||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

1冊の教材を最後までやりきること!

学習方法を模索中の私ですが、
いろいろな方のブログを読んで思ったことは、

「力が伸びている人は1つの教材をやり終えている」
「1つの教材を何周も繰り返して使っている」

ということです。
当たり前のことといえば当たり前なのかもしれませんが、
我が身を振り返ってみると、
購入した教材は本棚にあふれているものの
1冊の初めから終わりまでやり通した教材は数えるほどしかありません。

もちろん教材のよしあしはあるでしょう。
TOEICならTOEICの
英検なら英検の
語彙増強なら語彙本の
バイブルとも言うべき教材もあるでしょう。

できれば最初に教材を選ぶ時に
多くの情報を集め、よりよい「1冊」を選ぶにこしたことはありません。
しかし、どの教材だってその著者が自分のそれまでの経験から
伝えたいと思ったことを書いているに違いありません。

人の勧めであろうが自分が店頭で手に取った印象だろうが
とにかく、「これ!」と思って買った教材をとにかく最後まで
やりとおすということが大切なんだと改めて思いました。
どんな教材でも(というと語弊があるかもしれませんが)
最後までやりぬけば絶対に得ることがあると思います。

私のように、ちょっとやっては途中で外のものに目移りして
中途半端になっているようでは上達は望めません。

今は、まだまだ模索中ではありますが、
とにかく手元にある教材のまずは1周目をやり遂げて
2周目3周目へとつなげていくような勉強法を心がけようと思います。

それとただ思いつき勉強をするのではなく
もう少しシステマティックに
たとえば自分の学習時間をどれだけとれるか推定し
その時間をどのような割り振りで使うかなどといった
組み立てというか計画性を持った学習方法を
考えてみないといけないとも思いました。

今、漠然とですが続けてみようかなと思っているのは

「ワークアウト123」
「ぜったい音読 続挑戦編」
「DUO3.0」

です。

ワークアウトの方はこの1週間でセクション30まで終わりました。
これはストレスなく続けられそうなのでとにかくは
1周目完走を目指そうと思います。

英会話・ぜったい・音読 【続・挑戦編】 (CDブック)英会話・ぜったい・音読 【続・挑戦編】 (CDブック)
國弘 正雄 千田 潤一

講談社インターナショナル 2004-03-12
売り上げランキング : 11405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ぜったい音読は2004年の5月に購入しました。
レッスン1-10まであり、それらを6周することを想定して
作られた教材です。挑戦編というのは高校1年レベルの
教科書から題材が選ばれています。

2004年の5月に購入したというのに
なんと・・・私は1周目のレッスン4で早くも挫折しています。
そしてそれから2年後つまり2006年6月に再開し、
レッスン5、6をやったところでまたまた頓挫してしまっています。

昨日は2年ぶりにまたこの本を開き、レッスン7を
著者推奨の方法でやってみました。

1.CDを聞き内容を推測する(1回)
2.CDを聞きながら音読する(1回)
3.テキストを精読し内容を理解する(1回)
4.自力で音読する(3回)
5.音読筆写する(3回)
6.もう一度CDを聞く(1回)

レッスン7はThe Man Who Saved the Albatrosses
という、アホウドリを絶滅の危機から救った日本人のお話でした。
(私はalbatrosseという単語すらわからなかった。。)
全部で762語もあったため、↑の6つの行程をすべて
やり終えるのに1時間近くかかってしまいました。

しかし、最初にCDを聞いたときにはあまり理解できていなかった
内容が全行程を終えて最後にCDを聞いたときには
英語が英語としてすっきり頭に入っていきました。
不思議な感覚でした。

Duo 3.0Duo 3.0
鈴木 陽一

アイシーピー 2000-03
売り上げランキング : 344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


DUO3.0も随分と昔に買っています。
そのときはセクション21でやはり頓挫しています。
その後2006年6月(どうも↑の音読と同じ時期)に再開したものの
セクション22をやっただけでまた中断。
それから2007年の7月に再々会したものの11月かかって
セクション32まででまたまたストップしてしまっています。

最初に中断した原因は私があまりにも完璧を求めすぎていたためです。
前日覚えた文章を「日本語を見て英語が書けなければ次に進まない」
というルールを自分に課してしまったためなかなか先に進めず
いやになってしまったというわけです。

そこで次に始めたときはCDも購入し
耳から聞き、それをリピートし、何回か音読すれば次に進むという
風に「覚えて無くても理解できれば次へ」という方法に変えたのですが
どうも中断した日付からみると、TOEIC受験が終わってしまえば
もう学習はストップという感じで終わってしまっているようです。

スタート→中断→再開→中断→再々会→中断

のプロセスからはTOEIC受験を申し込んで
慌てて手持ちの教材でよさそうなものを前回の続きからやってみて
そしてそのTOEICの受験が終わればまたそれで中断。
というなんとも意志薄弱な一貫性のない
私の勉強法が見えてきました。

これじゃあ、上達するはずはないですよね。
絶対音読は1回をやるのにかかる時間が長いので
週末しかできないかもしれませんが、
ワークアウトとDUOは隙間時間にもできる感じですので
とにかくこの2冊は最後までやり遂げることを当面の目標にしたいと思います。

| 学習方法 | 2008-06-28 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |