||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「新しい扉」を開く

今回の東京行きは、
・ミニドラ君に会う
・ぴあの塾オフ会に参加する

という目的がありましたが、
それ以外に、

「新しい扉」を開く!というのがありました。
これ、私の今年のテーマでもあります。

去年の9月に赴任してきた先生が
非常に多趣味の方で、
私の東京行きを聞いて、観光以外の時間の過ごし方をいろいろ伝授してくれました。

歌舞伎
オペラ
バレエ
お芝居
寄席
ビルボード

などなど、今までの私には全く縁がなく、
私には無縁の世界を

懇切丁寧に
チケットの取り方やその楽しみ方などなど、

そして、その先生曰く

「ぴあの先生、この世にはいろんな楽しみの「扉」があるんですよ~
私ができるのはその「扉」を紹介するだけ。
開くのは先生ご自身ですよ」と。

なんと、素敵な言葉でしょう。
「人生の新しい扉」

今回、母のこともあって

≫ Read More

| こころ | 2017-02-06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリンピックを見て感じる「心のうずき」

連日のメダルラッシュが続くオリンピック。
以前の日本人って、いっつもいいところまで行きながら最後の最後で負けてしまう。

そんなパターンが多かったように思いますが、
レスリングといいバドミントンといい、まさかの大逆転の連続!

そして、昨日の男子100✕4リレー、
誰もファイナリストもいない、
誰も9秒台は出してない
そんな4人が、チームワークとバトンの連携で、見事銀メダル!!!
大興奮で見ていました。

昔バドミントンをやっていたころ、
よく監督に言われたのは、

ダブルスというのは、1+1=2ではなく、
それが3にも4にもなることもあれば、
逆に2以下になってしまうこともあるということです。

金メダルを取ったタカマツペアはまさに、
二人の力が合わさってそれが3にも4にも10にもなっていたし、

男子リレーは1✕4が4ではなく、
10にも100にもなっていたと思います。

こういうペア力、チーム力こそが、日本人の真骨頂!
恵まれない体型や体力、瞬発力をカバーする大きな力だと思いました。

オリンピックを見ていて、
日本人選手の活躍を見ていて、
自分が日本人であることが誇らしくなりました。

それと、同時に思うのは、指導者の力の大きさです。

水泳の平井監督、
柔道男子の井上監督、
そして、2年前から日本チームに復帰したシンクロの井村コーチ、

それぞれの指導スタイルは違いますが、
選手の力を十分に引き出し結果につなげる手腕は本当に素晴らしいと思います。

オリンピックを見ていて、
私も日本語講師という仕事を、
誇りを持って続けていきたい!

ぴあの塾も
細々とではあるけど、
一人一人に寄り添って
生徒さんの力を十分に引き出せ結果に結びつけるように指導したい!

そんな熱い思いがこみあげてきました。
昔、浪人していた時に読んだ岩波新書の本の中に、
何かに感動したときに感じる「心のうずき」について書いてありました。

オリンピックを見ながら感じた

これからも日本人として世界中からの留学生に真摯に日本語を教えたい!

ぴあの塾レッスンを通して1人1人と英語の持つ世界の楽しさを共有したい!

これらの思いが、
私にとっての「心のうずき」なのかなと思いました。

The Witness昨日読了しました。

The Witness
The WitnessNora Roberts

Jove 2014-01-28
売り上げランキング : 72376


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


488ページある本でしたが
図書館の返却期限に間に合いました。
この本についてはまた改めて記事にします。

| こころ | 2016-08-21 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

さくら

熊本地震から一週間が過ぎました。
被災されたすべての方に、心からお見舞い申し上げます。

私の大事な友人、
そしてぴあの塾のメンバーも被災し、
避難生活を余儀なくされています。

友人は益城町に住んでいて、
今はテントの中で避難生活を送っています。

心配する同級生たちを気遣ってか、
facebookにキャンプ生活だよ~とか、
ご飯ができたよ~など、
明るい写真を載せてくれています。

先日などは、
倒壊した家の中からウェッジウッドのカップを見つけ、
それでコーヒーを入れての朝ごはんの写真。

そして、ご主人が大切に育てていた
一輪のバラが咲いたよと
復興のバラの写真。

大変な中、
少しでも生活を明るくすることを見つけ、
ポジティブに前に進もうとしている姿に
逆に私たちの方が励まされています。

ぴあの塾の大事な塾生も被災されました。
ここに詳しいことは書けませんので、
塾生の方はどうか掲示板に行って
私の立ち上げたスレッドを読んでみてください。

何もできない私たちですが、
少しでも彼女を支え、力になれたらと祈っています。

さて、私の方は新学期から2週間、
まだまだ学生のレベル移動など落ち着きませんが、
それでも、仕事に行くという生活にはだいぶ慣れてきました。

4月上旬のある日のこと、
9連勤中の娘(一人暮らし)が、
突然夜うちに帰ってきて、

「さ、母さん、夜桜見に行くよ!」と。
そして、自分の車の私を乗せて、きれいな夜桜を見せてくれました。

ホテル勤務の娘は、
連日、満室続きで忙しいのに、
わざわざそんな中、勤務を終えて私を夜桜に。

2016-04-04 22.04.32

満開の桜を見ながら、
「今年も見れてよかった」〜という私に、

「2年前(闘病中)桜見た時、母さんが、来年はみられないかもって泣いたから、絶対毎年見せる!ってあの時決めたの」って娘。

ありがとう。

そういえば、広島から帰ってきた時、
テーブルに一輪の桜が。
夫もさりげなく桜を飾ってくれていました。

2016-04-03 10.11.23

私自身も、宮島で原爆ドームで、ホテル近くの川辺で、それはそれは、きれいな桜を見ることができました。

2016-04-01 16.20.34

2016-04-02 11.10.33

2016-04-02 12.38.05

どの桜も、それぞれにとても美しかった。
桜にこめる家族の思い。
私の思い。

大病をしたときは、
もう桜は見れないかと覚悟もしたけど、
こうして、1年、1年、また1年ときれいな桜をめでることができました。

もちろん、来年も再来年もず~っと見ますよ!!

熊本、大分で震災に合われた方々も、
来年の桜の頃には、

少しでもいい状況になっていますように。
少しでも、心癒されていますように。

| こころ | 2016-04-24 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

4年前の記事が教えてくれたこと

4年前の2月に「コンプレックス」という記事を書きました。

お時間のある方は、よかったら読んでみてください。
記事だけではなく、そうそうたるメンバーからのコメントもぜひ!

コンプレックス

当時の私は、

勉強しても勉強しても900点が取れず、
洋書は児童書すら読めなくて、
会話力も中級をうろうろ


勤務する大学にも、どんどん新しい30代前後の海外経験組が同じ非常勤講師として入ってきていて、全員が修士以上、博士を持ってる人も何人もいて、休みは論文に学会発表と研究にいそしんでいて、

私、コンプレックスの塊でした。

コンプレックスがあるのに、
あるくせに、

いや、あるからこそ、
自分を背伸びさせたり、
よく見せようとあがいたり、

人からすごいと思われたいなどという他者評価に固執したり、、、

自分に自信がないから、
自分が好きになれず、
なんだか空回りしてる毎日でした。

そんな思いを綴ったのが、「コンプレックス」でした。
それに対して、

≫ Read More

| こころ | 2016-03-15 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ナイストライ

浪人している甥っ子(弟の息子)の京大の合格発表、今日の正午にありました。
両親(祖父母)は先週からそわそわ(笑)

私は昨日までは、
すでに慶應にも受かってるんだから、別にいんじゃないの?と思っていたのですが、

朝になって、弟とLINEしていて、弟が「祈ってます」なんて送ってくるもんだから、私までがだんだん緊張してきました。

そんな中、朝9時過ぎにLINEの着信音が。
これまた浪人している4年前の教え子の「とし」からでした。

彼は去年、神戸大を受けて不合格となり、
その時、「先生、おれ1年がんばって浪人します!」と報告してくれていて、私もここ2,3日前からどうなったかな?と気になっていたのです。

「先生、久しぶり」から始まり、
なんとなんと、

≫ Read More

| こころ | 2016-03-09 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT