||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

わ~い夏休みだぁ!!

なんだか小学生のようなタイトルですが、
「夏休み」って教師にとっても嬉しいんです~。

特に学期末っていろんな仕事が、
これでもか~これでもか~と怒涛のように押し寄せてくるから
それらを1つ1つ片付けていき、
肩の荷を1つずつおろして行き、
そして最後の1つであった昨日の大きな会議を終えた瞬間、

やった~~~~夏休みだぁ~~~
これでしばらく授業の準備しなくていいぞ~~~

という気分になるのです。
まるで子どものようですが(汗)

「1時間の授業をするのに(少なくとも)2時間の準備が必要」と
言われていますが、日々の授業の前後には

授業準備→(実際の)授業→授業報告書の作成→学生からの宿題のチェック

という作業がついてまわります。
とくに私が担当するクラスは1クラスが20人ちょっといますので
毎回授業が終わったあとには20数人分の宿題をみることになります。
担当講座の1つは作文クラスなので20数名分の作文添削をします。

だから、「お休み」=「準備&宿題チェックから解放される!」なのです。

もちろん、授業や留学生達との交流が大好きな私にとって
しばらく学生達に会えない一抹の寂しさはありますが、
新学期にまた少し成長した彼ら&新しく来日する学生との新たな出会いに
わくわくしています。

小学生や中学生、そして高校生の夏休みに「宿題」がつきもののように
私たち教師にも「夏休みの宿題」があります。

それは後期の授業のコースデザインや教材選び、
そして授業シラバスを考えるということです。
ふだんはなかなかまとまった時間を教材研究にあてることができませんので
この夏休みのうちに自分の担当する講座の教材を検討し
後期の授業でどの教材をどういう風にどんな進度で使うかを
考えておかなければなりません。

が、それでも夏休みは夏休み。
オリンピックも始まります!
甲子園もやっています!

ぐふふ、実は今回のオリンピック、
かつて息子が高校時代、決勝で争った相手が出場しているのです!
まさかね~それほどの選手だったなんて~~
あ~サインもらっておくんだったなぁ~

その息子も来週帰省するそうです。
息子が帰ると昼夜逆転生活&車をとられる
ので私の日常生活はかなり彼に振り回されることになりますが
それでもふだんは夫との二人暮らしなので
子ども達が順々に帰ってくるときは気持ちが華やぎます。

娘のオーストラリアでのキャンパスライフも順調のようです。
大学のパソコンからしょっちゅうメールが届きますから
娘の様子が手にとるようにわかります。

「キャンパスにカンガルーおりすぎやし!」
「ホストファミリーの子ども達、すごくなついてくれてるよ(*^^*)」
「昨日の夜はピザだったよ~その前はポテサラとチキン」
「クラスの韓国の子にハングルで話したらうまい!ってほめられたよ」
「昨日はテニスしたよ~明日は授業のオプションでビーチバレー」
「授業は8時40分から午後3時まででちゃんとついていけてるよ~」

なんてね~
日本を発ったのが先週の土曜日でしたから
もう今日で1週間になるのですね。
週末はホストファミリーとどこかへ出かけるのかなぁ?
初めての週末、楽しく過ごして欲しいなぁ。

あ、私の仕事、大学の仕事は夏休み入りですが
自宅の教室はお盆も関係なくやります。
今年は中3の受験生クラスもあるからお休みするわけにはいきません。
高校生クラスも生徒たちはそれぞれの高校でたんまり宿題を出されていて
それぞれその宿題を見て欲しいというので
私も彼らと同じ宿題を先取りでやっておかないと
授業のときに質問されてもわかりません(^^;)

文法プリント、読解プリント、構文などなど2つの高校に分かれているため
宿題も多岐に渡っています。なかなか楽はできないけど、
彼らとの授業がなければ私の英語学習も夏休み入りするところだったので
せいぜい今日からは高校英語に触れてがんばってみることにします。

あ~それでも毎日の大学の授業がないのは嬉しい~
皆様もよい夏休みを!!

| 日本語講師 | 2008-08-08 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

娘の留学ライフが始まりました

この春、大学に進学した娘の5週間の短期語学留学ライフがスタートしました。
昨夜、オーストラリアに旅立ち、早朝ケアンズに到着。
その後、国内線に乗り換えそこからまたバスで移動。
で、今日の3時すぎに、

「着いたよ~ホストマザーめっちゃ優しい♪
子ども達もかわいい

というメールが届きました。
娘の持っている携帯は3Gのみ対応なので
オーストラリアで使えるかどうかちょっと心配だったのですが
ちゃんと使え、すぐにメールを送ってきてくれて
本当に安心しました。

この3月まで一緒に暮らしていた娘が春からは一人暮らし。
そして、今度はオーストラリア。
どんどん自分の世界を広げていく娘に
まだまだ子離れできない母は、とまどうことばかりでした。

今回の短期留学は大学のプログラムの1つなのですが、大学は
「欧米では18歳以上は大人とみなされるのですべて本人に任せるように」
ということで、参加申し込み、各種手続き、渡航準備など
ほぼ娘ひとりでやってきました。

これまで、「転ばぬ先の杖」とばかりに
娘の歩く前の道に落ちている石はとっとと取り除くような
感じで過保護な母をやってきた私には

「子どもに任せる」
「手出し口出しせずに見守る」

というのは実に辛いことでした。
しかし、せっかく自分の力で飛び立とうとしている娘なのに
ここで私が自分の心配のあまり、手出し口出ししたのでは
娘の自立を妨げることになるとじっとこらえました。

私の過保護ぶりを熟知している友人たちからは、
「空港まで見送りに行くんじゃない?」
なんて思われていたようですが、
それもじっとこらえました。

自宅から送りだすわけじゃなく、離れているだけに

「ちゃんとパスポートは持ったのか?ビザは?豪ドルは?常備薬は?」
「入国カードや関税申告書はちゃんと書けるのか?」
「空港まではちゃんと行けるのか?」
「オーストラリアでの国内乗り換えは大丈夫か?」

などなど心配は限りなくありました。
ちょうど私の仕事(大学の授業)も終わったことだし
友人たちの制止を振り切って娘の渡航の手伝いと見送りがてら
娘のところに行こうかとも随分と思いました。

しかし、心配する私をよそに
娘は、「大丈夫!大丈夫!行ってくるね~」と旅立ち、
そして無事、現地に到着したのです。

これを読んでる皆さんは、「そんなのもう大学生だもの当たり前よ!」と
思われるでしょう。私だって友人のお子さんが大学生になって
ホームステイに出発なんて話聞いたときはそう思っていました。
しかし、わが子となると違うのです(汗)

自分(私)だって大学2年の夏にやはり短期留学にアメリカに旅立ったくせに
やはり子どものこととなるといろんな心配が頭をよぎるのです。

息子が大学2年から3年になる春休みにアメリカ3週間ひとり旅に出かけるときも
それはそれは心配でした。が、飛行機が飛び立つ時間、空を見上げ
「もう息子は私が口出しできないアメリカに行ったのだ」と
その瞬間私も子離れができたような気がしました。

今回の娘もそうです。
特に末っ子なのでいつまでも小さく幼いイメージの娘でしたが
自分の力で羽ばたいていきました。

子どもが羽ばたこうとしているのに
親がいつまでも手を放さないでいると子どもはいつまでたっても
飛び立つことができないといいます。

自分が心配だからといって
いつまでも干渉していたのでは、
子どもはいつまでたっても自分に自信を持つことができません。
そう、心に言い聞かせてこの数週間過ごしてきました。

さあ、明日からいよいよ娘のオーストラリアでの授業が始まります。
どんな5週間になるのでしょうか?

子どもを育てることは自分の人生をもう一度復習するみたいな
感じがありますが、なんだか私までが新しく留学するような
ワクワク感を持っています。

大学受験では最後の最後までなかなか桜が咲かず
何度も一緒に涙したけど、こんな充実した学生生活を
送ることができて本当によかったと思います。

オーストラリアが私にとっても身近な国になってきました。
子どもが自分の世界を広げていくって
親にとっては本当に嬉しいことですよね。

かわいい子には旅をさせろとは私のためにある言葉なのかも(笑)

| 娘のカレッジライフ | 2008-08-03 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

TOEIC講座、いい授業でした!

私が週1で通ってる英会話スクールでは
夏休みは特別時間割が技能別に組まれ、
いつものお月謝で何講座でも受講してもいいという
大変ありがたい企画があります。

1クラスの定員は6名で
〆切後であっても定員に余裕があれば直前でも
受講することができます。

このスクールでは会話クラスのレベルが1~7まであり、
私は一応7に所属しています。
夏休みの講座は、

各技能別クラスで、
Ⅰはレベル1~3、Ⅱはレベル4~5、Ⅲはレベル6,7の人が
対象となっていますが、発音などはレベルが多少違っても
大丈夫とのことです。私は基本的なことも確認したいので
時間帯があうものはⅡもとることにしました。

私が登録したのは次の8つの講座です。

1.Listening(Ⅲ)
2.Listening(Ⅱ)
3.Mini TOEIC800 文法(Ⅲ)
4.Mini TOEIC800 長文読解(Ⅲ)
5.Pronunciation(Ⅲ)
6.Pronunciation(Ⅱ)(Ⅲ)
7.Mini TOEIC600 文法(Ⅱ)(Ⅲ)
8.CNN NEWS(Ⅲ)

本当は他にもっと発音のクラスやロールプレイやゲームの
クラスも取りたかったのですが、大学の会議と重なっていたり
バリへの旅行の日程と重なっていてとれませんでした。
そうそう、TOEIC800のリスニングも残念ながらとれません。

しかし、普段の週1の会話レッスンから離れ、
こうした特別メニューで講座が受けれるのは嬉しいことです。

TOEIC800のクラスは時間帯が夜だったので迷ったのですが
講師のN先生(スクールの主宰者)がとても素晴らしい先生なので
とることにしました。

昨日、一昨日とそのTOEICの授業に出たのですが、
本当に目からウロコがボロボロの素晴らしい授業でした。
N先生は新しいTOEICの情報を受講生に還元するために
1年に4回ぐらい受験されているのですが、
6月のTOEICでついに満点!!をとられました。
これまではずっと985点(それでも十分すごい)だったので
念願の満点です。

2日間の授業で学んだTOEICのテクニック的なことを
忘れないうちに書いておこうと思います。

<パート5>
1.文は、名詞の後ろ、前置詞の前、接続詞の前で区切りになっている。
区切りがどこかをみつけることが大事。

2.品詞の問題は空所の前後3語ずつをまず読んでみる。

3.SVCの文章ではCには名詞か形容詞がくるがTOEICの問題では
形容詞を選ぶ場合が多い。

4.形容詞には現在分詞や過去分詞などの形容詞的用法もあるが
形容詞本来が答えの場合が多い。(感情表現のときは分詞になる
ことが多い)

5.動詞の問題は、「受身かどうか」「完了かどうか」をまず考える。
完了の場合は、時間を表すことばが入ってるかどうかを見る。

6.toのあとに何が入るか?という問題は不定詞なのか、
look forward to -ing, subject to -ing、contribute to -ingなどの
動名詞が入るかを要注意。

7.選択肢に-erがあれば、問題文の中にthanがないか、
選択肢に-estがあれば、問題文の中にtheがないかを探す。
(結構単純な比較級の問題が出る)

8.選択肢に接続詞(例although)と前置詞(例despite)が混在してるときは
空所のあとにSVがあるかどうかを探す。SVがあれば空所は接続詞。
althoughとdespiteの両方があるときは80%の確率でalthoughになる。

9.動詞の問題では時制をチェック。過去にする必要があるかどうか?
などをチェック。「時間を表す言葉」がない場合は現在。
過去や完了形や未来や進行形などは必ず時間を表す言葉がある。
なくてもいいのは現在形のみ。

10.選択肢にbutやandがあれば、文中に「ペアもの」をさがす。
たとえば、not A but B や both A and B やeither A or Bなど
のペアものを考えてみる。

11.101から120までは基本的な問題が多くひっかけが少ないので
あまり深く考えずさくさくとやる。それで間違えた問題があったとしても
「時間がかせげてパート7を読む時間が増えた」と思えばいい。

などでした。
実際に公式問題集を使って説明を聞きながら問題を進めていくと、
思った以上に正解の問題が多く自分でも驚きました。

パート7についてはちょっと説明しにくいので割愛しますが、
私の場合、読むスピードと語彙に問題があるということがわかりました。

もうTOEICの受験はいいかな・・という思いもあったのですが
N先生の授業を聞いて久々に「学ぶ喜び」のようなものを感じました。
また、ティーチングについても参考になることが多く非常に有益な
二日間でした。

あまりテクニックに走るのはどうかとは思うけど
TOEIC自体が文書処理能力や分析力を必要としている試験なので
英語力そのものを磨くことも大事ですが、
こうしたコツを学ぶことも有益だと思いました。

11月あたりに受けてみようかな~と思い始めています。
公式にするかIPにするかをちょっと迷っています。

娘はいよいよ今日からオーストラリアに6週間の短期留学します。
私も娘に負けないように夏休みはダラダラせずに英語のブラッシュアップ
がんばります!

| TOEIC | 2008-08-02 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |