRで350以上ある人で(できれば300後半以上)
多読を始めたいと言う人はだまされたと思って
この本を読んでみてください。

これまで何人もの人に勧めてきましたが、
みんな読めた~~おもしろかった~~と言ってます!
で、続けて読んだスタバ本、これもまた読みやすかった!

How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone Else
How Starbucks Saved My Life: A Son of Privilege Learns to Live Like Everyone ElseMichael Gates Gill

Gotham 2008-09-02
売り上げランキング : 154


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とにかく読めます!
そして人生にとって何が大切かを考えさせられます。
この2冊によって私はPBの世界に完全に浸ることができました。

これら2冊は難易度は5段階で言うと、1.5位だと思います。
私の今のレベルでは1.5から2程度がやっとです。
それだけにどの本を選ぶかというのがとても重要です。

昨日読了した本は今年7冊目のPBになります。
今年の1月に抱負として1年でPB5冊読むと書きましたが、
すでに達成しています。

こうして書いてみると、
楽しみつつ読んできた多読で多少はTOEICのRのスコアUP
にもつながってきたことがわかります。

正直、読み始めて、全然おもしろさを感じなかったり
がまんしながら読んでることもあります。
でも、ひとつピタッとはまるともう夢中になってしまい、
読了したときにはすごい達成感が味わえます。

また、次はどの本を読もう~と考える時が
至福の時間でもあります。

長々書いてきましたが、
これから多読を始める人、今後の1冊を迷っている人の
何かの参考になれば幸いです。

まずは100万語を通過し、
私はまた次の100万語を目指しPBの世界を楽しみたいと思います。
関連記事

| 多読 | 2012-10-14 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

トーイック850点

ぴあのさんへ

こんにちは。今日は前回TOEIC試験の結果発表日でしたが、

850点でした。次は、900点を目指すよ〜ん

| ぎょっぴー | 2012/10/15 12:51 | URL | ≫ EDIT

ぎょっぴーさん

結果報告、ありがとうございます~
私は、865点でなんだか代わり映えのしない結果でした。
いっしょに、900点目指しましょうね~

| ぴあの | 2012/10/15 15:59 | URL | ≫ EDIT

祝100万語

おめでとうございまーす!

いつもブログを読ませて頂いてます。ふだんはコメントするには敷居が高く、この記事がチャンス!とやってまいりました。^^

OBWのPIANOは良い話ですよね。graded readersはそのあたりは数冊読みました。普通の小説を読み始めたらGRには戻れません。

楽しく2周目を行ってくださいね~。めんどうだけど語数記録はしたほうがよいですよ。半ばで記録をやめて、ちょっと惜しかったかなと今思います。

たいへん遅くなりましたが、リンクして頂いてありがとうございました!

では♪

| サミアド | 2012/10/15 20:59 | URL |

サミアドさん

わ~~コメントありがとうございます!

OBWのPianoはいい話だな~と思いました。
ただ、やっぱり語数制限のあるgraded readersにはやはり限界があるようにも思いました。PB読みの楽しさが少しずつわかってきた今はやはりもうGRには戻れないかな~と私も感じています。

語数記録ですが、やはり数字で出ると励みになるのでこれからも記録していこうと思います。サミアドさんのブログ記事内で紹介されてるものにもとても興味を持っています。特に、ジュリアンロバーツのin her shoesの映画とても好きなので、いつか読みたいな~と思っています。

敷居が高いなんてこと言わず、これからも気軽にコメント残してくださいね~

| ぴあの | 2012/10/15 21:45 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

  「The Piano」は、もっと表紙がおどろおどろしく
  ホラーだと思って借りたら、いい話で驚きました。
  「The Love of a King」は、英国王のスピーチ
  に登場するらしいのですが、取り上げられ方が
  ちがうらしい? 「Before I Go to Sleep」の朗読CD
  ながいですね~ 10時間越えてる。
  わたしの多読生活は、ノンフィクションの壁を越えられず
  停滞してますー。「英語字幕で100万語」めざして
  るんですが、これは調子いいです。
  ん~ 活字が大きくて、おもしろ本 ご存じないですか?
  ありましたら、お教え願います。
  

| denko | 2012/10/15 22:15 | URL |

denkoさん

the pianoいい話でしたよね?
私もとても印象に残っています。

the love of KingとHenryⅧはちょうどそれを読んだ年の2月にロンドンに行ったので、どうせなら行く前に読んでおけば、予備知識があって観光しても違ったのに~と残念に思いました。

Before~も朗読CDがあるんですね!
10時間声ですか~何しろ私はまだ一作目のsomething borrowedのCDが届いてないので、耳読書がどういう感じになるか想像がつかないんですよ。

「活字が大きい」「行間が広い」これって大事ですよね~
私の方こそ、そういう本があったら紹介して欲しいです!

| ぴあの | 2012/10/15 22:28 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT