||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

思って、思って、思い続けること

さくら会のAさんに貸してもらい、
稲盛和夫氏の「生き方」を読みました。

生き方―人間として一番大切なこと生き方―人間として一番大切なこと

サンマーク出版 2004-07
売り上げランキング : 913
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あまりに有名な本なので読まれた方も多いと思いますが、
印象に残った言葉を紹介したいと思います。

どんな遠い夢も、思わないかぎりかなわいないし、
そうありたいと強く心が求めたものだけを私たちは手に入れることができる。
そのためには潜在意識にしみ込むまで、思って、思って、思い続ける - 
夢を語ることは、その行為の一つであり、実際に私たちはそうすることによって、
その大きすぎるほどの夢をほぼ現実のものとしました。


「思って思って思い続ける」
この「強く思う力」が夢をかなえたり、
目標を達成することの原動力なのだと改めて感じました。

日本語教師になってからの私は紆余曲折ありましたが、
最終的には大学という現場で留学生の日本語指導をしたいと
ずっと願っていました。そのためには現場第一に徹し、
教授法を磨き、教材を研究し、自分でも開発し、
ついについに17年かかって今の職を得ました。

当時、小林幸子が「苦節○年~」とよく言っていましたが、
私の場合もまさに「苦節17年」でした。

そして今回のTOEIC、7年かけて800点突破となりました。
これも、ずっとずっと、「800点とりたい」「どうしてもとりたい」と
強く思い続けてきたことが目標突破につながったのだと思います。

私はよく「神が手を差し伸べたくなるまでがんばれ」と
社員に檄を飛ばしたものです。真正面から困難に立ち向かい、
自分を限界に追い込む。そういう心意気が、不可能だと思えた状況を打破し、
クリエイティブな成果を生み出していくのいです。
その積み重ねこそが人生というドラマのシナリオに生命を吹き込み、
現実のものとするのです。


私が800突破することがあれば、おそらく800ちょうどとか805とか
そういうギリギリの数字だと予測していました。
ところが、予想だにしなかった830点。この30点の上乗せは
「神様が手を差し伸べて」くださったのかもしれません。
長く続けてきたことに対する神様からのご褒美だったのかもしれません。

長く続けるといえば、2000年から5年かけて教材を開発しました。
学内の教材開発プロジェクトのメンバーで毎週毎週議論を繰り返し、
5年かけて試作版を完させしました。それを自分のクラスで使い、
学期ごとに学生からのフィードバックを元に改定し続け
CDもプロジェクトで作成し6年半かけてついに教材が完成しました。

それが現在では教科書となり、学会発表を経て、
私の大学はじめ国内外いくつかの大学や日本語学校の
教育現場で実際に使われています。

おおげさかもしれませんが、私は子供を2人次世代へと生み出したことと
1冊だけですが教科書を残したことで、なんだか自分がこの世に生まれてきた
意味があったような気がしています。あは、やっぱり大げさですね(汗)

心を磨く指針
①だれにも負けない努力をする
②謙虚にして奢らず
③反省ある日々を送る
④生きていることに感謝する
⑤善行、利他行を積む
⑥感性的な悩みをしない


これは、私の今後の指針としていきたいと思います。
特に②、⑤、⑥です。
⑥の感性的な悩みというのは、悩んでもしかたのないことに
くよくよしたりすることだそうです。私、いつもそれですから。。

人の営みのうち最上の喜びを与えてくれる労働において、
あるいは人生の中でもっとも大きなウェイトを占める仕事において
、充実感が得られないかぎり、他の何かで喜びを得たとしても、
私たちには結局物足りなさしか残らないはずです。


やっぱり、仕事って大事ですよね!
一日の時間の大半を費やす仕事をやはり大切にしようと改めて思いました。
そろそろ後期の授業の教材を選んだり、シラバスを作ったりしています。
もう教え始めて何年にもなりますが、新学期を前にすると毎回新鮮な気持ちになります。
仕事における「充実感」が他の充実感、充足感にもつながるのだと思いました。

大学が夏休み中ということで、いつもより時間があるため、
英語学習でも多読を進めたり(YL2.5前後のものを1日1冊ペースで読んでいます)、
日本語の本も読んでいます。
次は勝間和代さんお勧めの「7つの習慣」を読むつもりです。

| 本の紹介 | 2009-08-19 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

8・17ドキュメント

8月17日 月曜日、朝からちょっと緊張していました。
これまでも何度も何度もトライしては跳ね返されてきていましたが、
それでも、緊張していました。

12時の発表まであと3時間、あと2時間、1時間・・・と思いながら
こんな風に子どものことではなく、自分自身のことでドキドキしながら
その「とき」を待っているというこういう瞬間、いいな なんてことも思いました。

あと1時間になったとき、スコア表のアップのしかたを復習してみました(笑)
あと30分となったとき、たまらず、さくら会の2人に「ドキドキするね」メールをしました。
あと10分になったとき、世界陸上を朝まで見ていてまだ眠っている娘を思わず
「あと10分になったぁ~」と起こしてしまいました。

時計が正午をさしたとき、1つ深呼吸して、TOEICのHPにログインしました。
「結果を表示する」のNEWをクリックしました。手は震えていました。

830という数字が目に飛び込んできました。
え?うそ?
もう一度しっかりみました。
リスニング460、リーディング370、トータル830とあります。

え?本当に二つの数字を足すと830になる?
簡単な計算なのに興奮して計算できません。
電卓を使ってやってみると、やっぱり合計は830になりました!!

うわ~~~~~~

と、叫び、猛ダッシュで階段を駆け下り、
娘に抱きつきました。

「母さん、すごいよ。よくがんばったね」

と、娘に言われたあたりから涙が止まらなくなくなりました。

ブログですぐに報告しなきゃ!
あ、夫にもメールしなくちゃ。
そうそう、さくら会の他のメンバーにも
TEX加藤さんのブログにもご報告させてもらわなきゃ!

と思うのに興奮して1つ1つのことがなかなかスムーズに行きません。
30分位して少しずつ落ち着いてきて、無事、連絡もとれ
ブログにもアップできたあと、娘からのお誘いで
お祝いランチに行ってきました。

車を運転していても、
「とった!とった!ついに私は800とったぞ~」と
1人興奮状態でした。
なんだか目の前に広がる光景も昨日までとは違って見えます!

おいしいはずのランチも何だかおいしいのかおいしくないのかよくわからず
娘からは、「もうTOEICの話はいいからぁ~」とクギをさされてしまいました(笑)

家に帰ってすぐにブログをチェックすると
すでに何人もの方からのコメントがありました。
嬉しくて嬉しくてすぐにお返事を書きました。

私が通う英会話スクールの主宰者のN先生(満点ホルダー)に
報告&お礼メールをしました。すぐに返事がきました。

おめでとうございます!
やっぱり頑張って続けて受験すると結果はでますね!
今回は半年しっかりとテストを受け続けた成果だと思います。
800点の壁を超えられれば、あとは900近くまではいけると思いますよ。
あと会話のクラスもベンがぴあのさんの英語のaccuracyがすごくよくなってきた
と話していました。TOEICの勉強をすると結構自分の英語が間違っていたことに
気がついたりして、それが会話にも生かされているのだと思います。


お~~ベンがそんなこと言ってくれてたんだぁ~と嬉しくなりました。
今年からはグループではなくプライベートレッスンに切り替え
カナダ出身のベンの授業を受けています。
彼はレッスンの最初10分位、私に自由にしゃべらせ、文法や語彙などの
ミスがあるとA4用紙に書きとめていきます。

私の話が終わった後1つ1つまず私に自分で訂正させ、
次にベンが1つ1つを説明しということをやっています。
確かに最初の頃はA4にぎっしり書かれたミスが最近は随分と減ってきているような
気がします。TOEICの効果がこんな所にも・・・とますます気持ちはハイになりました。

夕方、夫がお祝いのケーキを買ってきてくれました。
たまたま別件で電話がかった息子にも報告すると、
「わ~まじ?830か~やるな~」といつも辛口の息子が褒めてくれました。
夜7時から高校生の英語のクラスが始まりました。
これまではいつも心のどこかで、

「ごめんね、こんな英語力の先生で・・」という気持ちがあったのに
げんきんなもので、800とった途端、

「い~い?今日は語法の確認いくよ~
この問題はlieとlayの違いを扱ったものだよ~
じゃ、まずは活用の確認からね~」

と、どこか自信を持っている自分がいます(笑)
2時間の授業が終わった後、Sちゃんが、

「先生、実は嬉しいことあったんだ~一昨日の全統模試の英語、
8割あったの!」
「すごい!!それは、すごいよ!この時期に8割なんて!!
実はね、先生も今日、嬉しいことあったんだ~(とTOEICの件、報告)」
「うわ~先生、すごいね!先生もがんばったんだね!」
「ありがとう!これからも一緒にがんばろうね」
と堅く握手!!

そうなんです。この子達の存在が私の支えでもあったんです。
この子達の高校生クラスを開講した2年前から私の中ではずっと思っていました。
こんな私を信じてついてきてくれる子ども達、任せてくれてるご両親に対し、
私、ちゃんとがんばって恥ずかしくない点をとりたいって。

9時半ごろ授業が終わってリビングに下りていくと、
夫&娘で「TOEIC800突破お祝いの宴(笑)」の準備ができていました。
なんと、シャンパンまで!!

11時ごろ宴が終わったあと、娘が、「母さん、ウィニングドライブ(笑)」に行く?
「ウィニングドライブ」って何のこっちゃ?と思いましたが、
せっかくのお誘いなのでありがたく深夜のドライブへ。
さらには、ラーメンまで食べることに・・
(翌朝、1キロ太ってたぁ。。。)

この日は、ブログのアクセス数もすごく、
そして、アクセスするたびに新しいコメントが届いていました。
読むたび、「ありがとう、ありがとう」とお1人お1人に心の中でお礼をいい、
そして何度も何度も読ませてもらいました。

4月に立ち上げたさくら会のメンバー、
なんと、10年ぶりに受けたAさん、いきなり795でした!!
もう1人のMさんも自己ベストを50点更新し690でした。
2人からは、私にお祝いメールとともに、
「次の11月では追い越します!」という高らかな挑戦メールも届きました。
そう、この会の存在抜きでも今回の結果はなかったと思います。

考えてみれば、こんなにも真剣に英語学習ができ、
試験を受けることができるということは
本当に幸せなことだと思います。

また、本来、孤独になりがちな勉強なのに
ブログ、勉強会、そして家族、生徒達と多くの人と共有し
応援しあって学習が続けられるということも幸せなことです。

コメントを頂いたみなさん、拍手をして頂いた方々、
そして静かに見守り、応援してくださった皆さん、
本当にありがとうございました!!

| TOEICスコア | 2009-08-19 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |