||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2019年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夫が毎日自宅にいる生活なので、

おはようございます。
大学新学期から1週間、今年もたくさんの新しい留学生を迎え、さまざまな国籍の学生たちとの日々が始まっています。

我が家では夫が3月で退職し、毎日夫が自宅にいる生活に(汗)

これまでの私のリビング独占生活がそこなわれる、、
私の生活ペースが、、、、
それに共通の話題も、、、

そこで、リフォームを始めることにしました!
平成元年に新築した我が家は平成とともに家族の歴史もつむいできましたが、すでに30年。

令和とともにリフォームというのは我ながらいい考え!!

ターゲットは水回り、トイレ、洗面、お風呂の3点セットにするか、台所もするか、この際エコキュートを導入するか、結露対策に内窓(二重サッシ)も、玄関ドアもモニターごと変えたい、、いっそ、リビングは床暖房も、、と夢は広がるばかり。

私の春休み期間、そして平日の授業のない曜日は、リフォーム会社やTOTO、リクシルなどのショールーム周りであっというまに時間が過ぎていきます。

夫との話題にもことかかず、リフォーム会社(現在3社と検討中)の訪問(現地調査)や見積もり、プラン案など日々めまぐるしくいろいろなことが進行しているので、二人で決めることもたくさん。

当初、リフォームには消極的だった夫もだんだん乗り気になってきて、娘(&お孫くん)もまじえて一緒にイメージつくりのために各住宅会社のモデルルーム巡りという日々になってきました。

来月は夫との海外旅行も計画中で、そのあとはリフォーム着工になる感じなので、それで3か月は乗り切れるかと。笑

私の英語関係は、相変わらず①オンラインレッスン②洋書③ドラマの3本立てです。

今年4冊目の洋書はこれを読んでいます。



40代夫の殺人現場にいたのはドレスを血で染めた30代の妻のみ。殺人犯と目される妻だけど、事件後一切なにも話さない。後悔の表情も示さない。芸術家である妻はただ絵を描くだけ。妻は犯人なのか?でもなぜ殺したのか?なぜ言葉を発しないのか?犯罪心理学者がそれを分析する?!

というのが私が初日に読んだ感想です。
なかなかうまいまとめでしょ?笑

ドラマは、満を持して(?)Hawaii Five-Oを見始めました。大好きなハワイの風景がいっぱいで癒されてます。

では、今日も元気にA大に行ってきます。

| 近況・日常生活 | 2019-04-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

Watching Glass Shatter読了

今年3冊目の洋書を読了しました。
英語はとっても読みやすく、TOEICのRで350もあればすらすら楽しみながら読めると思います。

この本、私は無料で手に入れたのですが、今もkindleは250円なので多読初心者が気軽に読むのにもとってもお勧めです。



主人公は私と同じ世代の女性オリビア。
40年間連れ添った夫ベンが、突然の事故で亡くなってしまうところから物語が始まります。

2人には5人の成人した息子たちがいます。
ベンの弁護士に寄って、彼の遺書が公開されるのですが彼の経営する弁護士事務所や財産関係の相続とは別に、オリビアに2通の遺書が残されていました。

そこに書かれていたことは、、、オリビアにとって衝撃的な事実でした。彼女はそのことを40年間全く知らずに暮らしてきたのです。

そこから、彼女の葛藤が始まります。
そして、息子たちひとりひとりをもっと知るべき時間をかけて向き合っていきます。

読了直後の私がスタプラに書いた感想は↓です。

ある意味、どこの家庭でも起こりうる話なのかもしれない。子供たちを(嫁含む)何かと自分の意のままにコントロールしようとしてきた母親のオリビアが夫の死や、そこから息子やそのパートナーたちと向き合ったことで、彼女が再生していく物語だったような気がする。

そのうえで、妹のダイアン(ずっと姉だと思っていた)の存在が大きかったような気がする。息子の中ではイーサンが一番好きだったな~。これ、映画化して欲しいな。


これにて多読語数は800万語を超えました。
次なる1冊もほぼ決まってるのですが、また改めてご紹介します。

| 多読 | 2019-04-07 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |