||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

なんで英語をするのか?

いきなりですが、
勉強って「孤独」なものですよね。

誰に強制されたわけでもなく、
ただ、自分の夢や目標に向ってがんばろうと
自分で決めたこととはいえ、
時には、「なんで私、こんなことやってるんだろう?」って
そう思う瞬間ってありませんか。

本当は眠いのに、
本当はテレビを見たいのに、
本当は本を読みたいのに、
友達とおしゃべりしたいのに、
家族と出かけたいのに、

でも、でも、やっぱり勉強しなくちゃって。
そんな毎日ですよね。

もちろん、勉強をしてると
新しい発見があったり、
ほんのちょっとでも上達してるような手ごたえを感じたり、
そんな嬉しい、「ご褒美」をもらえる瞬間もあります。

それでも、
悪いことをしてるわけでもないのに、
主婦や母という立場もあるわけなので
どこか、家族に遠慮したり、「ごめんね」って気持もありますよね。

きっと、勉強や研究なんてどこか孤独なものなんだと思います。
そして、その孤独に打ち勝った人だけが味わえる気持や
神様からの「よくがんばったね」って
ご褒美が得られるんだと思います。

きっと英検で合格できなかったり、
TOEICで目標スコアに達しなかったときは、
神様が、「もうちょっとがんばってみなさい」って
言ってるんだと思います。

同僚に言われます。
「え?なんで今さらTOEICなの?」と。

いつも教えてる留学生にまで言われます。
「え?先生TOEIC受けるんですか?
先生の場合、必要ないでしょう?」って。

そうなんですよね。
私にとって今の仕事は天職とも思える仕事なので
転職するつもりはありません。
TOEICでいいスコアをとってそれを使って何か次に
つなげたいと思うわけでもありません。

じゃあ、なんで受けるの?

と、聞かれたら、うん、なんでなんでしょうね?
母にはよく言われます。

「あなたの生活って万年受験生みたいみたい」って。

そうなんですよね~
大学の講義の準備、宿題のチェック、試験の採点、
高校生の英語クラスの準備、小学生の児童英語クラスの
準備、アクティビティの教材作り、
生徒たちの自宅学習用テープやMD作り・・・などなど

なんか、いっつも机やパソコンに向ってるんですよね。
そして、ちょっと時間ができればTOEICの勉強。

なんで、受けるんでしょうね~>私

自分ではその答え、わかってるんです。
一言で言うと、

「このままで終わりたくないから」

せっかく生まれてきて、
せっかくこうして英語に携わることをしていて、
今の英語力で終わりたくないのです。

年齢だって、もう40代の後半です(あ~言っちゃった)
目だって、かなり○眼に入ってきています。
細かい資料は拡大コピーして読まないと怪しいです(-_-;)

ぼちぼち、娘が結婚しただの、
孫。。。。が来年生まれるだの・・・
なんて友人もいます。

それでも、私は万年受験生の生活を続けます。

苦しいけど、楽しいのです。
辛いこともあるけど、楽しいのです。

この年になっても、

「もっと英語がうまくなりたい」

って、気持が捨てきれないのです。
ネィティブの留学生達とそこそこ話すことはできます。
でも、私は知っています。
彼らが私を日本人だと思って話してくれているからだと。

私が会話の輪からはずれ、
ネィティブ同士の会話が始まると、
もう、私はそこに入ることができません。
そのスピード、語彙、展開、とてもついてはいけません。

悔しいのです。

もちろん、ネィティブのようになれるはずはありません。
でも、少しでも近づきたいのです。

このブログを始めて3週間ほどたちました。
嬉しい事にコメントを頂く機会が増えてきました。

「私はひとりじゃない」

と、思えるようになりました。
英語学習のお仲間と英語に関する思いを共有できることは
本当に嬉しいことです。

このブログを思い切って立ち上げてよかったと思っています。
こうして文章にすることで、自分の気持を確認することもできます。
ゲストの皆様からいろんなアドバイスや情報を頂くこともできます。

何よりも嬉しいのは、もう孤独ではないことです。

さぁ、今日からまた新しい一週間が始まります。
TOEICまであと1ヵ月を切っています。
リスニング対策は少しずつできてきているものの、
パート5、パート6対策はまったくの手探りで
まだ方針すら固まっていません。

次のTOEICは通過点だと思っています。
50になっても、60になっても、70歳!になっても、
ずっとずっと英語を続け、
そして少しずつでもいいから前進していきたいと思っています。

| 英語雑感 | 2007-10-29 | comments:15 | TOP↑

≫ EDIT

息子と英語を語る

息子から電話がありました。
9月のTOEICの結果が出たということです。

息子は今、大学3年生です。
これから本格化する就職活動に備え、
今年の7月からTOEICを受け始めました。

7月は大学で2週連続で、TOEICを受けました(IP)。
そして9月は初じめてTOEICの公開テストを受けました。

結果は以下のとおりです。

1)7月TOEIC(IP)  495点
2)7月TOEIC(IP)  575点(L325、R250)
3)9月TOEIC(公開) 615点(L345、R270)

なんと、わずか2ヶ月で120点あげてきました。
本人は、まだまだ満足はしていないようで、
しかも、2回目の7月のTOEICからは
40点のUPでしかないことにとても不満そうでした。

「ぶっちゃけ、オレの今の615ってスコア、どう思う?」
「怒らないから本音でどう思うか言ってみて」

と、息子が言います。
う~ん、大学3年で615ってどうなんでしょう。

「そうね~ともかく土俵に乗ったって感じかな」

思ったままに言いました。
これから就活をしていく上で615というのは
そう武器になるほどのスコアではないとは思いますが、
それでも一応、アピールできる最低限のスコアではあると思います。

「そっか~。そうだよな。ま、一応は600は超えたからな」

この息子、来月のTOEICも受けます。
随分と迷いましたが、ついに私も意を決し、
息子に告げました。

「実はね、母さんも来月のTOEIC申し込んだの」
「え?あ、そうなんだ~」
「でね、この前、公式問題集やってみたよ」
「で、どうだった?新TOEICは初めてだろう?」

そうなんです。
以前、コメントにも書きましたが、
今回の私のTOEIC受験の一番のきっかけは、
息子の、

「母さんの750って、『昔の』TOEICのスコアだろう?」
と言われたことが背中を押したのでした。

息子に、この前の公式問題の結果を言うと、

「ふ~ん、やっぱりオレとはかなり差があるなあ」

と、やけに素直です。
そこから、私なりに考えた対策などを話しました。
息子の場合は、まだまだリスニングで点が取れると思いました。

彼はパート3と4が苦手だといいます。
私のパート4の得点率を言うと、

「そうか・・母さんでもそれくらいしか取れないのか」

「そう、パート4はなかなか短期間で点数伸ばすのは
難しいと思う。でも、パート3が苦手ならまずはそっちの
スコアを伸ばすことが大事だと思う。
3問のうち2問を確実にものにするようにすればいいと思うよ。
問題の早読みのときに、ものにする2問を決めて、その2問の
解答部分をフォーカスして聞き、そしてもし余力があれば
残りの1問もものにする。」

「でね、そのものにする2問というのはね、
たとえば何についての会話かとか、
どこで話しているとか、この人の仕事はなにとか
そういう比較的簡単に答え部分が聞ける問題にするといいよ。
あとは、質問文や選択肢が短い問題とか」

「なるほど、そうか~確かにそういうやり方にすれば、
2問ならクリアできるかもな」

珍しく素直に私の話を聞きます。
あと、パート4や5は、
問題文の全体を読まないと解答できない問題と、
( )の前後だけ読めば解答できる問題をわけて処理するといいよ。
なんて話もしました。

不思議な感じです。
わが子と会場は違っても同じ日に同じ試験に挑むなんて。

それからは、彼が大学で受けている英会話のクラスについての
話になりました。授業後のあと、いつもその先生と駅まで歩くので
その時間はマンツーマンで英語が話せるからとても貴重な時間だと
言っていました。そして、また春にはアメリカひとり旅がしたいと。

なおも、彼が聞きます。
「徹トレ、ついに追いついてこれまでの放送全部聴いて
復習もしてるけど、本当にあれって会話力つくかな?」って。

「つくと思うよ。これは!って表現や語彙は、
大学での英会話の授業で使うようにすればいいよ。
そうして実際に使った表現は確実に定着すると思うよ。
なかなか週に1回程度のレッスンでの上達は難しいから、
普段の地道な勉強が大切だと思うの。
母さんも、週1の英会話スクールは普段の勉強の発表の場だと
思って、なるべくその1週間で覚えた語彙や表現を使うように
してるし、実際に使えるとすごく嬉しいだ~」

「そうか~オレも徹トレ聞いてて
使えそうな表現はノートに書いているんだ。
こんどからそれを使ってしゃべるようにしてみよう」

これまで孤軍奮闘(?)だった私の英語学習でしたが
こうして離れてはいるものの息子とTOEIC対策や
どうすれば会話が上達する?なんて話ができるのは
とても嬉しいことでした。

それにTOEICを受けることを言ってしまったので
もう後にもひけなくなりました。
彼が徹トレ毎日聞いているというのも刺激になりました。
私は10日遅れで聞いているのですから。。

彼の近況についてもちょっと聞いてみました。

息子は小学校から大学までずっとサッカーをやってきたのですが、
来週から小学生チームのコーチを
ボランティアですることになったそうです。

「考えてみるとオレの少年団の時のコーチなんかも
みんなボランティアでしてくれていたんだよな~
ありがたいことだったんだよな~」

大学に入った当初は、
専門の授業になかなか興味が持てなかったり、
大好きなサッカーが大学に入ってからは、
「勝つためのサッカー」ではなく、
「楽しむためのサッカー」的なチームなので
おもしろくないなどあれこれ悩んでいた時期もありました。

でも、だんだんと専門にも興味が持てるようになり、
サッカーも大学のチームの他に社会人チームでもプレーしはじめ、
こんどは少しでも社会に還元したいと
子供達にサッカーを教えるボランティアを始めたと聞き、
なんだか安心しました。

ボランティアって自分の生活や気持に余裕がないと
できないですものね。
もっとも生活は苦しいようで、派遣で短期の肉体労働的な
バイトや家庭教師なども登録しているようです。

3年前、一人暮らしをさせるときには
いろいろ心配もありましたが、
ようやく落ち着いてきたようでよかったです。

| 息子 | 2007-10-28 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

トークマスター レポート

トークマスターIIを買って半年ちょっとが経過しました。
はじめは張り切って、ラジオ英語講座を3つと
中国語講座なんかも録音していたのですが、
自然淘汰され、今は徹トレ一本でがんばっています。

「トークマスター」で検索されてくる方も多いようですし、
私自身も購入するまでに半年も迷いに迷い、いろんな方の
ブログなどでの使用感を見聞きしてようやく決断!し、
購入というプロセスを経ていますので、
今日は、私なりのトークマスターレポを書いてみたいと思います。

◆私が使っているタイプ
トークマスターには容量や色などの違いでいくつかの
種類がありますが、私のはベーシックなシルバーで、
容量は一番小さい256MBです。値段は27,800円。

サン電子のオンラインページから買いました。

なぜ256MBにしたかと言うと、値段が一番安かったことと、
SDカードが1GBタイプのもので1,980円で買えたので
それを使えば内蔵容量は小さくてもいいのではと思ったからです。

充電は付属のスタンドを使います。

トークマスターII


一度充電が完了すれば1週間位は持つような気がします。
ただ、このスタンド、ちょっと触っただけで
バラバラになったりするんですよね~私だけ?


◆利用法その1(ラジオ講座)
トークマスターを買った一番の目的はラジオ講座の録音でした。
これまではなるべくリアルタイムで聞くようにしたり、
ダメなときは録音したりしていたのですが、
タイマーをかけ忘れたり、時間を間違えたりということが
よくあり、いちいちメディア(テープやMD)を探すのも面倒でした。

トークマスター購入によってそういう煩わしさからは
解放されました。録音された番組は「TM]というカテゴリーに

0301_070723_1225A・・・・・MP3

というファイル名で保存されます。
ちなみに上のは2007年7月23日の12時25分からの番組という
意味です。ただ、ファイル一覧にずらりとあるときは
どれかを探し出すのはちょっと大変だったりもします。

録音するときは音質が選べるのですが、
私は下から2番目の64kbpsで録音しています。
32だとちょっと聞きにくい感じだったからです。

また、トークマスターには内蔵マイクもあるのですが、
音質が悪いのでやはりヘッドホンを使って聞いた方が
クリアな音質で聞けると思います。
スピーカーなどをお持ちの方はそれに接続してもいいと思います。

また、ファイルがたまり容量がいっぱいになってきたら、
パソコン内にそれ専用のフォルダを作り、
そちらに入れておくようにしています。
そうすればパソコンで復習をすることもできますし、
ヘッドホンなしで聞くこともできます。


◆利用法その2(ボイスレコーダー)
購入してからしばらくは毎週ある英会話レッスンに持参し、
先生と他の生徒さんの了解をとって、毎回のレッスンを
録音していました。ラジオのタイマー録音とは違い、
こうした録音は、「MUSIC」というカテゴリーにファイル
されます。

トークマスターには、速度が変えられるという機能が
ついています。0.5倍、0.7倍、1.3倍、1.5倍というようにです。
授業中にききとれなかったところをスピードを遅くして
聞いてみたりすることができます。

その他、先生の文のあとに自分の声を吹き込み
聞き比べる機能もあります。が、これは一度設定すると
何度も何度も繰り返され、もうこれ以上、自分の下手な
英語は聞きたくない~なんて気分になるので即解除です(笑)

◆車の中での利用法
私の車はもう9年も前のもので、テープのブースしか
ありません。何とか車の中でCDが聞けないか?と
模索し、買ったものが↓です。

DSCN1524.jpg


なんだかわかりますか?
ポータブルCDとアダプターです。

このアダプターをテープのブースに入れ、
アダプターの先をトークマスターのヘッドフォン用のジャックに
差し込めば、なんと私の車の中でも聞くことができるのです。
この方法でもちろん、iPODも聞くことができます。

なので、ドライブや遠出の時は、娘のiPODをさしこみ
今はやりのPOPな音楽を聴きながらドライブを楽しむことが
できます。

このアダプターはわずか1,980円です。
FMトランスミッターなどとも迷ったのですが、
やはり有線のもののほうが確実に音は拾えると思い
これにしました。

よく家庭内LANとかでも無線より有線のほうが
きれいに入るといいますしね。

今の車にはこういうカセットしかないというタイプは
きっともうなく、CD装備が当たり前なのでしょうが、
そういう方の場合は、タバコの火?なんかの
シガレットの所でつなぐタイプのものもあるようです。
(これはもう数年前の話なので今はわかりません)

◆不具合の対処法
GW明け頃、SDカード内のたまったファイルをPCに
とりこみ、再びカードをトークマスターに装着した時、
フリーズしてしまいました。

メーカーに問い合わせ、RESETを繰り返してみたのですが
一時的には治るもののやはりフリーズは続きます。
ためしに、SDカードを抜いてやってみれば
正常に機能します。

ですので、不具合の原因はSDカードだと思いました。
ホームセンターで買った1,980円のもので
あまり聞いたことのないメーカーのカードだからか?
とも思いましたが、そこでハタ!と気付いたことがあります。

取り説には、初めにカードを使うときには
フォーマット(初期化)して使うように書いてあったのに
横着者の私はそれをせずに使用していたのでした。

そこで、もう一度カードをPCに取り込み
全ファイルのバックアップをしたあとでフォーマットしてみると、
はい!すっかり不具合は解消されていました。
あはは、単なる私の使い方の問題でした。。。

◆その他のすぐれた機能
トークマスターには他のメディアからも録音できます。
たとえば、音楽CDやMDを入れることもできますし、
これまで取り貯めた古いテープだって取り込むことができます。

今の私のトークマスターにはラジオ講座の番組、
それから語学CD、そしてお気に入りの音楽CDなどが
入っていて、仕事帰りはそのときの気分で聞き分けています。


以上、思いつくままに書いてきました。
まだまだ使ってない機能もあると思いますし、
もっと有効に活用してる方もたくさんいらっしゃると思いますが、
かつての私のように、買おうかどうしようかと
迷っていらっしゃる方の何かの手がかりになれば嬉しいです。

| ツール | 2007-10-26 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

単語シート

TOEICの勉強をはじめて語彙強化の必要性を
痛感しています。
書店にはずらりと語彙本が並んではいますが、
どれもこれも1冊をやり通す自信はありません。

長い目で見れば現在半分ちょっとで挫折している
DUO3.0なんかを丁寧にやればいいのでしょうが、
来月のTOEICまでそう時間もありません。

そこで、思いついたのが単語シートです。

私の英語教室の中学生クラスでは
私が各レッスンごとに作成した単語シートを活用しています。

中学生クラス単語シート


各レッスンごとの単語を左半分に英語、
右半分に日本語を書き出し、
それぞれに5回ずつのチェック欄を設けています。

このチェック欄が案外重要で
1つ1つ読みながらとか、意味がいえたらとか
書けたらとかその都度テーマを決めてチェックを
入れていきます。

さらに、重要なのはタイムを測ること!
毎回、私がストップウォッチでタイムを測り、
時には他の友人同士である時は前回の自分のタイムと
競うことでゲーム感覚で子供達はどんどん単語を
覚えていきます。

はじめは私のTOEICにもこんなシートを作ろうかと思っていました。
しかし、この様式ではA41枚にはせいぜい単語は30ちょっと位
しか載せることができません。

もちろん、単語カードや単語帳を利用してもいいのですが、
一枚のシートになっている方がなんだか効率よく覚えられる
そんな気がしています。

昨日、大学の図書館で借りてきた
「女は英語でよみがえる」を読んでいたら

女は英語でよみがえる〈2〉―勉強編女は英語でよみがえる〈2〉―勉強編
安井 京子

はまの出版 1999-10
売り上げランキング : 71456
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なんと著者おすすめの単語シートについて
紹介されていました。発案者は長崎玄弥先生で、先生の
「英語の攻め方」の中に書かれている単語シートです。

それはいたってシンプルで、
まずは、5×10の表を上下に二つ作ります。
そして、上の表には英単語を下の表にはその意味を書く。
ただ、それだけです。

さっそく今、勉強中の、
「新TOEICテストはじめての解答技術」

新TOEICテスト はじめての解答技術新TOEICテスト はじめての解答技術
ヒロ前田

アルク 2007-05-30
売り上げランキング : 8743
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パート5対策内の
単語を中心に50選んで作ってみました。
こんな感じです。

単語シート(A4サイズ)


手書きで書いたのでなんだか汚らしい感じですみません(笑)
本当はパソコンで作った方が綺麗になるのでしょうが、
あえて手書きにしてみました。

ただ、何枚もコピーしてカバンにいれたり
トイレ!の壁に貼ったりするために、
コピーでもきれいにうつるように2Bの鉛筆を使用しました。

最近、ちょっと○眼の気配があるので(笑)
B4サイズにもコピーしてみました。
お~やっぱり見やすいです(^^;)
A4とB4を比べてみたのがこの画像です。


A4サイズとB4サイズ


ね、122%にしただけですが大きいでしょう?(笑)

さて、このシートをどう使うかですが、
まずは英単語を全部正しい発音で読んでみました。
もちろんスピードも測ってみました。
ちなみに1分38秒でした(遅っ!)

次に英語を見て縦一行ずつ意味が言えるかをチェック
してみました。が・・・ボロボロです(>_<)
いちいち下の表内の日本語をみないと次に進めない状態です。

ま、最初はこんなものだろう~と気を取り直して、
まずは1行ずつ攻めていこうと思います。

そして慣れたら、英単語を見てパッパッと反射的に
日本語が言えるようにしたいと思います。
(もちろんタイムも測ります)

そして次は下の表の日本語を見て英単語が
パッパッと言えるようにしたいとも思います。

こういうシートや単語本はえてして
「書いてある場所」で覚えがちなので(笑)
慣れてきたら、横列からやったり下から上にやったりと
変化もつけてみたいと思います。

安井さんの本では、1語を1秒でやれば50語なら1分もかからず
隙間時間で何度も練習できるというようなことが
書かれていました。

まだ、今日作ったばかりでどう活用できるかはわかりませんが、
とりあえず今日からいつも持ち歩きたいと思います。

ネィティブの友人か同僚の協力が得られれば
トーマスターのボイスレコーダー機能を作って
このシートの音声バージョンも作ればさらに有効活用
できそうな気もします。

さて、そろそろ授業に行く時間です。

おっと、ちなみに私はこのシートをエクセルで作りましたが
A4めいっぱいにおさめるために、

・余白:上2.5、下1.5、 左1.5、右0.5
・行高さ:38、列幅:17

に設定しました。何かの参考になれば幸いです。



※アップした画像みたらなんだか不鮮明ですね。。
スキャナで取り込んだ方がよかったようです。
どんな感じかだけでも伝わるといいんですが。。。

| 学習方法 | 2007-10-25 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

すごい環境だぁ!!

本日は別大学での講義でした。
昼休みにちょっと一息~♪としているときに
ふと、あることを思いつきました(-_☆)キラリ~ン☆

そうだ!!!大学の図書館を利用してみよう!

そうです。大学というのは非常に立派な図書館があります。
それも専門書はかなりの数になります。
当然、TOEICや英検の問題集などもおいているのでは?と
思いました。

さっそく、図書館へ行ってきました。
私のような講師の場合は一人5冊、2週間借りることが
できるのだそうです。

大学の図書館、なんだかワクワクします。
館内の案内図を見て、言語のフロアーに行ってみると、

ひょぇ~~~
ズラ~リと原書が並んでいるではありませんか。
絵本をはじめ、語彙数によって段階分けがされている本や
映画のシナリオ本、対訳付の本など膨大な数です。
自分では絶対に買うことにできない高価な辞書類も
充実しています。

各フロアにある学習コーナーや
パソコンコーナーなどの設備もかなりの充実ぶりです。

あ~私のバカバカ(笑)
なんで、今まで図書館利用を思いつかなかったの~

TOEICのコーナーに行ってみました。
思ったほどの教材はなくちょっとがっかりでした。
(もっとも学生達が借りて行ってるのかもしれません)

CD付の本もすべて借りることができます。
もちろん解答用紙や本への書きこみはできませんが、
こういう本を借りることができるだけでありがたいです。

なんだか嬉しくなっていろんなフロアに行ってみました(笑)
世界各国の新聞を読むこともできるし、
私が大好きな旅行のガイド本もたくさんおいてありました。

今日のところは英語関係を4冊と興味のある別の本を1冊
借りてきました。

DSCN4557.jpg


もう何年も大学で仕事をしてるというのに
なんで今まで図書館を利用することに気付かなかったのでしょうね。

自分のデスクに戻った時、同僚のオーストラリア人の先生と
目があいました。
そうだ!!!

TOEICのリスニングは去年からアメリカ英語だけではなく、
イギリス、オーストラリア、カナダの英語の音声が使われています。

まだ昼休み中だったので、そのオーストリア人教師に
オーストラリア英語についてちょっと聞いてみました。

さらに、彼に、

「アメリカ英語とカナダ英語って何が違うの?」と聞いてみると、
「僕にも両方の区別はつかないな~」

と言われました。

生協では本や教材が割引で買え、
図書館では教材もCDも借りられ、
同僚にはネィティブもいる

私はなんと恵まれた職場で働いているのでしょう。
もう1つの大学はもっと規模も大きいので
図書館はさらにさらに充実していることでしょう。
今度、行ってみることにしましょう!!

| TOEIC | 2007-10-24 | comments:10 | TOP↑

≫ EDIT

テクニックに走ることになるかもしれないが

午前中2コマ、授業に行ってきました。
授業開始前、まずは、ボストン出身の学生と昨日の
レッドソックスの勝利を分かち合いました(*^^*)

いろんな国の留学生と接する日々において、
こういう国際的なスポーツイベントのあるとき、
特にサッカーのワールドカップやオリンピックのときは
実に盛り上がります。

時にはお互いが対戦国だったりライバル国同士だったりという
こともありますが、特にスポーツネタはあとくされがなく、
気軽に語れるので楽しい時間です。

午前中3時間の講義が終わって、
昼休みには生協の行ってきました。
お目当てはTOEICの教材本です。

予想通り、生協の中の書店には
街の本屋さんよりたくさんのTOEIC本が並んでいました。
しかも、私は教職員なので本は5%引き、雑誌は10%引きで
買うことができます。

本当は中村澄子さんの1分シリーズの本を探していたのですが、
残念ながらおいてありませんでした。街の書店にもないので
これはやはりネットで注文したほうがよさそうです。

かわりに、週末書店で立ち読みし気に入っていた本がありました。
「新TOEICテスト はじめての解答技術」(ヒロ前田著)

DSCN4555.jpg


なんともインパクトのある表紙でしょう?(笑)
副題に「成果が分かる!再チャレンジ作戦」
「次のTOEICテストでリベンジ」とあるとおり、
各パートの説明が実にわかりやすく
ポイントもすとんと頭に入ってきます。

他にこれは!と思う本もなかったことと
リーディング対策だけではなく、リスニング(特にパート4)も
勉強したいと思ったのでこの本を購入しました。

帰宅後、さっそく一番苦手はパート5についてのセクションを
やってみました。

・問題文を全部読むものと前後だけ読めばいいものに分ける
・決まり文句が作れないかチェック
  (both A and B や not only but alsoなど)
・代名詞は「名詞のかわり」なので、文中のその名詞を見つける
・代名詞の問題は文中の名詞が、人か物か、単数か複数かチェック
・代名詞は「名詞のかわり」なので、文中のその名詞を見つける
・時制の問題は、時を示す語句と主語を探す
・品詞の問題は冠詞がヒントになる。
 ※冠詞がつくパターンは次の3つ
   1)冠詞+名詞
   2)冠詞+形容詞+名詞
   3)冠詞+副詞+形容詞+名詞

ちょっとコツがつかめ、パート5がパズル感覚に近づいて
きました。ただ、こういう考え方はどこかテクニックに
走ってしまう感じがする感はゆがめません。

以前、TOEIC800講座の体験レッスンを受けたとき、
パート7の問題のコツを教わったことがあります。

たとえば、まずは文章の最初の一文と最後の一文を読むとか、
各段落のトピックセンテンスを見つける。全文読む必要はない。

そして、一番衝撃的だったのは、選択肢が4つあるうち
2番目のBが答えだと思ったら、CやDは読む必要がない!
次の設問に進めというものでした。

私の性格では、たとえBが正解だと思っても、
一応CもDも読んで、それらが答えではないことを確かめ
やっぱりBが正解だという確証を得て次に進むという
やりかたをしていました。

しかし、それでは時間がかかりすぎるといわれました。
「Aが正解だと思えばそれでよし。すぐにマークして次に
行けばいい。万一それが不正解だったとしても
他の選択肢を読まずに次に行ったことで時間は稼げたのだから」と。

私が、「でも・・・私はきれいごとかもしれないけど、
TOEICは自分の成果だと思っているのであまりテクニックに
走るのではなく、問題をしっかり読んで質問文も答えの4つの文も
読んだ上で解答しないと・・なんだか試験に失礼なような気がして」

というと、

「いいんです。試験なんて元々が失礼なものなんですから」

とバッサリ言われました(笑)
なるほど、確かにそういうものかもしれません。

ですので、今回の教材を読んでいても、
以前ほど、これはテクニックに走りすぎているとか、
邪道では?試験に失礼なのでは?とはあまり思わないように
なりました。

そういう意味ではTOEICというのは英語という言語を
解してはいても、英語力よりも必要な情報を抜き取る力を
見るようなテストだという気もしてきました。

しかし、やりかたはどうであれ、
TOEICを受けるということで学習のモチベーションがあがったり
多少テクニックには走ってもそれで文法や語彙の勉強が
できるのであればそれはそれでいいとも思っています。

生協では雑誌は10%引きということで、
徹トレのテキストも買ってきました。
さらに支払いはカード可でしたので
航空会社提携のカードで支払うことができ、
わずかですがマイル加算にも貢献できました。

| TOEIC | 2007-10-23 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

リーディングパート(新公式問題集)もやってみた

重い腰をあげて、リーディングパートをやってみました。
終わった直後は結構感触がよくて、
「おっ!これは期待できる!!」とほくそ笑んでおりました。
採点が楽しみでそれをじらすため(?)
お茶碗など洗ってみて先延ばしにしていたほどです。

が、採点してみた結果、そんなにたいしたことはありませんでした(-_-;)

◆結果
パートⅤ:40問中25問正解(62.5%)
パートⅥ:12問中 8問正解(66.6%)
パートⅦ:48問中37問正解(77%)

合計:100問中70問正解

◆推定スコア
295-350

さて、この結果をどうみるか?です。
私はこれまでにTOEICを8回受けています。

リスニングは初回(355)から前回(445)までに
95点もアップしています。

しかし、リーディングは初回(280)前回(305)で
これまでのベストでも315なのです。
つまりリーディングは8回も受けているのに
スコアはすべてが280-315に入っているのです。
リスニングはほとんど対策なしで
リーディングは結構対策しているのにです。

なので、今回の公式問題集の推定スコア
295-350というのはそういう意味ではちょっと
力がアップしてることを予感させてはくれています。

まず、手ごたえとしてパート6やパート7で
確信を持って正解が選べた問題が以前より増えた気がします。

またいつもは時間内に終わらない設問が10問位
ありますが、今回は3問のみでした。
これは、これまでのように文章を全部読むのではなく
問題の前後のみを読んだり、キーワードを見つけたり
トピックセンテンスを見つけて解答した問題が
増えたからだと思います。

さて、前回のリスニングと今回のリーディングの
結果をまとめてみることにしましょう。


◆総合結果
パートI: 10問中10問正解(100%)
パートII:30問中26問正解(86.6%)
パートⅢ:30問中24問正解(80%)
パートⅣ:30問中20問正解(66.6%)

パートⅤ:40問中25問正解(62.5%)
パートⅥ:12問中 8問正解(66.6%)
パートⅦ:48問中37問正解(77%)

※素点:リスニング80、リーディング70


◆推定スコア
リスニング  素点80:400-450(素点レンジ76-80)
リーディング 素点70:295-350(素点レンジ66-70)

合計スコア:695-800


お~~ぉ一応、目標点の800が表示されているのでないか。
しかも、素点レンジを見てわかるとおり、
今回の私のスコアはリスニングもリーディングも
素点レンジの一番上なんだよね~

あ~それぞれあと1問正解していれば1つ上の素点レンジに
入換算点がよくなったのに~と未練たらたらなので、

「あと1問正解していればスコア」(笑)を出してみることに。

すると、

◆あと1問正解していればスコア
リスニング: 425ー470
リーディング:330-375

トータル:755-845

お~いいではないか!!800点台が結構見えてくるではないか。
そうか、あと1問正解するだけで結構違ってくるんだ~。
って、本番でのスコアはこういうレンジではなく
ちょうどの点数が出るんですけどね。

ともかくリーディングなんてあと1問正解すれば
330-375というくくりに入り、これまでの最高315だった
私からすると、結構リーディング力アップしてるかも?と
期待できるスコアだ。

もちろん、カンで答えてあっていた問題なんかもあるのだから
「あと1問あっていたらスコア」なんて全く意味のないことだけど
それでも、もしかしたら800とれるかもって希望が
見えてくると、モチベーション維持にもつながるよね。

それから、改めて正解率を見てみると、
パート4,5,6が60%台ということがすぐわかります。

私としてはこの春から自分へのチャレンジで高校生の英語クラスも
作ったことでかなり文法は勉強してきた。
生徒は4人で二つの高校に分かれているため、
毎週末までに彼らにメールで学校での進度を教えてもらい、
翌週教える分を予習してきた。

使っている文法書はForestとDual Scope。
毎週ワークを含めて合計4冊とリーダーのテキスト
(これは幸い両校とも同じテキスト)の計5冊を
やってきた。

彼らはうちの教室では学校の予習をしたいので
それぞれが自分のやりたい予習をする。
あるものは文法、あるものはリーダー、
そして進度もそれぞれまちまち。

私は彼らからどこを聞かれても答えられるように
毎週5冊の問題集を先取りしてやっておき、
聞かれそうなところは特に本冊で調べたりして
準備をしておくのだ。

この方法で今、関係詞まできた。
だから以前に比べれば多少は文法力はついてきてるのでは?
とは思っているけど、それがパート5,6に反映されるには
もう少し時間がかかるのではと思う。

さて、とにもかくにも新TOEICの練習テストをまずは
やってみて、自分の「現状」を把握できることはできた。
それをもとにあと5週間、どう組み立てていくかだな。

皆さんからのコメントがとっても励みになっています。
なんでも気軽に書いて頂ければと思いますm(_ _)m

| TOEIC | 2007-10-21 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

公式問題集(リスニング)をやってみました

前々からやろうやろうと思いながら放置していた
新TOEICの公式問題集をやってみました。

本当はきっちり時間をはかって2時間でやった方がいいのだけど、
なかなか続けて時間もとれないので、
今日はとりあえずリスニングパートの100問だけやってみました。

◆結果
パートI: 10問中10問正解(100%)
パートII:30問中26問正解(86.6%)
パートⅢ:30問中24問正解(80%)
パートⅣ:30問中20問正解(66.6%)

合計:100問中80問正解

◆推定スコア
400-450

という結果でした。
見てのとおり、パートⅣのスコア、悪すぎです。
それから今さらですが、パートⅢはこれまでと違い、
対話文を聞いての質問が3つずつ続くのですね。
ちょっとびっくりしました。。。

2年前に受けた時のTOEICのリスニングパートは

・2005年7月:410点
・2005年11月:445点

ですので、今回の推定スコア400-450ということは
この2年でリスニング力は落ちていないようです。
というか、伸びてもいないようです(^^;)

ま、落ちていないこことに正直ホッとはしたものの、
課題も見えてきました。

やはり私の場合はパートⅣの攻略なしではスコアアップは
望めないということがはっきりしました。質問文だけは
確実に3つとも先読みし、どこにフォーカスして聞くかを
前もって知っておかないとダメだとも思いました。

わかってはいるのですが、どうしても回答に手間取っていると
後手後手に回ってしまいます。

新TOEICはアメリカ英語だけではなく、
イギリスやオーストラリアなどの発音も入ってるという
ことでしたが、確かにあきらかにこれは聞きづらいという
というのもありましたが、幸い、日々いろんな留学生の
英語に接しているのでそう違和感はありませんでした。

アジア出身学生のアクセントの強い英語に比べれば
まだ聞きやすいというのが正直な印象です。
しかし、アメリカ英語が聞こえると、ホッとするのも事実です。

問題をやっていて聞きにくかった英語の問題をチェックして
おいたのですが、解説のほうにはどこの発音による問題かという
記述はなく残念でした。

今回の正解率は80%でしたが、確信を持って答えたもの
ばかりではなく、自信がなかったけど正解だったというのも
あるので、まだまだリスニングは勉強しないといけないと
思いました。

しかし、実際問題として、私の弱点はリーディングパートで
何回受けても300点前後という情けなさです。

次回のTOEICの対策として、
苦手なリーディングに時間をさくか、
それともリスニングを伸ばすのに時間をさくか
悩みどころです。

例の英語スクールの先生は、
「ぴあのさんぐらいだと、リスニングであと30点はいけますよ」
と言うのですが、それが本当ならリスニングであと30点、
リーディングであと20点伸ばせばぴったり800点になるのになあ。

明日はリーディングセクションもやってみようと思います。
リーディングは75分もあって読む文章量も多いから
気が重いんですよね。。

| TOEIC | 2007-10-19 | comments:8 | TOP↑

≫ EDIT

TOEIC申し込みました

来月のTOEIC、申し込み締め切りは今日の正午でした。
何事にも優柔不断な私・・・ギリギリまで迷いに迷いました。

TOEICの受験は2年ぶりです。
あの2時間ぶっつづけでの200問。
受けるとなるとそれなりの覚悟がいります。

今回の受験を思い立ったきっかけは息子の一言でした。
息子は現在、大学3年生。
この秋からいよいよ就職活動に突入ということで、
7月に初めてTOEICを受けました。
現在息子のスコアは575点、9月のTOEICはもっと手ごたえが
あったそうなので600点は突破していることでしょう。

その息子に言われたのです。
「母さんが750取ったTOEICって『昔の』TOEICだろう?
今のTOEICだったらそんなスコア取れないんじゃないの?」って。

私、こういうこと言われると燃えるんです。
メラメラ~と
「お~し、だったらその挑戦受けてたとうじゃないの」って。

でもね~現実の私の生活にTOEIC受験を盛り込むとなると
結構、日々、「しなきゃ」「しなきゃ」って気持に
終われることになりそうです。

火曜から木曜までは毎日大学での講義を担当しています。
プラス、月、水、木は自宅で英語教室があります。
授業というのは準備もあるし、終わったあとは
宿題をチェックしたり小テストを採点したりと
いった仕事もあります。

留学生が相手の仕事なので、
進路のことや日本での生活のことであれこれ相談を
受けることもあります。

大学2つかけもちで授業を担当していますが、
1つの大学では作文指導をしているため、
毎週、クラス24人分の作文の添削もしなければなりません。

月曜日の夜の高校1年生の授業の準備もそれなりに大変です。
何しろ、英文法が苦手な自分にカツ!を入れるために
この春から始めたクラスですので入念な準備が必要です。

水、木などは日中、大学で授業をし、
帰宅後、夕方に小学生クラス、夜は中学生クラスなどがあり
もうヘロヘロ状態で自分の勉強どころではありません。

それに、わたし・・これでも一応主婦&母でもあります(笑)
ま、主婦と言っても私がしてる家事と言ったら、
朝食作り、お弁当作りとあとは洗濯ぐらいで、
他の家事、特に夕飯関係はすべて夫がしてくれています(涙)
夕飯の買出し、夕食作り、後片付けまですべて夫。
なので私の生活時間の中で主婦業が占める割合は
低いのです。これは本当に夫に感謝!です。

しかし、母親業はそうはいきません。
もう子供は大学3年と高校3年、しかも息子は県外で一人暮らし
という風に大きくはなっていて、小さい頃に比べれば
もう「子育て」という感覚はありませんが、
それでもあれこれ時間や気持がとられることは多々あります。

特に娘は高校3年生。受験生です。
昨夜、娘にTOEICについて受けるかどうか相談したときに
言われてしまいました。

「あのね、私としては今回は受けて欲しくないなあ~
だって、母さん、いつも仕事の準備とかにおわれて
忙しいのにその上、TOEICの勉強とか始めちゃったら
私とゆっくり話したり、いろいろ受験のこと相談したりって
時間、なくなるんじゃない?そんなのイヤだぁ~
私の受験が終わったら、何回でも何十回でも受けていいからさ~」

と、言われてしまったのです。
これは結構、こたえました。
私って、干支がそうさせるか(^^;)、
目の前に目標ができるとついついそれに向って突っ走って
しまうんですよね~

いったんは、今回の受験を見送ろうと思いました。
しかし・・・やっぱりどこか未練のようなものもありました。

今朝、そんな私に娘が言いました。

「いいよ~受けたって。だって、母さん、受けたいんでしょ?
私のためにTOEIC受けるのやめた~なんてのはなしにして」って。

それでも、迷いました。

本当はね、私・・・
娘や息子の受験のときって、内心、いてもたってもいられなくなって
ただ見守るしかできない自分がはがゆくて、
だったら、一緒に苦しもう~私だって一緒に勉強して
その大変さを共有しよう~そんな思いがあるのです。

これまで受けてきたTOEICの受験履歴をみると、
やっぱり、子供達のそれぞれの受験の年は11月、1月と
続けて受けてる年が多いようです。

娘の言葉があったものの、それでも迷っていました。

「今回は見送って、あいてる時間は娘のために使おう!
娘が相談したいとき、話したいとき、そんなときは
いつでもOK!って感じで時間と気持の余裕を持とう」
「だいたい、今回受けたいのは息子とはりあいたいって
そんな子供じみた競争心からじゃないの?」
「今、高校文法も比較まではおさえてきたんだから
一年間やりとおしてから来年受けよう」

なんてことも考えました。
それでも迷いがありました。

そんなとき、ふと

先月末にネットで注文して届いていたものの
手付かずだった新TOEICの公式問題集が目に入りました。

新TOEIC、どんな風に変わったのか?
とにかくサンプル問題をやってみようと思いました。

各セクション1第ずつの問題ですが、やってみました。
これまで苦手中の苦手だったリーディングパート、
結構手ごたえがありました!!

なんだか、挑戦してみたくなりました!

息子と張り合いたいのではなく、ただ純粋に新TOEICとは
どんなものかチャレンジしてみたくなりました。

2年ぶりのTOEICですからスコアは下がるかもしれません。
娘との時間も大事にしたいし、日々の仕事も丁寧にやりたいので
TOEICしか見えないような生活にはしません。

それでも、受けてみたいと思いました。

ネットでの受付は本日の正午まで。
受験を決心(←ちょっと大げさ)したのが10時。
もし、ネットが込み合っていてつながらなければ
それはそれで見送るつもりでした。

が、思いのほか、ネットはサクサクとつながり、
ほんの数分で受付が完了してしまいました!
2年前もネットで申し込んでおいたのでスムーズでした。
これまで支払いはコンビニ払いだったけど、
今は私も陸マイラーのはしくれ(笑)、
もちろんカード払いにしました!

ほっ!無事、申し込みが完了したという安堵感と、
あ~これで後にはひけない。。。という悲壮感(?)

ともかく、2年ぶりのTOEIC、
あんまり欲張らず、気楽に受けてみようと思っています。

ある友人が、
「英検はプロセスでTOEICは結果」と言っていました。
言いえて妙だと思いました。

英検はそれ自体を目標に勉強するその過程に意味があるけど、
TOEICは普段自分がやってる勉強の結果がでるものだと思っています。
ですから、今回もあまりTOEICの対策勉強に走らず、
普段のラジオ英語徹トレ、通勤車中でのCNN EE試聴、
それに高校生クラスの準備をしっかりすることで
結果がついてくればそれでよしと思うことにします。

で、まだ先の話ですが、
来年の6月には英検準一級を目指すのもいいかな?とも
思っています。

とにもかくにも、
TOEIC、申し込んでしまいました~
どなたか、来月受験される方、いらっしゃいませんか?
一緒にがんばりましょうね!!

あ~でも、受けるからにはやっぱり800点とりたいな~
おっと、いかん!いかん!欲張っちゃいかん(笑)

| TOEIC | 2007-10-18 | comments:12 | TOP↑

≫ EDIT

新学期が始まると

今週の私、ほとんど英語の勉強ができませんでした。
言い訳にしかすぎませんが、
やはり仕事が忙しくとても英語まで手が回らなかった
というのが本音です。

講師を務める大学の後期授業が今週からスタートしました。
何度経験してもこの新学期スタートというのは
大きなエネルギーを要します。

ガイダンス資料をはじめとしたさまざまなペーパーを用意し
初めて出会う学生達との授業に備えます。

今回の担当は初級クラスが2つ。
そのうちの1つは全く初めて日本語を学ぶ学生が対象なので
初回のガイダンスの時間はすべて英語で行われます。
何しろ、彼らは来日したばかり、
まだ、「おはよう」も「こんにちは」も知らないのですから。

毎回、初めてのクラスは心地よい緊張感に包まれます。
今回のクラスはどんな学生達との出会いがあるのだろう?
期待も膨らみます。

教室のドアをあけたとき
留学生達がいっせいに私のを方に視線を向けました。
ニコニコしている学生、ちょっと不安そうな学生、
人懐っこい笑顔がはじけている学生、
緊張感たっぷりな学生・・・etc...

さっそくガイダンスを始めました。
もちろん、英語です。

クラスのメンバーは、
イラン、エジプト、中国、タイ、バングラデシュ、
インドネシア、ベトナムなどなど
アジア、アフリカ出身の学生ばかりでした。

英語でのガイダンスを進めていくうちにふと思いました。
私も含めて、ここにいる人たち、
「誰一人英語を母語とする者はいない」
ということに。

すごい!と思いました。
やっぱり英語ってすごい!と思いました。

私はアラビア語が話せません。
ベトナム語だってわかりません。
もちろん、ベンガル語だって。

おそらく彼らだって他の学生の母語は解さないでしょう。
でも、でも、これだけの多国籍の人たちが
みんな共通に「英語」を理解していることで
なんの支障もなくガイダンスが進行されていくのです。

やっぱり英語ってすごい!
もう一度、そう思いました。

肝心の私の英語はといえば、
何とかコースの概要や授業のやり方、それに試験などに
ついて説明し、彼らからの質問にもちゃんと答えることができました。

TOEICの点数はたいしたことないし、
英検は2級どまりだけど
こういうコミニカティブなことは
わりと楽しんでこなすことができます。
やはり、私にとっての英語とは、
人と話すためのコミニケーションツールとしての
英語という位置づけが大きいので
こういう風に人で出会い、英語でコミニケーションできる
というのは何よりも嬉しく楽しい時間なのです。

と、こうして書くと、まるで流暢に話せているように
聞こえるかもしれませんが、現実は結構つっかえたり、
しどろもどろになったり、文法がめちゃめちゃだったりも
しているのです。が、ともかく、1コマ90分、
なんとかやり遂げることができました。

次のクラスは多少日本語ができるクラスです。
クラスのメンバーもまた出身も変わります。
今度もフィリピン、韓国、ミャンマー、タイ、中国といった
アジアからの学生に加え、アメリカ、イギリス、フィンランド
などなど欧米の学生もいます。

初めて出会う学生達も徐々に緊張がとけ
和やかな雰囲気で授業が進行しました。

初日の授業が終わったあとは
なんともいえない達成感があります。
これから半年、いい授業をしよう!という意欲も
みなぎってきます。

というわけで、
今週は新しいコースが始まった週ということで
いつも以上に仕事に勢力を使い、
帰宅後はくたくたでただただ食べて寝るだけという
生活が続き、英語学習はほとんどできなかった。。
という言い訳の日記となってしまいました(笑)

| 日本語講師 | 2007-10-14 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

もっと学習時間をふやさねば

先週の月曜日から日曜までの学習時間をまとめてみました。

月曜:2時間21分
火曜:48分
水曜:20分
木曜:1時間36分
金曜:44分
土曜:1時間35分
日曜:1時間

と、一応ゼロの日はありませんでしたが、
全体的に少ないですよね。。

1週間のトータルで8時間24分、
一日あたりの平均時間は1時間12分、
ということになります。

このほかにも通勤車中ではCNN EXPRESSを聞いていたり、
中学生や高校生の英語のレッスンをしたり、
娘(高校3年)の英語の問題を一緒にやったりという
そういう時間もあるので実質的に英語にふれてる時間は
この勉強時間よりはもう少しあるということにはなります。

曜日的にみると、
月曜は夜に高校1年のレッスンがあるので
その予習をかけこみでするのでかなり勉強時間はあります。
ちょうど今、高校生は前期の期末試験の時期だったので
不定詞、動名詞、分詞あたりを随分と勉強しました。

これまで高校英文法は苦手中の苦手だったけど、
高校生を教えるようになってがけっぷちにたたされてることもあり、
少しずつ力もついてきたような気がします。

ラジオ英語はずっとトークマスターに録るだけ状態でしたが、
ちょうど先週は10月号の開始週でしたので
全部聞くことができました。

あ、私が聞いているのは「徹底トレーニング」です。
この講座、しっかり聞くと、とても内容が充実した
すばらしい講座ですね。

ちなみに土曜のリスニングテストは
パート1とパート2は全問正解で
パート3はQ1を間違えてしまいました。
(Cを選んでしまいました)

TOEIC用の語彙を増やすために、
キムデギョンの「正解が見える」の巻末の語彙を
一日5個ずつ単語カードに書いて覚えています。
そして20個になったところで娘にテストしてもらっています。
現在、ようやく40番まで来ました。

私が持っているキム本は旧TOEIC対応なのですが、
きのう書店で新TOEIC対応のキム本と比較したところ
語彙に関してはそう大差なさそうでしたので
とりあえずはせっかく持っている旧版で
やろうと思っています。

車の中でのCNNは聞けるときに聞いています。
ただ、聞き取れない単語は何度聞いても聞き取れず、
ひっかかる箇所はいつも同じなので、
ただ聞きっぱなしではなく、ちゃんとスクリプトを読んで
確認することが必要だと思います。

週に1回の英会話レッスンでは、
TOP NOTCH3という教材を使っています。
今はケガや病気に関する表現のしかたです。
これもただ授業でやりっぱなしではなく
ちゃんと復習しないといけませんね。

なので、この1週間を振り返って

◆よかったこと
・ラジオ英語が毎回聞けた
・不定詞、動名詞、分詞がわかってきた
・車の中でのCNNを聞く習慣ができてきた
・このブログを開設した!

◆課題
・絶対的学習時間を増やす
・英会話クラスの復習をすべき
・CNNのスクリプトを読む

というところでしょうか。
今週からは、大学での後期授業も始まるので
忙しくなること必須です。

勉強時間を確保するには、
夕飯でのお酒を減らせばいいのでしょうが、
(いつも飲んだあとは勉強はできない。。)
こればっかりはストレス解消もかねているし、
私の一番の楽しみなので、なかなか減らすことは
難しいなあ。


| 学習記録 | 2007-10-08 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の英語力

以前のブログから英語学習関係を抜き出して
新しいブログを始めてみようと思います。
まずは私の英語力について書いてみます。

私は大学で留学生に日本語を教えるという仕事をしています。
基本的に授業は日本語で行いますが、場合によっては
英語で説明したり質問を受けたりすることもあります。
そういったことは何とかこなすことはできます。

自宅で細々と子供達を対象にした英語教室もしています。
さまざまなワークショップに参加し、経験をつみ
これまで小中学生に児童英語を教えてきました。

しかし、それではいつまでたっても自分自身の文法力が伸びず
自分の勉強もかね、今年の4月から思い切って高校1年生の
クラスも開講し、苦手な英文法と格闘しています。

高校1年のクラスの生徒4人は、
小学校2年生のときからずっと一緒に英語をやってきた
生徒達。子供達ともお母さん達ともお互い気心がしれています。

これまでも中学3年生の子達が卒業していくとき、
「高校生になっても教えて欲しい」と言われながらも
自分の英語力に自信がないため、固辞し続けてきました。

でもでも、それではいつまでたっても状況は変わりません。
「教える」ということで自分を崖っぷちにおいこめば
日々忙しいから・・なんて言い訳は通用せず、
いやがおうでも勉強することになるでしょう。
そう、思い、今年の4月から始めることにしたのです。

毎週土曜日の午後7時までに4人の生徒達からそれぞれの
高校での進度がメールで送られてきます。
それにあわせ、私が翌週の進度の予想をつけ予習し
授業にのぞむというまさに自転車操業の授業です。

TOEICはこれまでに8回受験しました。
一番最近に受けたのは2005年の11月です。
そのときのスコアは750点でした。
内訳は、Lが445点、Rが305点でした。

そろそろそのTOEICのスコアをリニュアルすべく
来月の受検を考えています。

このブログでは、日々の英語との取り組みについてや
TOEIC受検に向けての奮闘などを綴っていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

| はじめに | 2007-10-07 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |