||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

文の切れ目を意識して読む!

先の記事に対してはたくさんのコメントありがとうございます。
1つ1つのコメントを読みながらフォレストを持ってきたり、
ロイヤル英文法を持ってきたり調べたりすごく勉強になっています。

先ほど、英語講師をされているYoshikoさん(TOEIC985点)から
以下のようなコメントを頂きました。

Part5は文法知識も必要ですが、文法構造を捉えることが大事ですから、サイトトランスレーション(スラッシュリーディング)を学習に取り入れても良いかもしれませんね。
文章の切れ目さえわかれば意味がよくわからなくても答えは出ます。


「文章の切れ目を意識し、文法構造をとらえながら読む」
これぞ、私にかけていた部分ではないか?
だから、パート5にしても7にしても恐ろしく時間がかかるのでは?
と思いました。

そこで、私が読むときにどんな風な思考回路で
読んでいるかを再現してみます。


昨日も例にあげた千本ノック5から引用させて頂きます。

1日1分レッスン! 新TOEIC TEST 千本ノック! 5 (祥伝社 黄金文庫)
1日1分レッスン! 新TOEIC TEST 千本ノック! 5 (祥伝社 黄金文庫)中村 澄子

祥伝社 2012-06-15
売り上げランキング : 4508


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第1章の12問に↓のような問題があります。

The company enjoyed tremendous sales growth subsequent to the release of a new line of products that included the latest ( ) consumers had been awaiting.

a) features
b) deals
c) shorcomings
d) resources

という問題があります。
品詞問題だと( )の前後だけ読むときもありますが、
普通、私は文頭からとりあえず( )の部分まで読みます。

今、私の読み方です。

文頭からgrowthまではサクサクと読目ます。
で、次にsubsequent toでハタと止まります。

え~っとなんだっけ?subsequentって結果だよね?
とか思いながら、よくわからないけど、とりあえず読み進めます。

で、the release of a new line of products that はOKです。
さ~that以下でproductsについての説明があるぞ~
( )も近づいてきたぞ~と構えます(笑)

products that included the latest ( )
ここも大丈夫。
その製品は最新式の( )を含んでるのね~と思います。
が、

( ) consumers had been awaiting.

ここでまた、ハタッととまってしまう。
んん?( )とconsumersの関係は?となるのです。

はじめは、( )って形容詞?でconsumerを修飾してる?
と思うけど、選択肢をみると全部名詞です。
で、また???となります。

ん~~~~と考えると、
( )以下consumers had been awaitingが
SVという完全な文であることに気づきます(←おそっ
で、ようやく、

あ~~~( )とconsummersの間には
関係代名詞whichが省略されてるんだ~~とわかり、
そこが切れ目だとようやくわかるのです。

で、次にだったら
「消費者がずっと待っていた最新式の( )だから
答えは、Aのfuturesだとようやくわかるのです。

こういうプロセスなので例え正解できても
恐ろしく時間がかかります。

もっと、さくっと文の切れ目や文構造が浮かび上がってくるように
読むにはどうしたらいいんでしょうね。
それができれば、パート5の時間もかなり短縮できるし、
パート7の読解もいい感じで読めるような気がします。

以前、スクールの先生に、

文は、名詞の後ろ、前置詞の前、接続詞の前で区切りになっている。
区切りがどこかをみつけることが大事


と教えてもらったことを思い出しました!
花田先生の文法特急でも、繰り返し、まずは
構文先行型アプローチでロジカルに解く必要性が
かかれています。

そうか!
私は個々の文法は勉強してきたけど、
こういう文の構造、切れ目、固まり的なものをとらえる
意識が足りなかったのだと改めて思いました。

切れ目を意識するにはスラッシュリーディングが有効だと
Yoshikoさんが書かれていますが、
たとえば、先の文にスラッシュを入れるとすると

The company/enjoyed /tremendous sales growth/ subsequent to/ the release of /a new line /of products /that included /the latest features //consumers/ had been awaiting.

って感じでしょうか?
あれ、細かすぎますかね?
主語、動詞のあとでいちいち/いれないんですか?

そういえば、スリエーネットワークさんからのメルマガの
パート5の解説にもスラッシュ入れて文の区切りがわかりやすくなってました。

これから、ちょっと区切りを意識して文章を読んでみます。
どんなご意見やアドバイスでも頂けると嬉しいです。

特に、「文の区切りの見分け方」について
ぜひ教えてください。
関連記事

| 英語雑感 | 2012-08-18 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

スラッシュリーディングは高校の授業でも多用されています。私も英文にスラッシュが入っていないものは生徒に指示して入れさせたりもします。文をある程度塊で読むくせができると意味が頭にはやく入ってきます。それに慣れるとなんていうか、漢字を読んでるような感覚ですか?そんなふうになってきます。簡単な英文だと感じやすいと思います。

切るところはきりのいいところです。意味の塊できるということは、ネイティブが息継ぎをしたりする箇所だと考えてもいいかもしれません。人によって塊が違うと思いますが、だんだんその塊が長くなると読むのも楽になるのでは?と思っています。でも無理に長くする必要はないと思います。

私がPBを読んでいるときはこの目の動き以外に「音」が聞こえる感じです。それと映像も浮かんだり。私ができたんだから、あっというまにぴあのさんも訓練でできるようになると思います。

接続詞、カンマ、関係詞を目印に常にSVを意識してみてはいかがでしょうか?間違ってたらごめんなさーい。

| angel | 2012/08/19 14:56 | URL | ≫ EDIT

名前出していただいて何だか恐縮です(汗)

区切れをどこで入れるかはお好みで良いと思います。
自分にとってわかりやすければそれで良いと思います。

意識して読むようにしていくと段々と慣れてきて感覚がつかめてくるんじゃないでしょうか。
慣れてくればパターンも見えてきて、読みながら多少次が予測できるようにもなってくると思います。
こないだの例文で言えば、名詞の後に名詞が続くと関係代名詞の省略かなぁ、この後文章が来るんじゃないか、という風に。

今月末から仕事復帰するんですが、TOEIC対策のクラスを担当することになりそうです。(初級クラスですが)
また何か思いついたらブログやコメントで書かせてもらいま~す。



| Yoshiko | 2012/08/19 17:44 | URL |

angelさん

なるほど~なるほど~と思いながら読ませてもらいました。スラッシュを入れる位置は特に決まりはないのですね。「ネィティブが息つぎする箇所」ですか。なるほど~

>漢字を読んでるような感覚

これもわかるような気がします。視覚的にかたまりで目に入ってくる感じですね。目の動きとともに「音」ですか~これはまだピンときませんが、私もいずれそういう域に達してみたいです。

なんだか、そんな風に読んでいけば速く読めて、英語が英語として頭に入ってく感覚になるような気がします。ありがとうございます~

| ぴあの | 2012/08/20 17:54 | URL | ≫ EDIT

Yoshikoさん

やはり区切りはどこでもいいのですね。
自分にとって読みやすいところでいいと聞き、気が楽になりました。ときどき複雑な文の時、紙に全文書いて、構造分析みたいにするときに、カッコでくくったり、大きなカッコを作ったりするのですが、そういう切れ目でスラッシュを入れればいいですね。

そして、「読みながら多少次が予測できるようにもなってくる」←こうなると、しめたものですね~。やっぱりただ漫然と英文を読むのではなく、そういう意識した読み方が必要ですね。

ついでと言っては申し訳ないのですが、Yoshikoさんは、パート3や4をやるときは、質問文や選択肢の早読みはされてますか?今模試やってて、どうも私、そのあたりのリズムが以前490とったあたりにくらべると悪いんです。。

今月末からお仕事復帰されるのですか!!
それは、よかったです。きっと職場のスタッフの皆さんも生徒さんもYoshikoさんのお帰りを首を長くして待っておられたことでしょう。無理せず、でもYoshikoさんらしい授業をされてください。復帰、おめでとうございます!!

| ぴあの | 2012/08/20 18:00 | URL | ≫ EDIT

Part3&4の設問文と選択肢は以前は必ず先に読むようにしていたんですが、去年の9月の受験時にちょっとやり方を変えてみました。
記憶力が悪いのか、先に読んでもあんまり頭に入らない&覚えられないんですよね私。
なので、さくっとだけ目を通して、後は聞きながら読み、聞きながら答える。
会話文やナレーションが終わってから答えをマークするのではなく、読む聞く答えるをほぼ同時進行でこなしてみたところ、非常に楽にリスニングが出来て、次の設問までの間がなんだか長く感じられました。

去年の9月の受講時にブログでもそんなことを書いたんですが、ただそれ以来TOEIC受験してないので、まだ私の中で定着したやり方にはなってないんですけれど。

TOEIC模試でまだ試してみようかと思います。
ぴあのさんも良かったらお試し下さい。
それぞれに自分に合うやり方があると思いますから、絶対にお勧めとは言えませんが、もしかしてサクサク解けるかもしれませんよ。

仕事復帰、無理せずにボチボチやってこうと思います。
ありがとうございます。

| Yoshiko | 2012/08/21 16:10 | URL |

Yoshikoさん

いつもありがとうございます~
気のせいか最近のパート3は会話スピードが速くなってるようで、特に最後の3セットが速くなってる気がします。パート7の難化もあり、ますますTOEICの要求レベルが高くなってきたな~と感じます。

さて、先読みについてですが、

>さくっとだけ目を通して、後は聞きながら読み、聞きながら答える

この方法、私も以前やったことがあるような気がします。
いいリズムで行ってるときはいいんだけど、どうも私にはこの方法が忙しすぎて、同時に耳と目と手を動かすというか集中しなきゃいけないので、残念ながら難しいような気がします。

ただ、確かに質問文を先読みしても、忘れるんですよね。。。で、選択肢も読んだ方が質問で問われる箇所がより印象に残るような気がして読むのですが、いかんせん読むスピードが遅くて×なんですよ。

今日はこれから模試5をやるつもりなので、思い切って選択肢は読まず、質問文のみ2,3回読む方法を試してみようかと思ってます。こればっかりは自分の方法見つけるしかないですよね。

でも、Yoshikoさんの方法も再トライしてみます。実践していくうちに自分流の何かが見つかるかもしれませんしね。

| ぴあの | 2012/08/22 15:43 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT