||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私の語彙レベル

レッスンで↓の記事を勉強しました。

Paula Lucas: International Angel

リーダーズダイジェストからの記事で
文構造も簡単で、内容的にも興味あるもので
とても読みやすかったのですが、

私にとっての新出語彙がずら~り。
以下、記事をコピペし、知らない語彙を太字にしてみました。
よかったら読んでみてください。

レバノン人男性と結婚したアメリカ人女性のお話です。


Paula Lucas: International Angel

Our hero: Paula Lucas, 53
Where she lives: Portland, Oregon
Her cause: Americans Overseas Domestic Violence Crisis Center (AODVCC)

In 1999, Paula Lucas stood before an officer at the American Embassy in Abu Dhabi and detailed the abuses—the punches and slaps, the withering criticisms, the psychological manipulations—she and her three children had endured at the hands of her Lebanese-born husband. But she was trapped: In the United Arab Emirates (UAE), beating up your wife and kids is not illegal. To her horror, the officer told her the embassy could not protect her. “I was naive,” says Lucas, who grew up in California. “I thought my American freedoms would travel with me.”

Facing huge obstacles, Lucas plotted her and her sons’ escape. While her husband was out of town, she forged his permission for their travel (a requirement) and a check in his name (she had no access to her own money) to cover their expenses and stole back to the States. She settled in Oregon, living off welfare checks, and, after her husband tracked her down, fought a protracted custody battle, which she won.

All the while, she nursed a dream: to ease the ordeals of other battered women living overseas. In 2001, she started Americans Overseas Domestic Violence Crisis Center with help from a few small contributions from donors. In 2010, the Department of Justice stepped up with substantial funding. With a toll-free hotline in 175 countries, now supports hundreds of American families in more than 67 countries with counseling, travel assistance, legal services, and relocation costs. Today, at least one family returns safely to the United States each month with Lucas’s help.

“We need to make women aware of the obstacles if they find themselves in an abusive situation,” says Lucas, now remarried. “I was one of the lucky ones.”


みなさんはどんな感じですか?
英検1級レベルの方ならほとんど知らない語彙って
ないのかな~

at the hands ofって「~のせいで」なんですね~
また、stoleはstealの過去で、もちろん「盗む」という意味は知っていましたが、「こっそり動く」という意味があったのですね。また、nurseも動詞で使われること知りませんでした。。。

the withering criticismsって今でもピンときてませんが、
彼女をひるませるような批判をあびせかけるって感じですかね?
witherって「枯れる」「しおれる」という意味だから、
立ち直れないように徹底的に批判してひるませるって感じですかね。

以前、イラン人と結婚したアメリカ人女性が
イランを脱出して帰国するまでの550日を描いた本(上下)を
読みましたが、この記事を読んでその本を思いだしました。
マートブ!―自由を求めて550日

私はやっぱり、経済や政治や環境問題といったアカデミックな記事より
こういう異文化や人の生き方などに関する記事が好きだな~

語彙力をUPさせてもっともっと読めるようになりたいな。
関連記事

| オンライン英会話 | 2012-07-15 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

簡単な単語なのに、知らない意味とか語法があったりしますよね。
私もこの間、mean BMI って書いてあって、「meanって何だろう?」と思っていたら、医者の友達から「平均っていう意味だよ。知らないの?」とあっさり言われました。
医学界では普通に使われているようです。

太字のところは…はい、だいたいわかりますね。少なくとも、知らない単語はないです。
わかるか、検討がつくか、そんなところで・・・。
withering criticisms は「激しい批難」とか、そんな意味のようです。(アルクによると)

| あっこ | 2012/07/15 11:38 | URL | ≫ EDIT

あっこさん

わ~い登場してくれてありがとう!
こういう記事書くとき、必ず、あっこさんならどうだろう?
きっと、ぜんぶ知ってるんだろうな~と思いつつ書いてます。

で、やはり全部知ってるんですね~
私は特に、protractedとかcustodyとかは全くの初めてでした。離婚調停とかの親権争い記事とかにありあそうですね。

1段落目の最後の↓もちょっとわかりにくかったのですが、
“I thought my American freedoms would travel with me.

(どこへ行っても)アメリカ人である自由は私とともにあると思っていたが、(アブダビではそうではなかった)ということなんですかね?

withering criticismsは、英辞郎には、確かにそう書いてあるので、先生にも聞いたのですが、いまひとつすっきりこなくて。再起不能にするほどの激しい立ち直れないような非難って感じですかね。

meanにそんな意味があったなんて知りませんでした~
勉強になりました^^

| ぴあの | 2012/07/15 11:54 | URL | ≫ EDIT

I thought my American freedoms would travel with me.

「「自由の国アメリカ」はどこに行ってもついてまわると思ってたのに」 と訳してみたのですが、ちょっと軽すぎるかな。
DV受けてるんですもんね。
アブダビでは、アメリカ人として保障されている自由は確保できなかった、という意味だと思います。

今日、久しぶりに本屋さんに行って、TOEIC関係の本も見てきました。
公式Vol5を買うか、究極の模試を買うか、悩みますねー。
どっちも高いし、両方は無理だなー。

| あっこ | 2012/07/15 18:55 | URL | ≫ EDIT

あっこさん

ありがとうございます~
感覚的に意味はわかるのですが、言葉にするって難しいですよね。自分はアメリカ人だからどこの国へいってもその自由は保障されると思ってたのに、そうじゃなかったってことですよね~

公式5と究極模試は2冊ともマストだと思うのですが、公式4と超リアル模試みたいに間隔をあけて発売されたのならともかく、ほぼ同時発売ですものね~やっぱり迷いますよね。

でも、あっこさんもスクールオーナーだし、これからまたなんでも相談室等で教えることも想定されるだろうからこれは資本投資だと思って、両方買いだと思いますよ♪千本ノックも新しいのが6月に出てるし、他にも気になる本がありすぎて困りますね。

あ、6月TOEICは明日が祝日だから明後日正午発表ですね。あのコンデションの中での受験もあっこさんなら確実にスコアとるんだろうな~そういう確固たる力を私もつけたいな~

今日はPB1時間読みました~
やっとおもしろくなってきました♪

| ぴあの | 2012/07/15 20:21 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT