||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

audibleデビュー!!

さて、次なる「新しい扉」は、
前々からやってみたかったaudibleです!!

年齢とともに小さな字が読みにくくなり、
目も疲れやすくなっているので、
audibleには憧れがありました~

でも、何をどうやって始めるのか
よくわからず、
調べても、

日本アマゾン?
米アマゾン?

どっちでオーディブル始めればいいの?状態で1日伸ばしに。。。

ちょうど、そんなころ
この前の、ぴあの塾オフ会の幹事をしてくれたsakakoさんから、

よかったら、クリフトンの第一巻を贈りますよ!
という、ありがたいお申し出が!!

なんでも、
初めての人に、自分が購入した本をプレゼントできるサービスがあるのだそう。

ぜひ♪ぜひ♪
と、お願いしたところ、

Audibleアプリ経由で本のタイトル入りのメールが届きました!!

で、早速、

「ここから入手」というところをクリックするのですが、

そこからアマゾンのアカウントを入れてもはねられ、
どうも、まずaudibleのアカウントを作らないといけないみたい。。

でも、日本アマゾンでaudibleを始めると、
まずは1か月無料で(プライム会員は3か月)、
そのままにしておくと自動継続になるらしい。

それに、洋書って日本アマゾンでいいの??
そんな疑問を感じつつも、
ちょうど、その直後に母の交通事故があり、

気になりつつも、そのままに('◇')ゞ

オフ会の時に、sakakoさんやあっこさんに聞いてみると、
どうも、audibleで今後洋書を聞くのなら、
日本アマゾンではなく、
アメリカアマゾンでアカウントを作ったほうがいいらしいとわかりました。

よく、USアマゾンで洋書を買うと、
audibleが安く購入できるとか聞いていたのもこのことだったのですね!

で、つい先日、
重い重い腰を上げ(笑)

まずはAmzon.comのアカウントを作り、
audibleにログイン

そして、例のリンクの「入手はここ」をクリックし、
ID(メルアド)とパスワードを入れると、
住所などを登録する画面が。

それが完了したあと、
今度はiPhoneにaudibleアプリをインストール

すると、自動的に頂いたクリフトン第一巻が入っていました!!!

流れをまとめると、
1.アメリカAmazonのアカウントを作る
2.audibleにログイン
3.「入手はここから」をクリック
4.必要事項を入力
5.iPhoneにaudibleアプリをインストール

という感じです。
早速、第一章を聞いてみて、今第二章です。

C4IkW04WMAA-qmd.jpg

一度自分が読んだ本を
今度は聞く

第7巻の最終巻まで読んだ本を
また第一巻から聞く

6歳のハリー・クリフトンに再会しました!
結末まで知ってるだけに
この再会で最初に読んだときは気が付かなかったことに、

ほほ~そんな伏線があったか~
みたいな感じで聞き入ることができます。

それに、
なんといっても

イギリス英語が耳に心地よいです。

とはいえ、私のリスニング力では
まだまだ楽しむというレベルにない感じです。

慣れてないから
ピンとこないのかも?ですが、

一度読了した本だから
なんとかついていけてるだけで、

まったく予備知識なしの本を
いきなりaudibleで楽しむ時がくるのか?

でも、多読を始めたときも
こんな感じだったような気もします。

今のところ、まだクレジットカードなどの情報は入れておらず、
でも、入会から1か月(アカウントを作ったときからか、カード情報を入れたときからかは疑問)に2冊の無料本プレゼントがあるようです。

きっと、それをゲットするにはカード情報など入れて、
1か月以内に退会すれば課金されず、
ほっとけば自動継続で1か月14.5ドル(←だったかな?)がとられるはず。

まずは、様子見で頂いたこの本、聞いてみます。
以上、「新しい扉=audible」デビューの報告でした。

☆お願い☆
全くの初心者なので、
・こんな便利な機能があるよ~
・せっかくなので2冊もらったほうがいいよ~
・この本がおすすめだよ~

など情報、ご助言などありましたら、ぜひお願いします!

| ツール | 2017-02-08 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の目標を検証する

みなさま、メリークリスマス♪
我が家では夫がパエリヤを作ってくれました~
そしてウォーキング用の手袋のプレゼント!

C0cNb0BVIAIm_np.jpg 

C0cN57xUoAESTNE.jpg

どらみちゃんの実家からは、おいしいみかんが~

C0cOSTgUsAI9ybd.jpg

さて、今年も残り1週間ということで
今年の年頭にたてた目標を検証してみたいと思います。

年頭にスタプラにこんな目標をUPしました。

☆2016年目標☆
①英検1級を「受験する」→まずはパス単90%正解
②新新TOEICを「受験する」→できれば自己ベスト更新
③PB、ドラマ、英会話を「楽しむ」

試験対策で基礎力、英語力を積み上げながらも、自分を追い込みすぎず、洋書、ドラマ等を楽しみながらバランスよく英語と触れ合っていきたいです。


1つ1つ検証してみます。

①英検1級を「受験する」→まずはパス単90%正解
残念ながら受験はなりませんでした。
しかし!!パス単は、4月からコツコツコツと積み上げ、
出る度A 動詞、名詞、形容詞・副詞(4-6月)
出る度B 動詞、名詞、形容詞・副詞(7-9月)
出る度C 動詞、名詞(10-11月)

以上1860語では、ほぼ95%となり、
残る 出る度C 形容詞。副詞も現在72%なので
今月中に90%達成の予定です。

今、英語学習仲間で話題の
JUNさんの英検1合格級マップを読んでいるのですが、

【音声DL付】 英検1級合格マップ
【音声DL付】 英検1級合格マップJun

アルク 2016-12-15
売り上げランキング : 16486


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


つくづく、英検1級は準備ができてから~とか言ってないで、
「まず受けること」が大事だなと思います。

②新新TOEICを「受験する」→できれば自己ベスト更新
まずは1月TOEICで自己ベスト更新ができました!
しかも、L495 R435での930点!
ついにリスニングで満点取ることができました~

そして、5月には新しくなったTOEICも受験しました!
残念ながらL485 R410で合計895点と
自己ベストどころか900点死守もなりませんでしたが、

それでも、チャレンジしたこと自体に意義があると思っています。←年々自分に甘くなってる私(笑)

③PB、ドラマ、英会話を「楽しむ」
これはできました!
洋書は数こそ少ないながらも、
容ある充実した本を心から楽しめました。

洋書については新しい記事で改めて振り返りますが、
ドラマも映画も楽しみ、
改めて英語の楽しさに触れた思いでした。

試験対策で基礎力、英語力を積み上げながらも、自分を追い込みすぎず、洋書、ドラマ等を楽しみながらバランスよく英語と触れ合っていきたいです。

試験対策では、語彙の積み上げが確実にできています。
パス単で覚えた語彙がオンラインレッスンのTIME記事にも
読んでる洋書にもごろごろ出てきて、

改めて、語彙力が英語を楽しむ秘訣につながると
思いました。

一方で、もっと1級に真摯に向き合えば、
読解力、リスニング力、ライティング力など
確実に底上げできるので
これらは来年の課題だとも認識しました。

「自分を追い込まず」
というのは、ともすれば甘えにもつながりますが、
私の場合はほっとくと、すぐに突っ走るので
これぐらいの今の塩梅がちょうどいいような気がしています。

ということで、
今年の年頭にたてた目標はおおむねクリアーかな~
英検1級を「受ける」という宿題が来年に持ち越しですけどね~(笑)

クリフトン年代記の第7巻(最終巻)が
残り100ページを切りました。

味わいながら楽しみながら
年内に読み切りたいと思います。

ぴあの塾オフ会も開催が決定しました♪
今回はスペシャルゲストの方も登場します。

来年からは、ちょっとずつそういう
これまでお会いしたくても会えなかった
そんな方々とも、

ちょっと積極的に
自分からも出向いて新たな交流を!と思っています。

☆塾生の皆さんへの業務連絡☆
オフ会について17名の方から回答をもらいました。
今朝、新しく二つスレッドを立てたので
掲示板をチェックしてください。

また、まだ回答してないよ~という人、
行けないと思ってたけど行けるようになった~という人、
などもわかり次第、回答お願いします♡

| 目標・予定 | 2016-12-25 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

Path of Glory読了

どらみちゃんの出産予定日が過ぎて、
今か今か、
まだかまだか?
と落ち着かない、もうすぐば~ば~のぴあのです(笑)

ジェフリー・アーチャーのPath of Glory読了しました。

Paths of Glory
Paths of GloryJeffrey Archer

Macmillan 2009-03-06
売り上げランキング : 84767


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書期間:2016年月10月24日~11月13日
語数:138,880語
読書総時間:14時間22分
本の種類:ハードカバー(図書館)
難しさ:☆☆☆
おもしろさ:☆☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
総計:84冊 4,819,394語

この本は、大英帝国時代に世界で初めてエベレスト登頂を目指したイギリス人のジョージ・マロリーを主人公とした本です。

キャッチコピーをつけるとすると、
エベレストに魅せられた崇高な男のロマンと夫婦愛
という感じです。

前半はとにかく読みにくくて、
それが語彙なのか?何なのか?
私には難しくて、内容に入り込めなくて、

でも、30ページ、50ページ、100ページと、
よくわからなくても、6割程度の理解でも
何とか何とか、山を登るように(笑)
前に前にと進んでいきました。

アーチャーの本だから絶対におもしろいはず!
という信頼感を持って!

そうしていくうちに、
半分、そう180ページあたりから
どんどん面白くなって、

最後の最後、読了直後には
崇高な一人のイギリス人男性の人生を思い、
しばらくは余韻に浸りきっていました。

読了直後のスタプラでのつぶやきです↓

胸打つエンディング。ページをめくる手が震えた。エピローグ読んで、もう一度プロローグを。そうだったのかー。まだ静かな余韻が私の中で続いている。また一ついい本に出会った。難しくて途中何度も諦めそうになったけど読み続けてよかった。こんな感動が待っていたとはー

我慢しながらも粘って読み続けた甲斐がありました!
またまた、読んでよかった!!と思える本に出会いました。

ネタバレに気を付けながら、
本の内容にちょっとだけ触れますが、

登山というのは、
私はメンバー全員が一緒に登頂を目指すのだと思っていました。

ところが、エベレストのような山になると、
途中までは全員で1800フィート、2,000フィート、2,300フィートのようにベースキャンプを作りながら行くのですが、

いよいよ頂上アタックが近づいてくると、
たとえば全員で7人いるとしても、
最終アタックをするメンバーを選ぶことになるようです。

また、第一陣、第二陣のように、2回に分けて登頂を目指すわけで、もし第一陣が登頂に成功すれば、その二人が最初の登頂者になり、第一陣が失敗して戻ってくれば、次の第二陣の二人が初登頂者になります。

ジョージは隊長として、
第一陣を誰にするのか、第二陣は?自分をどういう位置にするのか大きな決断を迫られる場面がたくさんあります。

そして、いよいよ登頂を目指す場合も、
最終アタックメンバーは3人ながら、最後のベースキャンプ6のテントは、2人しか眠るスペースしかない。

そこまで3人でやってきたのに、
最終的には、最後のベースキャンプ6に留まって翌日頂上を狙う2人を決めないといけない。

つまり、せっかくそこまで来ながら、
1人は登頂を目前にしながら一人で下のキャンプに降りなければならない。その1人を誰にするかを選ばなければならない。

あと、ほんの数メートルで頂上なのに、そこで戻らなきゃいけない。戻さなければいけない。

誰もが登頂したいに決まっている。
でも、チームプレーなんですね。

ジョージはエベレストに入ってからも、
毎日妻に手紙を書き続ける。
そこには、彼の葛藤、妻への愛、子供たちへの思いが綴られています。

登頂できるのか。
誰が頂上に立つのか。
そして、無事に生きて帰ってこれるのか。

最初のプロローグではピンとこなかったことが、読了後、エピローグまで読んでからもう一度、プロローグに戻って再読すると、あ~そいうことだったのかーーーとすべてがつながります。

読了後、
誰とも口を利きたくない。
ひとり静かに余韻に浸りたい。
そんな気持ちになったのは、Sycamore Row以来2冊目でした。

Sycamore Row: A Novel
Sycamore Row: A NovelJohn Grisham

Dell 2014-07-03
売り上げランキング : 12030


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本について、
昨日からTwitter上でお友達とやりとりしてるのですが、

この本の前作↓

A Time To Kill
A Time To KillJohn Grisham

Arrow 1992-12-03
売り上げランキング : 29529


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これを読まずに、いきなりSycamore Rowを読んでも一向に差し支えないと思います。というか、私も前作は冗長だという声を聞いていたので、それを読まなかったのですが、全く問題なく楽しめ、感動しました。

話がそれましたが、やはりアーチャーの本に外れなし!という思いを強くした一冊でした。というか、クリフトン年代記は、感動というよりも大河ドラマ的な感じで、エンタメ系??なのですが、

これは、「崇高な男」の生き方で、男性も女性も楽しめると思います。

酸素を使うか使わないか
撤退するか進むか
仲間を助けるか自分が生きるか

妻の写真をポケットにいれながら、
片足を持ち上げるのに20分もかかるような8000メートルを超えるエベレストで自分を仲間を奮い立たせながら進む姿・・

あーーネタバレ気にせず書きたい(笑)

いや~本っていいですね。
英検学習もTOEIC勉強も好きですが、
やっぱり生の英語というか洋書から得られる思い、感動は格別です。

この本、前半は本当につらかった。
何度も何度も途中でやめようかと思いました。

でも、投げ出さずに読み続けていたら、
思いもしないエンディングが待っていた。

なんだか、私も「多読」という山を1つ登り終えたようです。
また、次の山を目指します!

| 多読 | 2016-11-14 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

英語を読むとき脳内で訳してますか?

前回の記事(英語を使っているときの脳内の様子)をUPして以来、大学の同僚など、会う人、会う人に、「英語の4技能のとき、日本語って介在してる?」という質問をしまくっています。

この記事を読んでくれている方々はどうでしょう?

①読む、聞く、話す、書くすべてにおいて英語を英語のままで理解している
②インプット(読む、聞く)は英語を英語のまま理解しているが、アウトプット(話す、書く)では日本語が介在している
③読む、聞く、話す、書くすべてにおいて日本語で訳したり、日本語から英作文したりしている

よかったらコメント欄、あるいはTwitter、スタプラで①か②か③か教えてください!

私の場合は、前回の記事にも書いたように③です。
その中でも、日本語介在率は微妙に違います。
日本語介在率を%で表すと、

1)読む(多読では0%、TOEIC長文10%位、TIME記事・英検1級長文など70-80%)
2)聞く(会話では0-5%、ニュース、インタビューなど30%ぐらい?)
3)話す(30%位:言いたいことを日本語で考え英語に訳す作業を脳内でしている)
4)書く(70%位:基本日本語で考え英作文してる感じ)

スタプラのお友達は2人意見をくれたのですが、お一人は①で英語、日本語というよりも英語と接してる場合は、「無」でそれがそのまま入ってくるという感じらしい。

もう一人も①でインプットに関しては全く日本語は介在せず英語⇒英語で理解。アウトプット系は日本語は介在しないものの、語彙やフレーズなどは、脳内辞書を引いているような感じのときがあり、時間がかかるとのことでした。

そして、職場で聞いてみると、やはり①で読むときも聞くときも文法とか一切考えず、後戻りもせず、わからないことがあってもそのまま突き進む。特に自分の知識や情報を得るためならそれで充分と。書くときも英語でideaを考え、流れもすべて英語で考える。エッセイのメモもすべて英語。そうじゃないと、いかにも訳したような英語になるからと。話すときはもしわからない単語があっても、相手を利用して、こんなこといいたいと言って相手から「それって~~ってこと?」という風に引き出していると。

いや~びっくりでした。
日本で教育を受けた人は多かれ少なかれ私とと同じようにみんな日本語が介在していると思っていただけに衝撃でした。

別の同僚でフランスに3年いて日本語教育をしてきた彼女の話がまた興味深かった。彼女の外国語レベルはフランス語>英語なのだけど、かつてアメリカにいたときの思い出とか記憶は、日本語で残っているけど、フランスでの記憶はフランス語で言われたまま残っていると。英語の場合はそれを自分が日本語で理解したまま日本語になっていると。

私はこれまで、精読というのは、とにかく1字一句を正確に構文や文法や語彙フレーズをとらえ、日本語で説明できるように読むことが重要だと思ってきました。ところが、私の周りの人はみんな、口をそろえて、英文を読むときにそんなこと考えたこともなかったと。

それで、私はこれから、英語を英語のまま読める訓練をしようと思っています。多読ではすでにできていて、わからなくてもそのうちわかるさ~と思えた頃から多読が楽しくなってきたので、下地はできていると思います。

ただ、たとえば英検のような資格試験だと設問に答えなくてはいけないので、どうしても設問も選択肢も本文も訳して日本語で考えてしまう癖ができているように思います。

なので、その対策としては、準2級とか2級レベルの読解問題で、がまんしてでも一切脳内に日本語をおかずに問題をとくという練習、訓練をしてみようかと思っています。

そして、これをいずれ自分の留学生への会話・聴解の時間にもつなげ、留学生たちが日本語のみで思考し、母語や英語を介さずに聞け、話せるようなそんなシステムが作れるといいなあと思っています。まずは、学生たちにグループディスカッションさせ、自分の日本語の4技能における母語干渉率を意識してもらおうと思っています。

最後にもう一度、皆さんは英語を読むとき、話すとき、日本語で考えてる時間ありますか?英語を英語のまま考え使ってますか?レベル関係なく、ひとりでも多くの意見が聞けたら嬉しいです。

| 学習方法 | 2016-11-03 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

私はなぜTIMEが読めないのか?

現在二人の先生と、TIMEのA strong muslim identity is the best defense against extremismという記事を読んでいます。

内容はとっても興味があるのですが、とにかく読めない。もちろん、語彙は辞書で調べるし、文構造なんかも考えながら時間もふんだんにかけて予習・復習しているのですが、それでもしっくりこない。

そこで、
1.ピナスの先生と読む
2.B大学のボス(S先生)と一緒に日本語で考える
3.Ronと読む
4.すっきりしたことをS先生に伝えシェア

みたいな流れで、ようやく3段落まできました。
なぜ読めないのか?どんなところでひっかかっているのか?などを書いてみます。

今日の記事はかなり長くなると思うので興味のない方は適当にスルーしてください。

≫ Read More

| 学習方法 | 2016-10-23 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT