||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

婚約

市内のホテルの個室で
昨日、無事に両家顔合わせの食事会が終わりました。

両親の金婚式や
父の傘寿と母の喜寿のお祝いもした
同じ個室で、娘のお祝い事が行われることになるとは。

予約もお部屋の下見も
お料理の希望なども
すべて事前に娘たち二人でしてありました。

双方、席について
簡単なご挨拶と手土産の交換。

ちなみに、うちからは地元老舗の和菓子。
先方からは地酒の大吟醸を頂きました。

お祝いの席ということで、
箸袋も寿の華やかなものでした。

C4XjiWqVcAAK9Zt.jpg

にゃる(娘)のフィアンセ(ブログ名を決めねば、、)のお父様の発声で乾杯。

初めからとっても和やかな会で、
私がさりげなく仕切りながら(笑)

お互いの家族のこと、
子供時代の話、
お付き合いを初めてのからの経緯、
これからのこと、

などなど、
おいしいお料理を頂きながら歓談しました。

彼も娘も留学経験があったり、
彼のご一家がイギリスに住んでたことがあったり、
長くホームスティをされてきていたりと、

共通の話題が多く、
話はとても弾みました。

C4XjiWxUcAAZS9J.jpg

お料理は、祝い膳だからか、

鯛のあら炊き、
お赤飯、
紅白の椀物

などなど、心がこもっている品々がありました。

C4XjiWvUkAAMg3f.jpg

先方のご両親はとっても素敵な方で、
穏やかな感じのお父様、
朗らかで明るく気さくなお母様、

娘との結婚を
とても待ち望み喜んでくださってる様子がわかり、
とても安心しました。

私も珍しくワンピースで上品な母を演出し(笑)
夫もスーツに薄いピンクのシャツにレジメンタルのネクタイのナイスミドル風(笑)

結納はなしでと事前に言っていましたが、
会の後半に、先方から

大事なお嬢様ですから、簡単な結納の品だけでも納めさせて欲しい

というお申し出もありました。
そのお気持ちだけで十分で、
そんな風に思って頂きありがたいと思いました。

デザートの頃には、
すっかり打ち解けて、

C4XjiWvUcAAQZus.jpg

私からは、息子の時と同様、
お互いを「お母さん」「お母さん」と呼ぶのではなく、
ファーストネーム+さんでいきませんか?

と言うと、
即座に、向こうのお母さん、嬉しそうに、

「じゃ、私は〇〇〇さんで!」
と笑いながら言ってくれました。

お茶が出されたころ、
彼がすっと席を立ち、支払いを済ませてくれていました。

最後に私の発案で皆で集合写真を撮りお開きとなりました。

先方のお母さんの長年のお友達が、
私の同僚ということもあり、
今度はその3人でランチしましょうね!
などとも盛り上がり、再開を期してお別れしました。

終始和やかな会で、

娘の緊張した面持ちの中の幸せそうな顔、
彼の素朴な中にも落ち着いたスマートなふるまい、

あ~娘は9月にこの彼のところに嫁ぐんだなあと、
母親としての嬉しさと、やはりどこか寂しさも感じた
そんな1日でした。

| 娘の就活とその後 | 2017-02-12 | comments:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT |