||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英語を使ってるときの脳内の様子

皆さんは英語を読むとき、聞くとき、話すとき、書くとき、頭の中で日本語⇒英語とか英語⇒日本語という作業をしていますか?

私の場合は、この変換作業が一番多いのは、「書く」ときです。で、他のときはどうだろうか?と検証しました。というのも、RonとTIMEを読んでいて、もしかして、私が読めなくてネックになっているのは、そのせいかな?と思いいたったからです。

今読んでる記事の4段落の中では、
たとえば、

Second, each offers only an empty theory of Islamic “reformation.”
というような短い文で知らない語彙もなければ、英語⇒英語で日本語を介在せずに読んでいました。

しかし、次の、
Third, and perhaps most significant, each refuses to acknowledge the practical and proven models from Muslim organizations that have long existed well before 9/11 that analyze Islam from a position of honesty and scholarship, and demonstrate that it is not Islam that needs reformation—but Muslims themselves.

というような長い文になると、それもthatでつながれた関係代名詞が複数存在すると、たちまち迷子になり、順番に文の構造や何が何をさしてるのかを確認しながら、「和訳」していかないと絶対に理解できないと、自分で決めつけてかかっていました。

「ぴあのはいつもそうなの?」と聞かれ、そこで、はっ!と気が付きました。

多読の時は全く日本語に置き換えていない!!
洋書を読むときは、どんなに長い文でも訳してなんていない。

それはなぜなんだろう?
たとえ迷子になっても、よくわからなくても60%の理解でも、「読んでいくうちに、そのうちにわかるようになるだろう~」という、特に根拠のない思いが多読歴が長くなっていくにつれて自分の中でできてきたのです。

それに、試験じゃないんだから正解を出さなくても、「楽しめていればいいや~」という気楽さもあります。

Ronに、記事読みでもそのスタイルでいいんだよ!と言われました。

一字一句理解する必要はないし、そうやって流れで読めていればポイントもとれているし、それで英検の質問位には答えられると。私は最近かなりドラマも見てて、洋書も読んでるから英語脳になってる部分がかなりあるから、そのスタイルで読めばいいと。で、内容把握しているかの質問をどんどん振っていくからと←怖い(笑)

次に、聞くときはどうか考えてみました。
Ronと話すとき、他のレギュラーの先生たちと話してるときは、私はまったく日本語を介さずに、英語を英語として聞いていることに気が付きました。ニュースや試験教材などは、英語⇒英語が基本ですが、わからなくなると、どうしても英語⇒日本語にして意味を確認しようとしています。そしてさらに迷子になっています。そうでなくとも、わかったときには次の英語が流れています(汗

話すときはどうか考えてみました。
基本はスピードに乗って、英語⇒英語ですが、それでも使い慣れていない文型を使おうとするとき、言いたいことに合う語彙をなんだっけ??と頭の中で探しているとき、脳の中では複雑に英語⇒英語、日本語文法チェック、語彙探し、日本語⇒英語と同時にいろんなことをしています。

Ronに、「私は話すときに正確性が大事だと思って、話しながら同時進行で文法チェックしたり文の順番考えたり、単語探したり忙しいんだけど」というと、まずは私がそんな風にしてることにびっくりしていました(笑)そして、

会話はライティングと違って文法の正確さは求めなくてもいいと。。大事な順番は、

1.contents
2.fluency
3.accuracy

の順番だと。
そして、私の場合は最近チャットボックスにほとんどコレクション(直された文)がないのだけど、それはスルーできる範囲内のマイナーなミスしかないからだと。

品詞の間違いや見逃せない間違いは必ず指摘するけど、時制や3単のsなどの間違いは、理解しているけど思わず間違ってしまったミスだと判断してスルーすると。

ただし、同じ間違いを3回したときは、それはたとえ小さな間違いであっても、ぴあののhabitになっていると認識するから、指摘、訂正するようにしていると。

そのミスが何回かちゃんと記憶しカウントできてるのがRonのすごいところです!

まあ、キャンセルが多くて、次のレッスンがいつかはわからないけど(笑)私のこの5,6年の英語の歴史を把握してくれてる先生がこんな風に見ててくれることは本当にありがたいことです。

まとめると、
◎読むとき
簡単な文以外は訳してる(日本語介在率大)

◎聞くとき
会話時はほぼ英語⇒英語(日本語に置き換えることはほぼ皆無)
教材・ニュース類は英語⇒英語ができないときは日本語介在

◎話すとき
英語で考え英語で話すこともあるが、
使い慣れない文型、文の順番の確認、言いたい語彙探しなどは日本語が介在

◎書くとき
決まり文句以外はほぼ英作文している。
日本語⇒英語率高し

これらを少しでも多いシェアで英語⇒英語にできるようにしたいな~
皆さんの脳内はどんな感じでしょうか?

| A&A | 2016-10-29 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

本日のレッスン回顧録

Rとのレッスンは毎週木曜、金曜に受けていますが、
木曜は1週間ぶりなのでフリートークになることが多いです。

今日も、どうしてた?という話から始まったので、
前回記事にしたように、「お盆に感じた母の老い」について話しました。

最近、私の英語はつくづく、
ワンパターンだな~と思っていたので、
今日は単文ではなく複文で!

そして思ったことをただスピーディーに言うのではなく、
時間がかかっても頭の中で英作文しながら
正しい文型や構文を意識しながら話すようにしました。

いや~当たり前のようですが、
日本語ではさらっと言えることでも英語だと言えませんね(笑)

以下は、今日私が話したことを備忘録のために記録しておきます。

≫ Read More

| A&A | 2015-08-20 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

英会話力はどうやってUPするのか

ここんところ、自分の英会話力が落ちたなーと感じています。
なんというか、流暢さがなく、慎重になっていて
というか、語彙が出てこなくて、、、

自分でも情けないなー
以前はブロークンでももっとスピーディーに話せたのにーと。

半年ぐらい前に、
「量より質!」とオンラインレッスンの回数をほぼ半分に減らしたのですが
やっぱり質も大事だけど、量も必要なのでは、、、と思う日々。

半分に減らしたときに、Ronから1か月様子を見て、
1か月後に私の会話力が落ちたかどうかを判断すると言われていたのですが、

ずっとそれが怖くて聞けないまま半年たってしまいました。
で、昨日思い切って聞いてみました。

「自分では、ここんところ会話力がすごく落ちていて
流暢さにかけると思うのだけど、Ronから見てどう?」と。

すると、

≫ Read More

| A&A | 2015-01-10 | comments:9 | TOP↑

≫ EDIT

Rは私のメンターかも

ぴあの塾レッスンで生徒さんにアドバイスをしたり
今後の学習の方向性を示すことがよくあるのですが、
自分自身の今後について最近あれこれ迷っています。

今年の初めにlearn naturallyというキーワードで
英語学習をスタートしました。

今、海外ドラマ、洋書、オンライン英会話と
まさに楽しみながら、naturallyに勉強しています。
でも、どこか物足りなさも感じています。

塾生のみんなが一生懸命にTOEICのスコアをあげようとしていたり
スタプラ仲間が英検1級に向かってがんばっている姿を見るにつけ、
私はこんなぬるま湯につかったような英語学習でいいのか?
と自問自答していました。

自分ではなかなか考えがまとまらないので
ブログ仲間に意見も聞いてみました。
さらに今日のRとのレッスンで今思ってることを1つ1つぶつけてみました。
たとえば、

≫ Read More

| A&A | 2014-02-13 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

要約Before After

Rとのレッスンで中国医療システムの腐敗についての記事を読みました。

How Corruption Blights China’s Health Care System

経済発展の目覚ましい中国ですが、
病院は政府からのサポートが十分に受けられず、
医者の給料も安いため、hongbaoと呼ばれる賄賂?が存在し、

患者やよりよい治療を受けるために
当然のようにhongbaoを渡し(約160ドル相当)、
医者も何の疑問も持たずにそれを受け取っている。

もし、これが問題視されて該当する医師が逮捕されたら
中国にはもはや医者は存在しなくなるであろう。

といった内容です。
記事レッスンの後にはいつものように要約の宿題がでました。

≫ Read More

| A&A | 2013-09-06 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT