||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

これまでの私とこれからの私

いまだ次回のTOEIC受験をいつにするかは決まってない私ですが、
今の春休みの時期は勝間さんの本やいろんな本などにふれ、
これからの自分の生き方、それも5年後、10年後、20年後というふうに
人生の目標を考えてみたいと思います。

TOEICについてはちょっと欲が出てきています。
現在765の私ですが目標を800ではなく、
860そして最終的には900を超えるということに
上方修正したいと思います。

正しい勉強法で毎日こつこつ続ければできるような
気がしてきました。

今年は私にとって1つの転機というか節目の年になると思います。
息子が社会人となることと、私自身が9月で50歳になるからです。

去年の春に娘が巣立ち、夫との2人暮らしに生活が変わったときも
大きな節目だと思いました。生活が子ども中心から夫婦中心に
かわったわけですから。

子どもがいない生活なんて想像もつきませんでした。
どんなに寂しいかと思いました。
ペットでも飼おうかとも思いました。

しかし、いざ始まってみると、これが実に快適なのです。
まず、仕事に専念できるようになりました。

家事の時間が激減しました。
のべ9年作っていた子どものお弁当作りがなくなりました。
洗濯だって毎日じゃなくてもよくなりました。
学校の行事予定をチェックしたり、部活で遅くなったり塾への送迎など
一切なくなりました。

夫も私もお酒が大好きなので、夜はそれぞれの仕事が終えてから
夫婦でグラスを傾けながら話をする時間が増えました。

「子ども」というワンクッションがなくなり
ある意味ごまかしがきかなくなったため、
いい意味でお互いに対して気遣ったり向き合ったりするようになりました。

夫も子どもの行事や試合の応援など気にすることなく
自分の趣味であるマラソンに打ち込め仲間との時間も増えました。

ドコモが去年から家族間無料を初めてくれたので
1人暮らしを始めた娘とも毎日のように電話ができ、
離れて暮らしていてもお互いあまり寂しさは感じられませんでした。

そう、去年の4月から私たちのこれまでの生活スタイル
「子どもがいる暮らし」⇒「夫婦での暮らし」に激変したのでした。

そして、この春からは息子は社会人。
去年の夏に息子に
「オレのことはもういいから、母さんは自分の人生を楽しんでくれ」
と言われました。

そう、息子はもう経済面も含め自立したのです。
そして、私は40代から50代になろうとしています。

これまでの私の人生は10年スパンで変わってきました。

20代で仕事と家庭生活の基礎を築きました。
日本語教師を始め、結婚し、26歳で息子、29歳で娘を産みました。

30代で仕事(キャリア)と家庭生活の土台を固めました。
自分で日本語スクールを立ち上げ代表者としてフル回転しました。
スクールの経営が赤字のときは夫の給料での補填はしたくなかっため
自分の資金作りとして自宅で英語教室を始めました。

自分が代表者になったのは自分で自分の時間管理ができると思ったからです。
おかげで子ども達の学校行事などにはすべて参加でき、
子どもの成長の「おいしいところ」を見ることができましたし、
子どもが家に帰る1秒前でも早く帰り「おかえり」を言うことができました。

また、自分自身、もっと勉強する必要があると思い、
35歳である大学に編入し39歳で卒業しました。

40代では仕事、家庭生活ともに円熟期を迎えました。
子ども達はそれぞれ小学校、中学校、高校、大学へと進み
家を巣立っていきました。夫婦の時間がまた戻ってきました。

息子が小学校を卒業というタイミングでA大学での講師募集があり
書類専攻、面接等を通過し、念願の職につくことができ、
6年間続けたスクールをたたみました。

A大学ではとてもいい環境で気持ちよく仕事させてもらっています。
初中級教材開発のメンバーに入り、6年かけて教科書を作り
現在大学で使用するという形あることもできました。

留学生は世界中から集まってきていますし、
そのほとんどが自分の専門を持つ研究者でもあり
国に帰ればその国の指導者になるような人たちばかりです。
彼らから学ぶこと教えられることがたくさんあります。

その後、息子が大学に進学というタイミングの時、こんどはB大学から
オファーを頂き、B大学でも教えることになりました。
自宅教室では小中学生のみだったのが高校生クラスも開講しました。

息子が就活がピークだったとき、

「母さんってすごいな。どんな状況でも日本語教師という軸がぶれることなく
続けてきたんだから。おれたちには一度も寂しい思いをさせることなく」

と言ってくれました。私には最高の言葉でした。

さて、その40代もあと半年です。
次の50代はどんな暮らしになるのでしょうか?
きっと孫の1人もできているのでしょうね(*^^*)

これまでずっと自分にコンプレックスがありました。
だからこそ人の何十倍も努力しないと人並みになれないと思っていました。
母との葛藤もありました。

でも、最近、少しずつ少しずつ自分のこと好きになりかけてきています。
次の10年は肩の力を抜いて楽しく暮らせるような気がします。

| こころ | 2009-03-30 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

「起きていることはすべて正しい」を読んで

「起きていることはすべて正しい」を読みきりました。

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
勝間 和代

ダイヤモンド社 2008-11-29
売り上げランキング : 473
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自分の中で何かが変われそうな気がします。
まだ、読み終えたばかりでしかも勝間さんの本はまだ一冊しか
読んでいないので十分自分の中で消化しきれてはいませんが、
今の段階で心に残った文、心に響いた文を書いておきたいと思います。

特に第1章、2章、5章について書きます。
(太字部分は私にとって特に重要と思われる箇所で
著者が本の中で記したものとは違います。)

<第1章 「偶然を幸運に変える」セレンディビティの技術」から>
・したがって、うたれ強さというか、メンタルの器のようなものがあって、
メンタルトレーニング次第で器を大きくしていくことが可能です。
・1回目はとりあえず経験してみるということです。
・迷ったときには、とりあえず、より新しいこととか、よりリスクが高めな
ことをやってみるということです。
・客観的な視点を得るためには、なるべく多様な人と関わることが
必要だと思います。
・何かのスキルを達成しようと思ったときに、どんなに時間がかかっても、
後戻りしていない限り、いつかは達成するという経験です。
(勝間さんの20代の成功体験の1つ)
とにかく人間追い込まれると、無理やりでも成長します

・メンタル筋力を鍛えるコツとして、筆頭にあげたいのが
「うれしがりすぎない、悲しがりすぎない」ということです。
なぜ大事かというと、目の前の結果に振り回されすぎないようにするためです
・自己認識の問題ですが、自分が考えている自分と、人から見られてる自分を
なるべく狂わないようにしておくというのもメンタル筋力を高める技術です。

・自分を客観視するのは、それなりの勇気が必要です。しかし、1度そこで
客観視する癖をつけると、細かいことに動じなくなるメンタル筋力を手に入れることができます

・親しく付き合う友人を、自分のメンタル筋力の成長に合わせてある程度入れ替える
ほうがいいと思います。特に同世代のメンタル筋力の強い友人は大切です。
・利他主義を習慣にすると、不思議と運が向こうから寄ってきます。
「妬む、怒る、愚痴る」の仏教の三毒を追放する
・この完璧主義を捨てることは、他のことにも非常に役立ちます。

<第2章「あなたの潜在意識が目覚める!脳内フレーム120%活用法」から>
自分で自分のことを否定したり、苦手意識を持つことをやめようと決意しました。
・自己暗示「私は毎日、あらゆる面でよくなっていく、ますますよくなっていく」
・ネガティブなことを考えたり、消極的に振舞うと、限られた時間の無駄遣いが
生じるため、効率が悪くなり、自分の成長パスを下方に押しやる力が働いてしまいます。
まず大事なことは「ネガティブなことを言わない努力」をすることです

・~~~てもそれが行動につながらないと意味がありません。
・人との出会い、知識、きっかけ、そういうものをすべて大事に考え、
チャンスとして捉え、~(後略)
・(セレンディピティを引き起こす準備)「感じること」「感じたことをなるべく使うこと」
常に潜在意識にピントと来たものに行動を起こす癖をつけます
・私たちは、時間や会える人数も限られているので、わざわざ自分の三毒を呼び起こす
ような人とは付き合わないほうがいいのです。
・「陽転思考」⇒事実は1つだけれども、その事実をどう活かすかで結果が
大きく異なるという考え方です。
・努力で大事なことは無駄な努力をしないことです。無駄な努力も無駄の一部です。
愚痴を言い続けると、「自分って、何てかわいそうなんだろう」という被害者意識が
出てきます。愚痴は自分の被害者意識につながり、その結果、潜在意識が知らず
知らずにかどに守備的になりがちです


最後の第5章(勝間式人間関係の兵法)は自分なりにノートにまとめてみました。
・まずは自己を肯定することから始める。それには自分の欠点を含めて好きになる
・人間関係のコツ⇒相手に必要以上にいばらず、必要以上に媚びない
そのためにはセルフエスティーム(自己尊重間/自己肯定感)を高める
そのためには自分に実力をつける
・上昇志向ではなく、毎日が楽しくなる志向を持つ
「他人に対しての貢献」の大きさが引き寄せる運の総量になる
・どうやって(自分の)応援団を作るか?←「Giveの5乗


先日のNHKのテレビで勝間さんが現代を生きるコツとして
「本を読む」「人と会う」「コツコツ続ける」の3つをあげられていましたが、
この本を読むことでこれら3つの重要性がよくわかりました。
私もカツマ~になりそうです。

| 本の紹介 | 2009-03-30 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分への投資

春って、何かしら、心機一転!!
何かを始めたり変えたり見直したくなりますよね。

ようやく息子のことも一段落し、
嬉しいことに両方の大学もまだ開始までに10日ほどあるため
私はまだまだ春休み続行中です。

今日は図書館と書店で自己啓発というか
ちょっと今後の生き方の参考になりそうな本を見てきました。

私はすぐにくよくよしたり迷ったり
一度決めたことを「あれで本当によかったのか?」と悩んでみたり、
まだ起こりもしていないことを「もし~なったらどうしよう」など
すぐに考えてしまいます。

そんな自分がイヤで、もっと楽に生きたい、
人生を楽しみたいと思ってつけたのが
このブログのタイトルでもあるのです。

図書館では旅行関係2冊と(オーストラリア、ベトナム)
次の3冊を借りてきました。

・50歳力 不安をワクワクに変える知恵
・この世の悩みがゼロになる
・人生明るく楽しく

そして書店では前から気になっている勝間和代さんの本を
何冊か手にとって見てみました。
私は貧乏性でつい本なども、
図書館で借りれば無料だから・・・とか
リサイクル店でなら半値であるかも・・・とか
考えてしまうのですが、

まず立ち読みした「年収10倍アップ勉強法」の中に
「年収の5-10%を勉強のための投資にあてる」
という一文があり、背中を押してもらいました。

旅行や子どもの習い事、教育にかけるお金は惜しいと思いませんが
どうも自分のことにお金をかけることに躊躇してしまいます。
主婦ってみんなこんなものかもしれませんけどね。

ジム(月5,900円)に通い始める時も
英会話スクール(月8,400円)に行く時も
自分にこんなにお金をかけていいのだろうか?と
さんざん自問自答しました。

でも、息子も社会人になることだし、
少しずつ自分自身に投資したっていい時期かな?と
思うようになりました。

で、「年収の5-10%」をちゃちゃっと頭の中で計算し、
よし!本の数冊ぐらい買っても罰もあたるまいと
(本当にここまで考えないと自分のものが買えない私って。。)
以下の3冊買いました。

まず、1冊目は

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
勝間 和代

ダイヤモンド社 2008-11-29
売り上げランキング : 473
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは以前から題名そのものにひかれていました。
「起きていることはすべて正しい」そう思うだけで
すべてのことが肯定できポジティブに考えられそうです。
「メンタル筋力を強くする」こと、まさに今の私が求めていることです!

2冊目は、

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)
勝間 和代

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-03-01
売り上げランキング : 1230
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これはたまたま書店で目に入った本ですが、
まず「インディ(自立した)した女性」の定義として
次の3つをあげています。

1.年収600万以上を稼げること
2.自慢できるパートナーがいること
3.年をとるほど、すてきになっていくこと

いいですね~なりたいですね~
「学び続ける力でスキルを磨こう」
「明日から始める6つの約束」
などの項目が読みたくて購入しました。

最後は皆さんもご存知の↓です。

1日1分レッスン!新TOEIC Test千本ノック!2 (祥伝社黄金文庫)1日1分レッスン!新TOEIC Test千本ノック!2 (祥伝社黄金文庫)
中村 澄子

祥伝社 2009-03-10
売り上げランキング : 464
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


毎回TOEICを受け続けている中村先生の最新刊で
この3月TOEICでもこの本の問題からたくさんの問題が出たようです。
次回TOEIC受験の予定はまだたてていませんが
今持っているステップアップ編、千本ノックとあわせて
この本もしっかり勉強したいと思います。

ちなみに勝間和代さんは
最初に受けたTOEICが420で1年半後に740、3年後にはなんと900まで
そのスコアを伸ばしたのだそうです。

先にあげた「年収10倍アップの勉強法」の中で

社会人の勉強の大きな「敵」はモチベーションが続かないことであると
書いてありました。ではどうしたらモチベーションを維持できるか?
それは、「勉強すればするほど幸せになっていけばいい」のだそうです。
その1つの例として「年収が実感できるスピードであがっていけばいい」と
ありました。

私の場合は今のTOEICの勉強は年収というよりは教養的な
要素が強いので後半部分はあてはまらないかもしれませんが、
改めてすごい人だな!と思えました。

3冊合計でも3,000円ちょっとの買い物でしたが、
これからはあまりケチケチせずに自分を豊かにしたり磨いたりするためには
年収の5-10%を上限に自己投資していこうと思いました。

| こころ | 2009-03-29 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

卒業

3連休を利用して夫とともに息子と娘の所に行ってきました。
この春、大学を卒業する息子、会社の寮に入ることになったので
今のマンションを引き払い引越すのを手伝ってきました。

ところが、

この引越しでいろんなことがあって・・・
いろんなことが発覚して・・・
ありすぎて・・・

あんまりだと思いました。
甘すぎると思いました。
情けないと思いました。
悔しくて悔しくて怒りがこみあげてきました。

人に迷惑をかけていた事実があったことが何よりも許せなかった。
経済観念のなさも腹にすえかねていた。
女の子との付き合い方にも・・・

久しぶりに・・もう22にもなっている息子のこと叱り付けました。
泣きながら叱りました。言いたいことすべていいました。
悔しいやら情けないやらいろんな気持ちが複雑にからみあって・・・
泣けて泣けてしかたがありませんでした。

息子はじっと正座して聞いていました。
一筋の涙を流し、
「申し訳ありませんでした」と頭を下げ続けました。

バカな息子です。
本当にバカです。
バカだと思います。

でも、でも・・・かわいいです。
親ですから。やっぱり子どもはかわいいです。
いくつになってもかわいいです。

本当はこんな修羅場、経験したくなかったけど、
これから社会の荒波に出ていく息子にとっては
今回のことがいい教訓になったでしょう。

一夜あけ、翌日は荷物の運び出し。
息子のバイト先(焼き鳥屋さん)の常連さんも大きな車で駆けつけてくれて
終日引越しを手伝ってくれました。
別の常連さん(電器屋さん)は息子がなくしてしまったエアコンのリモコンを
手配して持ってきてくれました。

そういえば以前、電気が切れて真っ暗の部屋からバイトに行ったときは
話を聞いた常連さん(パチンコ屋さん)がすぐにお店に行って使ってない電球を
持ってきてくれたという話も聞いたことがあります。

息子は息子なりにこの4年間、慣れない土地での初めての1人暮らしで
彼なりにがんばってきたこともあったのでしょう。
人懐っこい息子のことをかわいがってくれた方々に支えられ
4年間過ごしてきたのでしょう。

親からみるとまだまだ未熟で危なっかしい息子でも
それでも彼なりの成長もあったのでしょう。

その日の夜は4年間バイトさせてもらった焼き鳥屋さんに
息子と夫と私の3人で行きました。
これまで照れくさいのか自分のバイト先にはこないで欲しいと言っていた息子が
その日ばかりは、一緒に行こうと誘ってくれました。

4年間お世話になったマスターにご挨拶できました。
地元から持参した地酒をお渡しすることもできました。
そこでいかに息子がマスターやスタッフや常連さんに
かわいがって頂いていたかがよくわかりました。

親子3人でたらふく飲んで食べて酔って嬉しい夜になりました。
夫がちょっとほろ酔い気分で、
これから社会に出る息子にあれこれアドバイスをしている姿、
それを「うん、うん。わかった。ありがとう。うん、がんばるよ」と息子。
そんな父と息子のやりとりにジーンと来ました。

翌日は卒業式でした。
本当は私は出ないつもりで夫だけに出てもらうつもりでしたが、
「彼女も卒業式にくるから」と息子に聞き、
「彼女がいくのなら、私も行く!!!」と張り合う気持ちがムクムクと(笑)

大学までの道のりを3人で歩いていきました。
思えば4年前、私大全敗のあと、悲壮な覚悟でこの道を歩き受験に臨んだのでした。
センター試験でビハインドの15点を背負い倍率は5.9倍。
もう絶体絶命、浪人だと覚悟していました。

奇跡的に桜が咲き、成績開示を受けてみると
なんと息子の得点は合格最低点をわずか2点上回っているだけでした。

ギリギリで受かった息子は
卒業もこれまたギリギリでした。

4年後期になってもまだ12単位も残っていて
卒論も手付かず状態。。。

これで卒業できなければ内定をもらってる企業の採用もなくなる。
今のこの大不況でこれから先どうなるのだろう・・・

後期で必ず単位をとって欲しい。
せっかく決まった会社に入って欲しい。

あ~もし、試験期間中にインフルエンザにでもなったら・・
1月、2月と私の不安と心配はマックスでした。

3月3日に試験結果が発表となり、全単位とれていたと報告がありました。
ところがまだ卒業は確定でははく、それから単位内訳と卒論審査があり
ようやく卒業が確定したのは卒業式の1週間前の3月16日のことでした。

中学時代からいっつも危ない橋を渡ってきた息子。
私が心配するたびに、

・オレを信じろ!
・オレはやるときはやる!
・オレは帳尻を合わす男だ!

との3点セットを言ってきた息子でしたが、
今回もなんとか帳尻を合わせてくれました。

「卒業式」「学位授与式」と書かれた大学の正門をくぐったとき、
広いキャンパスを歩きながらこみあげてくるものがありました。

目の前に仲のよい友達が集まっているのを見つけ、
「オヤジ、母さん、こっち来て~友達に紹介するから」
と言って、いつも名前を聞いていた友達に紹介してくれました。

入学式の時は、嫌がっていて仏頂面1枚だけの写真だったのに
今回は、自ら、「写真撮ろうぜ」とデジカメを取り出しました。
3人そろって笑顔で写真を撮ることができました。

卒業式が終わって、私と夫は引越しの続きで息子のマンションへ。
息子はゼミの先生や仲間と別れを惜しんだ後、マンションに帰ってきました。
そして、

「おかげさまで卒業できました」

と、学位授与記を見せてくれました。
立派な賞状でした。学士になったのだと思いました。
この1枚をもらうために私たちも4年間支えてきたのだと思いました。

息子と別れ、帰りの高速を走っているとき、
夫が「激動の4日間だったなぁ~。母さんいろんな涙流してたな~」と言いました。

本当に熱い、熱い4日間でした。
私たちもこれで子育て卒業です。
仕送りも終了です!

というわけで、この1週間は全然英語の勉強はできませんでした。。

| 息子 | 2009-03-25 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

09年3月TOEIC総括

記憶が残っているうちに今回のTOEICのまとめをしたいと思います。
記録対象は前回のTOEIC終了の1月12日から3月15日当日までです。

日数は63日です。
ただし、インフルエンザで7日間、ロンドン旅行関係で13日間は
勉強時間はゼロですので、実質63-20=43の43日間で計算します。


◆学習時間
3344分⇒55時間44分
一日平均77.76分(1時間17分)

反省:
大学の授業が春休み入りしていて時間的には余裕があった
はずなのに一日平均が1時間半にも達していません。
インフルやロンドンでのロスタイムを考えれば一日2時間ぐらいは
確保すべきでした。ただ、学習できる日は何らかの勉強をしていて
勉強自体が習慣化できたのはよかったと思います。

◆教材
この期間に取り組んだ教材をまとめます。

1)「千本ノック」(中村澄子)2周&間違えた問題すべて
本当は3周したかったのですが時間切れだったため、
2周したあと、「2回とも正解の問題」以外の問題が
すべて正解になるまでやりました。
本当はその後、確認のためもう1周できるとよかったと思います。

2.「1週間でやりとげるリスニング」(中村澄子)1周
公式問題集より難しく途中で投げ出しそうになりましたが
1日目(パート1)以外はすべてやりました。

3.公式問題集1のテスト2を2回
次の方法でかなり丁寧にやりました。
①リスニングパートとリーディングパートを2日にわけてやったあと採点
②日をおいて時間制限なしにゆっくりやる
③解説を丁寧に読みながら採点
④授業語彙を自作単語リストに記入
⑤パート2の重要表現を単語カードに書いて覚える
⑥リスニングはスクリプトをしっかり読む!

4.その他
・「1日1分英単語セカンドステージ」(中村澄子)パート1とパート5、6
・「徹底トレーニング」(NHKラジオ)2日分
・公式問題集1のテスト1 パート1(1回)、パート2(2回)
・通勤者中で疲れてない時はCNN EEのCDを聞く

◆感想など
実質期間が1ヶ月半ぐらいの中で、前回感触が悪かったリスニングパート2を
中心に進めてみた。その中でも特に「スクリプトを読みこむ」ことを大切にしました。
今回のテストではパート2はよく聞き取れたような気がするので一定の成果はあった
ように思います。

パート5,6対策としての緑本はまだまだ今後も続けていく必要性が
あると感じています。今月発売された「千本ノック2」はこの1年間に実際に出た
問題がたくさん入っているそうなので購入を考えています。

パート7の対策は公式問題集のみでほとんどしていませんでした。
そのため、今回は読むスピードがあがらず途中、かなり苦しい思いをしました。
ふだんから英語を読むという習慣をつける必要性を痛感しました。
これはいつも反省しているのになかなか改善できていません。

直接TOEICとは関係がありませんが、今回ロンドンへ行ったことで
生のブリティッシュイングリッシュに触れることができ、
またコミュニケーションする場面では自分の力がまだまだ未熟だと感じ、
今後も英語を勉強し、力をつけたいというモチベーションが高まりました。

今後の受験計画や学習方法についてはまだ今の段階では
考えがまとまっていないのでまた改めて記事にしたいと思います。
TOEICが終わった直後は「もうこんなハードなテストいやぁあああ」という
気になりますが、こうして振り返ったりするとやはり課題も見えてくるし、
今後の学習の指針になるのでやはり受験することは意味あることだと
感じました。

また、990点ホルダーの方々のブログ等で解答速報などを
読むと本当に勉強になり、またその真摯な姿勢に得る事が多く、
非常に刺激になります。解答速報での自己採点の結果も
まとめてみます。

◆自己採点(ただし自分がどれを選んだか覚えてない問題も多数)
パート1
8問は確実正解!うまくいけば雑誌の問題も正解なので8~9問正解

パート2
解答速報がないのでわからないがまずまず。25問程度正解かな?

パート3(全30問)
・確実正解は15問
・たぶん正解だろうも含めると19問
・うまくいけば正解だろうも含めると24~25問

パート4(全30問)
・確実に正解は18問
・たぶん正解だろうも含めると22問
・うまういけば正解だろうも含めると25~27問


パート5(40問中)
・確実正解は21問
・うまくいけば正解も含めると31問

パート6(12問中)
・確実正解は9問
・うまくいけば正解含めると10問

パート7SP(28問中)
・確実正解は23問

パート7WP(20問中)
・確実正解は11問
・うまくいけば正解含めると15問
※パート7全体(48問中)確実は34問、うまくいけば38問

ということで、まとめると↓です。

リスニングは74問~86問程度正解(100問中)
リーディングは64問~79問程度正解(100問中)

パート7できてないと思ったけどSPは結構できてたみたいです。
こうしてみるとやっぱり課題はパート5ですね。
だいたい選んだ答えを覚えてないのが多いこと自体が
いかにパート5で苦戦していたか物語っています。

以上、今回のTOEIC総括でした♪
ふ~力作だぁ。

| TOEIC | 2009-03-17 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

09年3月TOEICレポート

TOEIC受けてきました。
感想は、「やっぱりTOEICは甘くない」です。

開始3分前、突然、受験生の1人が倒れました。。
もうすぐ試験が始まるという緊張感の中でのできごとで
会場は騒然となりました。

倒れた人の近くの人は机を移動してスペース作ったり、

「ドクターかナースはいませんか」

という呼びかけがあり、1人の女性がかけつけたりで
びっくりしました。

倒れた人は若い男性で、試験官もかけより、
試験はいったいどうなるの?という中、なんとか男性もよろよろ起き上がり
係の人2人に付き添われて退室した直後、リスニングが始まりました。

思わぬことになんだか動揺してしまいました。
そういえば会場は異常に暑く、なんだか私も気分が悪くなってきました。

リスニングのパート1のイントロダクションの時はいつものように
パート5の問題をやっていましたがいつもより頭が働かずボ~としていました。
リスニング1が始まってしばらくした頃、斜め右後方から、

「うぅぅl~~~~おぇ~~~」

と聞こえました。え?また、誰か具合悪くなったの?
そう思いましたが、リスニングは続きます。
なんか過酷なサバイバルレースのような感じになってきました。

さて、パートごとの私の印象です。
ちなみに私のフォームは4FIC5でした。

◆リスニング
パート1は2問自信のない問題がありました。
女性が雑誌を読んでるのと、はしごの問題です。

パート2は、前回全然聞き取れなかったのですが
今回は苦手なイギリス英語の発音が少なかったからか
まずまずできたと思います。質問もよく聞き取れました。

しかし、この頃からなんだか意識が朦朧としてきました。
暑いのと、さっき倒れた人をみたことでなんかそういうことがおこりうるんだ~
ということがインプットされてしまったみたいです。

パート3は早読みのリズムがくずれそうになりましたがまずまずでした。
パート4の頃は本当に最後まで持つんだろうか?という精神面が
かなりこたえ、とにかくあと○問、あと○問とただただ自分を奮い立たせました。

最後の98-100の問題、さっぱりわかりませんでした。
リスニングが終わったあとも、呆然と最後の3問を考えてしまい
リーディングへの時間を2分ほどロスしたと思います。

◆リーディング
パート5
なんか体調というか精神面が今イチのままリーディングに突入です。
暑い。。。意識がもうろう・・・カーディガンを脱ごうか・・・
あ~私も倒れたりして・・・なんて思いながらパート5をしているのですが
全然スピードがあがりません。

パート1とパート2のイントロダクションの間に6問ほどしてあったのですが、
スピードがあがらず思考能力がなく、2時になったときにまだ10問ぐらい残ってました。
これではいかんと捨てる問題は捨てようとスピードをあげ、14時06分ぐらいに
何とか終了。パート5はボロボロです。下手したら半分ぐらい間違えたかも。

パート6
パート6はまずまず順調でした。
昨晩のTBRを聞いた感じでも間違えた問題は1,2問かもしれません。
in addition, including, deective, near, is to give, will receiveは正解しましたが、
meantimeは違いました。

パート7
14時12分頃パート7に入りました。
最初の数問はそう難しくない文書のはずなのにいつもより
手間取りました。時間がない時間がないと焦る気持ち、
そしてやはり暑いからかのぼせたのか頭がぼ~っとなり
文章を読んでも頭に入ってこず、時間ばかりが経過してしまいます。

この分では最後まで行かない・・でもここまで粘ったんだからと
自分と戦いつつ、170番ぐらいまでしたところで2時半すぎたので
シングルパッセージ2つを残し、ダブルパッセージに入りました。
WP1つ5分の予定が最初の181-185が8分たってもできません。
適当にマークして次にとも思いましたが、
逆にここまで時間かけて投げ出すのもと思いなんとか残りをマーク。

14:53ごろなんとかWPが終わりましたがかなり適当にマークしていて
WP2つはかなり適当にマークしています。
ブタペストの問題もカザフスタン選んでます(^^;)

WP終えてまだ7,8分ぐらいあったのでシングルパッセージに戻りました。
最初のガーデニングの問題をやって残り2,3分ってところで最後のSP。
空港の問題だったので、「あ~もっと時間があれば空港関係ならできたのに」
と悔しい気持ち。旅行好きなので機内放送や空港系の問題は好きなのです。

言い換え問題のleaveはdepatureだと思って自信を持ってマークしたら、
昨日のTBR聞いたらallowingが解答だとわかりました。
allowには「取っておくという意味があったんですね。。。

ともかく残り1分で何とか全部マークできました。
DP1つを見直してマークしなおしたところで時間終了。
は~なんとか最後までできました!!

◆試験を終えて
やっぱりTOEICはハードな試験&自分との戦いだと思いました。
それと体調や空調などの環境にもかなり精神面も左右されると思いました。
1月の会場はある大学でしたが、ちょっと寒めに空調が設定してあり
試験を受けるにはとてもいい感じでした。

突然倒れた人がいたりで、なんだか動揺してしまいましたが、
そういうメンタル面も強くしないといけませんね。

そうそう、いつも消しゴムを2個準備していくのですが、
今日は途中で消しゴムを落としてしまい、試験中探すわけにもいかず
もう1つの消しゴムを使いました。やっぱり予備って必要なもんですね!

試験官もあまりなれない人だったのか最後に
「ではご退出ください」を「ご提出」と言っていました。
受験者だけではなく試験官も緊張してるのかもしれませんね。

◆次回は?
まだ考えられません。
途中、何度も思いました。「こんなハードな試験、もうイヤ」だと。
前日には「気負いがない」「楽しみたい」なんて書きましたが、
やっぱりTOEICはハードです。

夜、3時間ぐらいTBRも聞きましたが、
今回のできは、リスニングはまずまずですが、リーディング
特にパート5と7が惨敗だったと思います。

スコア的には前回が765ですが、うまくいってそれぐらい、
700前半というか700あるかないかの可能性もあります。

ただ、リスニングが割りと聴けた事と
いろいろあったけど最後まで一応やりきったことには
満足しています。

課題はまだまだ文法面が弱いことと速読です。
またリスニングの精度もあげたいと思います。

次回を5月にするかそれとも7月か
さらには半年ぐらい後の11月か。
ちょっと考えてみます。

★今日、無事息子の大学卒業が確定しました!
かなり単位を残していましたし、卒論審査もあったので
せっかく意中企業からの内定をもらっているのに
万一卒業できなかったら・・・とずっと心配していたのですが
本当に安心しました。これで来月から息子は社会人です。
W仕送り生活からも卒業です(^^)




| TOEIC受験レポ | 2009-03-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

気負いがない

明日のTOEICを前にして不思議と自然体というか気負いがありません。
今までだと、「いよいよだ~~」とか、「今度こそは!」とか
気合たっぷりだったのですが、今回はそんな感じとはちょっと違うのです。

なんでなのかなぁ?とちょっと考えてみました。
今回、あまり十分といえる準備ができていないからというのもありますが、
きっと、「TOEICをこれからも続けて受けていくつもりだから」というのが
大きいように思います。

これまでは、「試験が終わったらもう勉強したくない」
「TOEICが終わりさえすれば~もしたい。~もしたい」
「これで自由になるぅ!だからこそ何がなんでも目標点とりたい」
みたいな決死の覚悟とはいえないまでも
気負って受験していたように思います。

でも、前回から少しずつTOEICの何たるかがわかり、
試験後にネットラジオを聴いたり、ブロガーの人たちと
お疲れ様♪また今度ね!みたいな気持ちの通いあいがあったりで
なんか私の中では、なにがなんでも今回で目標を達成して
TOEICから解放されたい!!という気持ちがなくなり、
むしろ「いっちょあがり、はい、また次ね」的な通過点として
考えられるようになったかもしれません。

そう、一度も会ったことはないけれど
その日その時間同じ問題に取り組んだ人たちとのつながりといか
何かTOEICのサークルに入っているような一体感を前回味わったのです。
ずっとこのサークルに所属していたいから
ちょっと気楽に考えらるようになったのかもしれません。

とはいえ、決して気を抜いたりするつもりはありません。
ただ、なんだか悲壮な覚悟を背負って目標を目指すのではなく、
「今回のテスト、どんな問題がでるのかなぁ~」とちょっと楽しみに思ったり、
「今回の勉強のしかただったら何点ぐらいになるのだろう」
なんてことが自然と思えるようになったのです。

もちろん、800点は欲しいです。いつか。
そう、「いつか」です。別に今回じゃなくてもいいのです。
いつかとれるようになるために今の実力をチェックしたいというだけなのです。

そして「いつか」800点がとれたら、
今度は900点を目指したいという欲もでてきました。
今のようにコツコツ続けていけば
それは不可能じゃないような気がしてきています。

いっつもいっつも何かに向って突っ走ることを自分に課していた私。
ストイックに自分を追い込んでいた私。
最近、ちょっと、変わってきてるのかも。

明日は自然体で今の力を出し切ってきたいと思います。
そして、またその経験を元に次回につなげていけたらと思っています。

明日受験予定のみなさん、
お互いがんばりましょうね。

| TOEIC | 2009-03-14 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

千本ノック2周目終了

昨日はやる気があまりないものの何とか千本ノックの2周目を終わらせました。

1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック! (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6)) (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6))1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック! (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6)) (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6))
中村 澄子

祥伝社 2008-03-12
売り上げランキング : 1508

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1周目が終わったのが2月14日ですから実に次の1週に1ヶ月近くかけたことになります。
学習メモを見てみると、実質この本に取り組んだのは6日間ですので
普通にやれば、1日1章で1週間でできるはずなんですけどね~

で、その結果がですが、1章から6章までの正解率の変化は

1)76%⇒93.7%
2)58%⇒82%
3)73%⇒73%
4)66%⇒65%
5)61%⇒79.6%
6)75%⇒75%

トータル:67.7%(116.5/172問)⇒78.7%(135.5/172問)

合計では幾分あがってるものの、3章、4章、6章はほとんど変化がありません。
ちょっとガクッとして、1月TOEICの時に取り組んでいたステップアップ編のときの
記録を見てみました。ステップアップは試験までに3周しました。

1日1分レッスン! TOEIC test ステップアップ編1日1分レッスン! TOEIC test ステップアップ編
中村 澄子

祥伝社 2007-03-13
売り上げランキング : 9854

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は1月TOEICの時に3周しましたが正解率は↓です。

500点問題:70%⇒80%⇒100%!
600点問題:69%⇒78%⇒92%
700点問題:51%⇒62.5%⇒79.5%
800点問題:48%⇒65.6%⇒68.75%
パート6問題:54%⇒58%⇒75%

トータル:57.4%⇒70%⇒84.25%

このときは2周目の後で2回とも違った問題を徹底的にやった後で
3周目に入ったからか3週目で飛躍的に伸びています。
やっぱり、私の場合1つの教材は最低3周しないといけないようです。

といっても、もう時間もないので、そう多くは望めません。
それにちょっとモチベーションも落ちてきてるので
今日明日でやろうと思うことを書き出して
それを確実にこなすことを目指そうと思います。

・千本ノックで2回とも間違った問題が正解できるまでする
・公式1-2のパート5、6の見直し
・公式1-2のパート7時間かけていいから理解する
・公式1-2のパート1と4の見直し
・受験票に貼る写真をとってくる
・余力があったら公式3-1か2のリスニングパートをやってみる

と、こんな感じでしょうか。
すっかりロンドンの余韻はさめ、
子ども達のことでちょっと気になることもあったりで
夢の世界からしっかり現実世界に引き戻されてしまいました。
子どもって大きくなってもやっぱり心配ってたえないものですね。

先日、テレビを見ていたら勝間和代さんが出ていて
今の時代を生きるポイントは

1.本を読む
2.人と会う
3.コツコツと続ける

ことだと言っていました。多いときは月に100冊の本を読むのだそうです。
本を読み、人と会うことで自分ひとりでは経験できないことを
知り学べるのだというようなことを言っていました。

また、こつこつと続けたことでスキーと英語も習得できたのだとか。
大学卒業して初めて受けたTOEICは400点ちょっとだったといっていました。

最近、日中の仕事がなく家にひきこもりがちの私なので
今日はB大学のパーティーでいっぱい「人と会って」
いっぱいしゃばって充電してきたいと思います。



| 学習記録 | 2009-03-13 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

う~ん、今イチやる気がでない。。

もうTOEICまで日がないというのに
今日はあまりやる気がなく、1時間ちょっとで勉強中止。

あんまりやる気がでないときに
無理に続けても意味がないかな~と思って。

3月って身辺が何かと慌しい時期ですよね。
我家に受験生がいるわけではないけど、
3月って心がいろいろザワザワする時期でもあります。

自宅教室の新学期の準備もそろそろで
今日は注文しておいた教材が届きました。
それといっしょに審査用の見本もつけてもらったので
またそれらの検討もしなくちゃです。

大学2つとも今は春休なので
日中の仕事はありません。
大学の授業の準備がないというのは
本当に解放感いっぱいですが、
こちらもそろそろ来期の打ち合わせ会のお知らせが
続々メールで入ってきています。

明日はB大学の修了パーティーがあります。
豪華ホテルでバイキングです(*^^*)
留学生たちとも久しぶりに会えるので楽しみです。

| こころ | 2009-03-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

公式問題集1テスト2の結果

3月8日にL、3月10日Rと2回に分けて公式1のテスト2をやってみました。
今回で2回目ですが、前回は2007年11月でかなり以前のため
もちろん全く問題は覚えてはいませんでした(笑)

結果は、Lが87問(前回は80問)、Rは76問(前回75)でした。
推定スコアは、Lが450-490、Rが370-410で
トータルはなんと820-910と出ました。

びっくりしました!
が、私的には公式1のレンジはかなり緩いような気がしているので
この推定スコアでぬか喜びしてはならぬと自分を戒めています(笑)
それより、今回のテストの内訳は

Lが10/10、28/30、27/30、25/30で87/100とまずまずなのに対し、
Rは32/40、10/12、34/48の76/100です。

旅行中のブランクはあるものの、Rがほとんど伸びてないのが気になります。
しかもパート7の不出来が自分ではかなりショックでした。

まず、時間が足りずに2問残してしまいました。(177と179)
また、160、161、162の問題は全滅でした。。

ちなみに前回は8問も残しながら正解数は36問と今回より2問も多いので
ある意味、「急いで最後の問題までたどりつく」ことは達成感はあっても
正解率という意味では「多少問題を残しても取れるもんだは確実にとる」
という方がいいのかもしれません。

昨日は千本ノックをやってみたのですがボロボロでした。
一方、英会話スクールでは会話、かなり好調で
ロンドン旅行について持参していったUSBの画像を元に
かなりうまく説明することができました。

リスニングやコミュニケーションが好調なときはリーディングが今ひとつで
1月TOEICのようにリーディングがうまくいったときはリスニングで惨敗。

いやはやTOEIC、なかなか一筋縄ではいきませんね。
だからおもしろいのかもしれません。
こうなったら、今年は5月も7月も9月も11月も
ずっと2ヶ月おきに最後まで受験し続けてみようかしら。

9月の誕生日で大台になるので
それまでに800点出せるといいな~

40代で800点、50代で900点なんてことができたら
カッコイイなぁ(*^^*)

年を重ねてもライフワークとして続けていきたいと思っています。
守りに入らず、攻める姿勢でね!

| TOEIC | 2009-03-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

スクリプトを読み込むと

もう試験まで1週間と言うことであまり手を広げず
リスニング、それもパート2を中心に学習しています。

日曜日に久しぶりに公式問題集1のテスト2をやってみました。
100問中正解は87問で内訳はパート1から順に
10/10、28/30、27/30、25/30でした。

このテストは2年ぶり2回目ですが2年前は80問正解で
6/10,26/30、26/30,22/30だったので
多少なりとも力はついているのかもしれません。

最近パート2の問題をやった後、
「スクリプトを読み込む」ことを心がけています。

そしてそのスクリプトを読んでみると
すごく英語らしい表現が多く、
日常会話でも使えそうな表現が多いことに気がつきます。

いわゆる文型で固めた翻訳的な英語ではなく
ネィティブがさらっと使っているような印象のやりとりが多く
なんだかうっとりしてしまいます。

というか、私もこういう表現が使えるといいな~と思えます。
そこで、日常シーンや旅先、あるいは留学生とのやりとりに使えそうな文を
パート2から拾ってちょっと大きめの単語カードに書いてみました。

公式問題集1のテスト1と2で30ぐらいになりました。
たとえば、

Do you know when the next bus is schedule to leave?
It should leave at 3:15.
この"schedule to leave"がなんとも英語~って感じですし、
答えの"should”の使い方もなるほど~っと思います。

What took you so long to get here?
I was stuck in traffic.
こういう表現も英語的ですよね~
私ならどうしてってことでwhyを使って質問してしまいそうです。

Does your hotel have any rooms available?
I'm afraid we're booked through next week.
いきあたりばったり旅でのホテル交渉に使えそうです。

Will you be needing anything else, sir?
I'd like a glass of water, please.
"Will you be ~ing?"の形が丁寧な表現になるって知りませんでした。
私ならwaterじゃなくてwineで使いそうですけど(笑)

Why don't I give you my mobile phone number?
That's be great.
"Why don't you"はよく使っていますが、"Why don't I"という表現は知りませんでした。
(ちなみに「~しましょうか?」と相手に何かを申し出る時に使う表現だそうです)

Why didn't you tell us you studied accounting?
When can you submit the report to Mr.chang?
これらの表現は留学生に「どうして~だってこと先生に言わなかったの?」
とか「課題はいつなら提出できるの?」なんて時に使えそうです。

こうなるとTOEICの勉強も楽しくなります。
以前は、普段の勉強をして⇒TOEICのスコアがあがる
ことが理想だと考え、対策に終始したりテクニックに走ることは
どこか邪道的に思えていました。

しかし、11月ごろから方針を切り替え
対策本中心にしかも良書といわれる教材と公式本を中心にやってみると
TOEIC対策⇒普段の英語力や会話力もあがる
という可能性があることがわかりました。
先日のロンドンでの件もその1つです。

今回は十分な準備ができていないので
正直スコアアップはそう期待はしていません。
でも、やはり連続して受けるからこそ見えてくることもあるので
受験する意味は十分にあると考えています。

仮にスコアがあがらなくても、あるいはもしダウンしても
こうした日常生活に役に立つ英語らしい表現が修得できれば
それはそれで十分意味があることだと思えます。

私が特にTOEICのスコアを使って転職など考えていない
お気楽な立場にあるからこんな悠長なことを言っていられるのかもしれませんが
TOEICを通して何を学び何を得るかは人それぞれでいいのだと思います。

そうそう、最近、TOEICの問題や高校生クラスの予習をしていて
「よくはわからないけど何となく」で選んだ選択肢の正解が増えてきました。
教える立場にいて「よくはわからないけど」は頼りないのですが(^^;)
ようは感覚的にコレ!と思って選んだものが正解というのが増えてきました。
TOEICの勉強を通して英文を読んだり聞いたりする機会が増えたからかな?
と思います。「何となく」⇒「しっかりとした理由付け」ができれば本物ですよね。

では、今日もこれからTOEIC対策とロンドン旅行記にいそしみます!
旅行記に興味がある方、連絡くださいね(*^^*)

| TOEIC | 2009-03-10 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ロンドン旅満喫してきました~

無事、ロンドンから帰ってきました。
もう見るものすべて感動&感動また感動でしたぁ~

行動をざっとご紹介すると、

1日目:ホテルに14時すぎチェックイン。ロビーでロンドン在住のお友達とご対面。
夜はテムズ河のほとりのパブに連れていってもらい
地ビールやフイッシュ&チップスを堪能。

2日目:バッキンガム宮殿で衛兵の交代式を最前列!!で見る。
レスタースクエアーへ。ミュージカルのチケットゲット@J○B 。
キングクロス駅でハリーポッターの撮影場所へ 。
クイーンのミュージカル(We will rock you)を見る。大感激♪

3日目:ウェストミンスター大聖堂/寺院 、ビッグベン、国会議事堂を観光した後、
ベルギー料理のお店でムール貝&ビールのランチ。
その後大英博物館へ。夜はハロッズのデリカテッセンで買ったお惣菜でお部屋ごはん。

4日目:ビクトリアからコーチ(長距離)バスでオックスフォードへ。
ランチはイタリアン。夜はまたまたお部屋ごはん
(マークス&スペンサーの食料品売り場で買ったお惣菜)

5日目:ピカデリーでお買い物、ランチ(中華バイキング)、トラファルガー広場、
ナショナルミュージアム(ゴッホの「ひまわり」も見ました!)、
ロンドン塔、タワーブリッジ、シェークスピアグローブ座 、
夜はこれまたフィリピン料理のお店でテイクアウェイ(テイクアウト)しお部屋ごはん。

6日目:ホテル近くのカフェでイングリッシュブレックファースト、ホテル周辺散策し
パッキング後、バス、地下鉄をのりついでヒースロー空港へ。

7日目:帰国。関空からリムジンバスで娘のアパートへ。

という感じです。
娘とあわせて1000枚!!の画像を撮ってきましたが、
その一部をちょっとご紹介♪

DSCN5619_220.jpg  DSCN5795_22.jpg

DSCN5671.jpg  P1010864.jpg

P1010625.jpg  DSCN5586.jpg

そうそう、ハリーポッターのキングクロス駅にも行ってきましたよ~

P1010780.jpg

それからこれはオックスフォード大学の中の食堂で
ハリポタの食事シーンのモデルになった所です。

DSCN5763.jpg

毎日、旅の余韻に浸りまくり、
別ブログにて旅行記なんて書いているものだから
英語学習の時間が。。。。

が、気がつけばTOEIC1週間前になっていました(汗)
すでに受験票も届いています。
今回は1月後半のインフルエンザと2月末からのロンドン旅で
ほとんど対策勉強はできてない状態ですが、
これからの1週間、公式問題集を中心に勉強して
試験にのぞむつもりです。

ロンドンでは本当にみんな、ブリティッシュイングリッシュで(←当たり前ですが!)
私がTOEICのリスニングで苦手なブリティッシュサウンドを皆さん話され、

「わ~~~本当にイギリスってみんなイギリス英語の発音なんだ!」
と妙に感心しました(笑)

聞き取れないことも多々あって、ずいぶん娘に助けられました。
これまで一緒に旅しても、私がひとりでがんばって~という感じですが
今回は娘がしっかり旅のパートナーとして活躍してくれ、
娘の成長が実感できた嬉しい旅にもなりました。

とにかく英語に関してこの旅で感じたことは、
「聞き取れない・・・ぐぅぅぅ私のリスニング力、まだまだだ~」
ということです。

ただ、これまで苦手で嫌ってたイギリス英語ですが、
本場で聞くと、格調高く、品があってとっても素敵に感じられました。
今ではTOEICのリスニング教材でUK英語がでてくると、
「あ~懐かしい」と感じるほど(笑)

そうそう、ロンドンではオイスターカードと呼ばれる
東京のSUICAのようなカードをゲットし
バスや地下鉄(ロンドンではチューブといいます)に乗っていたのですが

そのオイスターカードにトップアップ(チャージ)するときや
残金を確認するときなど、普通に"balance"(残金)とか出てきて、
「お~TOEICで覚えた単語だ~」と妙に感激しました。

また、ロンドンではいたるところにATMの機械があり、
日本から現金は3万円分のポンドしか持っていかなかったので
しょっちゅう、ATMを使って現地通貨を日本の銀行のキャッシュカードで
引き出していたのですが、それもすべて英語でしたが
TOEICの単語のおかげで(?)問題なくできました。

ということで、TOEICの勉強は旅行にも役立つ!ということが
多少なりとも実感できました♪

今朝もまだ時差ぼけなのか、4時半に目がさめ、
まずはブログの旅行記をアップした私ですが、
TOEIC1週間前だということをわすれずに時間をすごさねば~
と思っています。

このブログを見てくださっている方に
多少なりとも旅のおすそわけができれば幸いです(*^^*)

| | 2009-03-08 | comments:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT |