||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2018年 私の5大ニュース

今年一年を振り返って、私自身の中での大きかったできごとを5つあげてみたいと思います。

1.がん手術から5年たちcancer freeに!
2.英検1級に合格
3.一人旅に目覚める
4.ミニどら君との1か月と孫が3人に!
5.ゆる糖質制限ダイエット開始



1つ1つについて書いてみます。

1.がん手術から5年たちcancer freeに!
2つ前の記事「新しい命をもらった日」にも書きましたが、2013年11月26日にがん手術を受けました。

その日から1日1日、ただただ「5年生存」だけではなく、その日を元気に迎えることを目標に生きてきました。それまでの食生活や考え方、生き方、暮らし方などを見直し、家族や友人、同僚のメンタルサポートも得ながら、ただただ5年後を1年、1か月、1週間単位で暮らしてきました。

その日、週、月、年の積み重ねがついに5年となり、目標どおり5年たったその日を迎えることができました。12月に友人の結婚式でどらむが帰省したので、その日、娘もきて私のお祝いをしてくれました。息子と娘からはシャンパンがプレゼントされ皆で乾杯♪夫は、張り切ってその日は仕事を休み、たくさんの料理を作ってくれました。

私はひとりひとりへの感謝の思いを込め、ささやかなプレゼントを準備していました。宴たけなわの時、ミニどら君を呼び、サンタの赤い帽子をかぶせ、大きな白い袋をかつがせ、みんなにプレゼントを渡すという演出が大成功♪ずっとずっと待ち望んでいた日をこれ以上はないという温かさの中で迎えることができました。

2.英検1級に合格

2017年10月に英検1級1次試験に合格し、11月に京都で初めての2次試験に臨んだものの、大惨敗。面接はしゃべり倒せば合格と聞いていて、1秒の沈黙もなく話したのに大惨敗。結果が出た後はそれを受け入れるのに2週間ぐらいかかりました。

というのも、ここで初めて公開しますが、不合格は不合格でも、その点数が私の予想より各2点ずつ位低かったのです。

short speech 4/10
interaction 7/10
grammar and vocabulary 6/10
pronunciation 4/10
------------------------
  total 21/40

屈辱でした。
私は4技能の中でスピーキングが一番得意だと思っていただけにこの結果に打ちのめされました。
そこから必死で敗因を分析しました。次の2月の試験までの2か月半で、私なりに初心に戻り、謙虚にこの結果を受け止め、英検1級が求める、「品格のある英語」が話せるようにと努力しました。

結果、

short speech 10/10
interaction 10/10
grammar and vocabulary 9/10
pronunciation 8/10
------------------------------
total 37/40

という、ほぼ満点のスコアで合格しました。その2か月半での学習は私に大きな気づきを与えてくれました。つくづく、あの天狗になっていた状態のままでギリギリ合格しなくてよかったと思いました。

どんなスピーチをしたか、どんな質疑応答だったかはこれらの記事で詳しく書いています。
英検1級面接レポ①スピーチ編
英検1級面接レポ②質疑応答編

トピックに恵まれたこともありましたが、私の努力が実り、自分の中でも大満足のやり切った感のある結果を出すことができ、やはりどんな経験にも意味があり、それに意味を持たすことが大事であることを実感しました。

しつこいですが(笑)、私の英検1級面接のBefore & Afterを

short speech 4/10 → 10/10
interaction 7/10 → 10/10
grammar and vocabulary 6/10 → 9/10
pronunciation 4/10 → 8/10
----------------------------------
  total 21/40 → 37/40

僅か2か月半で、特に発音は激変するとは思えませんので、つくづく面接ではスピーチの印象で語彙文法と発音の点数が決まるのでは?と思いました。

1,2が長くなったので3,4,5は簡単に(笑)

3.一人旅に目覚める
これは今後の私の大きな楽しみになります!
一人旅は自分だけの気持ちで自由自在に自分の時間や空間が組み立てられ、とても居心地のよいものだと知りました。

考えてみれば、以前からも現地合流はするけど基本一人旅ということも多かったように思います。そういう意味で今年は、ネットを通しての英語学習仲間とも旅を通して多くの出会いがありました。

2月の東京、sakakoさん、kitakuriさん、あっこさん
GWの東京で、ありーちゃん、そらちゃん、ちろさん
9月の東京で、またこの3人と再会!
10月の青森で青森子さん
12月の大阪でkitakuriさん

来年は3月のバンコク一人旅(現地合流旅)が決まっています。来年も旅をとおして多くの出会いがありますように。

4.ミニどら君との1か月と孫が3人に!
2月に妊娠中だった、どらみちゃん(お嫁さん)が緊急入院し、きゅうきょ当時1歳3か月だったミニどら君(初孫)を我が家で1か月預かることになりました。東京から息子が彼を連れてきて4日間の引継ぎ後、息子は東京に戻り、その日から、いきなりの孫との日々が始まりました。

実はその数日後から夫婦でのセブ旅行の予定があったのですが、キャンセルしました。

ママともパパとも離れてのミニどらくんが愛おしくて愛おしくて、大変ではあったものの、セブ島に行く以上に癒された日々でした。同時に、孫というのはこんなにも愛らしい存在なのだということを教えられました。

6月には娘が第一子を出産し、我が家に里帰り、7月には無事に息子の第二子が誕生し、孫が3人に!!私自身がつわりの苦しさや陣痛の痛みに耐えることもなく、3人も新たな家族が増えるなんて、本当に幸せなことです。年末、我が家に両親含め11名が大集合し宴会します!

5.ゆる糖質制限ダイエット開始
術後ずっと標準体重を維持してきていたのですが、去年の9月に娘の結婚式が終わってほっとしたころから体重が徐々に増加傾向にありました。孫のお世話の1か月×2回のときには体重は落ちるのですが(笑)、

今年の夏ごろからまた体重が増えて、これではいかん!と8月後半から、ゆるゆる糖質制限を始めました。結果、開始時からは約2キロ(時には2.5キロ)体重が落ちました。最近は体重はあまり変わらないのですが、体脂肪がへって筋肉量が増えてきつつあります。

娘からも、あごのラインがシャープになってきた!と言われ、何より体調がいいので、これからも、ゆるゆるゆる糖質制限を続けようと思っています。年末年始なので「ゆる」1つおまけ(笑)

ということで、今年も嬉しいこといっぱいの1年になりました。
最近つくづく感じるのは、子供たちの成長です。それぞれが結婚し、親になったからか、とても頼れる存在になってきて、今年もいろいろな局面で助かれました。子育てのご褒美はこうして何年もあとにやってくるのですね。

さて、仕事も冬休みに入ってるので、今日からは年賀状作り、大掃除(のまねごと)など年末年始に向けた準備をしていきます。

| 近況・日常生活 | 2018-12-26 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

逆境の中での神戸奈良一人旅決行!

一カ月ぶりの更新となってしまいました。
ここ数週間、本当にいろんなことが一気に押し寄せてきて、、、

母が入院、過酷な検査で一時は危ない状態に。。。
何とか持ち直したときには父号泣。。

気弱になった父からは突然同居を持ち掛けられ、、
そんなさなか、夫がガン検診でひっかかり、、、

弟が急きょ、京都から帰省し、
両親の今後を話し合い、まずは包括支援センターに相談。
素早い対応で、両親とも要支援1レベルに認定。

そんな中、私には大事な大事な約束がありました。
以前から神戸ルミナリエ一人旅を計画していたのですが、
お昼に大阪で、大阪の主婦さんとkitakuriさんとランチ!!といいう夢のような企画が。

しかし、主婦さんの息子さんが突然入院し、
残念ながら今回の参加は難しくなり、
ランチは九州からのkitakuriさんと二人でということになりました。

私も大変だったけど、kitakuriさんもいろいろあり、
お互いキャンセルの可能性十分だったのが、
なんとか奇跡的にお会いすることができました。

ホテルのロビーで待ち合わせ、会った瞬間ハグ&ハグ
ランチはホテルのフレンチレストランで。

写真 2018-12-14 13 07 39 写真 2018-12-14 13 07 42

色鮮やかなオードブルからお食事スタート。
お料理もさることながら、話に花が咲き、
場所をホテル1階カフェに移してあっという間の3時間。

kitakuriさんは東京へと向かい、私は神戸に移動しました。

私の今回の旅の大きな目的は3つ。

①kitakuriさんとランチ
②ルミナリエで震災犠牲者の灯を感じ僅かながら寄付
③薬師寺で家族の健康祈願

まずはホテルにチェックイン。
フロントはネパール出身のスタッフ。
思わず職業病で日本語学習歴など聞いてしまいました(汗

空きがあるからとスタンダードシングルからスーペリアに無料アップグレード!!

一休みした後、まずはベイエリアの方へクリスマスイリュミネーションを見に行きました。

写真 2018-12-14 19 04 13

そして、元町駅へ移動しいよいよルミナリエ会場へ。

写真 2018-12-14 19 48 56

写真 2018-12-14 19 53 54

想像以上のスケールに息をのみました。
まるでヨーロッパの教会の中みたい。

ゴール地点周辺はまるでイタリアです!

写真 2018-12-14 20 03 33

そして噴水周りはこんな風に。

写真 2018-12-14 20 13 40

大満足、でも余韻にも浸りたくて
神戸市役所の展望階に上り、上から全体を眺めてから会場を後にしました。

晩御飯は長年の旅ブログ友人@神戸のお勧めのお店へ。

写真 2018-12-14 20 55 19

焼き鳥バルなのですが、お料理もリーズナブルで接客もよく、カウンターで一人、気持ちよくワインを飲みました。

写真 2018-12-14 21 12 26

2日目は奈良へ移動しました。
まずは興福寺。

写真 2018-12-15 13 46 36

薬師如来坐像を見た時はなんだかそのお顔があまりに穏やかで涙がでそうになりました。(撮影はできない)

夢中でゆっくり見学してるともう15時。
遅めのランチをカフェで。
880円というリーズナブルのお値段なのに丁寧に作られていておいしかったです。

写真 2018-12-15 15 07 38

本当は春日大社へ行きたかったけど、時間的にもう無理だと思い、変わりに元興寺へ。かつての飛鳥寺で平城京への遷都の時に移されたようです。聖徳太子象もありました。

しかし、なにより感動したのは瓦。
この屋根瓦の煉瓦色の瓦は何と、飛鳥時代のものなのだそうです。

写真 2018-12-15 16 16 37

日本の歴史ってすごいな~。奈良ってちょっと歩くと世界遺産ですごいな~と感動しながらホテルへ。

なんと、ここでも、空いてるからと無料でなんと広めのツインにアップグレードして頂きました!ついてるな~

写真 2018-12-15 16 59 08

和洋折衷の感じが素敵で、駅から徒歩2分、土曜日夜なのに7000円台というコスパの良さ!最近、私、ホテルやお店選びの沖は嗅覚が働くようになり、ここんところ当り続きです!!

一人のみにも段々慣れてきて、夜はイタリアンバルにしました。

写真 2018-12-15 20 28 11

女性一人だからか、スタッフの方々がいろいろ気にかけてくれて、オーダーもいろいろ相談に乗ってくれて、するとそのあとは、どうでした?とか聞いてくれて、今回の旅は一人でも寂しさを感じることなく過ごせました^^ (函館の居酒屋は失敗だったからね。。)

3日目の朝、ホテル1階で朝食。
古都奈良らしく、茶粥があったり、奈良漬けがあったり。

写真 2018-12-16 8 21 53

フロントに荷物を預け、3つ目の目的のために薬師寺へ
なんと、偶然、第三日曜の11時からという如来縁日法要というのがあって、それに参加することができました。

写真 2018-12-16 10 37 41

最後に導師の方からの法話があ心に響きました。
参加者で唱和した中で、

偏りのない心
こだわりのない心
広く、広く、もっと広く

というのが特に印象的でした。
そのあと、心が洗われた感じがして、回廊をゆっくり歩きました。

写真 2018-12-16 12 09 44

薬師寺から唐招提寺に向かう途中に、よさそうなお蕎麦屋さんがあったので昼ご飯を食べることにしました。

写真 2018-12-16 12 51 36

思ったとおりのおいしさで、ゆるゆる糖質制限中の私ですが、旅先だからとお蕎麦も完食しました。

最後に訪れたのが鑑真が開いた唐招提寺です。

写真 2018-12-16 13 21 05

そろそろ帰りの時間が迫っていたので、ゆっくり回れませんでしたが、静けさの中に歴史を感じるお寺でした。

かくして、2泊3日の駆け足の神戸、奈良旅でした。
一時は旅行自体が危ぶまれたけど、終わってみれば3つの目的も達成でき、充実した時間が過ごせました。

薬師寺参拝のご利益か、母も夫もいい方向に向かっていて、感謝です。

| 国内旅 | 2018-12-23 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |