||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

簡単でやせる!レシピ本の紹介

毎日暑いですよね~
お料理するの面倒ですよね~

と、そんなときに見つけて買ったレシピ本のご紹介です。

柳澤英子のやせるおつまみ3行レシピ
柳澤英子のやせるおつまみ3行レシピ柳澤 英子

マガジンハウス 2018-07-13
売り上げランキング : 58610


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


料理研究家が書かれた本で、
なんと著者は52歳の時に、26キロも痩せたそう!
それもお酒が大好きで毎日晩酌しながら!!

これは買いだ~~~と注文したのですが大正解でした。

とにかく簡単。
タイトルには3行とありますが、1~2行のレシピばかり。
マックスで3行(笑)

そして、お料理研究家らしく
ページの下には栄養的にみた利点などのチップも。

自分でアレンジしたりも楽しい♪
たとえば、これ、ネギを斜めに切ってごま油で痛めてお醤油たらしただけ。

DjlRJSQUcAAuipE.jpg

ご飯にもビールにもあいますよ~
ラーメンのトッピングにしてもいいかも。

さて、大学もほぼ夏休みに入り、
昨日は、6月から読んでた洋書、読了しました。

Born a Crime: Stories from a South African Childhood
Born a Crime: Stories from a South African ChildhoodTrevor Noah

Spiegel & Grau 2017-09-19
売り上げランキング : 201


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これ、面白いです!
そして読みやすいです。

TOEICでR350ぐらいあれば読めるんじゃないかな?
改めて記事にしたいと思います。(←本当か?笑)

そして、早速次なる1冊へ

As the Crow Flies
As the Crow FliesArcher Jeffrey Archer

Pan Publishing 2010-11-01
売り上げランキング : 63885


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大好きなジェフリーアーチャーです。
しかもアーチャーお得意の立身出世物語。

八百屋の少年がどんどん偉くなっていくみたい(笑)

この本、790ページもある大作なんですが、
それがなんと、今ならkindleでたった122円ですよ!奥さん!!笑

ということで、ほぼ夏休みに入ったことなので、
洋書、ドラマ、映画三昧しま~す。

お盆から1カ月限定での毎年恒例、
ぴあの塾夏祭り(1Dayレッスン)も開催予定です。

すでに、先行予約(笑)を頂いていた3人の方から予約が入ってます♪
英検1級をとって初めての夏祭りレッスンなので1級受験者にはいろんなチップや体験談もお伝えできるかと思います。

では、みなさんよい週末を!

| 本の紹介 | 2018-08-04 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

「伝説のヨガマスターが教えてくれた究極の生きる智恵」読了

長いタイトルですが、この本(笑)読みました。

伝説のヨガマスターが教えてくれた 究極の生きる智恵
伝説のヨガマスターが教えてくれた 究極の生きる智恵龍村 修 やました ひでこ

PHP研究所 2013-06-10
売り上げランキング : 12394


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


沖ヨガの道場で先生について長く修行されてきた方と、
断捨離で有名なやましたひでこさんの共著です。

各章で、同じテーマについて
二人がそれぞれの視点で書いています。

主に瀧村さんは教えそのものや概念について、
やましたさんは、それを断捨離の例などあげつつ
わかりやすく、書いていてストンストンと消化できていきます。

一番心に響いたのは、

≫ Read More

| 本の紹介 | 2018-07-24 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

「蜜蜂と遠雷」読了

直木賞と本屋大賞の両方の受賞作でもある、恩田陸さんの「蜂蜜と遠雷」を読了しました。

蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷恩田 陸

幻冬舎 2016-09-23
売り上げランキング : 778


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これまで私が読んだ和書の中でも間違いなくトップにくる1冊でした。

私は去年の3月に図書館に予約して、1年以上たって順番がきたため、そのまま借りてきてしまったのですが、

この本は絶対に買って読む本ですっ!!

途中で激しく後悔しました。この本は何人もの人が読んだちょっとくたくたのページになってる状態ではなく、まっさらで私が最初の読者であるというぴんとした凛とした状態で読むべきだったと。

それはともかく、素晴らしい本です。
簡単にストーリーを紹介すると、

≫ Read More

| 本の紹介 | 2018-05-26 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

「さっぱりと欲張らず」心に留めたい言葉たち

1つ前の記事で紹介した「さっぱりと欲張らず」の中で、心に留めておきたい文章を記しておきます。

さっぱりと欲ばらず
さっぱりと欲ばらず吉沢 久子

中央公論新社 2017-02-08
売り上げランキング : 170423


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以下、すべてこの本からの引用です。

・幸せも不幸も、自分の心が作るもの。「嘆きグセ」「不満グセ」がついてしまい、思考がネガティブな方向にいってしまうと人は幸せになれません。

・いやなことを忘れるというのは、訓練によって意外と習慣になるものです。

・誰の心の中にも、つらい思い出やいやな記憶はあるはずです。恨みたいことのひとつかふたつ誰だってあるでしょう。でもたいていのことは忘れてしまっていいのではないでしょうか。

・ことさらそれを取り出して、
「私はこんな目にあった」
「あの人のせいでこんないやな気分になった」
などと負の感情を反芻しても、もやもやしたいやな気持が蘇るだけで、いいことはまったくありません。

・なにかいやな目にあっても、よくないことが起きても、くよくよするより笑い飛ばしたほうがいい。なぜなら笑うことで自然と気持ちがふっきれて楽になるからです。

・命をとられるわけではなし、世の中のたいていのことは笑ってすませることができる。

・「あらあらこれは失敗だったわね」と笑い飛ばしてしまうのが私流。だったら次の手を考えようとパッと気持ちを切り替えるのです。

・明るく生きるには欲張らないことです。

・人の欠点をあえて見ないようにすると人間関係が楽になります。(中略)その方の美点だけを見ようとすると、イライラしないですむのです。


100歳でなおも現役で執筆活動を続けておられる著者だけに説得力があります。

私なりにこの本から受けた楽しく生きるためのキーワードは、

・忘れること
・笑い飛ばすこと
・欲ばらないこと

この3つかなと思いました。

その後、この3日間で以下の3冊を読了しました。

1.「産まなくても、産めなくても」

産まなくても、産めなくても
産まなくても、産めなくても甘糟 りり子

講談社 2017-02-28
売り上げランキング : 161073


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


現代そして未来の妊娠、出産にまつわる7つの短編集で命の誕生についていろいろ考えさせられたり衝撃を受けました。

「産む」「産まない」「将来産むかも」の選択。
そのための不妊治療、卵子凍結、そして最後の章の未来の妊娠、出産。

孫が二人増えるこのタイミングだけに改めて生命の不思議さ、尊さなども含め考えさせられました。

2.「夫の定年」

夫の定年:「人生の長い午後」を夫婦でどう生きる?
夫の定年:「人生の長い午後」を夫婦でどう生きる?グループわいふ 佐藤ゆかり

ミネルヴァ書房 2017-07-20
売り上げランキング : 676581


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まさにこちらも我が家にとってタイムリーな本。
去年、夫が定年退職し今は再就職してるわけですが、いずれ完全定年で働かなくなる日もくるだろうし、改めて今後の夫婦としての暮らし方、生き方、関係性などを考えさせられました。

いずれ車を運転できなくなれば、ここでの生活は不便になることも念頭に、住まいをどうするなども含め、年をとるということはいろんなことを受け入れつつ、生活を見直していかなければならないものなんだとわかりました。

3.A man called Ove
A Man Called Ove: A Novel
A Man Called Ove: A NovelFredrik Backman

Washington Square Press 2015-05-05
売り上げランキング : 23426


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昨日読了しました。
最後は2時間半ほど、途中でやめられず一気読みでした。
いい本でした。

この本については近いうちに別記事にしようと思います。

| 本の紹介 | 2018-04-23 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年度を前に、「あきらめない」読了

厚生労働省の局長までされながら無実の罪で逮捕された、村木厚子さんの「あきらめない」を読みました。

あきらめない―働く女性に贈る愛と勇気のメッセージ (日経ビジネス人文庫)
あきらめない―働く女性に贈る愛と勇気のメッセージ (日経ビジネス人文庫)村木 厚子

日本経済新聞出版社 2014-12-02
売り上げランキング : 130546


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


誰もがうなるほどのすごいキャリアをお持ちなのに、飾らないえらぶらない、謙虚でそれでいて真実は真実としてずばっと本音で書いてるあるこの本を読み感銘を受ける箇所が随所にありました。

なんといっても、家族との絆が強い。
彼女が大阪で突然逮捕されたとき、スイス主張中のご主人に急ぎ、ひとこと、「たいほ」とだけメールしたのだそうです。漢字に変換する余裕もないような切迫した状況の中で。

大切な二人の娘さんが母親逮捕の報を第三者からや報道から聞かされるのではなく、ちゃんと父親から伝えてもらいたい。そして娘さんたちをご主人にサポートして欲しいという母親としての家族を思う気持ちが咄嗟にとらせた行動だったのだと思います。

「家族の想い」というページにある家族それぞれからの文章がどれも秀逸でした。
一部抜粋、引用します。

≫ Read More

| 本の紹介 | 2018-04-08 | comments:8 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT