||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

垣谷美雨さんにはまりつつあります

FBのお友達に垣谷美雨さんの本は面白いよ~と教えてもらい、検索してみると、すごい人気で図書館でもほとんどが予約待ち。

そんな中でたまたまた貸し出し可だった本をまず、1冊目として借りてみました。



いや~面白かった!!
地方から上京し女子大生になった女性3人の10代から50代までの物語なんだけど、著者が私と同じ1959年生まれということで、登場人物も同じ年齢の設定のようで、もう、時代背景がまさに私が生きてきた時代とぴったり一致!!

私も地元を離れ、大学での一人暮らしを経験しているので、共感できることだらけ。当時流れていた曲、ファッション(ハマトラ)など、あ~~~あった!あった~!!という感じ。

その3人の女性たちが結婚してそれぞれ家庭を持ち、子供を育てる中での葛藤、子供たちの立場からの章、読んでいてあきることなく2日で読了しました。特に私と同年代の女性たちにお勧めです。

次は、まさに私が直面している問題?!



これも面白かった!

東北大学を卒業し大手石油会社の部長までつとめた主人公の定年後の気づき。

男は外で仕事、女は母性本能のかたまりで専業主婦としての子育てをただ楽しんでると思っていたステレオタイプの彼が、突然頼まれた孫の保育園のお迎えをきっかけに変わっていく。

奥さんがなぜ自分につめたくなったのか、夫源病になったのかにも気づいていく。まさに私年代にぴったりの1冊だった。

タイトルから勝手に、奥さんが定年の夫を改造していくのか?と思っていたら、終始夫からの目線での語りだったのもある意味面白かった。

3冊目は、



まだ冒頭の部分だけ。
スーパーで買い物中の福子が大地震にあい、車に乗って勤務先に向かう途中大津波に遭遇。流れてくるものにつかまりながら1軒の民家の二階の窓から入り、そこの住人の老女とともに他にも流されている少年などをあらゆる手段で助けて家の中になんとか救出するところまで。

私は気に入った作家がいると、ずっとその著者が書いたものを順番に読んでいくパターンが多く、現在も手元には、



があり、その他以下の本を始め他に5冊ほど図書館で順番待ちをしている。



どれも300ページ台だが、同じようなページ数の洋書だと1か月かかるのが、和書だと2日で読めてしまう。やっぱり母語は違うな~笑

ということで、週末も和書、洋書とも楽しもうと思う。

3月末からリサーチを始め、3社で見積もりをとったリフォームもようやく1社に絞り契約成立!
日曜はTOTOのショールームで打ち合わせしてきます~

洗面所やトイレには壁面の一角にタイルコーナーを作り、そこにモロッコ風のタイルでアクセントをつけるつもりだし、洗面所から廊下のドアをつぶし、両側から棚をしつらえ、ミニギャラリー風にすることにもし、わくわくしながらすすめています。

| 本の紹介 | 2019-05-17 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

やめたいけどなかなかやめられない習慣と向き合う

皆さんは、やめたいな~と思ってるけど、なかなかやめられない習慣ってないですか?

私は、ざっと思いつくだけでも、

・毎日のお酒
・いつもなんでも時間がギリギリになる
・寝る前と朝のだらだらスマホ時間
・なにごとも完璧にしないと気が済まない

などあります。
そんな時、ネットのお友達に「やめる習慣」についての書籍を教えてもらい、まずは昨日、1冊目を読んでみました。



まずインパクトのあったのは、(以下引用)

人生は習慣によってつくられます。習慣に振り回される人生と、習慣をコントロールできる人生は幸福度は大きく変わってきます。

・毎日の行動の40%以上は習慣
・悪い習慣を一つずつ手放すと、最終的には輝いた自分がいる
・悪い習慣を変えるのに意志や性格は関係ない


ということで、では、どうやって手放すか?そのアプローチが順番にかかれています。

ついつい食べ過ぎて太ってしまい、彼にふられた女の子とその仲間たちを主人公にした漫画形式なのでとてもわかりやすいです。

習慣には3つのタイプがあるそうで、それぞれをやめるためにかかる期間も違うようです。

①行動習慣→1カ月で手放せる! 
②身体習慣→3か月 
③思考習慣→6か月

1つ1つの習慣がリンクしてることも多く、

たとえば、夜更かし→朝起きるのが遅くなる→睡眠不足で集中力がかける→集中したくてコーヒーやお菓子を

などという感じかな?

自分でやめたいと思う習慣をいちどに欲張らず、まずは1つに絞って(たとえば②なら)3か月かけて、向き合うといいそうです。1つをやめることができれば、それにリンクしていた悪い習慣もおのずとやめることもできますしね。

で、どの習慣をやめるのか、その「やめるべき習慣」を考えるときには次の5つの質問に自分で答えてみるといいようです。

①なぜその習慣をやめたいか?
②その習慣を放置するとどんな問題点がある?
③その習慣をやめるとどんな副作用が出る?
④それでもその習慣を本当にやめたいか
⑤やめることで将来どんな効果があるか

実は、私は1か月ぐらいまえから、禁酒ではなく、毎日のお酒をへらす節酒に取り組んできているのですが、その効果がわかるように、毎日飲んだアルコール量を数字で記録しています。

たとえば、缶ビールだとアルコール分が5%なので缶ビール1本(350ml)だと、

350×0.05=17.5g

ワイン(アルコール分12%)だと、グラス1杯100mlで12g、お酒だと1合で23.4gという具合です。

その合計が35gをこえないようにしてはいますが、ついつい今日はいいか~と40g、50g超える日がありました。。。

しかし、1か月前から節酒にとりくみ、この1か月間一度も32.5gを上回った日はありません。そうちゃんのことや娘の入院、手術、退院など、これまでだと、心配から解放されたくてたくさん飲んだり、今日は退院したからお祝いだ~と飲んでいたと思うのですが、大丈夫でした。

そして、徐々に合計が20g台になり、昨日は19gでした!!

ちょうど3週間たち、「こんなことしてて意味あるのかな?別に肝臓が悪いわけじゃないし、リラックスできるのなら数値気にせず飲んでもいいんでは?夫も二人での晩酌を楽しみにしてるし~」と思っていたところに、この本を読み、またモチベがあがったのがよかったです。

こつは、サントリーの「のんある気分」を間にはさむこと 笑



1本100円なので、レモン、カシスオレンジ、グレープフルーツなど次々ためしてみましたが、レモンが一番気に入りました!アルコールも糖質もゼロです!!

のどごしもよく、おいしいです。この炭酸水もいけます!笑



最初にビールを軽く飲んだあとに、これらノンアルコールのものをはさむことで量を減らすことに成功できています。

さて、この本に話を戻しますが、本著では②の身体習慣(3か月)についてのプロセスが詳しく書かれていますが、③の思考習慣については別の本で取り上げているそうです。



思考習慣、私の場合は、

「くよくよ考えてしまう」
「手続等がうまくいくか常に心配」
「完璧にこなさないと落ち着かない」

など、これまでこれらは性格だと思っていましたが、もしかすると、考える癖→思考習慣かもしれないのでさっそく読んでみたいと思います。

さて、今日はA大学の学期末ミーティングがあります。
私はいつもついつい家を出るのが遅くなり、時間がギリギリで焦って運転することがあるので、今日はいつもより15分前に家を出ようと思います!

| 本の紹介 | 2019-02-15 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ヨーロッパ一人旅の助走

ヨーロッパひとり旅デビューを考えてる私ですが、なんとも魅力的な2冊な本に出合いました。同じ著書による、

2015年に書かれたこの本と、


と、2017年に書かれたこの本です。


著者は私とは同年代(同年齢?)で、30代なかばからヨーロッパ一人旅を30数回されている方です。

1冊目では、予算20万円でヨーロッパ一人旅をするコツを、2冊目では具体的に著者が旅した旅行記を旅のおこづかい帳とともに記しています。

2冊を通して思うのは、まず彼女の書く日本語が実に品があって美しいということです。なんというか、大人の女性の品格を感じひかれました。

そして、20万という予算の中、女性がひとりで満足できる旅の楽しみ方を、ホテル選び、オーナーとの信頼関係を結ぶコツ、レストラン選び、コンサートの楽しみ方など実に具体的に書かれています。

以下はこの2冊を読んで私の印象に残った箇所の引用です。

******
ここに自分を連れてきてあげられた自分自身をねぐらい讃えたいような気持さえこみあげた。(ミラベル宮殿でのコンサートで)

大丈夫、誰かが、あなた自身の力が、きっとあなたを助けてくれる。

人に、自分に、世界に「驚きつづける」ことは、この世に生まれて味わえる最も良質な幸せのひとつだと思う。

せっかく生まれ、なんとか大人になり、ようやく自由に旅ができる環境にたどり着けたのに、憧れの町をこの足で歩くことなく人生を終えるなんて、「死んでも死にきれない」とも思ってた。

へたりこんだら誰かがきっと助けてくれるから。そんな依存的な、と思われるかもしれないけれど、その、「開き直り力」こそ、非力な自分がひとり旅を続けられる最大の理由だと思っている。

すばらしい景色、音楽、アート以上に、それに向き合った時の感情、すれ違った人日のふとした表情、思いがけずに差し出された優しや親切の記憶がいつまでも心を去らないのは不思議なほどだ。

ひとりだから、そして旅をただ旅としてだけ味わえる年齢になれたこそだと、それができる人生の僥倖をしみじみと抱きしめつつ思う。

**** 引用ここまで ****

昨日、今日と立て続けにこの2冊を読み、私もできる!やってみたいと心から思えました。

そうそう、洋書の記録が滞っていたのですが、多読100冊めとなるアーチャー本を読了し、


さらには、101冊めとなるこの本で750万語超えました。


この本はいまでも122円で、お勧めです!

今は、↓を読んでいるのですが(現在32%あたり)、洋書を読むのが最近とみに楽しくなってきました。

| 本の紹介 | 2018-11-11 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

簡単でやせる!レシピ本の紹介

毎日暑いですよね~
お料理するの面倒ですよね~

と、そんなときに見つけて買ったレシピ本のご紹介です。

柳澤英子のやせるおつまみ3行レシピ
柳澤英子のやせるおつまみ3行レシピ柳澤 英子

マガジンハウス 2018-07-13
売り上げランキング : 58610


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


料理研究家が書かれた本で、
なんと著者は52歳の時に、26キロも痩せたそう!
それもお酒が大好きで毎日晩酌しながら!!

これは買いだ~~~と注文したのですが大正解でした。

とにかく簡単。
タイトルには3行とありますが、1~2行のレシピばかり。
マックスで3行(笑)

そして、お料理研究家らしく
ページの下には栄養的にみた利点などのチップも。

自分でアレンジしたりも楽しい♪
たとえば、これ、ネギを斜めに切ってごま油で痛めてお醤油たらしただけ。

DjlRJSQUcAAuipE.jpg

ご飯にもビールにもあいますよ~
ラーメンのトッピングにしてもいいかも。

さて、大学もほぼ夏休みに入り、
昨日は、6月から読んでた洋書、読了しました。

Born a Crime: Stories from a South African Childhood
Born a Crime: Stories from a South African ChildhoodTrevor Noah

Spiegel & Grau 2017-09-19
売り上げランキング : 201


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これ、面白いです!
そして読みやすいです。

TOEICでR350ぐらいあれば読めるんじゃないかな?
改めて記事にしたいと思います。(←本当か?笑)

そして、早速次なる1冊へ

As the Crow Flies
As the Crow FliesArcher Jeffrey Archer

Pan Publishing 2010-11-01
売り上げランキング : 63885


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大好きなジェフリーアーチャーです。
しかもアーチャーお得意の立身出世物語。

八百屋の少年がどんどん偉くなっていくみたい(笑)

この本、790ページもある大作なんですが、
それがなんと、今ならkindleでたった122円ですよ!奥さん!!笑

ということで、ほぼ夏休みに入ったことなので、
洋書、ドラマ、映画三昧しま~す。

お盆から1カ月限定での毎年恒例、
ぴあの塾夏祭り(1Dayレッスン)も開催予定です。

すでに、先行予約(笑)を頂いていた3人の方から予約が入ってます♪
英検1級をとって初めての夏祭りレッスンなので1級受験者にはいろんなチップや体験談もお伝えできるかと思います。

では、みなさんよい週末を!

| 本の紹介 | 2018-08-04 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

「伝説のヨガマスターが教えてくれた究極の生きる智恵」読了

長いタイトルですが、この本(笑)読みました。

伝説のヨガマスターが教えてくれた 究極の生きる智恵
伝説のヨガマスターが教えてくれた 究極の生きる智恵龍村 修 やました ひでこ

PHP研究所 2013-06-10
売り上げランキング : 12394


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


沖ヨガの道場で先生について長く修行されてきた方と、
断捨離で有名なやましたひでこさんの共著です。

各章で、同じテーマについて
二人がそれぞれの視点で書いています。

主に瀧村さんは教えそのものや概念について、
やましたさんは、それを断捨離の例などあげつつ
わかりやすく、書いていてストンストンと消化できていきます。

一番心に響いたのは、

≫ Read More

| 本の紹介 | 2018-07-24 | comments:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT