||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

しばらくお休みします

突然ですが、ブログ、しばらくお休みします。
この春からW仕送り生活(息子へ&娘へ)になり、
仕事がんばらなきゃ!!てことで突っ走ってきました。

加えてなるべくちょっとした時間を見つけて英語学習も
続けてきました。時間にしたら一日1時間にも満たない状況でしたが
それでも常に「やらなきゃ」って気持ちがありました。

10月は結構順調に学習続けていて
目標の1日1時間ペースを維持してきました。
文法書のアップグレードも1ヶ月で148ページ、
DUOもセクション5-16までとまずまずのペースできました。

夏すぎからずっと疲れがとれないという状況が続いていました。
でも一時的だろうと思ってそのままにしていました。
月曜から左耳にかなりの耳鳴りを感じるようになりました。
疲れがとれにくい状況、特に目の疲れがひどいです。
加えて仕事上のストレスというか以前記事にしたAちゃんの件が
かなり引きずっています。

めまいや耳鳴りにはこれまでも何度か苦しめられています。
2002年の9月からめまいで半年。。
2005年の10月から耳鳴りで半年。。
そして今年2008年10月から
考えてみるとこれって3年周期です。

そう、子どもたちの受験があった年の秋からって感じです。
1回目は息子の高校受験のとき、
2回目は息子の大学受験そして娘の高校受験のW受験の年、
そして今回は娘の大学受験。

知らず知らずのうちにいろんな不安やら心配が
身体にダメージを与えていたのですね。
そして受験が終わると必ず子ども達は新しい環境に入っていくので
サポートしなきゃ!ってわたしも力はいっていたのでしょう。

春先は気がはってるからこなせていたことが
夏過ぎて子ども達が落ち着いてきたことでの安堵感で
いっきにくるのかもしれません。

加えて今年は夏は娘の留学、
9月は息子のアジアひとり旅、
そして母の入院、父の腫瘍騒動・・・
気持ちの休まる間がありませんでした。

時間をみてやっていた英語学習も
疲れていても月10回ペースで行っていたジムも
しばらくは無理しないでおこうと思いました。

こちらのページもちょっとお休みして
ネットも自粛しようと思います。

また、必ず復活して戻ってきます。
待っていてください。

| こころ | 2008-10-29 | comments:3 | TOP↑

≫ EDIT

リスニングとリーディングのバランス

改めて数えてみるとこれまでに全部で9回TOEICを受けています。
スコアの変遷は左のプロフィールの所を見て見ていただくとわかるのですが、
リスニングとリーディングのバランスを見るために
またまたグラフを作ってみました。

toeic01.jpg
これまでの9回でスコアは初回に比べて100点ほどアップしていますが、
それはほとんどがリスニングの伸びによるもので、
リーディングはほとんど変化がないということがよくわかります。

つまりスコアを伸ばすにはやはりリーディングの強化が急務だということを
改めて感じました。

現在、文法と語彙(DUO)はやっていますが
やはり読解力アップのために何か取り組まないといけませんね。

今のところ11月に大学でIPを受け、1月の公式TOEIC受験を考えていますが、
あまりTOEICに特化した勉強もしたくないので
できれば日々のペースでやった結果がスコアとなって現れるというような勉強法を
したいと思っていますが、甘いですかねぇ?

それにしても本当にバランス悪すぎですよね(^^;)
それと次受けるのって10回目になるんですね。。
この先、何回受けても700点うろうろなのかなぁ~
いや、やっぱり800は取りたい。
そうなると、やっぱりTOEICに特化した勉強が必要なのか?

私の場合、高校生クラスが来年は高校3年になり、
センター試験対策をすることになると思うので、
私自身もセンター対策に取り組み英語の総合力を伸ばせるといいなあと思っています。

となるとやっぱりTOEICは自分の学習過程の指標と位置づけ
あまりスコアに左右されない方がいいのかも。

ともかくグラフができたことが嬉しくて(笑)アップした記事です。
それにしてもグラフの下のスペースをもっと狭くすることはできないのでしょうか?
ご存知の方いらしたらぜひ教えてください。

| TOEIC | 2008-10-25 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

文法項目別正解率を公開しま~す

今取り組んでいる大学入試用の文法書のパート1[文法」が終わりました。
全部で14項目に別れていて問題数は456問です。
その項目ごとに正解率を出してみました。

文法項目正答率

ここんところ取り組んできた時制、態、不定詞、分詞などは
自分なりの合格ラインと思える80%を越えていますが、
苦手中の苦手は仮定法、関係詞、比較です。

また、これまでほとんど手をつけていなかった否定や
倒置(省略・代用・強調)などは惨憺たる結果です。

ただ言い訳をするとすれば、
あてずっぽうで合っていた問題は正解に入れなかったので
ただ単に正解率だけ見るともう少し数字は上になります。

こんな状態では高校生を教えているなど到底いえません。
本当に恥ずかしいです。
また、こんな状態でこれまでTOEICを受けてきたのですから
リーディングパートが300前後と低迷を続けているのもうなずけます。

高校生クラスを始めたことで何かを見たり
事前に調べておけばちゃんと説明することはできるようになっていますが
何も見ずに記憶だけで問題をとけばこんな状態でしかないということです。
これが私の現実です。

現在はパート1の文法が終わったので
パート2の語法に取り組んでいます。
パート3の語彙、パート4の熟語、パート5の会話を
終えたあとは、必ずやまたパート1の文法から
間違った問題のみを2周目、
3周目と取り組んでいきたいと思っています。

ここにあえて惨めな正答率をアップしたことで
自分への今後のプレッシャーにしたいと思います。
あ~それにしても情けなや。。。

これまでずっと中学文法の域を出ず
ちゃんと高校レベルの文法をやってこなかったツケですね。
でも、これでも1年前に比べれば随分と文法の勉強自体は
楽しいと感じられるようにもなってきていますし、
去年まで苦手中の苦手だった分詞がずいぶんわかるようになり
パズル感覚で解ける問題も増えてはきてるんですよ~

英語とは全然関係ないことですが、
グラフをブログにアップできるようになったことは
かなり嬉しいです。

ちなみに手順は↓です。
1.エクセルでグラフを作る
2.1をペイントにコピペする
3.2を保存(拡張子は.jpgを指定)
4.ブログに3をアップロードする

ただ数字だけを羅列するより、
こうしてグラフにした方がわかりやすいですものね。
今後はジムでの計測結果なども(こちらは数字を消して)
推移だけでもわかるようにグラフ化してアップしていきたいと思います。


| 学習記録 | 2008-10-25 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

Aちゃんと携帯メール

うちの中3クラスにAちゃんという子がいます。
小学校を卒業する時、いちどはうちをやめて5教科の塾に行きながら
英語の点数がとれなくなったからと中3になる直前に戻ってきた子です。

小学校から継続して来ている他の3人はずっと90点をキープしていたのに
その子は中2の終わりには60点台になり、お母さんが焦って
「出たり入ったりで申し訳ないけどもう一度入れて頂けませんか」と
言って戻ってきたのです。

そのAちゃん、中1から猛勉強していたそうです。
いや、させられていた?というのが正確な表現かもしれません。
結婚16年だか17年目にしてもうあきらめかかったときに授かった子なので
ご両親のAちゃんにかける期待はそれはそれは大きく
かわいがり方もすごいのです。

なにしろそのAちゃんの家のパソコンのアドレス
「princessA@ocn.ne.jp」みたいな感じなのです。
もちろんAのところはAちゃんの実名が入っています。

ふつう中学1年のときなんてみんなそんなには勉強しませんよね?
でもAちゃんはやってきたからもちろん成績はよかったようです。
ところが2年も終わりになって少しずつ回りの子も勉強するようになって
また勉強内容も難しくなってくると成績はずるずる落ちてきてしまったようです。

80点取れていた英語も60点台になり、
小学校時代自分よりはるかに下だったうちに来ている3人が
英語はいつも90点をキープしていることで
逃がした魚は大きいとばかりにうちに戻りたいといってきたのです。

中学に入るときそれまで小学クラスにいた6人のうち
上位の2人が他の5教科の塾に行くときき、
残ったメンバーを見てもこのままここに残るのは得策でないと
Aちゃんのお母さんが判断し他の5教科塾へと移ったのに

「あのときどうしてやめてしまったのか・・・
毎日後悔の日々でした。恥をしのんでお願いします。
もう1回入れてください」

と中2の2月に戻ってきたのです。

うちの教室では1,2年のうちに英語の文法知識徹底的に入れています。
単語や基本文型など教科書に忠実に忠実にやっています。
それだけに他の3人は基礎文法に穴がなくいつも安定した点数を
とってきます。

しかし、そのAちゃん、1,2年のところぼこぼこ穴があります。
他の3人のスピードにはついていけません。
リスニングも1回で全問正解か1問違うくらいの3人に対して
半分以上が間違いというAちゃん。。
どうしても授業はAちゃんのフォローにかける時間が長くなってしまいます。

お母さんからは他の曜日も見てもらえないか?
と頼まれましたが物理的に無理です。

なので自宅学習用にとてもいいと思う教材を2冊渡し
自分のペースで勉強して基礎力の定着を図るようにしました。
英検3級も他の3人は1発で余裕で合格しましたが
Aちゃんは不合格だったので個別に英検対策などもしてきました。

しかし、Aちゃん&Aちゃんのお母さん
焦りがあるのでしょう、要求がどんどんエスカレートしてきます。

他の曜日が忙しいのならレッスン時間より1時間早く行かせるから
英語を見てもらいえないか?
先生は大学で日本語を教えているのだから国語も見てくれないか?
レッスン前に時間がとれないのならうちは遅くなっても構わないから
レッスン後に1時間でも2時間でも延長してみてもらえないか?

などなど・・・ふぅ~

さらにAちゃん、しょっちゅう携帯メールで質問してきます。

「what'sとwhat is って同じですか?」
「どうしてThis is my dog.でThis is a my dog.じゃないのですか?」
などなど。。

初めはその都度メールを返していましたが、
携帯で英語を打ったり、説明したりは大変で時間もかかります。
なので、質問は直接丁寧に答えたいからうちに来る時にまとめて
質問して欲しい。携帯での質問は遠慮して欲しいとメールしました。

返事は



だけでした。。。

今週の月曜日のことです。
その子から↓のメールがきました。

「英語ねテストかえって来ました・・・・・・・・・・
怒らないでください
47点でした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・勉強
してもしてもダメなんです。
まじ泣きなんです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なんと返事したらいいものかと考えましたが、
とにかく今はもう終わったテストの点数にくよくよすることなく
前を見ていこう!みたいなメールを送りました。
ふだんから十分がんばっている子だけなのに
これ以上、がんばれとはいえません。
だからポジティブにと思ったのです。

Aちゃんからの返信は10分たっても20分たってもきませんでした。
そして30分ぐらいだったとき着信音が。

メールを開いてみると、



「先生もう諦めてません?


ふ~~~

私の中で何かがプチっと音を立て、切れてしまいました。
切れてしまったのは絆?信頼関係?私のAちゃんへの思い。。
何が何でも何とかしてあげたいという熱意?

自分でもうまく説明がつかないけど
ともかくそのメールを見た瞬間何かが切れ、途切れ・・
そして今もその思いを引きずっています。

| 英語教室 | 2008-10-23 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

時間のやりくりは難しいけどがんばらねば

毎週木曜日に英会話に通っています。
木曜日の私のスケジュールです。

◆スケジュールA
1)11:30-12:30 授業@B大学
2)13:30-14:30 授業@B大学
3)15:00-16:00 英会話レッスン
4)17:00-18:00 児童英語授業@自宅

午前は比較的のんびりの出講なのだけど
毎回授業準備が自転車操業の私
朝起きて出勤前にその日の授業準備に追われています。

2コマ目の授業は作文なので
その日に返却予定の作文の添削もギリギリまでかかって
している状態です。(間に合わないときは昼休みに
ご飯を食べながら添削です)

14時半に授業が終わって
質問に残ってる人の質問をさばき
慌てて車に乗って英会話スクールへと向かいます。

すでに頭の中はヘトヘト状態です。
で、1時間の英会話レッスンを受けたあとは
すぐにまた車に飛び乗って自宅へと急ぎます(約30分)。

あっというまにレッスン時間となり
全員が男の子の小6クラスなのでかなりパワーを要する
授業=歌って踊って?チャンツして~
をやりおえたときはもうぐぅの根もでないほど
疲れ切っています。

分刻みのスケジュール&移動は
もうこの年齢ではきついのかも。。。

英会話の1時間がなければ随分と時間に余裕ができるけど
これをやめてしまっては会話力をキープ(できれば上達)できません。

たまたま私の通うスクールの新しい教室が
自宅近くに出来、私のレベルと同じクラスが
木曜の夜に開講されていると知り、
昨日は昼@勤務大学近くではなく
夜@自宅近くの教室に行ってみることにしました。

昨日のスケジュールはこうなりました。

◆スケジュールB
1)11:30-12:30 授業@B大学
2)13:30-14:30 授業@B大学
3)17:00-18:00 児童英語授業@自宅
4)20:00-21:00 英会話

スケジュールAに比べて2)と3)の間に随分と余裕があります。
朝から気持ちにもゆとりがもてました。

しかし、実際は2)が終わっても翌週の授業の配布物のコピーや
同僚の先生と急に打ち合わせが入ったりして
大学に16時半までいたためまたまた車を飛ばして家に帰り
その5分後にはもうレッスンしてるというありさまでした。

3)と4)の間にもかなり余裕があるように思いましたが
あっというまに時間は来てしまいました。

う~ん、今後どちらのスケジュールが私にはあってるのかな?
私なんてフルタイムじゃないし、子供も巣立っているし
家事も夫がかなりの部分やってくれるしで
すごく恵まれた環境にあると思います。

それでもわずか1時間の英会話スクールの時間を捻出するのに
苦労してしまいます。フルタイムや子育てまっさかり状態で
英語学習をされてるかたには本当に頭が下がります。

肝心のレッスンですが
いつもの昼のクラスは私ともう一人の2人でのレッスンですが
昨日の夜のクラスは私含め4人でのレッスンでした。

お一人、すごく流暢に英語を話される方がいて、
どうやって勉強されたらそんなに流暢になるのですか?と
聞いてみたら、高校卒業後3年間カナダに留学し、
カレッジを卒業した後は1年間そのままカナダに残って
日本人相手のツアーガイドをしていたとのことでした。

やはりあれだけになるには
海外滞在経験がないと難しいのかな~と
思ったものの彼女の英語にすごい刺激をもらいました。

もう一人、昨日初めて参加された方の英語、
発音がちょっといわゆる日本人英語のそれとは違うな~と
思っていたら、案の定韓国の方でした。

若い彼女は現在日本の大学の大学院それも博士課程に留学中との
ことでした。日本語もかなり流暢で12月には能力試験の1級も受けるとか。
専門の勉強(化学)を極めながら、韓国語、日本語、英語を自在に操る彼女に
これまたいっぱいの刺激を受けました。

英会話スクールって単に英語だけの勉強ではなく
そこに集う人や先生から得られる刺激、パワーも
私にとっては大切なんだと改めて思いました。

長い夏休みが終わり、今週からA大学での授業も始まっています。
私の担当するクラスにはさまざまな国からの留学生が集まりました。

アメリカ、ドイツ、アイルランド
イギリス、フィンランド、ポーランド
中国、ベトナム、タイ、バングラデシュ
イラン、ボスニア、エジプト、アルジェリアなどなど

全くの初心者クラスも担当していますので
彼らからの質問はすべて英語でされます。

これだけの国の人が集まって母語は全部違うのに
それでも英語でなら全員がコミュニケーションできるって
やっぱり英語ってすごい!と改めて思いました。

やっぱり英語の勉強、やめるわけにはいきません!

| 英語雑感 | 2008-10-17 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

これからの学習方法と教材

今後の学習方法を分野別にまとめてみようと思う。

◆リスニング&会話
1.NHKラジオ「徹底トレーニング」
2.週1の英会話(60分)
   
    徹トレは去年録音したものをPCに取り込んで聞く。
   月から水のレッツリードアウトをなるべく音読する。

◆語彙
3.DUO3.0   
3年がかりでようやく先月1周目が終わった。
   TOEICのスコアをあげるためにはもっとTOEICに特化したものを
   するべきかもしれないがこの教材は英文自体もすぐれているし
   熟語や英文法の確認にもなるのでもう少し続けてみようと思う。
   それに復習用CDと基礎用CDも買ってあるので元をとらなくちゃ(笑)

◆文法
4.UP GRADE
5.FOREST
(6.BRUSH UP)
   A高校で使ってる4はとても使いやすいので(前記事参照)これをとにかく
   1周終わらせる。わからない項目は5で確認。B高校は6を使ってるので
   授業前はB高校の進度に合わせてちょちょっと予習。

◆読解
(7.CROWN)
(8.ELEMENT)
   7はA高校、B高校ともリーダーとして使ってる教科書なので一応進度に
   そって目を通し各課の練習問題もやっている。8はA高校のサイドリーディング
   のような扱いの教材。こちらはトピックが割りと興味深いものなので読み物として
   読んでいる。

   しかし、7,8ともこれは高校生クラスの準備用であって、普段の私の勉強という
   色合いは薄い。この読解分野をどうするかが課題。大学図書館なので借りて
   オックスフォードやケンブリッジなどの語彙数によってレベル分けしてある本を読むか、
   やはり王道?の英字新聞のウィークリーなんかを読むか、はたまたTOEIC用の
   パート7の対策になるような教材をやっていくか。

◆英作文
   特に何もやっていない。A高校で使っている「入試必携英作文」は時折やっているが
   私には難しすぎる(^^;)のと、あまりに大学受験を意識していておもしろくない。
   話題の瞬間作文のようなものをやってみたいがあまり今の段階で手を広げすぎる
   のもどうかと思う。DUOが3周目、4周目あたりになってくればディクテーションや
   日本文を見て英文へ(英作文)のようなこともやりたいのでそれまでは何もしないで
   おこうかと思っている。


ということで、基本的には1~4を柱にやっていこうと思う。
もしこのまま高校2年生が来年も継続してきてくれるなら各高校で3年生に進級時に各分野の教材を使ってセンター対策などに入っていくと思うのでそれまでに最低4,7,8を終わらせ基礎力を蓄え、受験対策教材でいいものがあれば私の学習にも随時取り入れていこうと思う。なんか、こういうのって役得というか便乗学習というか。。。

その上で、TOEICや英検(準1級)タイミングを見て受験していこうと思う。ただ、どうしても受験するとなるとスコアアップや合格といった「結果」が欲しいのでそれらの対策勉強に変更してしまい、ルーティンワークがおろそかになるおそれがあるので、受験するにしても対策勉強をせずに普段どおりの学習の1つの結果として受け止めるつもりで受験することも視野に入れておこう。ただし、英検の場合はやはり語彙対策などはどうしてもしないと受からないと思うのでそういうわけにもいかないんだろうなあ。

9月に母が2週間の検査入院をして退院したばかりなのに、こんどは父に腫瘍ができ、近くの総合病院では検査しても良性か悪性かよくわからないので今週、大学病院に行くことになった。子どもが巣立った後は次は親とはいうけど、本当に最近そのことを実感している。結果が出るまでは心配してもしかたないのだけど、やはりふと瞬間にはいろんなことが頭をよぎる。仕事は手が抜けないので、英語学習の方はそのときどきの状況をみながら無理なく、できるときにできることをやっていこうと思う。

子どもたちのこと、親のこと、なんだかいろいろ物思う秋です。

| 学習方法 | 2008-10-05 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

「毎日1時間」を確保するには

英語上達するには本当は1日3時間ぐらいはやらないといけないと思います。
しかし、あんまり無理な目標を立ててもいけないので
まずは

1日1時間=1ヶ月30時間

を目標にしたいと思います。
1日1時間なんて簡単にできるような数字ですが、
これがなかなか・・・

この1月からの学習時間を見てみても

1月:844分(14時間04分)@27.2分
2月:790分(13時間19分)@27.24分
3月:120分(2時間)@3.87分(^^;;;;)
4月:665分(11時間08分)@22.16分
5月:891分(14時間51分)@28.74分
6月:762分(12時間42分)@25.4分
7月:1512分(25時間12分)@48.77分
8月:998分(16時間38分)@32.19分
9月:983分(16時間23分)@32分

★1月から9月までの合計時間:126時間5分

という具合にせいぜい1日30分程度しか勉強していません。
もちろんこの学習時間には週に3回英語を教えてる時間や
大学で留学生と英語で話している時間は含んでいません。
純粋に自分の学習を自宅でしている時間のみをカウントしています。

最近始めたことは、

「朝、出勤前に10分でも20分でもいいから勉強する」

ということです。
朝はその日の授業の準備に追われるのですが
それに取り掛かる前のほんの数分でも
まだ頭が疲れていないうちに勉強するのです。

大学で2コマ程度授業をしてその後始末をして
宿題(クラス20人前後分)のチェックや作文の添削
それに翌日の授業で使うプリントのコピーなどをして
自宅に帰ってくるとやはりヘトヘトで・・
なかなか机に向かう気力が生まれません。。

PCに向かってネットをする時間はあるのにね(苦笑)

それと私の場合、お酒が大好きで
毎晩、夫と晩酌をしますから
晩御飯の後はもうヘロヘロで頭はつかいものになりません(笑)
ですから朝のほんの数分といえども侮れないというわけです。

話を戻します。

「1日1時間を確保する」には、

当たり前ですが1週間に7時間確保しなければなりません。
ということで1週間単位で考えてみることにします。

平日は仕事もあるので1日30分がやっとです。
月から金のうち1日ぐらいは0分の日もあると思うので
とりあえず

1)月から金の自宅学習時間:30分×4=2時間

それに毎週木曜は英会話レッスンに行ってるので

2)木曜のレッスン=1時間

ということで、月から金のトータルは

1)+2)=3時間となります。

さて、週に7時間確保するには、あと4時間必要ですから

3)土日で各2時間=4時間

でめでたくトータルは7時間ということになります。

ふ~わずか1日1時間勉強するのにも
平日が30分ペースだと週末に2時間×2日やってようやく達成とは。。
土日に4時間やらないとトータル7時間にならないとは。。

もし、これで目標を
「1日2時間」ならこの2倍、「3時間」なら3倍しないといけないんですね~。

ま、いきなりハードルを高くするわけにはいかないので、
しばらくは、最低:平日は30分、週末は1日2時間を目標にします。
そして、少しでもそれより多くできたらそれが「貯金」だと思って
がんばることにします。

皆さんはどうやって学習時間を確保しているのでしょうか?
私だって本当はまだまだ勉強に回せる時間があるはずなんですけどね~
基本的に英語、好きじゃないのかも(^^;)




| 学習方法 | 2008-10-03 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月の学習を振り返る

10月に入りました。
残暑が厳しかったのに急に月末になって涼しくなったからか
ちょっと体調を崩し気味です。

今日は大学での授業が2コマ、その後英会話
そして自宅での英語教室(小6)があったのですが、
あまりに頭痛がひどく、自分の英会話レッスンは残念ながら
キャンセルしてしまいました。

仕事に穴はあけられませんから、
こういう場合少しでも身体を休ませようと思うと
自分の趣味?である英会話レッスンをお休みするしかありません。

おかげで自宅での教室前に1時間弱横になる時間ができ
小学生クラスの授業をちゃんとすることができました。

さて、9月の学習の振り返りをしてみようと思います。

◆9月の学習時間数: 983分(16時間23分)一日あたり約32分

◆学習内容:
・英文法+123・・・85-93
・DUO・・・2周目 section4まで
・ラジオ英語・・・去年のラジオ「徹底トレーニング」8回分
・英会話レッスン・・・4回
・UP GRADE・・・時制、助動詞、前置詞、基本動詞の熟語

◆反省
先月の終わりに9月の目標として以下の4つをあげました。

1.トータル時間30時間(一日1時間以上)
2.英文法123+を終わらせる(あと39章)
3.DUOを終わらせ(あとセクション2!)2周目に入る
4.ラジオ英語をどれか始める(去年録音したものでも可)

この中でできたのは3と4のみです。
言い訳になってしまいますが、
娘が9月10日から2週間帰省していたことで
この期間、私の勉強時間はレッスンに行った2回をのぞいては
ほぼ0になってしまいました。
その後のラスト1週間で多少盛り返しましたが
一日平均30分の学習時間では上達は望めませんね。。。

◆よかったこと(新しく始めたこと)
よかったことは2つあります。

【UP GRADEについて】
まずは文法の学習についてですが、
A高校に通っている生徒たちが学校で使っている
UP GRADEを私も勉強することにしました。

UPGRADE英文法・語法問題―文法・語法・熟語・語い・会話・発音/アクセント (〈データ分析〉大学入試アップグレード)UPGRADE英文法・語法問題―文法・語法・熟語・語い・会話・発音/アクセント (〈データ分析〉大学入試アップグレード)
霜 康司 刀祢 雅彦 麻生 裕美子

数研出版 2005-10
売り上げランキング : 48988
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本は本格的な大学入試対策の前段階の教材として
取り組みやすく、ストレスなく進めることができます。

全体はパート1からパート6までに分かれています。

パート1:文法
パート2:語法
パート3:語彙
パート4:熟語
パート5:会話
パート6:発音、アクセント

本当は最初のページから順序よくやっていきたいのですが
私の場合はA高校の子ども達の学校の進度に合わせて
授業の準備として使っています。

各章の初めに入試を徹底分析したデーターリサーチが出ていて
その章の中で入試で狙われる項目についてランキングでわかりやすく
表示されています。

本を開くと左のページが問題、左下には各英文の日本語訳
そして右ページに答えと解説が書かれていてとても使いやすいです。

私の場合、まずは左ページをして答え合わせをしたあと
自分の中であやふやな文法項目はFORESTを使って確認しています。

そしてA高校の定期試験にあわせ、試験範囲となっている項目を
ワークで問題をとき、その範囲を強化しています。

大学受験用の良書としてよく知られているNEXT STAGEをやる前段階として
アップグレードで基礎知識を固めたいと思います。

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント215の征服Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント215の征服
瓜生 豊 篠田 重晃

桐原書店 2004-11
売り上げランキング : 3021
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【ラジオ英語について】
最近、英会話のレッスンに行って「しゃべれないな~」を実感していました。
文法はそこそこやってわかるようになってきているのに
以前よりしゃべれなくなっているのです。

原因はラジオ英語をやめてしまっているからではないか?と
思い当たりました。そこで、いろいろ考えたのですが
去年一年分トークマスターで録音していた「徹底トレーニング」を
使って勉強することにしました。

去年は録音したもののまともに聞いた月は1ヶ月ぐらいしかなかったので
5月号から始めることにしました。「英語の筋肉を鍛える」が売りなだけに
このラジオプログラムは15分あきさせることなくレッスンが進みます。
その日のディクテーションの3つの分も汎用性の高いものが多く、
なるべくそこで勉強した表現を次の英会話のレッスンで使うように
することで定着をはかりたいと思っています。

◆10月の目標
1.総時間31時間以上勉強する
2.UP GRADEをどんどん進める
3.ラジオ講座をこなす

方針がころころ変って恥ずかしいのですが、
英文法123+はすでに123のうち93まできて
基本文法が終わり最後のおまけ?のようなところなので
そろそろ終わりにしてもいいかなと思っています。

語彙の勉強にDUOをこのまま使うかどうするかは
課題として残しています。

それとTOEIC受験をどうするかも課題です。
前回の記事で書いたようにコミュニケーションとしての英語が
私が学習を続ける上で目標としていることですが、
やはり1つ学習の指針や自分の実力を測るために
TOEICを1年に1回ぐらいは受験しておきたいという気持ちもあります。

11月にするか1月にするかそれも考えてみたいと思っています。

| 学習記録 | 2008-10-02 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |