||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今年読んだ洋書3冊

今年に入って、いつものブックバディありーちゃんと月1冊ペースで洋書を読んでます。
※なぜかAmazonのリンク、料金表示が変で、高い金額が出てますが、クリックして飛べばちゃんとした価格が出ると思います。

1月


女医二人の、30代の今の状況と、過去の医学生時代の話が交互に描かれています。
ちょうどドラマ、グレイズアナトミーをシーズン13まで見ていたので、医療現場の世界に惹かれて読み始めました。

女性の生き方というより、過去に付き合っていた男性が突然今の勤務する病院に現れ、その過去から今の間の男性をめぐるミステリー的な部分もありました。

2月


おなじみ、ミレニアムシリーズ、ドラゴンタトゥの女の6巻目です。
4巻目からは著者が変わったのですが、違和感なく楽しめてきましたが、う~ん、この巻は私的には今イチでした。

冒頭の、beggerの糾弾死みたいな始まりはぐっと引き付けられ、エベレスト登頂に向けたドラマもまあまあでしたが、今回はミカエルも今までのようなキレが感じられず、リズべズ、カミラ姉妹の葛藤と週末もちょっと中途半端だったような。

3月


これは文句なしのお勧めです!
たぶん、今もkindleで200円位で買えると思いますのでぜひ♪

イギリスに住む水中エアロの教室で知り合った70代女性5人の物語です。

1.夫と死別したが、最近できた恋人からプロポーズされたジェン
2.夫と死別しピアノ教師として孤独に暮らすローズ
3.今でも夫とラブラブなジャマイカ出身のデラ
4.ゴルフ三昧の夫と冷え切った関係のテス
5.愛犬と暮らす自立した女性パム

この5人が、ジェンの結婚を祝うパーティー(Hen Party)のために、パリに旅行します。そこでの出来事が中心に描かれるのですが、この旅行によって5人の運命?未来?は大きく変わっていきます。

旅の途中で占い師に出合い、その占い師がそれぞれの今後について予言をするのですが、それが物語後半の軸になっていきます。

70代でも変われるんだ~とか、結婚とは?愛とは?生きていくということは?など、途中、途中、いろいろ考えさせらます。

英語は易しく、痛快で、こういうコロナで鬱々とした時期だけに、前向きな心持ちになれる良書でした。ただ、女性向きです。男性が読んでも面白くないかも。あと、若い人にもぴんとこないかな?

ということで、中年以降の女性にお勧めです。笑

今は4冊めということで、名著で名高い、モリー先生読んでます。



ちょっと固めの本ですが、こういう時期だからこそ、モリー先生にいろいろ教えて頂こうと思います。

| 多読 | 2020-03-31 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

本の紹介 「自分のことは話すな」

最近、人間関係でいろいろ思うところがあり、以前からタイトルが気になっていたこの本を読んでみました。



ざ~っと目次を見ただけでも、すぐに読んでみたい項目が多く、まずはそれらをピックアップして読んでいきました。

私が気になった項目を章ごとにあげてみます。

第一章余計な話をすることが無意味なワケ
「自分をわかってほしい」と思うことほど傲慢なことはない
「質問」にあなたの全てが表れる
相手と張り合わないほうがうまくいく

第二章ムダな会話をせずに相手の心を開く
SNSで好き嫌いを発言するな
プライベートなことを聞かないほうが失礼である
「信仰、政治、病気」の話題を避けるな

第三章 「話し癖」を直すだけで全てが劇的によくなる
すぐに本題に入れる「3秒フレーズ」
「雑談」をうまく切り上げる方法
当たり前のことばかりを発言するな
「私も!」といって話題を奪わない
「お土産」を持たずに訪問するな
もっと、店員を喜ばせよう!
メールで「お世話になっています」は使うな
「無礼な人」は淡々とやり過ごす

その中でも、特に私が印象に残ったのが、
最後にあげた、
「無礼な人」は淡々とやりすごすです。

以下は、本書からの引用です。

*******
もし、無礼だと感じる相手が目の前にいたら、淡々とやり過ごすのが1番。

無礼と感じる相手に対して、雑談やお世辞はいりません。
無礼な人相手に、自分の心をごまかすために、無理にいい人を演じていると、相手のさらなる上から目線の言動に、「こっちは頑張っているのに!」と余計に怒りが増すからです。

仕事なら、必要な会話だけに集中する。

怒りの感情に任せて、「言ってやりたい!」と頭をよぎる言葉の99%は、言わなくていいことのはずです。

感情が激しく揺れ動いたときを想定して、余計なことは一切言わないという強い意志を持って淡々と対応できる自分を日頃からイメージしておきたい。


<引用ここまで>

*******

いいタイミングでいい本に出合いました。

| 本の紹介 | 2020-03-28 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

夫婦での思い出の京都旅

ということで(1つ前の記事参照)、思い立って3日後には私たちは京都にいました。

新型肺炎で観光客が激減の京都。
私たちが(それぞれ)青春時代を過ごした当時の京都を久しぶりに堪能することができそうです。

京都駅からそのまま電車で嵯峨野嵐山駅に移動。
駅のすぐ横のホテルで昼食をとりました。

お昼時なのにお客さんは私たち含め二組のみ。
京料理らしい美しい前菜!

IMG_1186.jpg

食事の後は、ゆっくり歩きながら散策。
まずは天竜寺です。

IMG_1206.jpg

小雨まじりでしたが、ゆっくり庭園も散策。

IMG_1208.jpg

そのあと、いくつかのお寺をみながら、
一番好きな化野念仏寺へと向かいました。

34年前、第一子を妊娠中の私が夫婦で初めて訪れ、その雰囲気にすっかり魅せられたお寺です。受付終了30秒前に滑り込みで入れました。

たくさん並ぶ石仏

IMG_0051.jpg

静寂そのものの竹林

IMG_1222_20200320124425dd3.jpg

心が洗われます。
駅に向かう途中、化野念仏に向かって歩いてる外国人に会い、「残念ながら今日はもう閉門してしまったんです。冬時間だから」と教えてあげるといたく感謝されました。

この日のお宿は京都駅から徒歩5分ぐらいの去年オープンしたばかりのホテルです。

IMG_1276.jpg

中央に日本庭園をはさみ、左にフロント、右はレストランになっています。

IMG_1234.jpg

お部屋はコーナールームを予約。
信じられないくらいリーズナブルに泊まれました。

IMG_1242.jpg

このホテルでは午後のアフタヌンティータイムは和菓子とお茶、夕方はアルコールに軽いおつまみ、夜はぶぶ漬けがお部屋カテゴリー関係なくいただけます。

早速、白ワインや日本酒を頂きました。
ちなみに、おつまみはお漬物とナッツ類でした。

IMG_1243.jpg

お茶は南部鉄器の急須で、とてもレベルの高いラインナップでした。

夕飯はイタリアンの気分だったので、ホテルの方に相談し、すぐ隣のレストランを予約。

早速、ビールとワインで乾杯!

IMG_1246.jpg

カウンターで夫婦で並んで座り、ゆっくりとした時間。
フランスは残念だったけど、やっぱりこういう食事時間は、一人旅とは違い、「おいしいね」と言い合える人がいるのは嬉しいものです。

IMG_1250.jpg

オードブル盛り合わせから始まり、ムール貝のパスタやアヒージョなどいったい何品食べただろう?

IMG_1251.jpg

大満足でお店を出て、おなかいっぱい~~とか言いながらホテルでぶぶ漬け食べ1日目は終了。

ホテルのチェックアウトは11時だったので、朝はゆっくり起きてから、朝食のためレストランへ。正直、この時期のバイキングは心配もあったけど、気にしていたらきりがないので、とりあえず席は一番奥のコーナーにして、あとは食事を楽しむことに。

IMG_1258.jpg

バイキングとはいえ、京風のおばんさい料理が小皿で盛られてて、とて上品な味付けでした。

この日は、大原に行くことにしました。
まずは地下鉄で国際会館へ。

ここは夫が毎年のように参加している京都東山36峰トレールランの出発地です。(ゴールは伏見稲荷)国際会館から大原へはバスで行き、歩いて三千院へ。

IMG_1283.jpg

3連休の中日ですが、人はそう多くなく、適度な感じでした。

IMG_1291.jpg

ゆっくり散策した後は、河原町へ。
さすがに河原町はすごい人でしたが、青春時代に等間隔で座った加茂川を眺め、京都駅へと向かいます。

IMG_1299.jpg

京都へ行くと必ず立ち寄る駅近くのお店で最後の締めをして、帰路につきました。

IMG_1303.jpg

京都はここ数年、夫はレースで、私は英検1級面接でと、それぞれが一人でくることはありましたが、こうして夫婦で訪れるのはずいぶんと久しぶりでした。

フランスは残念でしたが、昔ながらの静かな、私たちそれぞれの青春時代の思い出がよみがえる京都を堪能でき、おいしいものもいっぱい食べることができ、いい旅になりました。

| 国内旅 | 2020-03-20 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

フランス旅行は京都旅行に

更新が随分とあきましたが、元気にしています。

2月下旬から初めてのフランスひとり旅の予定でしたが、熟慮に熟慮を重ね、キャンセルしました。

キャンセル料はかかりましたが、ニュース等で私と同じ日程でのパリ旅行からかかった人の感染など目にすると、改めてキャンセルの判断は正しかったんだと思います。

自分自身が感染することも怖いですが、それ以上に自分が知らないうちにキャリアになっていて、誰かに感染させてしまうことの方がもっと怖いからです。

ただ、張り切ってフランス語の勉強までしていただけに、この春休み一番の楽しみを失った落胆は大きく、日々、「あ~なにを楽しみにすればいいのやら」状態でした。

そんな、私をかわいそうに思ったのか、夫が京都旅行に誘ってくれました。

2月後半の3連休、思い立ったのが3日前、普通ならホテルは絶対にとれないでしょうが、インバウンドが減っているため、希望条件を入れて検索してみると、なんと302件もヒットしました!!

ということで、急遽、二人が(それぞれ)青春時代をすごした京都を久しぶりに旅することになりました。

続きます。

| | 2020-03-20 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |