||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

え?1級エッセイが28/32点?!

英検って本当に親切&スピーディな試験ですね。
まず、試験問題は持ち帰れる。
翌日には解答速報が発表になる。

そして、2週間後には合格発表。
その数日には詳細なレポートが送られてくる。

昨日はその詳細レポートが届きました。
筆記、リスニング、1問1問について、
私が何を選び、正解か不正解かそして正答は何かが一覧に。

さらには、
大問別正答数・出題のねらいと学習アドバイスも。

TOEICのアビメは慣れてないと、
Rの語彙、文法以外のL5つR3つは何を指すかがわかりにくく、

よくレッスンで、
1つ1つのアビメの数字が何を差し、
そこで何問中何問正解だったかを説明すると、
初めてアビメの見方がわかったと驚かれることがよくあります。

それに比べると、
英検は実にシンプルかつ丁寧という印象です。

何しろ、準1級合格以来7年ぶりの英検受検なので
なんだか1つ1つが新鮮です。

で、一番知りたかったエッセイの詳細がわかりました!

なんとなんと、
32点満点中28点で得点率は実に88%!!

その内訳に、これまたびっくり~~~

1701essay.jpg

内容点が8点中8点!!!
えええ??
あの内容で満点???

構成の7/8点は、
一応、英検のフォーマットにそって書いたし
28行中27行はしっかりうめたのでそんなものなのかな?

文字数はここに入るのかしら?
そもそも、採点する人って文字数数えるのかしら?(笑)

語彙は7/8点。
たぶんスペルミスもあったと思うし、
1級レベル語彙はほとんど使ってないわりには
予想以上に点数がもらえびっくり。

文法は6/8点。
ボディの3つ目の理由は、
時間の制約も気になっていて焦り、

それに理由がなかなか思いつかず、
とってつけたようなものを、ちゃちゃっと書いたので
このあたり整合性もなければ、文法もはちゃめちゃだったような。

ともかく、初挑戦でエッセイでこんなにも点数をもらえ、
どうもありがとうございましたという感じです。

過去問をやっても
エッセイパートだけは自己採点ができませんし、
自分のエッセイに何点ぐらいつくのかは興味があったので、

今回、私的にはタイトルを見て、
一瞬うぅぅ・・・
そもそも、タイトルの意味すら最初は理解できず、
時間をかけてやっとタイトルの意味がわかってから、

「言論の自由の制限は正当化できるか」

う・・・ん、
そんなこと、日本語でも考えたことないよ・・

正当化って何?
できる?できない?
言論の自由の制限って、どこまでが制限??

と、ぐるぐるしながらも、
書いてるうちに思いつくか~と書き始めたのでした。

私は話すときも書くときも
事前にメモしたりすることなく、

いきなり話だすし、書き出すしで、
そして話しながら、書きながら
勝手に口や手が動くという感じです。

だから、きっと論理性に乏しいのでしょうね。

昨日はあの内容で満点だなんて、、、
謙遜でもなんでもなく、
ただただ腑に落ちなくて、

Ronとチャットしながら心を落ち着かせました。

嬉しいは嬉しいけど、
英検1級のエッセイってもっともっと高いものを求められると思っていたし

それを目指していけば
自分の英語のブラッシュアップになると思って
受検を決意したというのもあっただけに、

正直、かなり戸惑い、びっくりしてしまったのです。

でも、英検としても
専門家の意見を求めているわけではなく、
そのエッセイを通して、その人の英語力を測りたいのだから、

そこまで深いこと、
高いレベルのことは求めてはいないのでしょう。

改めて、「内容」というところの説明を読んでみると、

「課題で求められている内容が含まれているか」
なので、

課題から外れずに自分の意見を英検的なフォーマットで
求められている字数を書けば点数はでるのかもしれません。

Ronも
Haha! I told you it's about being able to express yourself.
Not much on the content.^^

と言っていました。
そうなのか。

だとすれば、次回からも
エッセイでは700前後もらえるかもしれない!

それなら、
合格も夢じゃないかも!
語彙で確実に20問前後取れればいけるかも!

いや~受けてみるものですね。
受けてみないと見えなかったことがいろいろ見えたこと、
思い切って受けて本当によかったです。

もちろん、
読解、リスニングとも課題満載ですが、
それらを英検教材ではなく、

私なりのやり方で、
学習を続けていきたいと思っています。

ぴあの塾でも今、英検がブームで(笑)
今日は、準2級の2次対策、2級に向けての準備、
そして準1級対策レッスンをします。

TOEICもいいけど、
英検もおもしろいですね~

そう!
英検がおもしろい!

そう思えたことが、
最大の収穫だったのかもしれません。
だって、1級受けるのずっと怖かったんだもの(笑)

受ける大きなきっかけをくれた
英検1級合格マップの著者のJunさんと、
スタプラの学習仲間に感謝します!

【音声DL付】 英検1級合格マップ
【音声DL付】 英検1級合格マップJun

アルク 2016-12-15
売り上げランキング : 132995


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 英検1級 | 2017-06-23 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

初チャレンジの英検1級結果

人生初の英検1級の結果がでました。
もちろん不合格。

が、大惨敗だと思っていたら、
意外にも、なにげに惜しい~~と思えるスコアでした。

eiken201701.jpg

今回、リスニングもリーディングも全くできず、
結果を見る楽しみは、
いったいあんなエッセイで何点もらえるのか?という興味のみでした(笑)

そのエッセイで、意外にも700点を超えるスコアがもらえびっくり!!
テーマは、

‘Can restrictions on freedom of speech ever be justified?'
で、初めはテーマの意味そのものを理解するのにも時間がかかり、
やっと「言論の自由の制限は正当化できるか?」だとわかったあとは、唖然、、、、

だって日本語でも考えたことがなかったんですから。。
でも、書かねば~と、とにかく行を埋めていきました。

論理性のかけらもないエッセイだと思いました。
でも、Ronレッスンで何本かエッセイを書き添削を受けてきたことで
内容はともかく、「書く」ということそのものへの慣れはありました。

夫は、惜しいっ!!
なぜくやしがらないの??
と不思議そうですが、

私は今日の結果を受けて、
純粋に嬉しいのです。

だって、いままで私なんかが逆立ちしても受からない。
雲の上の上の、そのまた上にあると思っていた
英検1級。

それが、なんか、ちょっと手を伸ばして
そこからもうちょっとだけ伸ばせば、
届くかも??

そう思えたことが嬉しかった。

TOEIC870とってから、
悲願の900点突破をはたすまで
丸3年、12回の挑戦を続けてもぎとった910点。

その後、大病をしたことで、
あの、髪振り乱し、鬼気迫る勢いでの勉強から、

learn naturallyという姿勢で、
洋書を読み、海外ドラマを楽しみ、レッスンで会話を楽しむ。

そういう楽しみながらの英語をしながら、
1級語彙だけをやっていただけなのに、
それでもやっぱり力はついてきてることがわかり、

それが嬉しい。

もちろん、リーディングもリスニングも全然1級レベルじゃないけど、
それだけって、このまま続けていけば
いつかそのレベルになるかもしれない。

夫は、

ね~本当に悔しくないの?
おれだったら悔しいけどな~

と言います。
でも、私は、思います。

今の私のこんな力で受かってはいけないのだと。
そんなレベルの1級であって欲しくはない。

私の中の英検1級というのは
崇高で気高くそびえる山のような感じです。

だからこそ、簡単に合格できるはずもなく、
今の私がたとえまぐれでも受かってはいけないのです。

それに、悔しいと思うほど勉強してないから
悔しがる資格もないというか。

悔しいどころか私は嬉しいの。
この結果にお祝いしたいの。

そして、簡単に受からないからこそ、
1級を指針に勉強できるの。
そしたらもれなく英語力がご褒美についてくれるの。

そう言うと、

「そうなのか~オレにはわからないな~」

と、言いながら、晩御飯の準備を始めてくれました(笑)

きっと彼は英検1級そのものがわからないからなのでしょう。
それだけに、英語仲間とシェアできるのが嬉しい。

Twitterやスタプラでの仲間からの
いいねやコメントが本当に嬉しい。

ともかく、1級受けてよかった!!

英検、いい試験だな~
これにそっていけば間違いないな。

次は10月です。
完全特化をするつもりはありませんが、
楽しみながら受験を続けていこうと思います。

| 英検1級 | 2017-06-19 | comments:14 | TOP↑

≫ EDIT

英検1級初受験までの学習まとめ

怒涛の1級関係記事のアップ。
今日の記事で最後の予定です。

初回受験について総括しないと、
次に進めない気がして落ち着かないのでUPしますね。

初受験までにどんな教材で何をしたかのまとめです。
まずは、教材を並べた写真です。

18814111_1697189566977650_2577368140162138805_n.jpg

では、それぞれの教材について書いていきます。

1.パス単
英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)
英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)旺文社

旺文社 2012-03-16
売り上げランキング : 2062


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは去年の4月からコツコツやりました。
が、本よりむしろアプリを使ってやる方が多かったです。

何周もやりましたが、
たとえば最後に回した周回でも
A動詞・名詞・形容詞の700語で30語間違っています。
あ、これはアプリの4択でです。

現在の私のパス単画像↓

写真 2017-06-09 16 45 06

まだ使用感がそんなにありません。
試験会場で皆さんが机の上においてたパス単は
もっともっと使い込んでる感じでした。

2.ミニ模試
毎日ミニ模試英検1級
毎日ミニ模試英検1級阿部 清直

テイエス企画 2014-01-23
売り上げランキング : 196365


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コンパクトで解説も丁寧で紙質も好きな模試ですが、
通しでやったのは、Day1,2,4,5,7の5回分のみ。

語彙だけは(毎回10問×8日分)4周しました。
周回ごとの平均正解率は、

48.75% - 61.25% - 72.5% - 83.75%

と推移し、試験直前は
4回とも×だった問題、
4回とも×か△(勘で正答)だった問題に絞り、
少なくともここに出てる80問だけはできるようにしました。

3.語彙問題完全制覇

出る順で最短合格! 英検1級 語彙問題完全制覇
出る順で最短合格!  英検1級 語彙問題完全制覇ジャパンタイムズ ロゴポート

ジャパンタイムズ 2015-05-01
売り上げランキング : 78399


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これもミニ模試同様、
過去に実際に出た問題から構成されています。

出る度A、Bと模擬テストに分かれていますが、
出る度Aの動詞、名詞、形容詞、熟語の100問のみ2周しました。

1周目で60%、2周目で71%とあまり変化なしでした。
こちらも試験直前は、
2回とも×もしくは△の問題をしました。

4.英検1級英作文問題

英検分野別ターゲット英検1級英作文問題
英検分野別ターゲット英検1級英作文問題旺文社

旺文社 2014-11-25
売り上げランキング : 15219


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本で1級英作文がどんなものかをチェック。
実際に書いてRonの添削を受け、自分で納得できるまで書き直して清書したのは、

Unit3,5,8,9,10の5本のみです。
敢えて自分が苦手な分野から選びました。

サイエンス、環境、政治、ビジネスなどです。
ま、ほとんどが苦手で得意というかなじみのあるテーマは、
「教育」ぐらいなんですけどね~

清書は実際に用紙にハンドラインティンぐで書いて
どの程度の文字の大きさで何行ぐらい書けば何文字になるかの感覚を持つようにしました。

18921952_1697189560310984_5601029213082055507_n.jpg

5.過去問

2017年度版 英検1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)
2017年度版 英検1級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)旺文社

旺文社 2017-02-27
売り上げランキング : 8854


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


6回分入ってる全問題集ですが、
実際にやったのは、
2015年2回、3回、2016年2回の3回分のみ。

このうちエッセイまでちゃんと時間を測って書いたのは2回のみ。

これ以外に大問1のみの過去問は、
2010年3回、2011年1回、2回、3回の4セットやりました。
正答数は、19, 18, 18, 11でした。

6.英検1級合格マップ

【音声DL付】 英検1級合格マップ
【音声DL付】 英検1級合格マップJun

アルク 2016-12-15
売り上げランキング : 35010


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Junさんのこの本は、
発売してすぐに購入し通読しました。

その後も各大問ごとに行き詰まったり
ヒントが欲しい時はその都度その個所を読み、
指針としていました。

以上、こうして振り返ってみると
どれもこれも中途半端な使い方で
道半ばという感じです。

何しろ、1級がどんな試験かもよくわかっておらず、
いったいどんな教材で何をどこから手を付けていいかもわかっていませんでした。

TOEICと違い、パート3と言われても
それがどんな問題かもわからず、

パート1と言っても
設問が印刷されてるのか、選択肢のみなのかも知らない。

そんな状態からのスタートでした。
やっと1度受けてみて、
1級とはどんな試験で何が求められてるのかが
ぼんやりわかった程度です。

10月までの4か月、
まずは語彙レベルを上げること、
そして多読と精読で読解力を磨くこと、

さらに、リスニング力もライティング力も、
あれ、全部か?(笑)

まあ、10月がダメでも1月があるし、
それがだめでも6月があるというように、

気長に、1つ1つ固めていけば、
いつか結果として合格がついてくるのでは?
ぐらいのスタンスでいきます。

やっとここれで、
今回の英検1級初受験の総括が終わりました。

お付き合いありがとうございました!

| 英検1級 | 2017-06-09 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

自己採点結果を受けて ~ここからがスタート!!~(癒しのミニどら君画像追加)

試験を受けた翌日の13時、
英検のHPで解答が発表になりました。

見たいような、
見るのが怖いような。

大学には問題用紙を持って行かなかったので
帰宅後、15時すぎぐらいにアクセスしてチェックしました。

まったくお恥ずかしい結果で、
前日の1級を受けた!!という誇らしさや
達成感、すがすがしさが、

いっぺんにぶっ飛んでしまった
惨憺たる結果が出ました。

こんな結果を公表したら、
は~~~~~~~~~?

そんなんで本当にTOEIC930点?
リスニング満点???
とか、あきれられそうですが、
根が正直なので(笑)隠さずそのまま発表します。

〇大問1(語彙)
25問中14問正解(56%)

私にしてはまずまずだと思います。
1級学習する前までは5,6問しかできなかったし、
それもほぼ勘だったのが、

今回はちゃんとわかって選べた問題も数問あって
他にも正解はわからずとも消去法で正解できたり
なんとなくだけどわかったものも10問はあったので、

今のまだ発展途上の私のちょうど実力が反映された結果だと
思います。まずまずの滑り出しです。

〇大問2(空所補充)
6問中3問正解(50%)

う~~~ん、ここはあと1問正解したかったぁ。
でも、大問2はもともと苦手で、
なのに対策らしい対策もしてこなかったし、
ま、私にしては大崩れせず、

最低ラインの50%が死守できたので
まあよしとしましょう。

〇大問3(読解)
10問中3問正解(30%)

なんじゃこりゃ!!!!!!!!
はぁ・・・・・・・・・・・・・・←際限なく深いため息

読解対策はやってこなかったけど、
それでもこれまで解いた過去問では
最低でも6割は取れてきた。

なんおに、3割って・・・・
さすがに、これには打ちのめされました。

ちなみに問題別では、
最初の問題で1問、
難問と言われてる2番目は全滅。
時間なくてテキトーに答えた3番目で2問です。

いや・・・
いかに普段、読んだつもり、読めた気になってたかですね。。
まったく恥ずかしいやら情けないやら、、、
もうね、、、がっくりです。

では、リスニングいきます。
リスニングだけは、1級レベルなんとか死守・・
のつもりでしたが、ここでも・・・

〇パート1
10問中7問正解(70%)

パート1はだいたいいつもこんな感じです。
大崩れしない代わりに取れても8問程度なので
7割というのは順当です。

〇パート2
10問中6問(60%)
ここもこんなもんでしょう。
直前にやった過去問では9問正解で、
何かコツがわかった気がしたのですが、

それは単なる錯覚だったようで、
私の実力はやはりこんな程度なんでしょう。

〇パート3
5問中2問(40%)

これはショックでした。
ここはできたつもりでした。
4問取れたつもりでした。
なのに2問・・・・

いかに聞けたつもりになっていたかが・・
読めてるつもり、聞けてるつもり・・・
つもり、つもり・・・はぁ・・・

〇パート4(インタビュー)
2問中0問(全滅)

以前はパート4結構得意で2問とも正解ばかりだったのが
前回の過去問での全滅に続き今回も全滅。
ここはまともに実力が反映されるパートですよね。
いやはや力不足です。


ということで、
読解もリスニングも
これまでのどの過去問でも取ったことのない
一番低い点数になってしまいました。

「惨敗だったぁああああ」

と、ぴえに言うと、

「惨敗じゃない。惨敗というのは合格レベルにある人が言うこと。
ぴあのは、今回は下見でもともとそのレベルになかったんだから」

と、慰め?かえってきつい?

ともかく、自己採点をしてしばらくは、
打ちのめされて、
声を失い、
はぁあ~とため息しかでませんでした。

しかし、
ここであきらめるわけにはいきません。

それに、確かに、ぴえの言うように
もともと、「惨敗だ~」とかいうレベルにはありませんでした。

ここからがスタートです。
このラインが私の今の立ち位置なのです。

ある意味、やったことが如実に反映されています。
だって、やったのは語彙だけだから(笑)

これまで5,6問レベルだったが語彙が14問取れた。
あとは、やってないのだから仕方ない。

それどころか、

聞けてるつもり
読めてるつもり

そんな「つもり」状態だったのが、
はっきり

聞けてない
読めてもいない

ことが判明したのだから、
それならば、

聞けるように
読めるように

努力するしかないんですよね~
なんか、すっきりしました。

全然たいしたことないんだ~~~私。
と、わかってすっきりしました。

どこかに、おごりがあったんだと思うんですよね。
心ひそかに、いざとなったらそこそこできるんじゃないかって。

でも、練習なくして試合で勝てないように
ろくに勉強もせずに本番で力がでるはずもないんですよね。

昨日はA大学の図書館に行き、
過去問の問題集とCDのセットを借りてきました。

同僚たちとは、昼休みに
エッセイのテーマについて、YESやNOの立場で
日本語ではあるけど意見交換しました。

こういう環境であることに感謝です。

今回の英検は残念な結果ではありましたが、
受けたからこそ見えたこと、経験できたことがいろいろありました。

この結果を真摯に受け止めて、
前に進もうと思います。

最後にミニドラ君の癒し画像~

写真 2017-05-21 21 27 46

半年になりました~
今どきは、「ハーフバースデー」って言うんですね。
どらみちゃんの飾りつけも素敵♪

写真 2017-06-03 12 03 50

今にもハイハイしそう。
後ろ向きでもかわいすぎる。
スタイが後ろにずれてるのがさらにかわいい←ばばバカ

写真 2017-05-30 18 23 29

こんな笑顔で見つめられたらメロメロだぁ~
ばぁば、がんばるけんね!

| 英検1級 | 2017-06-07 | comments:6 | TOP↑

≫ EDIT

受けてきたよ!英検1級!!その2(試験実況レポ)

さ~試験が始まりました。
13時30分スタートです。

まずは大問1の語彙問題です。
今回は試験対策らしい対策は語彙だけだったので、
ここで真価が問われます。

とはいえ、もともと語彙は苦手で
準1級から始めたので自信を持って答えられる問題が
ほんの数問あっただけでもよしとします。

きっちり15分で大問1を終えました。
13時45分、次は大問2の空所補充問題に入ります。

大問2の最初の問題は7分で終え、
2番目の問題へ、終了したのは1時59分。
ここまでで29分。

理想的な時間運び!!
と、気を良くしました。

ここで、よせばいいのに、
ちらっと英作文のテーマを見てみました(笑)

Can restriction on feedom of speeh ever be justified?

んん???
今一つピンときません。
すきっとしません。

でも、とりあえず大問3の長文問題に突入します。
頭の隅に、英作文のテーマがちらつきながら。

大問3の最初の問題はほぼ10分でやっつけ、
14時10分に次の問題へ。

この大問3の2番目の問題が難しかった、、、
何がなんだかさっぱりわからない。
でも、時間ばかりがいたずらに流れる。

いちおうはちゃんと読んだものの
頭には入ってこない。

しかも、ここで、
こともあろうか、、、、

机の上の鉛筆や消しゴムなどを落としてしまう。。。
受験票もろとも落としてしまう。

だいたい、
中学校の机って小さいんですよね。。。

その時、落とした鉛筆は、
実は私がエッセイを書くときに
一番書きやすく、きれいに書くための、

勝負鉛筆!!

勝手にかがんで拾うと
カンニング行為とみなされるか??
と案じていたら、

試験監督が私の席まできて、
申し訳ないことに、
落としたものをすべて拾ってくれた。

が、、、、、

勝負鉛筆の芯は折れてしまってたぁ!!!

ぐあ~~~~ん。。

話は戻して、
大問3の長文2が終わった段階で
かなりの疲労があったので、
長文の3番目を残し、

とりあえずはエッセイに行くことに。
お題はさっきも書いたけど、

Can restriction on feedom of speeh ever be justified?

まずは、お題そのものを理解するのに
時間がかかりました。

え~~~~っと、
restrictionは制限だよね?

で、feedom of speechは?
あ、そうか~言論の自由だ!!

とすると、「言論の自由の制限は」
justifyできるか????

んん???

言論の自由の制限は正当化できるか?ってこと??

言論の自由の制限は是か非かならわかるけど、
それが正当化できるか?って
何を書けばいいの????

まったく想定外。。。
でも、書くしかない。

反対の立場で書きました。
いつもなら、英検のフォーマット、
本論でのFirstl, Secondly,Finallyという形は好きでなく、

流れ、フローには気を付けながらも
そういう形式にはとらわれずに書いてきました。

今回も最初の理由はいつものように書いたのですが、
2つ目の理由を書こうとしたときに

自分の理由のあいまいさと、
今回のこのお題に対しては
論理的に書けるようなレベルにはない、、、

と悟り、
だったら、せめてフォーマットぐらいは
それに沿ったほうが

たとえ内容は稚拙でも
そこそこ、形になってるように見えるのでは?
と姑息なことを考え、

不本意ながら、フォーマットにそってボディを書き、
結論部分も、For all these reasons,で書き始めました。

で、全部で28行ある解答用紙のうち
支離滅裂ながらも27行をなんとか埋め、
時計をみると残り15分。

大問3の800字の最後の長文(設問4つ)をやらないといけません。
まだ15分あるものの、不本意なエッセイのダメージが尾を引き
英文が頭に入ってきません。

これまで書いてきたエッセイは
内容は稚拙でも、そこそこ論旨は通っていたつもり。

でも、今回のはあまりにひどい。。
残念すぎる。
情けなすぎる。

そんな気持ちが邪魔して、
一応通しで最後まで読み終えても
全然頭に入ってこない。

内容はカナダにおけるケベックの話で
そこそこ背景知識もあるトピックではあったけど、、、

でも、やらないといけない。
なんとか4つの設問の答えをマークし、
読解パートは完答。

残り3分ぐらいありました。

脳を休めたいところだけど、
そんなゆうちょうなことも言ってられません。

リスニングパートの先読みをせねば。
一番、先読みが大事だと思われるパート3の先読みをし、
メモをしていたところで時間終了。

そしてリスニングが始まりました。
英検はTOEICと違いメモをとることができます。

パート1はそこそこできたものの、
次は難しいパート2です。

メモを取りながら聞いていましたが、
下手にメモをとると書くことに気持ちが行き、
聞くことに集中できません。

そこで、最後の2セットは思い切ってメモをやめ
聞くことに集中しました。
他のセットよりは頭に入ってきたような気がします。

パート3に入り、
最後のインタビュー問題が終わり、
終了時刻となりました。

ふ~~~~~
出来不出来は置いといて
とにもかくにも完走できました。

人生初の英検1級。
受けきりました。

その後、ナンパされ事件(笑)はあったのですが、
ナンパ男性を振り切って(爆)

夫が迎えに来てくれている車に乗り込みました。
夫の車に乗り込む瞬間に、

ナンパ男性が、
私に向かって大きな声で叫びました。

「次も受けますか~~~?」

次も同じ教室になる予感(笑)

自宅に帰ると、
夫がすでに夕食の準備をしてくれてありました。

私が大好きなお魚屋さんでお刺身も買ってきてくれてあり、
野菜のラタトゥーユも冷蔵庫に冷えていました。
もちろん白ワインも!

18839296_1697189600310980_8608049937912496924_n.jpg

とにかく無事終わったぁ~~~
今日は、ぱ~~~~っと飲むぞ~~~

英語学習を始めて以来、
ずっと最高峰だと思ってきた英検1級。

まだまだ険しい山には違いありませんが、
ただ見上げていた山ではなく、
ようやく一歩登り始めることができました。

結果はさておき、
こうして挑戦できた自分。
受けきった自分に対し、どこか誇らしい気分を感じました。

その誇らしさは、
翌日の解答速報を受けての自己採点で
粉々になってしまうのですが、、、

その話はまた次回の、自己採点編で。

| 英検1級 | 2017-06-06 | comments:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT